富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

プログレッシブプロファイリング:顧客データを収集するためのより良い方法 通販・オムニチャネルコマース

AOV CDP CLV CRM CX D2C DNVB DTC EC EC物流 OMO オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント カスタマーエクスペリエンスマネジメント プログレッシブプロファイリング 顧客データ 顧客中心
プログレッシブプロファイリング:顧客データを収集するためのより良い方法 通販・オムニチャネルコマース

オーディエンスを理解したいですよね。顧客中心なら長期戦が必要です。

アグリーメント、コンプライアンス、信頼をリードするには、プログレッシブ プロファイリングを使用して、ジャーニー全体を通じて顧客について学習していくことです。

素晴らしい友達を作るのがフルタイムの仕事だと感じたことはありませんか。
ある研究によると、「カジュアルな友情」を築くには40〜60時間、誰かと親友になるにはなんと200時間かかることがわかりました。

対人関係には努力、エネルギー、そして多くの時間が必要であり、ブランドとオーディエンスの関係も一夜にして築かれるものではありません。

これまで、ブランドはオーディエンスデータを取得するための近道としてサードパーティCookieに依存していましたが、これらの方法では今後うまくいきません。また、1 つのフォームだけでは顧客について知りたいことをすべて把握することはできず、時間をかけて情報を収集する必要があります。 そこでプログレッシブプロファイリングの出番です。

プログレッシブプロファイリングとは何か、正しい(そして間違った)方法、戦略をゼロから始めるために必要なことなど、プログレッシブプロファイリングの世界に飛び込むために、顧客調査の知識について一緒に考えてみましょう。

プログレッシブプロファイリング:顧客を少しずつ知る

プログレッシブプロファイリングとは、データがどのように使用されるかについて透明性を保ちながら、オーディエンスから情報や好みを徐々に収集することです。

カスタマージャーニー全体で適切なタイミングで収集された情報のごく一部は、コンプライアンスを尊重し、不気味さを感じさせない方法で、正確で完全なユーザープロファイルを構築するのに役立ちます。

一度に大量の情報を要求するフォームは、ユーザーエクスペリエンスが悪く、回答も少ないことが調査するまでもなく明らかです。
プログレッシブプロファイリングは、1つのインタラクションだけでなく、多くのインタラクションにわたって顧客データをゆっくりと収集することで、この問題を解決します。

顧客は圧迫や途方にくれることはなく、ブランドは3つの主要な方法で利益を得ます。

  • ソースからの直接データ。
    企業は、他のデータ収集方法のように意味を推測したり、結論を急いだりする必要はありません。
  • カスタマージャーニーにおける摩擦の軽減。
    ブランドは、データを求めることでオーディエンスのコンバージョン決定の注意をそらすのではなく、顧客自身の体験を向上させるための情報を提供する機会を複数回えます。
  • パーソナライゼーションとターゲティングの改善。
    オーディエンスの好みを顧客から直接収集します。

あらゆるコマース業界のブランドにとって、プログレッシブプロファイリングは優先事項のようです。
2022 年の Gartner の調査:2022 Gartner surveyによると、B2C の顧客の 71%、B2B の顧客の 86% が、企業がすべてのやり取りで個人情報について十分な情報を得ることを期待していると言われています。
B2CブランドとB2Bブランドはどちらも、優れた、カスタマイズされたエクスペリエンスを形成するために、時間をかけてデータを収集する必要があります。

データ収集がサードパーティCookieのような方法から離れるにつれて、マーケターは信頼に基づくデータ収集、つまりゼロパーティデータとファーストパーティデータに大きく依存する必要があります。

プログレッシブプロファイリングは、オーディエンスのニーズを満たすためにアクティブ化したデータを収集します。ゼロパーティデータとは、収集プロセス中にオーディエンスが共有した情報です。このデータには、企業がすぐに行動できる嗜好、インサイト、さらには詳細な意見など、詳細が満載されています。これこそがプログレッシブプロファイリングのスーパーパワーです。

プログレッシブプロファイリングの落とし穴を回避する方法

しかし、プログレッシブプロファイリングは特効薬ではありません。

よくある間違い#1:同意と透明性を持ってリードしていない

マーケティング担当者は、どんな犠牲を払ってもパイプラインを作らなければならないというプレッシャーの中で、データの使用方法を共有しないことから、プライバシー規制を回避しようとすることまで、データ収集の手抜きをしてしまうかもしれません。

同意や透明性から始めていないのであれば、戦略を再考する時期が来ていると言います。世界最高のブランドは、プライバシーとオーディエンスとの信頼を優先することで競争上の優位性があることを理解しているはずです。

プログレッシブプロファイリングは、同意に基づく透明性の高いデータ収集方法であるように設計されています。

ブランドがデータを収集する理由と、それが顧客体験をどのように向上させるかについて共有すればするほど、顧客はより信頼し、多くのデータを共有したいと思うようになります。

よくある間違い#2:処理しきれないほど多くのデータを要求する

顧客とのあらゆるやり取りが情報を得る唯一のチャンスであると考えるマーケターは、できるだけ多くのデータを収集するために急いでいます。しかし、緊急性は、ブランドがオーディエンスのニーズに焦点を当てることから注意をそらし、使用しきれないほど多くのデータを要求することにつながります。

効果的なプログレッシブプロファイリングは、オーディエンスのニーズに応えるために必要な最も重要なデータに焦点を当てます。

ユーザージャーニーの邪魔をすることなく、可能な限り最高品質のデータを目指してください。

よくある間違い#3:広告で顧客体験を損なう

広告のポップアップ。動画を自動再生します。チャットボットのping。
すべてのピクセルが彼らの注意を引こうと競い合っているように見える混雑したWebページが好きな人は誰もいません。ブランドが広告からの売上収入に依存していますが、これらの体験は顧客を非常に苛立たせているかもしれません。

プログレッシブプロファイリングでデータを収集しようとする企業にとって、無数のウィンドウやモーダルが起動する煩わしいユーザーエクスペリエンスによって、必要な情報を取得できません。

顧客は、目的地にたどり着くのを手伝ってほしいと望んでいます。

ウェブサイトチームと協力して、広告エクスペリエンスの低下を制限し、代わりにプログレッシブプロファイリングモーションを実装します

プログレッシブプロファイリングを知る

ステップ1:タイミングをつかむ

タイミングがすべてなので、最初にこれからです。

効果的なプログレッシブプロファイリングの鍵は、フォームと質問を適切なタイミングでトリガーすることですが、重要なコンバージョンのマイルストーン中にはトリガーしません。
別の言い方をすれば、誰かが購入したりする決定を妨げる可能性がある場合は、データを収集しようとしないでください。

ペース配分も念頭に置きます。初めて誰かに質問するときは、相手に負荷をかけないようにしましょう。代わりに、よりポジティブな体験を得るために、質問の間隔を均等に設け、いくつかの質問をして待ってから、さらにいくつかの質問をします。

一度にすべてを尋ねたいという衝動と戦っている場合は、最も重要な質問から始めてください。大まかな質問から始めて、後で詳細な質問に移ります。このアプローチにより、良い反応が得られ、視聴者の体験が向上します。

ステップ2:プロセスを改善する

タイミングが決まったら、実際のデータ収集手法を選択します。ここでは実験が重要です。テストを行うことで、新しいデータ収集戦術を模索し、何がうまくいき、何がうまくいかないかをチームに伝えることができます。

例えば、アンケートや クイズファネルが、あなたのブランドについて知り始めたばかりの人を惹きつけるかどうかを知りたいとします。
堅実なテストプラットフォームから始めて、トラフィックのセグメントを確保し、さまざまなデータ収集のバリエーションを試して、どのアプローチがより効果的かを見つけることができます。

ここでは、プログレッシブプロファイリングの要点をいくつかを確認していきましょう。

  • コピーライティングチームと連携しましょう。
    あなたが使う言葉は、質問そのものと同じくらい重要です。
    優れたコピーライティングに投資すれば、結果が成功する可能性がはるかに高くなります

  • 退屈な質問は避けましょう。
    最初の同意書でも、不格好で機械的な質問は避け、明確で会話的なものにしましょう。
    よく言われるように、どのように質問するかが重要です。

  • 小さなデータに多くの価値を与えます。
    視聴者の時間と情報は貴重です。彼らの好みについて教えてもらいたいですか。
    求めている価値を提供するように計画します。

  • 聴衆を念頭に置いて設計します。
    プロファイリングフォームで商品ビジュアルやその他のアセットを使用していますか。
    これらの要素が視聴者にとって関連性があることを確認してください。

  • 欲張らないでください。
    あまりに早く多くを求めたいという衝動を抑えてください。時間をかけて徐々に、どこからどのように依頼できるかを計画します。

プログレッシブプロファイリングはカスタマージャーニーで使用できるチャネルには、ほとんど制限がありません。『これは自分のサイトでしかできない』とか『自分のアプリでしかできない』とか、そういうことではありません。 メッセージや対面式のイベントは、データ収集に最適なチャネルです。プログレッシブプロファイリングのために、主要なデジタルタッチポイント・リアルアセットの店舗には、多くの機会があります。

ステップ 3: データを使用してパーソナライズする

カスタマージャーニー全体のデータ収集を開始したら、そのデータを使用してパーソナライズされたキャンペーンやイニシアチブを構築します。
視聴者が好みを教えてくれると、新しく、楽しく、思いがけない方法で彼らのニーズに応える機会がたくさんあります。

B2Cの世界では、買い物客が購入ジャーニーの開始時にお気に入りの色、好みのサイズ、配送の詳細をすでに共有しているため、詳細な顧客データがワンクリックチェックアウトを強化する可能性があります。
プログレッシブプロファイリングは、コンテンツ制作者が個人の過去のコンテンツ消費に基づいて、より説得力のあるレコメンデーションを提供するのにも役立ちます。

プログレッシブプロファイリングにより、プロセス中の適切なタイミングで、チームの成功に役立つ最も重要なインサイトを得ることができます。

コンプライアンス: データの有効期限は

プログレッシブプロファイリングは、最もユーザーに焦点を当てた同意(アグリーメント)ベースのデータ収集方法の1つです。

マーケターは、コンプライアンスを維持し、罰金を回避し、オーディエンスの信頼を維持するために、データプライバシー規制を理解する必要があります。

1. 規制を知る

データ コンプライアンスは、EU の一般データ保護規則 (GDPR) など、業界や地域によって異なります。個人データに関する規制に従ってください。

これらの要件はすべて、小売・製造の企業がデータを保持できる期間と保存方法に関するものであるため、プログレッシブプロファイリングの段階的なデータ収集において重要な役割を果たします。どの規制が適用されるかを把握し、それに応じてデータベースを管理します。

2. チームに頼る

規制は必ずしも一筋縄ではいかないため、データ収集戦略にコンプライアンスを組み込む際には、プライバシーチームや法務チームと緊密に連携することを勧めています。

たとえば、GDPRでは、企業は「不要になった」データを削除する必要があると規定されています。しかし、それは解釈の余地を残します。プライバシーチームは、ビジネスにとって「データが不要になった」ことの意味を定義するのに役立ち、そこから、データチームは、コンプライアンスに準拠した方法でデータを使用および廃棄するためのプロセスの構築を支援できます。
包括的な保護レイヤーを追加するために、弁護士は、会社と顧客に適用される規制要件を確実に把握できています。

3. データを収集しすぎない

ご想像のとおり、データの過剰収集はコンプライアンス違反への片道切符です。必要なデータの収集に集中し、データを使用する方法、時期、理由に関する数値を把握します。
どのような規制を受けるにせよ、経験則として、できるだけ短い期間でデータを保存することを目指すことが大切です。

どのデータがアクティブ化され、どのデータが未使用のままになっているかについての指標を提供することができれば、どのデータをパージして削除すべきかについての指標が得られます。 データが増えれば増えるほど、そのデータを大規模に管理することは難しくなります。必要なものを集め、戦略的に使用し、それを処分する、それがコンプライアンスを維持する方法です。

まとめ

オムニチャネルコマースをはじめとして、顧客を知るとおうことは基本です。プログレッシブプロファイリングは、カートイン、購入後体験:エクスペリエンスでのアクション、レビュー、アンケート、ロイヤルティ プログラムなどでエンゲージメントを高めながらコミュニケーションして得ることができます。

結果として、AOV・CLVが高まることになります。今日から マーケティング オートメーションなどを活用してトライしてください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー