富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

コマース サイト立上げチェックリスト 2023 Shopify 版 フロントサイド編

D2C eコマース Shopify Shopify Plus

コマース サイト立上げチェックリスト 2023 Shopify 版 フロントサイド編

コマースマーケットで人気のある e コマース ストア構築プラットフォームの 1 つについて、店舗オーナーが知っておくべきことをすべて取り上げています。

Shopify は間違いなく市場で最高の e コマース ビルダーの 1 つです。(MACH+コンポーザブルなコマースは他にも沢山あります。日本なら:Lexica が適応しています。)無限の柔軟性があり、さまざまなデジタル製品(SaaSシステム)や物理的な製品(POS・TELなどHW)を連携して、商品とサービスを販売する必要がある小売・製造企業にあらゆる自由を与えてくれます。
それをサポートするための多数の便利なアプリを備えています。

デザインテンプレートを追加して、フロントを構築していきます

Shopify themes

ダッシュボードの「商品を追加する」の下に「テーマをカスタマイズする」というオプションがあります。
デフォルトでは「デビュー」テーマですが、以下の3つのやり方でテーマを変更するといいでしょう。

  • テーマを自分で作成する
  • 無料のテーマを活用する
  • 有料のテーマを利用する(外部にもあります。)

有料のテーマを見たい場合は、「無料と有料のテーマを見る」を選択すると画面が表示されます。
テーマは業界ごとに用意されていて、「衣類・ファッション」は約50種類以上もの使えるテーマが用意されています。
最近追加されたもの、人気順、価格順に並べて簡単に検索できるので、気に入ったテーマが見つかるでしょう。

さらにフィルターを活用して、簡単に検索を絞りこめます。

  • 価格‥無料か有料か
  • 商品‥カタログの大きさはsmall、medium、largeのいずれか
  • レイアウト‥ワイド、コラージュ、グリッドルックなど
  • 商品ページ‥何を重視するか
    画像の解析度、商品のズーム、タブなどから選びます
  • ホームページ‥動画を表示させるか、静止画像だけか、カルーセルの中から選びます
  • ナビゲーション‥サイドバー、水平、マルチレベルのナビゲーションにするかを選びます
  • マーケティング ‥TwitterやInstagramのフィードをショップに統合できるかどうか

オンラインストアグロースハック ステップ⑩  コア Web サイトのページを構築する

Shopify ストアに必要な重要なページの設定・開発を開始します。重要なポイントは、商品ページを用意するだけでは、Eコマース・D2C・DNVB サイトとしては十分ではないということです。
調査によるまでもなく、顧客の多くは購入前に企業に関するできるだけ多くの情報にアクセスできることを望んでいます。

  • ホームページ(TOP):
    ホームページは基本的に Web サイトのフロントページであり、顧客があなたに期待するすべての雰囲気を表現します。その「世界観」を設定します。
    ホームページは、Web サイトの外観と雰囲気を確立し、あなたが何をしているか、そしてあなたが誰であるかについてのインサイト:洞察を提供する必要があります。
    訪問してきたユーザー(ここではまだ顧客ではない)が他の目的のページに簡単にジャンプ・探索できるように、ナビゲーションとして、カテゴリ、商品ページ、コレクションに使用できるメニューボタン、バナー、リンクが明確であることです。

  • About ページ:
    ここでは、顧客にあなたの会社についてすべて、ブランドのストーリー、ブランドの背後にいる人々(スタッフ)、そしてあなた(創業者:ファウンダー)を現在の状態に導いた歴史に焦点を当てて伝えます。ファウンダーを顧客としての購買経験から、解決するMissonに焦点を当て、ビジネス立上げの背景についてのストーリーを伝えていくことです。
    あなたのビジネスの何が特別で独自の価値提案(Value)がなになのか、そしてどのように顧客にサービスを提供するのかについて、できるだけ多くの有益な情報を提供するようにしてください。

  • お問い合わせページ:
    お問い合わせページでは、顧客が商品やサービスに問題がある場合(インシデント)、または質問(テーマ)がある場合にマルチチャネルコンタクト(複数の連絡方法)で、オムニ管理をされた状態で、連絡できるようにします。
    Shopify アドオンを使用して、お問い合わせフォーム、eメール アドレス、小売店の住所、電話番号に加えて、ライブ チャット ウィジェットを追加できます。

    明確なコンタクト:連絡先ページを用意することは、ストアで信頼性が高く一貫したCX:エクスペリエンスを顧客に提供するために重要な施策です。
    顧客が連絡を取る方法に関する情報を追加する必要があるのは、連絡先ページだけではありません。Web サイトのほとんどのページ (多くの場合はフッター セクション) に連絡先の詳細を記載すると便利です。
    ライブチャット(AIと有人対応)
    そして、顧客サービス戦略を改善する良い方法の 1 つは、ライブチャット機能を実装することです。Shopify アプリ マーケットプレイスからライブ チャット アプリをストアに追加できます。顧客は問題・課題が発生した場合にすぐに連絡できるようになります。
    ライブチャットを設定する場合は、オーディエンス:視聴者から送信されたメッセージに応答できる担当者も用意してください。連絡先情報は、スタッフがいつも質問に回答できるようについても有益な情報ベースや、顧客からの情報の洞察も提供する必要があります。(個人的には、Notionなどで統合されて、整理されて構造化して、管理されることをお勧めします。)

  • FAQ:
    FAQ (よくある質問)のページは、買い物客にとって役立つようにしてください。
    ここは、配送、納期、返品・交換、商品、価格、支払い、またはサブクリプションやカスタマイズされたアイテムなどの商品オ​​プションに関する質問にすぐに答えることができます。
    このページに何を含めるべきか正確にわからない場合は、 顧客が購買体験購買後体験の双方のプロセス全体について尋ねなければならない質問や課題をまとめ、シンプルで透明性のある回答を記入していきます。
    また、質問が飛び回ったり、まだ複雑すぎる回答を提供したりすることは避けてください。
    FAQ に検索ボックスを追加して、情報をより速く見つけられるようにすることもポイントです。

    このページにより、対応する必要があるカスタマー サービスの問い合わせの数も削減できる可能性があります。
    (当然、チャットでのAI対応、そしてそれをVoice & Non Voice で実施します。)

  • ストア ポリシー:
    ストア ポリシー ページは、会社・ブランドに関する素晴らしい情報源にもなります。返金および返品ポリシー、配送ポリシーなどに関する情報を提供できます。

  • プライバシーポリシーページ:
    利用規約のページと同じように、正当なプライバシー ポリシーを作成し、法的措置を回避すると同時に、データの使用について可能な限り透明性を確保する必要があります。
    消費者は自分のオンライン プライバシーについてますます懸念を抱くようになっているため、自分の名前、Eメール アドレス、住所、支払い情報がどうなるのかを知りたがっています。

  • 配送詳細ページ:
    配送ページは、商品がいつ到着するかを正確に知りたいお客様に便利です。 顧客が休暇中、結婚式、誕生日、または単に今週末に商品を使い始めたいという理由で配送の詳細ページを確認することは平均的で、珍しくありません。
    したがって、このページでは、配送時間、地域、費用、および提供されている複数の配送方法だけではなく、パーソナルポータルページとして、すべてを情報を網羅する必要があります。

  • 返品ポリシーと返金ページ:
    目標は、返品、交換、および返送に必要な詳細とプロセスを提供することです。
    ・アイテムを返すまでのどのくらいの期間猶予がありますか
    サイトから配送ラベルを印刷することができますか
    顧客は返送費用を自分で支払う必要がありますか
    全額返金を選択する代わりに交換を行うことは可能ですか
    返品された後の商品はどうなりますか
    顧客がすべての返品を配送業者店舗に持ち込む必要がある場合や、郵便局やポスト投函を選択できる場合
    など、返品パートナーについて話し合いをして設定する必要があります。

コンテンツマーケティングとしてのブログページ、教育・啓蒙ページ、フォトギャラリーページなど、より具体的な情報とコミュニケーションをするためのページもあります。

オンラインストアグロースハック ステップ⑪  コンテンツ監査の実施する

ストアの立ち上げと運営を急いでいるときは間違いを犯しやすいため、コンテンツ監査の実施が重要です。
顧客がストアを移動するために必要な関連ページをすべて作成したら、時間をかけてすべてを確認し、エラーがないか確認してください。

すべてのeコマースWebサイトには、絶え間ないモデレートと管理が必要です。

壊れたリンク、文法上の問題、スペルミスを探してください。最後の段落から作業して先頭に戻るほうがよいと思われるています。この方法では、間違いが目に見えてわかる可能性が高くなります。

コピーに関しては、一貫性も重要であることを忘れないでください。
編集スタイル ガイドを使用して、あるページから次のページまですべてが同じように聞こえるようにすることです。
技術的な観点からは、特に顧客がモバイル デバイスからストアにアクセスしている場合に、404 ページや読み込みエラーがないことを確認してください。

複数のブラウザーやデバイスでサイトを表示して問題がないことを確認して、同僚や他の人にコンテンツをチェックしてもらうことも検討して実施してください。

  • Webサイト全体でトランザクションが安全であることを示すセキュリティ証明書とリマインダーを設定します。
  • 簡単なナビゲーションのためにミニマリストのデザインを維持します。
  • サイトの速度をテストして、ページがすばやく読み込まれるようにします。
    Pingdom:エンドユーザーエクスペリエンスのモニタリングシステムなどがあります。
  • 壊れたリンクを削除し、空の商品ページの情報を埋めます。
  • 各ページにカテゴリとフィルタリングオプションがあることを確認します。
  • メール登録フォーム・LINE友だち登録・SNSフォローなどのコミュニケーションポイントのすべてのページに表示します。
  • キャリアページへのリンクを追加します。
  • 特商法表記 へのリンクを作成します。
  • プライバシーポリシーへのリンクを追加します。
  • 連絡先ページへのリンクを作成します。
  • FAQページへのリンクを追加します。
  • ソーシャルページへのリンクを組み込みます。
  • ソーシャル共有ボタンを追加します。
  • 返品および交換ポリシーへのリンクを追加します。
  • B2B・WholeSale・サプライヤーへのリンクを検討します。
  • ログインボックスを配置します。
  • eコマースWebサイトの上部にあるタブにカテゴリと商品に追加します。
  • 顧客がアイテムを保存する場合に備えて、上部にショッピングカートのアイコン/ボタンを配置します。
  • 使用している支払いシステムと、講じているセキュリティ対策を明示します。
  • サポートページにつながるタブを提供します。
  • responsive 対応を確認します。すべてのデバイスとブラウザでテストします。
  • 商品詳細ページにチェックアウトボタンを明確に表示します。
  • 各ページにブレッドクラム:breadcrumb「パンくずリスト」を適用して、人々が必要な商品やページを見つけられるようにします。

オンラインストアグロースハック ステップ⑫  Shopifyストアに商品を追加する

ショップの詳細設定が終わればウェブストアのダッシュボードが表示されて、その後すぐに商品を追加できるようになります。

商品に関しては、可能な限り多くの情報を入力しましょう。(出し方は、デバイスで変わってきます。)
利用できる主なカテゴリーです。

  • タイトルと説明‥
    商品名と短い説明文。SEOにもなります。
  • 画像‥
    商品や色や形といった商品のバリエーションが分かる画像を追加します。アクセシビリティのためにaltテキストを活用します。
  • 価格‥
    商品の価格。
    セールしている場合は、元々の価格も表記しましょう。
    ・商品を再販する場合は、アイテムに支払った価格を入力してマークアップを計算できます。
  • 在庫‥
    在庫数の表示もできます。入荷予定日、予約販売ビなども表示して顧客の期待値に答えます。
    ・再販するなら、特定のSKU番号またはバーコード番号を割り当てすると便利です。
    それによってグレーディング別の在庫数や注文数も管理できます。
  • 配送‥
    商品の重さ・サイズを入力して送料の概算を計算します。3PL・フルフィルメントを利用している場合は、メニューからWMSとの連携選択可能です。
  • 商品‥
    管理エリアで商品を簡単にフィルタリングできるように「商品タイプ」を入力しておきます。
    再販プログラムを導入している場合は、「ベンダー」からメーカーを選びましょう。商品にタグを入力することで、バックエンドから簡単に商品が使えます。

その他にも、検索エンジン上で商品がどのように表示されるかをプレビューしたり、サイズや色による商品のバリエーション(SKU)を追加したりします。

オンラインストアグロースハック ステップ⑬ カテゴリまたはコレクションページを作成する

リストページと呼ばれることもありますが、eコマースプラットフォームに応じて、カテゴリページまたはコレクションページと呼ばれることもあります。
シンプルに言えば、これは共通のアイテムをグループ化するためのもの、デュアルページです。
これらのコレクションページは、コマースサイトを適切に整理して、論理的に組み合わせる必要のある一連の商品を顧客に紹介する方法を提供しています。

コレクションは、販売している商品と顧客に提供したいナビゲーションのタイプによって異なります。
従来は、Tシャツ、ベッド、スキンケア、スマートフォンケースなどの基本的な機能に基づいてアイテムを分類することから始めていました。
その後、特定のアイテムを推奨したり、プロモーションを紹介したり、人々をガイドしたりするコレクションを展開することで、クリエイティブ・オケージョン・キュレーション的になります。
特定の目的のために複数の商品を組み合わせる。 たとえば、アパレルではサマーコレクションや、カラーコレクションを提供する場合があります。アスレジャーではアクティビティスポーツごとに商品を整理したり、人気商品、販売商品、セール商品ようなもののコレクションページを作成することもできます。

eコマースプラットフォームのバックエンドで、顧客のレーダーに応じたパーソナライズされたコレクションを作成するように設定もできるようにします。
ここでは、ネーミングされたグループに複数の商品を追加します。 eコマースプラットフォームは顧客のためにコレクションページを生成して、ポータルページや、ヘッドレルとしてページを提供するCXトレンドがあります。各コレクションページでその要素をカスタマイズすることをお勧めしています。ノーコードツールであってもカスタムコーディングが必要になるともあります。

どのように提供するかには関係なく、コレクション/カテゴリページをカスタマイズして、ブランドとのマッチングを改善して、顧客をサポート・支援・キュレートする必要があります。
これらのページの要素としての提案は次のとおりです。

  • コレクションについての簡単な紹介。
    素材、ブランド、特定の用途などのユニークな提案・要素について展開していきます。
  • ライフスタイルの設定。
    あなた(顧客名〇〇)の商品コレクションを示す注目の画像について展開していきます
  • 詳細と商品ページへのリンクを含む商品ギャラリー。
  • コレクション内のベストセラーやその他の推奨事項。
  • コレクション内のアイテムの評価とレビュー。
  • カテゴリに付随する可能性のあるサブカテゴリまたは親カテゴリに必要なリンク。
  • 人々が詳細な商品を調べるためのクイックビューオプション。
  • 各コレクションページでの検索を絞り込むためのフィルタリングおよび並べ替えツール。

オンラインストアグロースハック ステップ⑭ 商品ページを作成する

顧客が検索エンジンを通じてブランドのD2C eコマース サイトを見つけたときに、特定の商品ページにたどり着きます。
これは、LPとしても、各ページにコンバージョンのための情報ストーリーを掲載して、関連するツール、ガイド、メディアとともに、訪れた買い物客に商品の購入を促す役割を担います。

商品ページのチェックリスです。

  • 最適化された商品タイトルをアピールします。
  • 複数の製品画像と角度(360度ビュー)を提供します。
  • ズームイン機能を備えた商品画像を提供します。
  • 行動(CTA)の呼びかけを含めます。
  • カスタマーレビューと評価のセクションを表示します。
  • アップセルの可能性を高めるために関連商品をリスト・レコメンドします。
  • 送料無料・タイムセールなどのセールスポイントなどを、今すぐ購入すれば割引価格で提供可能な場合はオファーします。
  • 商品の使用に関連するクリエイティブな説明を含めます。
  • 各商品ページにカートに追加ボタンがあります。
  • 購入数量を変更するフィールドを表示します。
  • ハイライト価や割引率・額を表示します。
  • 各商品の入手可能性を伝えます、在庫を示し、人々に購入を促します。
  • 商品コードを記載します。
  • 商品ページで送料と税金の計算を提供します。
  • 使用されているすべての材料、寸法、色、重量、および洗濯方法などを表示します。
  • 必要に応じて、利用可能なサイズとサイジング ガイドについて説明します。
  • コメントセクションを追加して、人々がeコマース商品について話し合うことができるようにします。
  • カスタマーレビューの並べ替えとフィルタリングのオプションを提供します。
  • Wish リストボタンを表示します。
  • 商品がどのように機能するかを表示するビデオを提供します。
  • 必要に応じて通貨コンバーターを追加します。
  • 顧客が何を見ているかをサポートチームに示すライブチャットオプションを設置します。
  • ソーシャルシェア、ビュー、売上、および商品を購入した人など、各商品のデータを表示します。
  • 商品のソーシャル共有ボタンを設置します。
  • 複数の関連商品を一緒に購入する人にお買い得情報を提供します。
  • プロ級の写真やビデオを使用します。
  • 商品が売り切れているかどうかを示すバナーをデザインして提供します。
  • 商品が購入可能になったときに通知を受け取るためのサインアップのフォームやLINE登録を追加します。
  • 商品ページがホームページと同じ速さで読み込まれることを確認します。
  • 独自の機能(USP)と、商品が競合他社から際立っている理由を説明します。
  • 検索エンジンのランキングを向上させるために、各eコマース商品ページにキーワードを含めます。
  • 購入プロセスをシンプルに利便性を高めます。

オンラインストアグロースハック ステップ⑮  ブログとメディアページを作成する

ブログやメディアページなどの追加コンテンツは、競合他社から目立ち、検索エンジンには、商品を販売する単なるeコマースサイトではないことを伝えることになります。

ブランドを強化するためのいくつかの追加アイテムチェックポイントです。

  • 教育・啓蒙ページ。
  • チュートリアル。
  • 商品レビューとショーケース。
  • 会社のイベント。
  • 最近のイベントやニュースが掲載されたブログ。
  • ブログへのコメント。
  • ブログ投稿のソーシャル共有オプション。
  • 商品に関連するリスト。
  • 外部リソースページ。
  • 業界の状態に関する記事。
  • コンテストや抽選のために独自のコンテンツを提出するためのエリア。
  • ウェブキャスト、またはポッドキャストのページ。
  • ビデオページ。
  • ケーススタディと商品を使用した人々へのインタビュー。

オンラインストアグロースハック ステップ⑮ サポートページを作成する

サポート ページ、リンク、およびインバウンドチャネルを追加することを検討します。

  • リストされたEメールとお問い合わせフォーム。
  • 電話番号の記載(0120でなくても大丈夫です。0570だけはやめましょう)。
  • ライブチャットエリア。
  • ナレッジベースまたはヘルプセンター。
  • フォーラム。
  • よくある質問。
  • 配送の詳細。
  • 共有ボタン。
  • 24時間年中無休のカスタマーサポートは必要であれば(夜・深夜に購入するオーディエンスならどうするかですね)
  • 余裕のある返品期間を設けてください。
  • ソーシャルメディアページにボタンを表示します。

オンラインストアグロースハック ステップ⑯ 画像を最適化する

オンラインショッピングでは、顧客は自分で商品を手に取って見る機会がありません。つまり、共有する写真を見ることで、商品に関するできるだけ多くの情報を確認できることが重要になります。
読み込みが遅い、または画像の品質が低いと、ユーザー エクスペリエンス:UXが低下する可能性があります。

Shopify は画像を迅速に読み込むための技術的な部分を処理してくれるため、ここで時間を節約できるはずです。

  • わかりやすいファイル名を使用する:
    これは、特にランク付けしたいキーワードを使用する場合、検索エンジンでのランク付けに役立ちます。
  • alt 属性の最適化:
    キーワードに関連付けられた alt 属性を追加します。
  • 画像を圧縮する:
    画像ファイルのサイズをできるだけ小さくします。ただし、画質を損なわないようにすることも重要です。
  • 正しいファイルを使用する:
    必ず正しいファイル サイズを守ってください。多くの場合、Shopify に限らず JPEG 画像と PNG 画像が最適です。
    GIFは、動画はどうするのか、悩みどころです。
  • サムネイルを確認する:
    サムネイルが Web サイトのすべてのページで明確で一貫していることを確認してください。
  • A/B テスト
    どの画像がサイト全体で最も売上、コンバージョン、エンゲージメントを促進しているかを判断して、UX・UIを最適化できます。

よくある質問

Shopifyを使用するデメリットは何ですか

  • 利用できる無料のテーマは少なめかも知れません。
  • 「商品オプション」を作成する機能はかなり制限されています。
  • ストアの機能を強化するには、さまざまなアプリのインストールが必要になる場合があります。
    (しかし、入れ過ぎないでください。5-6が限界です。)
  • カスタム変更を追加するには、Liquid に関するある程度の知識が必要です。
  • レポート機能と分析機能は、安価なプランでは制限されています。
  • 決済機能は一部の国のみをサポートしていて日本では使えません。
  • 海外でローンチされているサービスが日本では使えないことは沢山あります。
  • サブスクリションコマースはできますが、日本型単品リピート通販はできません。
  • 販売やマーケティングの方法が、US・EUを基準にしています。日本的な手法には制限がかかります。
  • 安価なプランの取引手数料は高額になる可能性があります。

Shopify ユーザーの不満点はどんなことがありますか

  • すぐに使える機能が制限されている:
    アプリのインストールが必要になる場合があります。
    これで、サイトの負荷が高まり、アクセスが遅くなったり、アプリでコンフリクトすることがあります。
  • テーマのオプションが制限されている:
    Shopify で利用できる無料のテーマはすくなく12です。プレミアムを支払わないとできることが制限されています。
  • 不十分なカスタマイズ:
    アイテムのバリエーションに対する商品オプションの作成は複雑になります。サイトにカスタムフィールドを追加するのは時間のかかるプロセスになります。

Shopifyを使用すべきでないと判断するポイントについて教えてください

  • 広範囲にわたるカスタマイズを求めている場合
    Shopify Plus を活用する意思がある場合
    です。
  • すぐに使える広範な機能を探している場合には、最良の選択肢ではありません。多数のアプリやアドオンをインストールが必要になります。
  • 多通貨機能がすべての国で機能するわけでもなく、さまざまな国での、人気のある支払い処理方法に適していない可能性があり、多国籍に展開した企業にとってはShopify Plusをお勧めします。
  • Shopify Payments を使用する予定がない場合は、S追加の取引手数料がいくつか発生します。
    低予算のコマース企業には、他のWeb サイトビルダーの方が適しています。

コマース サイト立上げチェックリストシリーズコンテンツ

コマース サイト立上げチェックリスト 2023 Shopify 版 基本設定編

コマース サイト立上げチェックリスト 2023 Shopify 版 基本設定編DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0ファッションストアを立ち上げるためのステップやヒントについて説明しています。
主なポイントは以下です:
1. Shopifyに登録し、無料トライアルを開始する。
2. 目的と目標を設定し、Shopifyのサポートを受ける。
3. 住所を登録して通貨と税率を設定する。
4. カスタムドメインを設定してブランドを強化する。
5. 販売チャネルを選択し、多様な購入方法を提供する。
6. チェックアウトエクスペリエンスを最適化して購入率を向上させる。
7. 決済業者を有効化し、Shopify Paymentsを利用する。

これらのステップを経て、D2Cファッションストアを効果的に立ち上げることができます。

コマース サイト立上げチェックリスト 2023 Shopify 版 フロントサイド編

コマース サイト立上げチェックリスト 2023 Shopify 版 フロントサイド編このコンテンツは、EC:eコマースストアのオーナー向けにShopifyという人気のeコマースストア構築プラットフォームに関する情報を提供しています。
Shopifyは柔軟性が高く、多くのデジタルサービスや物理的な商品を販売できるプラットフォームであり、多くの便利なShopifyおすすめアプリも提供されています。
記事ではさまざまなウェブページの重要性について説明しています。ホームTOP・LPページ、商品ページ、Aboutページ、お問い合わせページ、FAQ、ストアポリシー、プライバシーポリシー、配送詳細ページ、返品・交換ポリシーなどのページの作成を勧めています。さらに、コンテンツ監査の実施も重要で、リンクの修正や文法の確認、コピーの一貫性の確保について解説しています。

コマース サイト立上げチェックリスト 2023 Shopify 版 マーケティング編

コマース サイト立上げチェックリスト 2023 Shopify 版 マーケティング編このコンテンツはDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0オンラインストアの成長戦略に関するステップを説明しています。主なポイントは以下です:

1. マーケティング計画:製品とブランドをターゲット層に届けるために事前のマーケティング計画を立てることが重要です。
2. 分析ツールの実装:データ収集のために分析ツールを導入し、サードパーティのツールも利用することが役立ちます。
3. EコマースSEOの最適化:検索エンジン最適化を通じて、顧客をWebサイトに呼び込むことが重要です。
4. コンバージョン最適化:ウェブサイト全体でコンバージョンを促進する要素を考慮し、ランディングページや商品ページデモを提供します。
5. 役立つアプリの検討:必要な機能を追加するためのアプリの選定に注意し、過剰なアプリの使用を避けます。
6. 販売チャネルの連携:他の販売チャネル:ソーシャルコマースなどでの販売を検討し、経験のあるチャネルから始めて成長を図ります。

これらのステップを追うことで、オンラインストアの成長をサポートできます。

Shopify コンテンツリスト

Shopify コンテンツリスト
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

アルコール & ノンアルコール・Alcohol ウエルネスドリンク・Wellness Drinkブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アルコール & ノンアルコール・Alcohol ウエルネスドリンク・Wellness Drinkブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
2 種類のロイヤリティ プログラム: DTC 分野を見渡すと、ロイヤルティ プログラムには通常 2 つの中心的なアプローチがあることがわかります。 バージョン 1 または「ロイヤルティ 1.0」は、 私たちが「スプレーして祈る」アプロ...
続きを読んでみる
食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
このブランド商品は私と同じ価値観を共有しているのかどうか?私のような人を理解し、気にかけているのかどうか?それを伝えるのに「抽象的」で「何の絵も浮かばない」言葉 キャッチコピーを並べてもダメです。たとえや具体的な事例、物語、インパクト...
続きを読んでみる
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
続きを読んでみる
ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー