富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Shopify Shopify Plus EC/オムニチャネルコマースをグロースハックする コンテンツリスト

D2C EC OMO Shopify Shopify Plus オムニチャネル
Shopify コンテンツリスト

Shopify Plus とは

 Shopify Plus とは- Shopify Plusは、企業向けのEコマースエンジンで、グローバルなオムニチャネル展開ができます。
- Shopify Plusの機能には、複数の店舗を構築する能力、Shopify POS Proの無料利用、自動化機能の提供、パートナーおよび認定アプリの利用が出来ます。
- ShopifyとShopify Plusを比較すると、Shopify Plusは高い売上とトラフィック、大規模な運用チーム向けに推奨されています。
- ヘッドレス・コマースは、バックエンドの業務とフロントエンドを分離し、eコマースの機能とコンテンツを個別に管理することができます。
- ヘッドレス・コマースを選択すると、フロントエンドとバックエンドの両方の更新が不要になり、より柔軟な開発と新しい体験の構築が可能になります。
- Shopify Plusでは、ヘッドレス化によるフロントエンドのカスタマイズが可能であり、一部のアプリやサービスが追加の機能を提供します。

ShopifyとShopify Plusの比較

ShopifyとShopify Plusの比較

- Shopifyとは、2006年以来デジタル市場で利用されているオールインワンのEコマースプラットフォームです。
-Shopify PlusはShopifyの上位版であり、大企業やオムニチャネル小売事業者向けに拡張性や強化されたサポートを提供しています。
- Shopify Plusはさらなるカスタマイズが可能であり、カートやチェックアウトのカスタマイズにスクリプトエディタを使用できます。
- eコマース機能として、ShopifyとShopify Plusはマルチカレンシー、顧客管理、注文管理、配送オプション、フルフィルメントセンターの管理などを提供しています。
- ShopifyとShopify Plusはデジタルマーケティング機能も充実しており、ソーシャルメディア統合やメールマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策を設計・運用などで利用できます。
- Shopify Plusには専用アプリもあり、より優れたショッピング体験を提供することができます。
- 適切なeコマースプラットフォームの選択は、ビジネス目標に合致するかがポイントです。

Shopify Plusストア構築 シリーズ

オンラインショッピングの急速な普及に伴い、ビジネスの効率性がますます重要となっています。Shopifyは、ビジネスを効果的に管理するためのD2C / Eコマース / オムニチャネル プラットフォームです。初心者や小規模なビジネスには標準のShopifyが適していますが、大企業や物理的な実店舗を持つマーチャントにはShopify Plusがおすすめです。Shopify Plusは、複雑な運営に対応し、eコマースプロセスやトランザクションを自動化し合理化する革新的な機能を提供します。また、高トラフィック最適化、セキュリティ、ワークフローの自動化、カスタマイズの柔軟性、国際展開など、多くのメリットがあります。Shopify Plusは、年間収益が1億円を超えている成長を目指すブランドや国際市場進出を考えている企業に適しており、成長をサポートするための専門家のサポートも利用できます。

 #2 フルフィルメント バックエンド

https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-215

Shopify Plusは、スケーリングするための重要なポイントとして商品・在庫連携管理に焦点を当てています。在庫管理・在庫補充プロセスのベストプラクティスとして、最小在庫レベル(MSL)の設定、商品需要の予測、集中在庫管理システムの利用が挙げられます。さらに、IMS(Inventory Management System)の重要性や、フルフィルメント管理、詐欺対策とリスク管理についても触てています。効果的な在庫管理は、顧客関係とビジネスの評判に大きな影響を与えるため、D2C / Eコマース / オムニチャネル 事業者にとって不可欠な要素です。

#3 CX フロントエンド

Shopify Plusストア構築 D2C/オムニチャネルのスケーリングポイント #3 CX フロントエンド

Shopify Plusストアのスケーリングにおける重要なポイントの3つ目は、購買体験 購入(購買)後体験:Post Purchas/ポストパーチェスにとってのカスタマーサービスの向上です。D2C / Eコマース / オムニチャネル ビジネスにとって優れたカスタマーサービスは、顧客のニーズに迅速に対応し、顧客の課題を解消するために一貫した明確なコミュニケーションが必要です。効果的なカスタマーサポートを実現するためには、長い応答時間や顧客のニーズの誤解、未解決の問題や回答のない質問、人間味の欠如、パーソナライゼーションの欠如などのよくある間違いを避ける必要があります。また、KPI(重要業績評価指標)を設定して顧客サービスの影響を評価することも重要です。

 

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

Shopifyでは、D2C(Direct-to-Consumer)やEコマースオムニチャネル販売において、さまざまな小売フルフィルメント方法が利用できます。これには自社オペレーション、非接触型の配送、ドロップシッピング、サードパーティロジスティクス(3PL)との提携などが含まれます。

非接触配送では、配送業者と顧客の接触を制限したり、完全に接触しないような方法で商品を配送します。また、3PLはeコマースの在庫管理・在庫補充プロセスや倉庫保管、フルフィルメントなどをサードパーティにアウトソースするサービスです。Shopify、Shopify Plusでは、自社内フルフィルメント、産直・ドロップシッピング、3PLを活用することで効率的な返品・交換から、再販 リコマースまでも含めてのフルフィルメントを実現することができます。

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #2

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #2

Shopifyストアのフルフィルメントについての情報を提供しています。3PL(第三者物流)などのサードパーティを活用する場合の方法とメリットについて説明しています。主要なフルフィルメントサービスとして、富士ロジテックホールディングス、Shopify Fulfillment Network、アマゾンのFulfillment by Amazon(FBA)、楽天スーパーロジスティクス、Rakuten Fashion Omni-channel Platformが紹介されています。

【ポイント】

富士ロジテックホールディングスは、D2C事象者のShopify、Shopify Plusでのオムニチャネルコマースの注文処理・OMSにおいて、他の3PL フルフィルメントプロバイダーよりも

購入(購買)後体験:Post Purchase/ポストパーチェス
開封体験(開梱):Unboxing
返品・交換・修理・レンタル・回収
再販 リコマース D2Cブランドにとっての収益

など多くのサービスを提供しています。
- Shopify Fulfillment Network(SFN)は、世界中の在庫管理やデータアクセスを提供する新しいサービスです。
- AmazonのFulfillment by Amazon(FBA)は、Amazonで販売する商品のロジスティクスを管理するサービスで、Seller-Fulfilled Prime(SFP)やFulfilled by Merchant(FBM)も利用できます。
- 楽天スーパーロジスティクスとRakuten Fashion Omni-channel Platformも、フルフィルメントサービスを提供しています。

【補足】

- Shopifyでは日本ではフルフィルメントを提供しておらず、代わりに上記のサービスを活用することができます。

Shopify在庫管理に関するガイド

Shopify在庫管理に関するガイド

D2CEコマースビジネスを立ち上げる際には、Shopifyなどのコマースシステムを使用してデジタルストアを作成することが重要です。Shopify、Shopify Plusを利用すると、簡単に美しいオンラインストアを設計・開発・立ち上げることができます。また、注文後の体験(購入後体験が CX を向上させAOV & CLV がアップさせる)や在庫管理も重要な要素であり、顧客との関係構築や利益を得るために注力すべきです。在庫管理のためには、Shopifyの在庫管理ツールを使用したり、サードパーティの在庫管理アプリを活用することができます。適切な在庫レベルの維持や在庫コストの削減、在庫追跡の改善など、Shopifyとの在庫管理連携には多くのメリットがあります。

スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

Shopifyは、使いやすさ、堅牢な機能、手頃な価格により、スタートアップD2Cから、そしてShopify Plusは小売事業者、オムニチャネルコマースを展開する事業者に、急速に人気を博しています。Shopifyはオンラインビジネスを始めるのに簡単であり、中小企業や新興企業にとって費用対効果の高いプラットフォームです。また、大規模なエンタープライズブランドではShopify Plusを利用しています。このプラットフォームは、EC/eコマース業界で使いやすく、優れたデザイン機能を提供し、費用のかからないプランから始めることができます。

Shopify Plusで海外に販売を開始する方法

Shopify Plusで海外に販売を開始する方法

国際的にEコマースビジネスを拡大することには、以下の3つの主な理由があります。まず第一に、対象市場でより大きな顧客基盤を獲得することができます。オンラインショッパーの40%が別の国で販売された商品を購入しており、国際的な販売によって顧客ベースを拡大するチャンスがあります。第二に、ブランドの認知度を国際的に高めることができます。国際的なブランド拡大には、顧客の信念や文化に合わせたブランディングとメッセージが必要です。最後に、グローバル市場で急速な成長が期待できます。国境を越えた購買は増加しており、未開拓の市場での成功が可能です。Shopify PlusではShopifyより最適化ができます。

Shopify:D2C オムニチャネルコマース成長のための14のヒント

EコマースD2C・DNVBビジネスのオーナーがオムニチャネルで成功するために取るべきShopifyShopify Plusを活用してのアクションについて説明しています。
最初に、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス(UI・UX)を向上させる方法について、サイトの速度、アクセシビリティ、デザイン、モバイルフレンドリーさが重要です。次に、マーケティングの自動化に投資することの重要性について解説しています。サブスクリプションモデルを活用して顧客をアップセルする方法を提案しています。

カスタマー エクスペリエンス:CX をデザインする

カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント Shopify

カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント

EC/eコマースビジネスにおける顧客エクスペリエンスの重要性について語っています。カスタマー エクスペリエンス(顧客体験):CXを向上させるために、カスタマーエクスペリエンス管理(CXM)の重要性、インテリジェントな検索、パーソナライゼーションされたエクスペリエンス、人工知能(AI)テクノロジーの活用などの方法が紹介されています。これにより、DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスで競争力を維持し、顧客満足度を高め、売上とビジネスの成長を促進することができます。

Shopify で AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15

AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15

EC(電子商取引)ストアや小売業のビジネス拡大において、新規顧客の獲得に焦点が当てられる一般的な傾向について解説しています。ただし、新規顧客獲得には高いコストがかかり、収益を向上させにくいことが指摘されています。代わりに、既存の顧客との関係を強化し、平均注文額(AOV)を増やすことが重要であると述べています。AOVの増加は収益の向上につながり、実証済みの顧客維持方法としての施策としてバンドル販売や無料サンプル提供などが紹介されています。

ポイント: DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスでは、新規顧客獲得には高いコストがかかり、既存の顧客との関係強化、サブスクリプションコマースへのシフトが重要なポイントです。AOV+CLVを向上させるグロースハックは収益向上につながり、購入(購買)体験として、開封体験(開梱):Unboxing顧客とのコミュニケーションで信頼を構築するなの施策が効果的です。

マーケティングオートメーション ECとオムニでのメリット Shopify

Eコマースマーケティングオートメーションと メリット

オムニチャネル・Eコマースビジネスにおけるマーケティングオートメーションの重要性についてポイントを解説しています。EC/eコマースは成長しており、マーケティングオートメーションは効率的で収益性の高いツールとなっています。マーケティングオートメーションは、時間の節約、セグメンテーション、カスタマージャーニーの最適化、AI:人工知能による取り組みの最適化など多くのビジネスメリットを提供します。Eコマースビジネスを成功させるために、トランザクションメールでD2Cブランドが CX を向上させることや、Eメールマーケティングで顧客の購買態様を改善すること、DTCマーケティングにを柔軟に実施できる適切なマーケティングオートメーションプラットフォームを選択し、効果的に活用することが重要です。

顧客データ プラットフォームとは

https://fujilogi.net/blogs/voice/%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%81%AF-shopify%E7%B7%A8

CDP(顧客データプラットフォーム)は、マーケティングテクノロジーソフトウェアで、顧客データを統合的に管理するためのツールです。CDPは顧客の全体像を個別に構築し、複数のデータソースからファーストパーティデータを収集し、それを個別の顧客プロファイルにリンクします。これにより、購入(購買)体験プロセス、購入後体験プロセス、そして返品・交換・修理・回収の静脈体験再販 リコマースの体験など360度の顧客プロファイルが作成され、マーケティングキャンペーンの実行とパフォーマンス分析が可能です。

CDPを構築するためには、データの統合、品質管理、IDの解決の3つの主要なステップが必要です。CDPは顧客データを永続的に保持し、顧客の属性、行動データ、トランザクションデータなどさまざまなデータを取り扱います。

顧客データの重要性は、顧客の期待が高まっており、個別のパーソナライズされたサービスとエクスペリエンスが求められているためです。CDPはこれらの期待に応え、企業が適切なデータを取得し、高度なパーソナライゼーションされたカスタマー エクスペリエンスを提供できるように支援します。CDPはイベントデータ、顧客の属性、トランザクションデータ、キャンペーン指標 (Key Performance Indicator)など、さまざまなデータを処理できます。

最後に、CDPはDMP(データ管理プラットフォーム)やCRM(顧客関係管理)とは異なり、総合的な顧客データの管理と永続的なプロファイルの作成を重視しています。CDPとマーケティングオートメーションを組み合わせることで、強力な顧客中心のマーケティングプラットフォームが構築され、ワークフローが簡素化され、生産性が向上します。

Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは Shopify

パーソナライゼーションとメリットとは

デジタルコマースにおけるパーソナライゼーションの重要性について語っています。データから得られるパーソナライズされた情報は、顧客体験・カスタマー エクスペリエンス:CXを向上させ、売上を増加させることができると指摘されています。顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライゼーションのデザインには、顧客のニーズを理解し、適切なテクノロジーを活用することが重要です。また、AI:人工知能と機械学習の進化がパーソナライゼーションを支えており、リアルタイムの個別化を実珸るのに役立つとポイントを解説しています。最後に、心理=データでつながるパーソナライゼーションに取り組む際に考慮すべき3つの主要な質問が提示されています。

EC 商品画像・商品サイズなどを充実させて 売上を増やし、返品を減らす 8 つの購入体験 Shopify

EC 商品画像・商品サイズなどを充実させて 売上を増やし、返品を減らす 8 つの購入体験

EC/eコマースで、商品画像・商品サイズなどの顧客購入(購買)体験として重要である理由と、売上を上げる方法と、返品・交換の主な理由からコストを減らして返品・交換のトランザクションメールを活用したり、再販 リコマースから収益をあげるポイントについて説明しています。主な理由には、サイズの問題、商品の品質に関する懸念、間違った商品が出荷された場合、満たされない期待、配送の遅延などが挙げられています。また、商品ページの最適化や顧客の写真とレビューの活用、寛大な返品ポリシーの提供など、顧客の返品を減らすための方法も提案されています。

商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする Shopify

商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする Shopify

ECサイトで商品のレコメンデーションが重要であることのポイントについて説明しています。顧客とブランドの結びつきを築くために、パーソナライゼーションされたレコメンデーションが必要です。商品のレコメンデーションエンジンは、オンラインショッピングのプロセスを通じて顧客と対話・直接(ダイレクト)コミュニケーションし、関連した提案を提供します。これは良いユーザーエクスペリエンス・カスタマー エクスペリエンスを提供し、顧客エンゲージメントを高め、収益を増加させるのに役立ちます。商品レコメンデーションの方法として、評価に基づくレコメンデーションや商品発送通知と配送追跡などトランザクションファネルでのクロスセルの提案も説明されています。開封体験(開梱):Unboxingなどの購入後体験ファネルでのリピーターの獲得とリマーケティングも重要です。

クイズで商品レコメンドして売上が上がる理由 Shopify Plus

クイズで商品レコメンドして売上が上がる理由 Shopify Plus

EC(電子商取引)における商品レコメンデーションクイズの重要性について説明しています。商品レコメンデーションクイズは、顧客のニーズを理解し、パーソナライゼーションされたショッピングエクスペリエンス・購入(購買)体験を提供するために使用されます。
クイズのメリットには、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライゼーション、コンバージョン率の向上、詳細な顧客インサイトの獲得、顧客カスタマー エクスペリエンスの向上、返品率の低下があります。クイズの設計と実装には、クイズのデザイン、作成、フロントエンド組み込み、顧客への案内、商品のレコメンデーション、Eメール/SNS・ソーシャル情報の収集などのステップが含まれます。 ECビジネスにおいてクイズは非常に重要で、パーソナライズされたショッピング体験を実現し、顧客の満足度とコンバージョン率を向上させる手段として活用されます。

オムニチャネルコマースとはトレンドガイド

オムニチャネルコマースとは トレンドガイドShopify Plus 構築するメリットとは

オムニチャネルコマースとは トレンドガイド

オムニチャネル」は、多くの販売チャネルを統合し、顧客にシームレスなエクスペリエンスを提供するアプローチです。顧客がモバイルデバイス、ラップトップ、実店舗などからオンラインでショッピングをする場合でも、一貫性のあるエクスペリエンスを実現します。
オムニチャネルは、マルチチャネルとは異なり、すべてのチャネルが連携し、顧客のニーズを把握し、パーソナライゼーションされたコンテンツを提供します。このアプローチには、カスタマー (顧客)エクスペリエンスの向上、売上とトラフィックの増加、顧客ロイヤルティの向上、ライフサイクル マーケティングで活用するデータ収集の向上など多くのメリットがあります。オムニチャネルを実装するには、顧客の理解、適切なチャネルの選択、チャネル間の接続、戦略の策定などのポイントについて解説しています。

AI人工知能をShopifyに導入する 4 つのポイント

AI人工知能をShopifyに導入する 4 つのポイント

人工知能(AI)に対する世間の意見が分かれており、一部の人はAIが生活を向上させる力を信じており、他の人はAIの暴走が人類に脅威をもたらすと懸念していることです。AIは急速に成長しており、EC/eコマースなどの分野で活用されています。また、AIを活用する際には、人間の洞察と組み合わせる必要があります。特にオンラインショッピングにおいて、AIは人間の検索を最適化し、カスタマー エクスペリエンスを向上させる役割を果たしています。そして、Artificial Intelligence/AIIの発展には高度な検索機能やクリエイティブ・マーチャンダイジングなどが重要であり、モバイルフレンドリーなアプローチも必要です。

ECの商品パーソナライゼーションにおける AI活用

ECの商品パーソナライゼーションにおけ AI活用 Shopify

EC/eコマース業界における商品ページでのパーソナライゼーションについて説明しています。AI:人工知能を活用することで、顧客の満足度が向上し、売上と収益も増加します。ただし、AIの利点と課題があり、データプライバシーの問題、精度の確保、倫理的配慮が重要です。商品画像・商品詳細・サイズのパーソナライゼーションとレコメンデーション:推奨は、顧客に合った購入(購買・ショッピング)体験を提供し、DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代の、オムニチャネルコマース業界に変革をもたらしています。

ポストパーチェス 購入後体験が CX を向上させAOV & CLV がアップする理由とメリット

発送代行サービスでのCRMと言えば、配達時のUnboxing 同梱施策 そして配送完了データを基点としてのステップメールや、LINE、ダイレクトメール、アウトバンドコールがよく知られている施策です。

私たち、富士ロジテックHDではアメリカなどでラグジュアリーブランドからセフォラなどのコスメ、スキンケア、サプリメントブランドなどで、一般的になっている購入後体験(ポストパーチェス)配送に関する、顧客心理と行動を軸にした情報提供として、注文確認メールから配送完了通知メールまでをCXとして活用するサービスをみなさまにご案内、ご提供しています。

詳細はこちら

商品追跡情報・配送予定日でAOV/LTVをアップする方法 専用相談窓口

返品・交換・購入後体験 相談・問合せ

Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法 

#1 国際Eコマースマーケット

#1 国際マーケット Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法

第1章では、Eコマースビジネスが国際的なマーケットに拡大することの重要性と、そのための戦略について説明されています。国際化を成功させるためには、国際展開のタイミングを正確に把握し、十分な資金を調達する必要があります。また、ShopifyShopify Plusでのオンラインストアの構築やマーケティング戦略、運用とコンプライアンス、ロジスティクスと3PL フルフィルメントについても詳細に解説されています。資金調達の方法として、eコマースに特化した収益ベースの金融ソリューションが紹介されています。

#2 コマースプラットフォーム

#2 コマースプラットフォーム

第2章では、プラットフォームオンラインストアの構造は、URL構造、多通貨、多言語の要素を統合する必要があります。地域の顧客コンテキストの調査に基づいてデータ主導の決定を行うために、Eコマースストアを分析し、改善すべき弱点や領域を特定します。オンラインストアの構造を設計する際には、ShopifyShopify Plusでは、単一のストアからすべての国への対応を運営するか、複数のストアアプローチを選択するかを選ぶことができます。
Shopify Marketsを使用すると、国際展開やローカライズされた購買体験を実現できます。URL構造の選択肢には、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)、サブドメイン、サブディレクトリがあるので目的に応じて選択してください。正しいhreflangタグの実装が必要であり、顧客を適切なストアフロントに誘導するための努力をしてください。

#3 マーケティング と 戦略

#3 マーケティング と 戦略

第3章では、マーケティングと戦略に関するいくつかの重要なポイントが説明されています。

1. 新しい地域へのマーケティング戦略の適応 グローバル展開において、マーケティングキャンペーンを国際化し、ローカライズする必要があります。文化の違いや言語の違いに対処し、地域の市場の特徴を考慮して戦略を立てることが重要です。
2. 顧客購入(購買)体験のパーソナライズ オンラインストアを通じて顧客とつながるために、個別に合わせた顧客体験を提供することが重要です。パーソナライゼーションを活用して、地域に合わせた商品やコンテンツを提供し、顧客の関与と購買意欲を高めます。
3. メールマーケティングは国際展開において重要なチャネルです。地域のコンプライアンスやマーケティングの態度を調査し、パーソナライズされたメッセージを作成することが求められます。また、ユーザー生成コンテンツ(UGC)を活用して、消費者との信頼関係を構築することも重要です。
これらのポイントを考慮しながらShopifyShopify Plusを活用して、新しい地域へのEコマースマーケティング戦略を展開し、顧客体験をパーソナライズし、メール・トランザクションメールマーケティングや社会的証明や、ユーザー生成コンテンツを活用することで、国際的な成功を目指すことができます。

#4 運用 と コンプライアンス

#4 運用 と コンプライアンス Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法

第4章では、Eコマースの運用とコンプライアンスの自動化について説明されています。特に、カスタマーサポート、国際税務、および運用の自動化に焦点が当てられています。自動化は、ビジネスプロセスを合理化し、効率を向上させるために活用されます。Shopifyや、Shopify Plusでの具体的な自動化の例としては、自動化ソフトウェアの導入、詐欺の検出、在庫管理の自動化、カスタマーサポートの向上、国際税金の計算などが挙げられます。これらの自動化は、顧客購入(購買)体験購入後体験の向上と効率化に役立ちます。

#5 ロジスティクス と フルフィルメント

#5 ロジスティクス と フルフィルメント Shopify Plusで国際的(日本国内と日本から)に販売して ブランドを拡大する方法

第5章では、ロジスティクスとフルフィルメントについての重要なポイントが説明されています。ShopifyShopify Plusでの要点を以下にまとめます。

1. 在庫管理 複数の市場に展開するためには、自動化されたシステムを使用して在庫管理を効率化する必要があります。マルチロケーション在庫管理システム(IMS)は、在庫を同期し、リアルタイムで在庫レベルや需要を把握するためのツールとして役立ちます。
2. 倉庫保管 グローバルサプライチェーンでは、倉庫が重要な役割を果たしています。国際的な倉庫の確立は、短納期や返品ポリシーなどのローカライズされた購買体験を提供するために必要です。3PL(サードパーティロジスティクス)を使用することで、国際的なビジネス展開を容易にすることができますが、制御や認識の制約も考慮する必要があります。
3. 配送 海外への配送においては、利益率を保ちながら効果的な配送方法を見つけることが課題です。適切な国際配送会社との関係を築くことが重要であり、複数の運送業者を使用することで送料を最適化することができます。

これらのポイントを把握し、Eコマースのロジスティクスとフルフィルメントを効果的に管理することで、顧客の期待に応えることができます。

パートナーサービスと対談コラム

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】

富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長と株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOによるインタビューでは、Shopifyや、 Shopify Plusを活用したグロースハックについて話されており、具体的なアドバイスやTipsが共有されています。記事では、グロース課題の整理、グロースモデルの設計、KPI/施策設計、グロースワークフローの設計と運用、そしてグロースパトーナー制度について触れられています。また、様々な運用アドバイスや代行事例も紹介されています。

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】

富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長が、株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOに対して、Shopifyや、 Shopify Plusを活用したグロースハックについてインタビューを行っています。具体的な質疑応答形式で、クライアントやマーチャント・スタッフの力を引き出してコマースビジネスの成長を実現する方法について話しています。黒瀬さんは、Shopifyをグロースプラットフォームに選んだ理由、Store Heroの特徴、成功事例、サポート期間や費用、オムニチャネル事例、相談が多いケース、支援のステップなどについて詳細を説明しています。

 

Shopify サブスクリプション

サブスクリプションにとっての課題

サブスクリプションにとっての課題

EC/eコマースにおける成長と成功を最適化するために、メディア支出を管理する科学的なアプローチについて説明しています。D2C(DTC)ブランドは競合状況を調査し、支出額、メディア、メッセージ、優先されるチャネル(オムニチャネルでなくても)を特定し、カテゴリーマーケット全体のデータを収集して、DTCマーケティング費用を最適化します。
また、サブスクリプションブランドが直面する課題や収益向上策も詳しく説明しています。最終的には、顧客維持率を高め、収益を増やすためにパーソナライゼーションShopifyLexicaなどのコマースプラットフォーム、EC IntelligenceなどのMAなどのシステムツールソリューションを活用することが重要です。

10のサブスクリプションワークフロー

10のサブスクリプションワークフロー

サブスクリプションプログラムを向上させるための自動化ワークフローについて解説しています。
1. サブスクリプション価格モデルに基づくギフトロイヤルティポイント:
サブスクリプションプログラムの価格に応じて顧客にロイヤルティプログラム・リワードポイントと紹介(Referral)プログラムを提供し、顧客をアップセルして収益を増やす方法。
2. サブスクリプションの解約理由の理解:
解約した顧客にアンケートを送信して、なぜ解約したのかを理解し、プログラムを改善する方法。
3. SKUの自動交換:
季節商品や少ない在庫を持つ場合でも、自動化を使用して商品を交換し(サブスクリプション3モデル)、顧客に新しい顧客購買体験: CXを提供する。
4. 新しい顧客の通知:
新しい顧客がサブスクライブするたびにSlackメッセージを送信して、チームに通知し、トレンドを把握する。
5. ロイヤルティに対する割引:
長期的な顧客に割引を提供して、忠誠心を高める方法。パーソナライズとマーケティングとロイヤリティ・プログラム
6. 解約のリスクがある顧客へのギフト:
解約のリスクがある顧客にサプライズギフトを提供し、顧客を引き留める。

これらの自動化ワークフローは、サブスクリプションプログラムを効果的に改善し、顧客の購入(購買)体験としての満足度と忠誠心を向上させるのに役立ちます。

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変える

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変えるDNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/ D2C 3.0ブランドが直面する課題について説明しています。
DTCブランドは、顧客を獲得し、一度きりの購入者をリピート顧客に変えるために努力しています。具体的には、購入(購買)後体験/Post Purchase・ポストパーチェスでの顧客とのコミュニケーションで信頼を構築して、ブランド支持率を高めるメールフローの最適化、パーソナライズの課題、新商品のドロップに関する戦略についてのポイントを解説しています。
DTCブランドは、リピート購入を促進するために購入後のメールを重要なものとして: エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるためのメールフローを活用し、顧客のレーダー感性や関心や悩みにそったパーソナライズされたコミュニケーションを重視すべきです。
また、新商品のドロップにおいてもタイミングが重要であり、データを活用して効果的なキャンペーンを計画する必要があります。
DTCブランドは競争の激しい市場で成功するために、顧客獲得からリピート購入までのプロセスを工夫し、パーソナライズと効果的な顧客購買体験: CXをしてAOV LCTVをグロース施策を採用・改善する必要があります。

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変えるリピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える方法についてのポイントをまとめています。

リピートビジネスの安定した流れを持つ購入(購買)体験がある場合、サブスクリプション提供は良いチャンスです、サブスクライバーの価値が大幅に増加します(約2.7倍)。永続的なD2C(DTC)ブランドを築くための堅実な成長戦略であり、最初の購入で商品価値を顧客に理解させ、購入体験・CX:カスタマーエクスペリエンスを通じて活性化させることが重要です。
また、リピーターキャンペーン、創業者とのコミュニケーション(創業者インフルエンサー)、購入の影響、付加価値、購入と保存、VIP待遇、無料アイテムなどの施策のメリットとポイントを紹介しています。しかし、正確なターゲティングは難しく、サブスクリプションの成功には顧客購買体験: CX:ユーザーエクスペリエンスでデザインしてAOV LCTVをグロースさせる運用体制とShopifyや、LexicaなどのMACHのコマースプラットフォームなどの適切な導入が必要です。

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持する

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持するサブスクリプションビジネスにおける顧客維持の重要性について解説しています。

サブスクリプション顧客は、通常の店舗顧客よりも長期的な価値を持ち、彼らを維持することが成功の鍵であることは良く知られています。カスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルにするための様々な方法で顧客維持が試みられており、ポイントベースのリワード(報酬)プログラムやキャンセルセーブなどが紹介されています。
さらに、顧客セルフサービスなどの購入(購買)後体験: Post Purchase/ポストパーチェスとしての柔軟性を提供し、顧客が簡単にサブスクリプションを管理できることも重要です。
最後に、デジタルでの購入が増える中で、DNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/D2Cブランドが競争に勝つために必要な対策を解説しています。

サブスクリプションを促進するために必要な PDP

サブスクリプションを促進するために必要な PDPこのD2C(DTC)サブスクリプションブランドのWebサイトにおける商品詳細ページ(PDP)の重要性について説明しています。PDPは消費者が商品を詳しく見たり購入したりする場所であり、サブスクリプションの選択肢を提供する場所でもあります。PDPが機能的でない場合、コンバージョンに問題が生じる可能性があります。そのため、PDPを最適化し、サブスクリプションプロモーションに役立つ情報を提供することが重要です。デフォルト設定やブランドのプレゼンテーションも考慮すべきポイントです。

Sbscription Drive Success お問い合わせ/相談

Sbscription Drive Success お問い合わせ/相談

ディープダイブ Shopify のビジネスモデルを分解する

#1 コマースシステムの優位性とアウトライン

#1 コマースシステムの優位性とアウトライン

Shopifyは、D2CEコマースDNVB企業がオムニチャネルコマースにおいて成功するために必要な機能やサービスを提供しています。マーチャント(小売事業者)は、Shopifyから、Shopify Plusへのスケーラビリティ、管理画面の機能、データ統合の利点を活用し、成長や効果的な意思決定を実現することができます。また、ShopifyはAPIの統合性やセキュリティ対策にも力を入れており、マーチャントの成功を支援しています。

Shopifyは、オンラインでの成功を容易にするために、マーチャントが必要なすべての機能にアクセスできるようにしています。管理画面では、ビジネス全体を統合し、効果的な意思決定を促進します。一般的な製品カテゴリは、コマース企業の問題を解決することを目的としています。マーチャントは、より多くの需要と顧客関係の完全な管理を享受できます。

 #2 サブスクリプション ソリューション

#2 サブスクリプション ソリューション

Shopifyの掲げる、EコマースD2C、DNVB、オムニチャネルコマース企業にとってのShopifyのミッションとバリュー、MACHコンポーザブルアーキテクチャーの重要性、サブスクリプションソリューションの収益バケットやAPI、オンラインストアの構築方法などについて詳しく解説しています。Shopifyや、Shopify Plusは多くのブランドが選ぶ人気のあるプラットフォームであり、開発者や投資家にとっても成功を実現するための重要なサービスです。

Shopifyの収益バケットである「サブスクリプションソリューション」は、ウェブサイトの構築を中心に据えており、4つの階層があり、APIを使用してマーチャントショップをカスタマイズすることができます。APIの多様性がShopifyの差別化ポイントであり、競合他社もこれらのAPIに依存しています。

MACH(Microservices, API-first, Cloud-native, Headless)というコンポーザブルアーキテクチャを採用している、システムツールを選択するべきです。

#3 総所有コスト (TCO) の削減

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #3 総所有コスト (TCO) の削減

Shopifyは、EコマースD2C、DNVB(Digitally Native Vertical Brands)のSMB企業むけです。また、Shopify Plusは大規模なマーチャント向けのエンタープライズレベルのサブスクリプションパッケージであり、他の補助サービスやツールも提供しています。Shopifyはさらなる成長を続けており、Shopify Plusの経常収益割合が増加しています。さらに、Commerce Components by Shopify(CCS)は、大規模なマーチャントにより良い進化のパートナーとなることを強調しています。オムニチャネル・OMOへのヘッドレスでの対応が柔軟に出来るようになります。

大規模なマーチャント向けのエンタープライズレベルのサブスクリプションパッケージであり、より活発な収益増加、より良いリテンション、補助システムアプリ製品のより多くのアップセルを享受することができます。これは、今後ますます重要な成長ベクトルになるでしょう。

#4 The Shop App と価格決定力

Shopify & Shopify Plus ディープダイブ #4 The Shop App と価格決定力

Shopifyが目指しているミッションやバリュー、そして将来のEコマースビジネスモデルの重要性について掘り下げています。また、ShopifyShopify Plusの機能やマーチャントソリューション、特にShopify Paymentsとチェックアウトツールについても説明しています。さらに、Shopifyのコマースシステムのサブスクリプション価格決定力の重要性や価格の値上げに関する情報や、オムニチャネルコマースのためのアプリに解説しています。

Shopifyの消費者向けショッピングアプリ「Shop App」は、ユーザーの購入履歴データを利用して製品の提案を行い、パーソナライズされた体験を提供している。このアプリは、マーチャントの製品トラフィックを増加させ、再注文率を向上させるなど、成功した販売チャネルを作成・構築しています。また、Shopify Flow & Scriptsを使用して、消費者が注文をシームレスに追跡および編集できるようにしています。

#5 Shopify Payments マーチャント ソリューション

#5 Shopify Payments マーチャント ソリューション

Shopifyは、EコマースD2C・DNVBオムニチャネルコマース企業に対して、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを通じてミッション・バリューを提供しています。マーチャントソリューションは、TCOを削減し、意思決定を改善するために異なるサードパーティの製品を統合することによって、Shopifyと、Shopify Plusに独自の価値をもたらしています。また、Shopifyの支払いおよびチェックアウトツールでは、Shopify Paymentsがマーチャント向けのネイティブな支払いゲートウェイとして機能し、多様なパートナーエコシステムによる代替支払い方法へのアクセスも提供しています。これらの機能は、マーチャントの成功をサポートし、国際的な販売を支援します。

Shopifyのマーチャントソリューションは、補助的なサービスであり、コマース企業にとって効果的に解決されていない問題にフォーカスしています。これらのツールはTCOを削減し、意思決定を改善および一元化するために異なるサードパーティの製品を管理者に統合してくれます。このバケットは、Shopifyの主要な収益源であり、マーチャントに独自の価値を生み出す方法、リテンションを動機付ける方法、APIスイートを提供しています。マーチャントソリューションはShopifyにとって競合他社との差別化になります。

#6 Fulfillment フルフィルメント

#6 Fulfillment

Shopifyは、EコマースD2C・DNVBオムニチャネルコマース企業向けに、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを提供することで、コマースビジネスモデルの変化に対応しています。その中でも、USでの、ShopifyShopify Plus利用事業者にとっては、Shopify Fulfillment Network(SFN)は、マーチャントのフルフィルメントサービスを改善し、効率を向上させています。SFNは、サプライチェーンの断片をつなぎ合わせ、マーチャントがロジスティクスに時間を費やすことなく成長に集中できるようにしています。また、SFNによって配送時間も短縮され、マーチャントの満足度が向上しています。

Shopify Fulfillment Network (SFN)は、サプライチェーンの断片をつなぎ合わせ、フルフィルメントサービスを統合することで、納期や在庫データの不確実性を解消し、運転資本コストを削減することを目的としています。SFNは、既存のパートナーのキャパシティとソフトウェアを利用し、高速で安価なフルフィルメントを提供します。SFNは、マーチャントの課題を解決し、マーチャントがロジスティクスを管理する必要がないようにすることで、成長に集中できるようになります。日本では提供されていません。

#7 Marketing

#7 Marketing

Shopifyは、EコマースD2C、DNVB、オムニチャネルコマース企業に対して、MACH(Microservices, API-first, Cloud-native, Headless)コンポーザブルアーキテクチャを提供することで、ミッションとバリューを実現しています。Shopify Plusは、広告ツールやインフルエンサーマーケティングツールなどの製品スイートを提供し、マーチャントの成功をサポートしています。これらのツールは、効果的なマーケティングキャンペーンや収益性の高い顧客セグメンテーションを実現し、マーチャントの成長を促進します。

Shopifyは、Appleのデータ共有の制限とGoogleのサードパーティCookieの劣化により、広告主が意欲の高い購入者をターゲットにする能力が低下している問題に取り組んでおり、広告ツールの拡張スイートを提供しています。この製品スイートには、Shopify Email、Shopify Audiences、Shopify Collabsなどがあり、マーチャントはそれぞれの問題を解決するために利用できます。広告ツールは、自動化された方法でセグメント化およびターゲティングを引き出し、一貫した広告費用対効果(ROAS)とコンバージョンのメリットをもたらします。

#8 Global Commerce 越境EC 

#8  Global Commerce

Shopifyが目指している、D2C事業者への、ミッションとバリューについて深く掘り下げ、Eコマースビジネスモデルの変化においてShopify、Shopify Plusが採用しているMACH・コンポーザブルアーキテクチャーの選択の理由と視点を解説しています。また、Shopify Marketsについても取り上げ、企業が14カ国に拡大し、ローカライズされたストアフロントを提供することの利点や、Shopifyのマージンプロファイルについて触れています。さらに、Shopifyの新製品であるMarkets Proについても紹介されています。

Shopify Markets Proは、よりフルサービスなバージョンで、150か国で販売が可能になります。市場ごとに税込みを微調整し、ローカライズされたドメインを提供し、関税と関税のコンプライアンスを簡単にします。加盟店は、130の通貨での販売を受け入れることができ、FX換算がガイドされます。これらの機能は、Shopifyの管理画面にシームレスに表示されます。

#9 Point of Sale (POS)

#9  Point of Sale (POS)

Shopifyは、EコマースD2C(Direct-to-Consumer)、DNVB(Digitally Native Vertical Brands)、DNVBなどの企業にとって、MACH・コンポーザブルアーキテクチャーを活用して、物理的なショッピングにも注力・実店舗での商取引のために独自のPOSハードウェアとソフトウェアを立ち上げ統合されたサービスを提供しています。ShopifyはPOS ProとPOS Goという新しい製品を発表し、店舗のオムニチャネル統合とモビリティを強化しています。これにより、商人はより効率的な販売体験を提供し、売上を増やすことができます。

Shopifyは、マーチャントにオムニチャネルの運用ビューを提供することで、在庫データを完全にし、返品・交換と返金を処理できるようにしました。これにより、物理的なショッピングの重要性が明らかになり、Shopify POS Proが誕生しました。

#10 Finance 2Bファイナンス

#10  Finance

ショッピファイ(Shopify)は、EコマースD2C、DNVBなどのオムニチャネルコマース企業にとって重要な役割を果たしています。Shopify、Shopify Plusは、マーチャントがオンラインで成功するのを容易にし、統合された管理画面や製品の一元化などの機能を提供しています。また、マーチャントの成功を支援し、競合他社との差別化を図るためのインセンティブも提供しています。Shopify Plusは大規模なマーチャント向けにエンタープライズレベルのサブスクリプションパッケージを提供し、総所有コストを削減し、価値を生み出しています。また、MACH(Microservices, API-first, Cloud-native, Headless)というコンポーザブルアーキテクチャを採用しており、システムツールとして選択すべきです。

Shopifyはマーチャント向けの金融サービスも提供しており、Shopify BalanceとShopify Capitalという製品があります。Shopify Balanceは、中小企業や起業家向けの銀行商品であり、ビジネスの運用や支払いなどの金融サービスを提供します。一方、Shopify Capitalは、マーチャントが手頃な価格でローンにアクセスできるように設計された製品であり、マーチャントの成長機会を支援します。

中小企業や起業家向けの金融サービス「Shopify Balance」は、手数料やペナルティがなく、即座に資金にアクセスできることが特徴。また、Visaのカードが付属し、キャッシュバックや配送ラベル、ローン、マーケティングプレースメントなどに安価にアクセスできます。
さらに、クロスチャネルコンプライアンスを処理するための税管理製品も追加されています。
日本からのアクセスはムリです。

役に立つアプリ

Shopifyおすすめアプリ & 外部連携システム

Shopifyおすすめアプリ & 外部連携システム

ShopifyDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(Direct-to-Consumer)やEコマースオムニチャネルの顧客の購買体験に対応するために様々なアプリを提供しています。これにより、ブランドやマーチャントは機能を強化し、素晴らしいサポートや美しいテーマ、シンプルなユーザーインターフェースを備えたeコマースプラットフォームとしてShopifyを利用できます。

Shopifyアプリストアでは、配送や顧客レビューの収集、マーケティング、SEO対策など、様々な目的に合ったアプリが豊富に公開されています。これにより、ユーザーは自身の店舗に合ったアプリを選択し、オンラインビジネスをより効果的に運営することができます。

EC/D2Cビジネス 相談・問い合せ

EC D2C ビジネス サポート 相談問い合わせ

 

コンポーザブルコマース 用語集

コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集 (Banner).png__PID:3cb90738-d308-4e05-8d17-f53d8c1a010a

 

メールマーケティング 用語集

メールマーケティング用語集 Banner.png__PID:bfaab9ef-a4e8-48ea-a5fb-ade807610346

 

EC/eコマース D2C/DTC 用語集

オムニチャネル コマース用語集

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 年 e コマースのビジネス環境では、ブランドは変化の結果でもある一連の課題に直面しています。円安インフレ、Apple の iOS 14 のリリース、e コマース業界の前例のないプレイヤーの急増により、DTC(パフォーマンスマ...
続きを読んでみる
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
絶えず変化するコマース環境をナビゲートすることは、特に顧客が 1 日中マーケティング メッセージの海に溺れている場合には、目まぐるしく価値と効果のあるになります。だからこそ私たちは、コマース ブランドがオーディエンスとつながる方法に大...
続きを読んでみる
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
チャットボット優れたパフォーマンスを示し、人間性、スピード、正確さでカスタマー サービスとして完全に解決する 理由と運用を一緒に考えてみてください。 1. お客様の共感を呼ぶ親身な対応 なぜこれまでのAI :人工知能システムは失敗に終...
続きを読んでみる
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる
AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー