Voice

D2Cブランドインタビュー&Opinion:オピニオンテーマコンテンツ

DTCブランドインタビュー

EC/DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0の時代です。
ブランドの創業者、チームメイトやスタッフのマネージメント・マーケティング スキルをレベルアップしたいと思いませんか?
最も賢いマーケターになりましょう。これは 無料のコラムです。
ビジネスを成長させる方法と継続的なマーケティング スキルセットに関する知識と実用的なアドバイスを共有することに熱心に取り組んでいきます 。(実際に読むのが楽しみになる楽しい方法で)。
DTC 分野を、クリエイティブ トレンド、トラフィック プラットフォーム、テクノロジー パートナーという絶え間なく変化しているトレンドを使いこなすことを支援することで、ブランドと顧客を結びつける、ほぼ無限の機会の高まりがあると考えています。

Feb 12, 2024 

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア・ボディケア ブランドリスト

植物ベースのスキンケア: この製品は植物由来の成分で作られており、肌に栄養を与え、保護し、自然な美しさを向上させることができます。 ニキビ治療: ニキビに関連する微生物の増殖を抑制し、毛穴の見た目を最小限に抑え、早期のシワや色素沈着を改善する効果が臨床的に証明されています。 環境に優しいパッケージ: このブランドは家庭で堆肥化可能な容器を使用し、プラスチック廃棄物を減らすことに貢献しています。

View Details
Feb 12, 2024 

2024 AI を活用したチャットボットで顧客サービスを向上させる

カスタマー サービス チャットボットとは AI を活用したチャットボットの導入を検討するケース カスタマーサービス チャットボットの7つのメリット 1. 年中無休の即時サポートを提供 2. エージェントの生産性を向上させる 3. AI の提案と顧客のコンテキストでエージェントを支援する 4. エラーのないガイド付き顧客ワークフローで顧客の問題を解決する 5. 会話中に意図を切り替える 6. 顧客中心の洞察で知識のギャップを埋める 7. ビジネスコストを削減し、ROI を向上させる 導入前に考慮すべきチャットボット機能TOP 5 1. コード不要のチャットボットと会話ビルダー 2. AI を活用した顧客の意図の検出 3. すべてのチャネルに一度に展開する 4. ボットの外観と操作性をカスタマイズする 5. 顧客リクエストの背後にあるコンテキストをキャプチャして保存する カスタマー サービス チャットボットのベスト プラクティス 5  1. チャットボット導入のあらゆる段階でエージェントを関与させる 2. ナレッジベースをインスタントメッセージングチャネルと統合する 3. AIボットを活用して品質保証を徹底する 4. 会話型 AI を活用して大規模に対応する 5. 新しいインテントでチャットボットをトレーニングするようエージェントに奨励する 顧客サービスにおいて重要なチャットボットの指標と目標

View Details
Feb 11, 2024 

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する  パーソナルケア ブランド

ダイレクト・トゥ・コンシューマー(DTC)ブランドは、消費者と直接的な関係を築り、よりパーソナライズされたマーケティングを実現しています。購入履歴やウェブサイトの閲覧履歴を活用して、Eメール、ウェブサイト、個別オファー、パーソナライズされたレコメンデーション、アンケート、ダイレクト・フィードバックなどを通じて最高の顧客体験を提供しています。 DTCブランドは、オンライン/オウンドチャネルを活用して消費者と直接つながり、共創者として機能する新しいブランド構築モデルを体現しています。 具体的な注目ブランドとして、以下の2つをご紹介します。 Glossier: Glossierは、肌の自然な輝きを高める美容製品で知られています。彼らはコミュニティの創造、SNSの活用、オンラインとオフラインの統合を通じて顧客エンゲージメントを高め、美容業界に革新をもたらしました。 Rodan & Fields: ロダン+フィールズは、幅広いスキンケア製品を提供しており、顧客との直接的な関係を重視しています。彼らはパーソナライズされた推奨事項やコンサルタントとの連携を通じて、顧客のスキンケア体験を最適化しています。 DTCブランドは、オムニチャネル戦略を統一し、シームレスでパーソナライズされた体験を提供することで、2024年も成功を収めるでしょう。

View Details
Feb 10, 2024 

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ランニングギア ブランド

ランニングギアのDTCブランドには、素晴らしい選択肢があります。これらのブランドは、高品質で快適なランニングギアを提供しており、ランナーの期待を満たしています。以下にいくつかの注目すべきブランドを紹介します。 Soar Running: 英国に本拠を置くパフォーマンスブランドで、高性能なアクティブウェアを提供しています。ランナー向けに技術革新と洗練されたデザインを組み合わせています。 District Vision: ランナー向けのスポーツサングラスとツールを研究開発しています。日本で設計された特別な目的のレンズを使用しています。 Ten Thousand: 継続的な改善を重視するスポーツアパレルブランドで、有名なワークアウトショーツを提供しています。 On: スイスのブランドで、クッション性と軽量性を兼ね備えたランニングシューズを提供しています。 FITLETIC: ランニング用ポーチやウォーターボトル、エナジージェルホルダーなどのアクセサリーを提供しているブランドです。 これらのブランドは、ランナーのニーズに合った優れたギアを提供しており、ランニング体験を向上させています。

View Details
Feb 10, 2024 

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ファッションブランド その他カテゴリー

「リバースコマース」、または「リコマース」と呼ばれる持続可能な消費の概念について説明しています。以下は主要なポイントです: 循環的アプローチ: リコマースは製品や材料が経済に再導入され、廃棄物や汚染の削減に役立つ循環的なアプローチを採用しています。 持続可能な消費: 顧客間でのオンラインマーケットプレイスを通じて、商品の補充、修理、再販、レンタル、返品・交換、再配布が可能になります。 DNVBとDTC: 企業はリコマースを活用して新規顧客を引き付け、コストを削減し、売上を増加させる方法としています。 ブランド例: Stitch Fix、Jack Erwin、KUIU、MeUndiesなどのブランドが顧客に対して持続可能な選択肢を提供しています。 リコマースがどのように消費者と企業に利益をもたらすかについての洞察を提供しています。また、持続可能な消費の重要性と、それが環境に与える肯定的な影響についても解説しています。

View Details
Feb 10, 2024 

WMS 対 RMS 返品をマスターして収益化する オムニチャネル・Eコマースでのメリット

返品で収益をアップするのは難しい課題です 正確にはなぜでしょうか。 簡単に言えば、返品は解決するのが非常に困難な問題です。 倉庫管理システム (WMS) の目的 返品に WMS を使用する場合の欠点 返品管理システム RMSとは RMS のメリット 360° から洞察が得られる 費用の削減から再販収益へ 返品エクスペリエンスのコントロールの向上 業務を効率化してバックログを解消する WMS と RMS の機能の比較 返品における WMS と RMS の長所と短所 WMS で回避策を使用する 返品管理システム(RMS)

View Details
Feb 09, 2024 

ヘッドレス CMS プラットフォーム 通販・オムニチャネルコマース

CMS・コンテンツ管理システムの概要 Web コンテンツ管理システム (WCMS) エンタープライズ コンテンツ管理システム (ECMS) デジタル資産管理システム (DAM) 文書管理システム (DMS) ヘッドレスCMS ヘッドレス コンテンツ管理システムとは CMSのデータ構造 ヘッドレス CMS の詳細 CMS・コンテンツ管理システムの概要 Web コンテンツ管理システム (WCMS) エンタープライズ コンテンツ管理システム (ECMS) デジタル資産管理システム (DAM) 文書管理システム (DMS) ヘッドレスCMS ヘッドレス コンテンツ管理システムとはCMSのデータ構造 ヘッドレス CMS の詳細 まとめ

View Details
Feb 09, 2024 

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する アパレルブランド アスレジャー・スポーツ

D2C(Direct to Consumer)ブランドは、サードパーティの小売店や卸売チャネルを通じて商品を販売するのではなく、商品やサービスを顧客に直接販売します。 この新しい流通チャネルは、通常、インターネットまたは所有する小売店を通じて行われ、D2Cブランドが顧客により良いエクスペリエンス、商品、価格を提供するのに役立ちます D2C(DTC)は、Direct to Consumerの略で、小売業者や卸売業者などの従来の仲介業者を経由せず、ブランドが自社の商品を最終顧客に直接販売するビジネスモデルです。このモデルは、特にEコマース(電子商取引分野)で大きな注目を集めていました。D2C(DTC)は死んだとも言われていますが、従来のブランドは通常、商品の販売を小売業者に依存してきました。 ただし、D2Cアプローチでは、企業は多くの場合オンラインプラットフォームを通じて、顧客との直接のコミュニケーションと取引を確立します。 Amazonや楽天などのサードパーティプラットフォームを通じて企業が販売する従来のEコマースとは異なり、D2C企業は独自のEコマースストアを構築して管理します。このアプローチにはいくつかのメリットがあります。これにより、ブランドは顧客のショッピングとブランド体験を完全に制御し、顧客からの直接のフィードバックを収集し、パーソナライズされたマーケティングと販売戦略にデータを活用することができます。D2Cの傾向は、消費者行動の変化、特にパンデミック中に急 増したオンラインショッピングの増加によってオムニチャネルとともに加速されました。D2Cモデルへの移行に成功したブランドは、多くの場合、中間業者が排除されたため費用対効果が高く、顧客との緊密な関係から恩恵を受けています。 電子商取引の状況が進化し続けるにつれて、D2Cモデルは、購入(購買)後体験(ポストパーチェス)を重点に、顧客ベースの直接的なエンゲージメントとロイヤルティを活用したいと考えている企業にとって、先進的な戦略であるとますます見なされています。 注目のD2Cブランドには、 Outdoor Voices、Tracksmith、Chubbies、Summersaltなどがあります。 これらのブランドは、顧客にフィットするようにデザインされた商品を提供し、持続可能性や購入後のエクスペリエンスにも注力しています。

View Details

テーマ コンテンツ リスト

次世代オムニチャネルコマースサービス
オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム  コンテンツリスト
Eコマース D2C 用語集
オムニチャネル コマース用語集
メールマーケティング用語集
コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集
ソーシャルメディア用語集 オムニチャネルコマースでの活用方法を踏まえて
e コマース 詐欺 用語集

お気軽にご質問・ご相談ください

  お問い合わせ