Voice

D2Cブランドインタビュー&Opinion:オピニオンテーマコンテンツ

DTCブランドインタビュー

EC/DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0の時代です。
ブランドの創業者、チームメイトやスタッフのマネージメント・マーケティング スキルをレベルアップしたいと思いませんか?
最も賢いマーケターになりましょう。これは 無料のコラムです。
ビジネスを成長させる方法と継続的なマーケティング スキルセットに関する知識と実用的なアドバイスを共有することに熱心に取り組んでいきます 。(実際に読むのが楽しみになる楽しい方法で)。
DTC 分野を、クリエイティブ トレンド、トラフィック プラットフォーム、テクノロジー パートナーという絶え間なく変化しているトレンドを使いこなすことを支援することで、ブランドと顧客を結びつける、ほぼ無限の機会の高まりがあると考えています。

Mar 01, 2024 

コミュニティ マーケティングキャンペーンガイド 第1回 通販・オムニチャネルコマース

コミュニティマーケティングに関する究極のガイドを提供しており、ブランドマーケティング担当者やCMO、D2C・Eコマース・オムニチャネル企業のマーケティング分野の人々に向けて書かれています。主要なポイントです: コミュニティの意義: 共通の関心事に基づいて人々が集まる安全な空間として定義されています。 コミュニティマーケティング: ブランドと顧客を結びつける目的主導型のマーケティング戦略として説明されています。 ブランドとの関係: コミュニティはブランドが顧客と有意義な関係を築くためのプラットフォームとして機能します。 オーガニックリーチ: コミュニティは高いエンゲージメントを通じてオーガニックリーチを推進する効果的な方法とされています。 コミュニティマーケティングのメリット、戦略、そして実際の事例を探求しています。また、コミュニティがブランドの成長にどのように貢献するかについても詳しく説明しています。

View Details
Feb 29, 2024 

2024 スキンケア トレンド K-Beautyを越える世界マーケティング

1.Ingredient Transparency: 成分の透明性:完全開示の美しさ 2. Fermentation:発酵: スキンケアにおけるプロバイオティクスの力 3. Microbiome Harmony: マイクロバイオームの調和: 皮膚の生態系のバランスを整える バイオテクノロジーとは バイオテクノロジーは、スキンケア ブランドが原料を持続的に収穫できる方法をどのように変えるでしょうか エクソソーム 4. Waterless Wonders:水のない驚異: 良心を備えた濃縮された美しさ 5. Eco-Elite Skincare:エコエリート スキンケア: グリーンレボリューションは続く 6. Hyper-Personalization:ハイパーパーソナライゼーション: あなたの肌、あなたのルール 年齢に応じたスキンケア 7. Next-Gen Sun Care: 次世代サンケア: 紫外線を超えて 8. Blue Light Protection: ブルーライト対策: デジタル ウェルネス ガード 9.Smart Skincare Devices: スマートスキンケアデバイス:美容ガジェットブーム 高周波マイクロニードリング 10. Skin Biometrics: 皮膚の生体認証: データ駆動型のスキンケア ソリューション 11. Augmented Reality in Skincare:スキンケアにおける拡張現実: 仮想美容体験 12. Minimalist Maximalism: ミニマリスト・マキシマリズム: 新しいスキニマリズム 13. Stress-Defense Skincare: ストレス防御スキンケア: 現代生活の代償との戦い 14. Inclusive Beauty: 包括的な美しさ: スキンケアの多様性を称賛する 15. Holistic Health Integration: ホリスティックな健康の統合: 美しさの裏返し 16. The Rise of Neurocosmetics:ニューロコスメティクスの台頭

View Details
Feb 29, 2024 

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する メンズビューティー ブランドリスト

スキンケア市場の成長: スキンケア業界はテクノロジーとパーソナライゼーションを活用したイノベーションにより、2030年までに1,672億2,000万ドルに達する見込みです。 男性用スキンケア: WAR PAINTブランドは、男性用の高品質メイクアップ製品を提供し、アンバサダープログラムを通じて製品の宣伝と販売を促進しています。 これらの要点は、ECビジネスの物流や顧客体験の向上、スキンケア市場の動向、男性用化粧品の需要増加たトピックに焦点を当てています。ページには、これらのトピックに関連する詳細情報や資料が含まれている可能性があります。ご興味があれば、ページを詳しくご覧ください。

View Details
Feb 29, 2024 

AI オムニチャネルカスタマーサービスとは

オムニチャネル顧客サービスとは オムニチャネル顧客サービスとマルチチャネル顧客サービス オムニチャネル顧客サービスのメリットとは 顧客満足度を向上させる 統一されたブランドボイスを維持する すべての顧客データに 1 か所からアクセス エージェントのパフォーマンスを公平に評価する エージェントへのケースの割り当てを自動化する オムニチャネルの成熟度を評価するには 顧客中心のビジネスのためのチェックリスト オムニチャネル顧客サービスのための ベスト プラクティス 5 メインの顧客サポートチャネルとしてセルフサービスを採用する 統合コンタクトセンターの確立 顧客データの品質を向上させる ライブチャットとチャットボットの活用

View Details
Feb 28, 2024 

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する メイクアップ ブランドリスト

DTC(Direct-to-Consumer)ブランドのマーケティングとCRMに焦点を当てて、メイクアップブランドを探索することは興味深いですね。美容業界では、ミレニアル世代とZ世代が最大の貢献者となっており、彼らは美容とパーソナルケアに積極的に取り組んでいます。 以下にいくつかのメイクアップブランドを紹介します。 Iconic London: プロのメイクアップアーティストやセレブリティ、インフルエンサーに愛されている、GLOWを与える製品で有名です。 Pixi Beauty: スキンケアとメイクアップのブランドで、創設者のペトラがおすすめする#PixiPerfectペアがあります。 Ella + Mila: ファッションに敏感で環境に配慮したネイルケアとメイクアップブランドです。 Juvia’s Place: アフリカのビューティーブランドで、明るいパレットが特徴です1。 Spectrum Collections: ヴィーガンで動物実験を行っていないメイクアップブラシを提供しています。 Color Pop: カリフォルニア製のメイクアップブランドで、Z世代をターゲットにしています。 これらのブランドは、オムニチャネル戦略や顧客デジタルエクスペリエンスを活用して、顧客との関係を構築しています。美容業界は常に進化しており、今後も新しいトレンドやブランドが登場することでしょう。

View Details
Feb 28, 2024 

D2C CX:カスタマーエクスペエンスマネージメント

カスタマーエクスペリエンスマネジメントとは カスタマーエクスペリエンス管理が重要な理由とは 1. 顧客維持:Customer Retention 2. 顧客ロイヤルティ:Customer loyalty 3. 顧客満足度:Customer satisfaction 4. 顧客エンゲージメント:Customer engagement  5. 競争力:Competitive edge カスタマーエクスペリエンス管理の概要 優れた顧客体験のためのヒント 1. ターゲットとなるコホート:cohortsを知る 2. 顧客がたどる道を旅する 3. 顧客の好みとニーズを理解する 4. 顧客中心のビジョンを策定する 5.顧客の信頼 6.顧客のフィードバックを収集して整理する カスタマーエクスペリエンス改善テクニック 顧客体験管理 (CXM) と顧客関係管理 (CRM) カスタマーエクスペリエンス指標 1. ネットプロモータースコア (NPS:Net Promoter Score) 2. 顧客満足度 (CSAT:Customer Satisfaction ) 3. 顧客努力スコア (CES:Customer Effort Score) 4. 顧客解約率:Customer churn rate 5. 顧客維持率(CRR:Customer retention rate) 6. 顧客生涯価値 (CLV:Customer Lifetime Value) カスタマーエクスペリエンス管理の課題 顧客データの声が不足している デジタル体験が乏しい 定性的なデータを無視している 非効率な社内コミュニケーション

View Details
Feb 27, 2024 

顧客ロイヤルティ プログラムの施策種類 通販・オムニチャネルコマース

ロイヤルティプログラムのメリット 収益の向上 顧客維持と顧客生涯価値の向上 顧客との関係強化 ブランドを競合他社と差別化・差異化 口コミによるマーケティングを促進 行動の動議つけを 顧客に感謝の気持ちを伝える ロイヤルティプログラムの種類 1. ポイントプログラム 2. 階層型プログラム  3. ミッション主導型プログラム 4. 支出(購入額)ベースプログラム 5. ゲーミフィケーションプログラム 6. 無料特典プログラム 7. サブスクリプション プログラム 8. コミュニティ プログラム 9. 友達紹介プログラム 10. 有料プログラム 11. キャッシュバック プログラム

View Details
Feb 27, 2024 

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト

スキンケア業界はここ数年目覚ましい成長を続けており、精巧なメイクよりも自然な見た目を好む美の基準の変化を反映して人気が続いています。2024 年業界はテクノロジーとパーソナライゼーションを活用して急速なイノベーションを推進し、スキンケアの台頭を活用しています。 世界のスキンケア市場は 2030 年までに 1,672 億 2,000 万ドル の相当額に達する見込みで、予測期間中の年間成長率は 6.21% という値になります。 この進化は、スキンケアの状況を再構築するいくつかの重要なトレンドによって定義されます。単純なスキンケア ルーチンを奨励するミニマリズムへの移行から、AI を活用したデータ分析の高度な機能、メディアや店頭で注目を集める破壊的な成分の注目度の高まりまで、スキンケア分野はこれまで以上にダイナミックになっています。 DTC(Direct-to-Consumer)ブランドは、市場シェアを獲得するためにアプローチを変えており、テクノロジーとパーソナライゼーションを活用して成長を促進しています。特にスキンケア業界では、顧客の購入体験を重視し、物流サービスを最適化することが重要です。 以下はいくつかのスキンケア DTC ブランドの例です: War Paint for Men: 男性用ウォーペイントは高品質の男性用メイクアップを提供しています。自分の肌で快適に感じる権利を持つため、製品とツールの選択肢を提供しています。アンバサダー制度を通じて製品を宣伝し、支払いを受け取ることもできます。 Brickell Men’s Products: アンチエイジング、ひげの手入れ、ニキビのコントロールなど、男性の健康的なライフスタイルに合ったスキンケア製品を提供しています。 Billy Jealousy: 受賞歴を誇るメンズグルーミングブランドで、効果的で倫理的で環境に優しい製品を提供しています。ビリー ジェラシー製品は化粧品グレードであり、動物実験を行わず、ビーガンに優しく、PETA の承認を得ています。 これらのブランドは、スキンケア業界で適応力を持ち、顧客のニーズに応えるために物流サービスを戦略的に活用しています。 🌟

View Details
Feb 27, 2024 

AI カスタマージャーニーとは

カスタマージャーニーとは カスタマージャーニーマップとは カスタマージャーニーはなぜ重要か 顧客体験の向上 コンバージョンの高速化 顧客の喜び カスタマージャーニーのフェーズとは カスタマージャーニーとは カスタマージャーニーマップとは カスタマージャーニーはなぜ重要か 顧客体験の向上 コンバージョンの高速化 顧客の喜び カスタマージャーニーのフェーズとは

View Details
Feb 26, 2024 

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト

DTC(Direct-to-Consumer)ブランドのマーケティングとCRMに焦点を当てて、ヘアケアとアイケアの分野で成功したい場合、いくつかのブランドが参考になるかもしれません。以下は、注目すべきいくつかのブランドとその特徴です。 Knours Beauty: 月経、出産、更年期障害などの女性の主要なホルモン周期を通じて肌の健康をサポートする製品を提供しています。 Briogeo: 自然で健康的な髪のフォーミュラを提供し、持続可能な原料を使用しています。 Credo Beauty: 意識の高い消費者向けに持続可能なクリーンな美容商品をキュレーションしています。 Collagen for Her: シンプルなコラーゲンサプリメントを提供しています。 これらのブランドは、DTC戦略を活用して顧客との関係を構築し、ユーザー生成コンテンツを活用して宣伝しています。また、持続可能性や顧客中心のエクスペリエンスにも注力しています。 DTCブランドの成功には、顧客とのオーガニックな関係構築や、ユーザー生成コンテンツの活用が重要です。 また、2027年までに全世界のeコマースの59%がマーケットプレイスを経由すると予想されているため、オムニチャネル戦略も考慮することが大切です4。成功を目指す際には、これらのブランドのアプローチを参考にすることをお勧めします。

View Details

テーマ コンテンツ リスト

次世代オムニチャネルコマースサービス
オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム  コンテンツリスト
Eコマース D2C 用語集
オムニチャネル コマース用語集
メールマーケティング用語集
コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集
ソーシャルメディア用語集 オムニチャネルコマースでの活用方法を踏まえて
e コマース 詐欺 用語集

お気軽にご質問・ご相談ください

  お問い合わせ