富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Eコマースに AI を活用する最良の方法

AI D2C DTC EC eコマース

Eコマースに AI を活用する最良の方法

人工知能 (AI) は新しいものではありません。しかし、その洗練されたフォルムはこれまで大企業のみが利用できるものでした。
ChatGPTのようなオープンソース ツールの発表が非常にエキサイティングな理由はここにあります。EC/eコマースを展開している中小企業の経営者やDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0の起業家は、ビジネスを成長させるために、手頃な価格で使いやすいさまざまな AI オプションにアクセスできるようになりました。

しかし、どれを使用すべきでしょうか
また、Eコマース(電子商取引)で AI を活用する最善の方法は何でしょうか

人工知能ソリューションを使用する 5 つの理由

  1. より関連性の高い検索と提案
  2. 顧客サービスを最適化する
  3. サイバーセキュリティの強化
  4. パーソナライゼーションを高める
  5. 在庫管理などの改善

これら 5 つの AI ソリューションと、それらがオンライン ビジネスの最適化にどのように役立つかを詳しく説明していきます。

1. より関連性の高い検索と提案

オートコンプリート機能と自動提案機能、およびカスタマイズされたブラウジングエクスペリエンスは、過去のインタラクションを使用して提示されます。

しかし、人々の好みや欲求は変化するため、現在の顧客とのやり取りを伝えるために常に過去の情報に頼ることはできないこともあります。誰もが自分の動きや行動の追跡を好むわけでもありません。

これを回避するには、閲覧データの一部を使用してもよいかどうかをユーザーに尋ねた後、ユーザーの利用可能なデモグラフィックなどを確認していきます。

あるいは、AI を活用した先読み検索とリアルタイム検索を使用して、より洗練された検索提案とブラウジング エクスペリエンスを提供することもできます。

AI は、深さ優先、幅優先、均一コストなどの情報に基づいていない検索アルゴリズムを通じて、リアルタイムの検索と提案を提供します。

  1. パーソナライズされたEメール・DM・LINEキャンペーン

  2. AI はパーソナライズされたコンテンツを提案することで、Eメールマーケティングを改善しています。
    たとえば、顧客の購入(購買)体験や閲覧に基づいてメールを調整できます。その結果、Eメールの関連性が高まり、売上の増加につながります。

  3. ビジュアル検索機能
    AI により、人々は欲しい商品を簡単に見つけることができます。
    これを実現する 1 つの方法は、顧客が写真をアップロードして検索できるようにすることです。このタイプの検索、つまり視覚的な検索では、顧客に類似した商品の提案が表示されます。その結果、新しいものをすぐに見つけたり、探しているものを見つけたりすることが容易になります。

  4. リターゲティングマーケティング戦略
    AI は、オンライン広告を特定の顧客にターゲットを絞ることで、より効果的なものにすることができます。
    たとえば、人々が以前にオンラインで見た内容に基づいて広告を作成できます。これらの広告は、見た人の興味を引く可能性が高いため、販売につながる可能性が高くなります。広告のターゲットを絞ることは、より多くの顧客とあなたのビジネスの収益を増やすことを意味します。

2. 顧客サービスの最適化

AI を活用したチャットボットとライブの顧客サポートを組み合わせることで、顧客のCX:カスタマーエクスペリエンスとしてのショッピングエクスペリエンスを向上させ、企業の時間とコストを節約できます。

チャットボットは、商品やサービスに関する一般的な質問に答え、より複雑な問題の解決に役立つリソースやガイドに買い物客を誘導することができます。

さらに、チャットボットを利用して、顧客に購入を案内したり、特別オファーや割引について案内・サジェッションしたり、サイトのWeb アクセシビリティを高めたりすることができます。

AI チャットボットを使用すると、これまでの線形でパス駆動型のボットよりも自然でリアルな会話ができるというメリットがあります。

ユーザーがループに陥る可能性があった古いボットとは異なり、最新の AIチャットボットは自然言語入力を理解して応答できるため、より直感的でユーザーフレンドリーなエクスペリエンスを実現できます。これらの進歩により、チャットボットとの会話のイライラは以前よりはるかに軽減されてきました。

チャットボットは、世界的に拡大したいと考えているEコマース・オムニチャネルビジネスにとって特に役立ちます。これを使用すると、不在の常駐エージェントの空き時間を補うことができ、顧客を 24 時間 365 日サポートできるようになります。

チャットボットは、自然言語処理 (NLP) と呼ばれる機械学習と AI の特別な分野を使用しています。実際の会話やメッセージを使って学習をしていきます。

彼らは人間のクライアントとのやり取りから学び、会話のたびにより自然になっていきます。最新のチャットボットを Web サイトに統合するのも難しくありません。
最近では、チャット機能のない Web サイトを見つけるのが珍しいだけでなく、チャットボットや高度にカスタマイズされた自動応答を使用していない Web サイトを見つけることもほとんどありません。

したがって、チャットを含めることは、Eコマースで AI を活用する単なる方法ではありません。これにより、最新の顧客応対の状態を維持して、競争力を維持することができます。

3. サイバーセキュリティの強化

Eコマースの急速な増加により、SMB:中小企業はサイバー犯罪者の格好の標的になりました。オンラインストアは、クーポン詐欺、プロキシピアッシング、クレジットカード詐欺などに対して脆弱です。

こうした攻撃が頻繁に発生するため、オンライン買い物客の間で不安やセキュリティ上の懸念が生じています。

サイバー攻撃はビジネスを完全に弱体化させる可能性があります。サイバー犯罪者は、攻撃を実行するために機械学習や AI を利用することがあります。
したがって、高度なサイバー犯罪に対抗するためにも、同様に高度なツールを用意することが重要です。

サイバーセキュリティの専門家は、サイバー詐欺を検出するために人工知能と機械学習を使用し始めています。

可能な限り迅速に情報を収集する機能により、AI を使用して定義やリストの更新、スキャンの改善、新しい脆弱性の発見などを行うことができます。また、AI を使用して疑わしい IP やEメール アドレスを検出することもできます。

AI は、システムまたは Web サイトのサイバーセキュリティの脆弱性を見つけることができます。脆弱なパスワード、時代遅れのファイアウォール、ウイルス対策、効果のないセキュリティ ポリシーのいずれであっても、AI はパーソナライズされた精力的なサイバーセキュリティの専門家になることができます。

4. パーソナライズを強化する

小売事業者は AI を使用して、訪問者が Eコマース サイトにアクセスして閲覧するときに表示される内容を顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ってパーソナライズし、心・心理=データでつながる関連性の高い推奨事項(レコメンド)を表示できるようになります。

顧客を人口統計に基づいて一般化されたグループに分類するのではなく、即座に動的な嗜好プロファイルを作成できます。

これにより、対象となる各顧客に対して、より関連性が高く実用的な提案を提示できるようになり、コンバージョン率が向上し、顧客満足度が向上します。

ウェブサイトハックを使用してコンバージョンを増やす最良の方法

  • Web サイトをモバイル ファースト インデックスに対応させる
  • 三分割法に従う
  • コンテンツマーケティングの基本のコピーライティングのスキルを練習する
  • サイトの技術的なSEO: 究極のガイドを忘れない
  • 視覚要素を慎重に選択してください
  • 「会社概要」ページでストーリーを語たる
  • 空白を追加する
  • F 字型レイアウトを導入して分析する
  • 「ABC」原則に従う

オンライン ビジネスはデータ主導型であり、収益を増やすツールが必要です。人工知能を使用してデータを収集し、それをターゲットを絞った広告やパーソナライゼーションに活用できます。アパレル・ファッションオムニチャネル小売業は、訪問者が好みそうなブランドに基づいて提案を表示することができます。

研究によると、時間帯も買い物客の行動に影響を与える可能性があります。コミュニケーションタイミング をパーソナライズするということです。AI は顧客プロファイルを作成する際にこのような変数を考慮し、各訪問者により微妙でユニークなショッピング エクスペリエンスを提供するのに役立ちます。

5. 在庫管理などの改善

AI が顧客エクスペリエンスを向上させ、Web サイトの安全性と機能性を向上させる方法について概要をみてきました。ビジネスにおいて AI の恩恵を受けることができるのはこれらの分野だけではありません。AIやIoTを活用して在庫管理・在庫補充プロセスなどの管理業務を改善することもできます。

これらのタスクは自動化できます。AI は過去のデータを現在の市場情報と照らし合わせて分析し、小売事業者が次に在庫を必要とする時期を予測することができ、平均的な人間のスタッフよりも正確にそれを行うことができるようになります。

スマート棚は、RFID テクノロジーと重量センサーを使用して在庫の残量を判断します。供給が枯渇に近づくと、追加の在庫を発注するプロセスがトリガーされます。AI を使用して有効期限を追跡し、アラートを受け取ることもできます。

これらのセンサーを使用して、在庫の一部が盗難または紛失したかどうかを判断できます。このようなテクノロジーは、より正確な帳簿管理とビジネス損失の削減も保証します。

まとめ

D2C(DTC)/eコマースビジネスの成長に活用できるAI を活用したソリューションは、リコマーストランザクションメール返品・交換分析など、数多くあります。AI は急速に進化していることを覚えておくことが重要です。したがって、デジタル空間で起業家として成功したいのであれば、常に最新の情報を入手しておく必要があります。

このガイドでは、AI を使用してビジネスを向上させるいくつかの方法を検討してみました。1 年ほどで、検討すべき解決策がさらに増えるでしょう。競争力を維持したい場合は、最新の状態を維持する必要があります。

よくある質問

F 字型レイアウトとはなんですか

「F字型レイアウト」は、ウェブデザインおよびユーザーの視覚的な動きに関連するデザインパターンの一つです。このレイアウトは、ウェブページ上でユーザーが視覚的に注目する傾向がある特定のパターンを示します。このパターンは、ユーザーがウェブページをスキャンし、情報を探す方法を理解するのに役立ちます。

1.上から下へのスキャン:
ユーザーは通常、ウェブページの上部から下部にかけて、左から右へのスキャンを行います。このため、ウェブページの上部に重要なコンテンツや情報を配置することが一般的です。

2. 左寄せのコンテンツ:
ユーザーは一般的に左寄せのテキストやコンテンツに注目しやすい傾向があります。したがって、重要なテキストやキャッチコピーは通常、ページの左側に配置されます。

3.F字型の視線パターン:
ユーザーはウェブページ上で「F」の形状に似たパターンで視線を移動させることが多いとされています。最初に水平のスキャンを行い、その後垂直のスキャンを行います。このパターンは、左上から始まり、右側に移動し、次に左側に垂直にスキャンします。

F字型レイアウトは、ユーザーの閲覧行動に合わせてコンテンツを配置し、重要な情報を目立たせるために活用されます。例えば、ウェブサイトのヘッダーにはロゴやナビゲーションメニューを配置し、左側には重要なタイトルやキャッチコピーを配置するなどの設計が行われます。

このデザインパターンは、ユーザーエクスペリエンスを最適化し、ウェブサイトの使いやすさを向上させるのに役立ちます。ただし、すべてのウェブページが必ずしもF字型のパターンに従うわけではなく、コンテンツやデザインの特性に応じて異なる配置が適切な場合もあります。

「ABC」原則とはなんですか

「ABC」原則は、ビジネスやマーケティングの分野で使用される重要なコンセプトの一つで、以下の要素から成り立っています。

AIDA(Attention, Interest, Desire, Action):
AIDAは、顧客の購買プロセスを説明するモデルです。それは以下のステップから成り立っています。

  • Attention(注意):
    まず、顧客の注意を引く必要があります。これは、広告、キャッチコピー、ウェブサイトのデザインなどを使用して達成できます。

  • Interest(興味):
    注意を引いた後、顧客の興味を引く必要があります。商品やサービスの特長や利点を伝え、顧客の興味を喚起します。

  • Desire(欲望):
    興味を持ったら、次に顧客の欲望を刺激します。商品やサービスが顧客のニーズや欲求を満たす方法を強調します。

  • Action(行動):
    最終的なステップは、顧客に具体的な行動を起こしてもらうことです。これは購買、登録、問い合わせなどの具体的な行動につながります

ABC(Always Be Closing):
ABC原則は主にセールスの分野で使用されます。この原則は、セールスプロフェッショナルが顧客に対して常にクロージング(契約締結)の機会を探し、積極的に提案を行うことを強調します。セールスプロセスの各段階で顧客に近づき、契約を獲得することが目標です。

「ABC」原則は、ビジネスやマーケティングの戦略的なアプローチに関連しており、顧客獲得やセールスプロセスの最適化に役立ちます。それぞれの原則は、特定の目標や状況に合わせて適用されることがあります。

三分割法 とはなんですか

三分割法イラストは、イラストやデザインの制作過程で使用される手法の一つです。イラストを3つのパーツに分割し、それぞれのパーツを個別に制作することで、全体のバランスや構成を考えることができます。

三分割法イラストを使用する際のポイント

三分割法は、画面を上下左右の3つに分割し、情報を整理するための手法です。イラストでも同様に、3つのエリアに情報を配置することで、見やすく分かりやすいデザインを作ることができます。

三分割法を使用する際は、視線の流れを考慮して配置することが大切です。例えば、左上から右下へと視線が流れるように配置すると、情報の伝達効果が高まります。

イラストの場合、色や形などの要素をうまく活用することで、情報の重要度を表現することができます。視覚的に強調したい情報は、大きなサイズや鮮やかな色などで表現すると良いでしょう。

最後に、三分割法を使用する際は、シンプルで美しいデザインを目指すことが重要です。情報が詰まりすぎたり、デザインが複雑すぎると、逆に見づらくなってしまいます。
以上が、三分割法イラストを使用する際のポイントです。

その他の三分割法

時間の三分割法:
たとえば、1日を朝、昼、夜の3つの区間に分ける方法を指します。これは、日常生活のスケジュール管理や時間の使い方を計画する際に使用されます。

予算の三分割法:
予算を収入、支出、貯蓄などの3つのカテゴリに分ける方法を指します。これにより、個人や家計が財政を管理し、支出をコントロールしやすくなります。

線形計画法の三分割法:
数理最適化の分野で使用され、複雑な問題を3つの部分問題に分割して解決する手法を指します。これは、大規模な最適化問題を効率的に解決するために使用されます。

AIに関連するコラム

ECの商品パーソナライゼーションにおける  AI活用

ECの商品パーソナライゼーションにおける AI活用AIを使用したeコマースの商品パーソナライゼーションについて説明されています。AIを導入することで、顧客ロイヤルティと満足度が向上し、売上と収益が増加します。しかし、AIの利点にはデータプライバシーの問題や精度の確保、倫理的配慮が課題として挙げられています。商品のパーソナライゼーションは、顧客に合わせたショッピング体験を提供し、eコマース業界に変革をもたらす重要な要素です。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
Amazonの成功を解き放つ:利益のために入札を最大化する
  Amazon 検索に表示されるための 2 つの単純化されたアプローチについてご一緒に考えていきます。確立された顧客ベースを持つほとんどのブランドは、ある時点で Amazon でのローンチを検討することになるでしょう。そしてなぜそう...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 倉庫・商品管理のポイント
カスタマーサービス&ケアは、顧客を第一に考えれることの基本で、ビジネスの成功のための基本です。eコマースソリューションは、進化し続ける顧客のニーズをサポートします。 CSRがCRMなしで顧客プロファイル、注文、支払い、配送の...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる
ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト
ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト
ビューティ・コスメ業界ほど顧客のニーズに対して絶えず新しい成分、配合・処方、そしてサービスが提供されている業界はありません。コマースとしての視点からは、  サブスクリプションによる顧客ロイヤルティ ビューティ・コスメコマースにおけるサ...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成長させるマーケティング  コンテンツリスト
オムニチャネルを成長させるマーケティング コンテンツリスト
2024年を見据えると、商取引の世界が猛烈なペースで変化していることは明らかです。オムニチャネルのアプローチは、かつては競争の激しい分野で優位に立っていましたが、今ではデジタルが織りなす世界で成功を収めようと努力しているコマース企業の...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスでオムニチャネルを成長させる  コンテンツリスト
カスタマーエクスペリエンスでオムニチャネルを成長させる コンテンツリスト
最初のブランド認知から購入後の段階まで、消費者は一連のインタラクションを経験します。これらのタッチポイントは、ビジネスの成長とイノベーションの極めて重要な要素である顧客体験を形成します。カスタマージャーニーをマッピングし、強みと弱みを...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 販売チャネル管理のポイント
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 販売チャネル管理のポイント
ユニファイドコマースの4つの要素 1. システム ユニファイドコマースは、一元化されたプラットフォームを介してすべての顧客対応システムとバックエンドシステムを統合するため、業務全体が、ビジネスニーズに応じて適応および拡張できる1つの強...
続きを読んでみる
オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム トレンド コンテンツリスト
オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム トレンド コンテンツリスト
商取引の世界が猛烈なペースで変化していることは明らかです。オムニチャネルのアプローチは、かつては競争の激しい分野で優位に立つための施策でしたが、今ではデジタルが織り込まれたマーケットで成功を収めようとする小売・製造業の企業にとってのベ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー