富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Composable Architecture コンポーザブル アーキテクチャ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために

3PL AI APIファースト D2C DNVB EC物流 eコマース MACH オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント コンポーザブル マイクロサービスベース

 

コンポーザブル アーキテクチャとは

コンポーザビリティについて知っておくべきことすべて

一度に 1 つのマイクロサービスで MACH アーキテクチャ エコシステムを成長させる

オムニチャネル・コマース企業が成長するにつれて、ビジネスのさまざまな領域を管理するためにますます多くのアプリを使用する傾向があります。

最近の調査によると、企業は平均 130 のアプリを使用しており、この数は今後も増加する一方です。

この状況がデータのサイロ化につながり、社内のさまざまな部門が情報を簡単に共有できないのは当然のことです。また、社内のさまざまな部門が効率的に連携できなくなるワークフローのサイロ化につながる可能性もあります。

ここで、これらの問題の解決策として、コンポーザブル アーキテクチャが私たちの生活に取り入れられています。

コンポーザブル アーキテクチャを使用すると、企業は、API のおかげで、さまざまなツール間ですべてのデータにアクセスでき、すべてのワークフローをシームレスに実行できる統合システムを作成できます。

これにより、開発速度が向上し、効率が向上し、時間とコストが節約されるだけでなく、より一貫性のあるユーザー エクスペリエンスも作成されます。

コンポーザブル アーキテクチャと、それがより良いソリューションをより迅速に構築するのにどのように役立つかについて詳しく知りたい場合は、この用語保解説が最適です。

このブログ投稿では、コンポーザブル アーキテクチャについて知っておくべきことをすべて説明します。

コンポーザブル アーキテクチャとは何ですか

コンポーザブル アーキテクチャは、ソフトウェア システムを設計および開発するための強力かつ柔軟なアプローチです。最新のクラウドベース システムのコンテキストでは、モジュラー アーキテクチャまたはコンポーネント ベース アーキテクチャとも呼ばれるコンポーザブル アーキテクチャを使用すると、開発者は、最初からサービスを構築するのではなく、複数の小規模なサービスを組み合わせることで、複雑なアプリケーションを迅速に作成できます。

コンポーザブル アーキテクチャの核心は、大規模なアプリケーションを、さまざまな方法で再利用したり組み合わせたりして新しい機能を作成できる小さなコンポーネントに分割することです。

コンポーザブル アーキテクチャを定義するいくつかの特性があります。

  • コンポーネントは独立しています:
    各コンポーネントは自己完結型で特定の機能を実行し、他のコンポーネントに依存することなく複数の構成で使用できます。
  • コンポーネントには明確に定義されたインターフェイスがあります:
    コンポーネント間のインターフェイスは明確に定義されており、コンポーネント間で通信およびデータ交換が可能です。
  • コンポーネントは簡単に結合および再結合可能:
    コンポーネントは簡単に結合および再配置してさまざまな構成を作成できるため、組織は変化するニーズや要件にシステムを適応させることができます。
  • コンポーネントは個別に開発およびテスト可能:
    コンポーネントは独立しており、明確に定義されたインターフェイスを備えているため、システムの他の部分とは別に開発およびテストでき、開発プロセスの効率と速度が向上します。

開発作業でコンポーザブル アーキテクチャを活用すると、市場投入までの時間を短縮できるだけでなく、ソフトウェア システムの構築にかかる全体的なコストと複雑さを軽減できます。これは、コンポーザブル アーキテクチャを使用すると、毎回車輪を再発明する必要がなくなり、さまざまな方法で組み立てられる再利用可能なコンポーネントの作成に集中できるためです。

コンポーザブル アーキテクチャの構成要素: API とマイクロサービス

API とマイクロサービスは、コンポーザブル アーキテクチャでよく使用される 2 つの重要な構成要素です。

API は、ソフトウェア アプリケーションを構築するためのプロトコル、ルーチン、ツールのセットです。これらは、さまざまなソフトウェア コンポーネントが相互に対話する方法を提供し、データや機能を交換できるようにします。

コンポーザブル アーキテクチャでは、API を使用してコンポーネント間のインターフェイスを定義し、コンポーネントが相互に通信してデータを交換できるようにします。これは、コンポーネントが相互運用可能であり、簡単に組み合わせたり再結合してさまざまな構成を作成したりできるようにするのに役立ちます。

マイクロサービスは、独立して開発、デプロイ、保守できる小さな独立した機能単位です。これらは軽量かつモジュール式になるように設計されているため、再利用や拡張が容易になります。

コンポーザブル アーキテクチャでは、マイクロサービスを使用して、システムを構成する個々のコンポーネントを構築できます。システムを小さな独立したマイクロサービスに分割することで、組織は、変化するニーズや要件に合わせて簡単に変更および再構成できる、より柔軟で適応性のあるシステムを作成できます。

API とマイクロサービスをコンポーザブル アーキテクチャの構成要素として使用すると、組織はより柔軟で適応性があり、効率的なシステムを作成できます。また、コンポーネントをシステムの残りの部分とは別に開発およびテストできるため、開発プロセスをより迅速かつ簡単に行うことができます。

コンポーザブル アーキテクチャの人気と重要性が高まっているのはなぜですか

ペースが速く、常に変化するビジネス環境では、新しい課題や機会に迅速に適応して対応する能力がますます重要になっています。

コンポーザブル アーキテクチャは、組織がより柔軟で適応性があり、効率的なシステムを構築する方法を提供し、組織が競争力を維持し、顧客や関係者のニーズを満たすのに役立ちます。

  • 柔軟性と適応性:
    コンポーザブル アーキテクチャにより、変化するニーズや要件に合わせて既存のコンポーネントを簡単に再利用および再利用できるため、組織はより柔軟で適応性のあるシステムを構築できます。
  • 開発の効率と速度の向上:
    コンポーザブル アーキテクチャにより、システムを個別に開発およびテストできる小さな独立したコンポーネントに分割することで、開発プロセスの効率と速度を向上させることができます。
  • コンポーネントの再利用性:
    コンポーザブル アーキテクチャを使用すると、組織はシステムを構築または変更する必要があるたびに最初から始めるのではなく、既存のコンポーネントを再利用して再利用できます。これにより、時間とリソースが節約され、組織全体の効率が向上します。
  • メンテナンスの容易さ:
    コンポーザブル アーキテクチャにより、システム全体に変更を加えるのではなく、コンポーネントを個別に変更および交換できるため、システムのメンテナンスと更新が容易になります。

コンポーザブル アーキテクチャの利点

柔軟性と適応性

コンポーザブル アーキテクチャにより、変化するニーズや要件に合わせて既存のコンポーネントを簡単に再利用および再利用できるため、組織はより柔軟で適応性のあるシステムを構築できます。これにより、組織は新たな課題や機会により迅速に対応し、ペースの速いビジネス環境で競争力を維持することができます。

コンポーネントの再利用性

コンポーザブル アーキテクチャを使用すると、組織はシステムの構築や変更が必要になるたびに最初から始めるのではなく、既存のコンポーネントを再利用して再利用できます。これにより、時間とリソースが節約され、組織全体の効率が向上します。

再利用可能なコンポーネントのライブラリを構築することにより、組織は新しいシステムの開発に必要な時間と労力を削減し、既存のシステムの変更と更新を容易にすることができます。

開発の効率とスピードの向上

コンポーザブル アーキテクチャでは、システムを個別に開発およびテストできる小さな独立したコンポーネントに分割することで、開発プロセスの効率と速度を向上させることができます。

また、システム全体に変更を加える必要がなく、問題を特定のコンポーネントに切り分けることができるため、問題の特定と修正が容易になります。コンポーネントを並行して開発し、自動テストを使用することで、組織は開発プロセスをスピードアップし、新しいシステムや機能をより早く市場に投入できます。

メンテナンスの容易さ

コンポーザブル アーキテクチャでは、システム全体に変更を加えるのではなく、コンポーネントを個別に変更および交換できるため、システムの保守と更新が容易になります。これにより、時間とリソースが節約され、システムが中断されるリスクが軽減されます。

システムをより小さな独立したコンポーネントに分割することで、システムの他の部分に影響を与えることなく、問題を特定して修正し、更新や改善を行うことが容易になります。これにより、組織はシステムを長期間にわたってスムーズかつ効率的に実行し続けることができます。

コンポーザブル アーキテクチャを実装する方法

組織内でコンポーザブル アーキテクチャの使用に興味がある場合は、開始するために実行できる手順がいくつかあります。

いつコンポーザブル アーキテクチャの使用を開始する必要がありますか

コンポーザブル アーキテクチャの使用を開始する適切な時期は、組織の特定のニーズと目標によって異なります。コンポーザブル アーキテクチャの使用を検討することが特に有益となる状況がいくつかあります。

  • 新しいシステムをゼロから構築する場合:
    新しいシステムをゼロから構築する場合は、コンポーザブル アーキテクチャが役立つアプローチになる可能性があります。システムを小さな独立したコンポーネントに分割することで、時間の経過とともに簡単に変更および更新できる、柔軟で適応性のあるシステムを作成できます。
  • 既存のシステムを大幅に変更する予定がある場合:
    既存のシステムに大幅な変更を加える予定がある場合、コンポーザブル アーキテクチャを使用すると、それらの変更をより効率的かつ効果的に行うことができます。システムをより小さな独立したコンポーネントに分割することで、システムの他の部分に影響を与えることなく、個々のコンポーネントに変更を加えることができます。
  • 複数のシステムを統合する必要がある場合:
    複数のシステムを統合し、システム間でデータと機能を交換する必要がある場合は、コンポーザブル アーキテクチャが役立つアプローチとなります。 API やその他のツールを使用してシステム間のインターフェイスを定義すると、よりシームレスで効率的な統合を作成できます。

一方、既存のシステムに小さな更新や改善を行うだけの場合は、コンポーザブル アーキテクチャに切り替える必要がない場合があります。場合によっては、コンポーザブル アーキテクチャの実装にかかるコストと複雑さのメリットが正当化されない場合があります。このような状況では、既存のアーキテクチャをそのまま使用し、必要な変更を加える方が適切な場合があります。

システムを構成するコンポーネントを特定する

コンポーザブル アーキテクチャを実装する最初のステップは、システムを構成するコンポーネントを特定することです。これらのコンポーネントは、個別に開発およびテストできる、小さく独立した機能単位である必要があります。また、簡単に組み合わせたり再結合してさまざまな構成を作成したりできるように、再利用可能である必要があります。

システムを構成するコンポーネントを特定するには、システムの機能と特徴を調べることから始める必要があります。システムを、個別に開発およびテストできる、より小さな独立した機能単位に分割することを検討してください。また、各コンポーネントの再利用の可能性、つまりそのコンポーネントが複数の構成またはシステムで必要になる可能性がどの程度であるかについても考慮する必要があります。

システムを視覚化するために、コンポーネントとその関係の図またはモデルを作成すると役立つ場合があります。これは、コンポーネント間の依存関係や接続を特定し、それらがどのように組み合わされるかを明確に理解するのに役立ちます。

システムを構成するコンポーネントを特定したら、それらを詳細に文書化する必要があります。これには、コンポーネントの機能、他のコンポーネントへの依存関係や接続、特定の要件や制約の説明が含まれる必要があります。このドキュメントは、実装プロセスの次のステップに進むときに役立ちます。

コンポーネント間の関係を決定する

コンポーネント間の関係を決定するときは、基本的に、システムのさまざまな部分がどのように相互作用し、相互に依存するかを理解しようとすることになります。これには、コンポーネント間の依存関係を特定することが含まれる場合があります。これは、どのコンポーネントが適切に機能するために他のコンポーネントに依存しているかを理解することを意味します。

たとえば、コンポーネント A がコンポーネント B に依存して特定の情報を提供したり、特定のタスクを実行したりする場合、コンポーネント A はコンポーネント B に依存します。

コンポーネント間のインターフェイスを定義することも、このプロセスの重要な部分です。インターフェイスは本質的に、2 つのコンポーネントが相互に通信し、情報を交換するための方法です。これは、さまざまなソフトウェア コンポーネントが相互に通信できるようにする API など、さまざまな手段を通じて実行できます。

システムのコンポーネント間の依存関係とインターフェイスを理解することで、システム全体がどのように機能するかをより深く理解し、改善や最適化の余地がある領域を特定できます。

コンポーネントを実装し、その統合をテストする

コンポーネント間のインターフェイスを定義したら、コンポーネント自体の実装を開始できます。

コンポーネントを個別にテストし、システム全体の一部としてテストして、コンポーネントが正しく動作し、相互運用可能であることを確認することが重要です。これには、コンポーネントが意図したとおりに機能していることを確認するための自動テストの作成が含まれます。

コンポーザブル アーキテクチャに関する課題と考慮事項

実装の複雑さ

コンポーザブル アーキテクチャの課題の 1 つは、特に大規模で複雑なシステムの場合、実装が複雑になる可能性があることです。これは、システムのさまざまなコンポーネントが効果的に連携し、簡単に組み合わせて目的の機能を形成できるようにするために、慎重な計画と調整が必要だからです。

コンポーネント間の相互運用性の確保

コンポーザブル アーキテクチャのもう 1 つの課題は、システムのさまざまなコンポーネントが相互運用可能であること、つまり、大幅な追加の労力を必要とせずにシームレスに連携できることを保証することです。これは、異なるベンダーのコンポーネントや異なるテクノロジを使用して開発されたコンポーネントを統合する場合に特に困難になる可能性があります。

長期にわたるシステムの保守と更新

コンポーザブル アーキテクチャを長期間にわたって維持および更新することも、個々のコンポーネントへの変更がシステム全体に意図しない影響を与えないようにするための慎重な調整と計画が必要なため、困難になる可能性があります。これは、多数のコンポーネントがあり、それらのコンポーネント間の統合に大きく依存しているシステムでは特に困難になる可能性があります。

結論: コンポーザブル アーキテクチャはエンタープライズ ソフトウェア アーキテクチャの未来となるのか

コンポーザブル アーキテクチャがエンタープライズ ソフトウェア アーキテクチャの将来において重要な役割を果たす可能性があります。

コンポーザブル アーキテクチャの主な利点の 1 つは、開発者が最初からサービスを構築するのではなく、複数の小規模なサービスを組み合わせることで、複雑なアプリケーションを迅速に作成できることです。これにより、開発プロセスが大幅にスピードアップされ、組織は新しいアプリケーションや機能をより迅速に開発および導入できるようになります。

コンポーザブル アーキテクチャは、組織がすべてを最初から構築するのではなく、既存のコンポーネントを再利用できるため、全体的な開発コストの削減にも役立ちます。これは、システム全体に変更を加える必要がなく、コンポーネントを個別に更新または交換できるため、エンタープライズ システムの保守性と拡張性の向上にも役立ちます。

組織が複雑なシステムをより迅速かつ効率的に開発および展開しようとするとともに、マイクロサービスやその他のコンポーネントベースのアプローチの使用がより普及するにつれて、コンポーザブル アーキテクチャの使用は今後も増加すると考えられます。

よくある質問

コンポーザブル アーキテクチャと MACH アーキテクチャは同じですか

コンポーザブル アーキテクチャとMACH アーキテクチャは類似した概念であり、どちらもより大きなシステムを形成するために結合できる、より小さな独立したコンポーネントの使用を伴います。

どちらの場合も、開発者が最初から構築するのではなく、既存のコンポーネントを再利用することで複雑なアプリケーションを簡単に構築できるようにすることが目標です。

ただし、MACH アーキテクチャは、マイクロサービスを使用して構築され、API ファースト、クラウドネイティブ、ヘッドレスのソフトウェア アーキテクチャを指すという点でより具体的です。

コンポーザブル アーキテクチャはより一般的な用語であり、さまざまな方法で組み合わせることができる独立したコンポーネントを使用して構築されるシステムを指す可能性があります。

コンポーザブル アーキテクチャとパッケージ化されたビジネス機能との関係は何ですか

最新のクラウドベース システムのコンテキストでは、モジュラー アーキテクチャまたはコンポーネント ベース アーキテクチャとも呼ばれるコンポーザブル アーキテクチャを使用すると、開発者は、最初からサービスを構築するのではなく、複数の小規模なサービスを組み合わせることで、複雑なアプリケーションを迅速に作成できます。

パッケージ化されたビジネス機能とは、より大規模なシステムに簡単に統合できる、事前に構築されたビジネス機能または機能を指します。これらのパッケージ化された機能は、外部ベンダーによって提供される場合もあれば、社内で開発されて他のプロジェクトで再利用できるようにされる場合もあります。

コンポーザブル アーキテクチャとパッケージ化されたビジネス機能の間には、どちらの概念も組み合わせて大規模なシステムを構築できる既存のコンポーネントの使用が含まれるという関係があります。コンポーザブル アーキテクチャの場合、より小さなコンポーネントは、組み合わせて完全なアプリケーションを形成できるサービスです。パッケージ化されたビジネス機能では、コンポーネントは、より大きなシステムに統合できる事前構築されたビジネス機能または機能です。

コンポーザブル アーキテクチャとパッケージ化されたビジネス機能の両方を使用すると、開発プロセスをスピードアップし、開発者が複雑なシステムを構築する際にゼロから始める必要性を軽減できます。これにより、組織は新しいアプリケーションや機能をより迅速に開発および展開できるようになり、全体的な開発コストの削減にも役立ちます。


顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

オムニチャネルコマースビジネスに適した顧客の購入(購買)体験ニーズ に添ったオペレーションを設計・構築するツールを選定したら、 富士ロジテックホールディングスEC物流サービス ・物流・発送代行返品・交換 サービスをその施策の一部として活用することを検討してください。

富士ロジテックホールディングスがDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0 コマースビジネスに提供するものには

  • 全国のフルフィルメント センターからの D2C(DTC) および B2B注文の EC:eコマース フルフィルメント
    (ビジネスに最適なフルフィルメント センターを選択使用可能)
  • 標準および 配達予定日 指定のeコマース配送サービス
  • eコマースの商品の 配送情報 の提供と、 注文/追跡情報 と返品対応
  • 思い出に残る 開梱体験:Unboxing を提供するキッティングおよびカスタマイズ サービス
  • データ分析により、顧客のe コマースの配送方法、顧客の支出金額、配送方法ごとの平均コスト、配送方法ごとの注文の配達にかかる時間、返品理由などについての顧客のインサイト:洞察の提供
  • 越境ECに伴う、国際 eコマース配送 (米国、カナダ、英国、欧州連合、オーストラリ、アジアなど、その他の国へ)

富士ロジテックホールディングスが連携、推奨するコマースソフトウェアは、 プラットフォームシステム、 マーケットプレイス、EDI ソリューション (小売業者の Webサイトや店舗での注文を処理するため)、およびその他の販売チャネルと統合して、e コマース、 オムニチャネルフルフィルメントを自動化します。

富士ロジテックホールディングスを利用・活用すると、日本中に フルフィルメント センター のネットワークを通じて、 小売・製造事業者 は、商品在庫を 分散保管・分散出荷 サービスを活用して、e コマースの配送コストと配達時間を削減することができます。

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

 

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント戦略:

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント は、購入・販売チャネルとフルフィルメントセンターを統合して、顧客にまとまりのある ショッピングエクスペリエンス を提供します。

次世代オムニチャネルサービスを通じて、 成功する D2C チャレンジャー ブランド をはじめとして、 購入後の体験(Post-Purchase ポストパーチェス) の向上に注力すると、エンゲージメントと 顧客ロイヤルティ が向上し、リピート購入と顧客維持の可能性が高まります。

次世代オムニチャネルサービス

 

AOV・CLVを向上させる多彩なサービスを提供します。

お気軽にご相談ください。Shopifyなどのフィット&ギャップ アドバイスをします。

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

 

通販D2CEコマース 事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネル コマースでの流通加工から店舗物流までを、
一般社団法人 通販エキスパート協会 :「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX認定スペシャリスト メンバーとスタッフがサポート致します。

全国11拠点のDC/FCから、先進 RaaSマテハンロボットRFID などと、注文管理システム(OMS)・倉庫管理システム(WMS)とコマースシステム をAPIで連携して、 物流・発送代行サービス を「スタートアップ特別限定プラン から、100億円を超える事業者に最適な 分散保管・分散出荷返品・交換 サービスまでを一貫でデザインする「 顧客購買後体験 」によって、LTVの向上が実現できる「 感動物流サービス 」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだ お役立ち資料 も無料でご提供しています。

購入後体験(ポストパーチェス) 顧客中心のエクスペリエンスのために

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Personalization パーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  パーソナライゼーションとは パーソナライゼーションを始めるためのガイド 世界には、さまざまな興味、願望、動機を持つ多様な人々がいます。このため、パーソナライゼーションはマーケティングにおける主要なトレンドですが、この戦略をどのよう...
続きを読んでみる
Recommendation Engine レコメンデーションエンジン 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  レコメンデーションエンジンとは レコメンデーション エンジンは、レコメンダー システムとも呼ばれ、企業が顧客に商品を推奨するのに役立つツールです。これは、電子商取引サイトの商品からメディア サイトのコンテンツまで、あらゆるものに当...
続きを読んでみる
Sales-Led Growth セールスレッドグロ-ス 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  セールス主導の成長とは セールス:販売主導の成長は、セールス・マーケティングおよびその他の収益を生み出す活動を利用してビジネス全体の成長を推進するマーケティング戦略です。このアプローチは、主にブランド認知度の向上と顧客ロイヤルティ...
続きを読んでみる
Transactional Email トランザクションメール 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  トランザクションメールとは トランザクションEメールは、受信者が行った何らかのアクションに応じて送信されるEメールの一種です。それは、ニュースレターへの登録、購入、または製品やサービスに関する詳細情報のリクエストに対する応答などで...
続きを読んでみる
SaaS Marketing SaaSマーケティング  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  SaaSマーケティングとは何ですか SaaS マーケティングとは、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) 製品を宣伝および販売するプロセスを指します。 SaaS 製品の顧客を引き付け、維持するためには、コンテンツ マーケティン...
続きを読んでみる
CRM Personalization CRMのパーソナライゼーション 顧客デジタルエクスAペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  CRM パーソナライゼーションとは CRM パーソナライゼーションは、顧客関係管理 (CRM) データを使用して個々の顧客とのやり取りを調整するプロセスです。CRM データを使用すると、マーケティング コミュニケーションから顧客サ...
続きを読んでみる
Segmentation セグメンテーション  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
セグメンテーションとは 2024 年のセグメンテーションについて知っておくべきことすべて 会社を成長させたり、売上を増やしたいと考えている場合、顧客を理解することが不可欠です。顧客のセグメンテーションは、精彩を欠く成長と飛躍的な成功の...
続きを読んでみる
Security in SaaS SaaS のセキュリティ  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  SaaSセキュリティとは SaaS セキュリティとは、SaaS (Software as a Service) 環境でホストされるデータとアプリケーションを保護するために使用される一連の対策と実践を指します。アクセス制御、認証、暗...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー