富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery Dates でAOVを上げる Shopify

ポストパーチェス 購入後体験 配送予定日

ECのキラーコンテンツ 配達予定日 Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify 

イントロダクション

発送に関して、ユーザー(買い物顧客)が本当に気にしているのは「発送スピード」ではなく、「注文した商品はいつ届くかです」などの配達日・時間・場所であることが調査でも、AmazonのUIでもわかっています。

EC:eコマース:電子商取引サイトでは、「2~3営業日でお届け」または「翌日配送」などの配送オプションが提供されています。そのために「午後 5 時までの注文」などの締め切り時間が設けられています。
これで
、顧客は、

  • a.) 3 ~ 6 日先の日付
  • b.) 納期に影響する週末があるかどうか
  • c.) 祝日は
  • d.) 注文がカットされるか(注文が完了したにもかかわらず、決済などの未承認や、システム上のブラックリストや日本ではありえないですが、在庫不足などの理由により、注文がキャンセルされること)
    どうかを把握する必要があるため、
    顧客にとって悪いユーザー エクスペリエンスが生じます。
    オフタイム(オフタイムとは、24時間いつでも注文が可能なこと)であることとの体験ラグになります。
  • e.) 注文の出荷・発送が遅れる倉庫のピークタイムかどうか。

小売業者が EC/E-Commerce  で配達予定日を提供するとは

小売業者が EC/E-Commerce のプラットフォーム・ShopifyとShopify Plusや、Saleforce Service Cluod などの海外製のSaaSで配達予定日を提供するためにには、2 つのオプションがあります。

  1. ロジックを自分で構築します。
    これには、配送業者の配送 API の統合、上記のポイントを決定するためのロジック、さらに配送業者のネットワークに関する知識、およびゾーン間でさまざまなサービス タイプがどのように実行されるかという組み合わせが必要になります。

    Shopifyの開発言語であるLiquidの編集を行って、配送日時指定を自社開発する方法です。

    チェックアウト画面のコード編集はShopify Plusプランのみ可能で、他のプランではできません。Shopify Plus以外のプランの場合は「カートページ」のコード編集を行うことで、配送日時指定を導入できます。自社で開発を行えばもちろん無料で導入が可能。

  2. Narvarのようなアプリ・カートリッジを使用して、ドロップイン機能を提供します。

なぜかShopifyなどにはない「配送日時指定」機能

日本のECシステム連携一覧なら当然デフォルトで付いている機能が付いていません。
それは「配送日時指定」機能です。
※ECで商品を注文した際、商品の到着日程を指定する機能と定義しておきます。

ポイント:店舗・FCのの休日設定に合わせた指定日を調整することができるか

土日が休みのコマース:週の終わり金曜日に注文した場合

  • 商品注文日
    →20日(金)注文受付バッチ17時終了後

  • 商品到着の指定日
    →24日(火)以降(FCとお届け先場所による)
     チェック:21(土),22(日)は当然として
          23日(月)は、フルフィルメント処理と発送日になるために指定ができない。

  • 商品発送日
    →23日(月)
     チェック:金曜日・土曜日・日曜日などの注文数が多すぎると、月曜にすべてを出荷できるとは限りません。(GWとか年末年始などの長期休日、休日のバーゲンセールなどセールピークなイベント、予約販売での一斉出荷出荷日、おせちなどの届け日が集中するなど、)

  • 商品デリバリ日数
    →23日(月)の夜に、配送会社は運んでくれています。そして配送先の営業所に届く日によって配送日が指定できます。東京から関東なら24日(火)が最短です。

以下では、Narvarカートリッジの推定配達日 (「EDD:Estimated Delivery dates」) が効果的に使用できる Shopify、Salesforce Commerce Cloud の 5 つのケースを紹介します。 

1. 商品ページで配送予定日を確認します

商品ページでは、ユーザーのほとんどが、商品をカートに追加することを決定する前に、商品ページで送料を調べます。

2. チェックアウトプロセスに配達予定日を追加します

おとどけ予定日表示例

チェックアウト時に無料の標準配送方法およびお急ぎ配送方法を選択できるようにすることをお勧めします。
さらに、実店舗がある場合は、店舗受け取りを提供する必要があります。
実店舗がない場合は、コンビニや、受取BOXなどの自宅以外場所の提供を検討することもできます。

サービス タイプと実際のコストを表示することが選択できるとCX:カスタマーエクスペリエンスが向上できます。

チェックアウト時の配送予定日
配送オプションが増えると、顧客の利便性が向上し、コンバージョン率が向上します。

お届け予定日
お客様は、「水曜日 24 日 10-12時のお届け」から、送料無料かつクーポン付きの「3 ~ 5 営業日」をご希望されるようにします。

指定された配達日
お客様は、将来の都合の良い配達日を選択できます。
日本では当たりまえです、ギフトなら尚更です。ここにベネフィットを掛けます。

ケーススタディ:送料無料を変える
これから送料無料を提供することは大変な時代になります。(営業日換算にしてください)

 1:翌日配送
   注文処理日0Day
   配達完了+1Day

   は、○○○○円で提供

 2:2-3日配送
   注文処理日0Day
   発送完了+1 Day
   配達日配達完了+2 or 3 Day

   は、○○○○円から、購入金額○○○○○円以上で、送料ブランド負担(送料無料・送料サービス)で提供

 3:4日以降配送
   注文処理日0Day 以降
   発送完了+1 Day 以降
   配達日配達完了+2 or 3 Day 以降

また、CSS スタイルと書式設定などを使用すると、優れたユーザー エクスペリエンスを適用することができます。
これには、休日や、FC・DC倉庫の締め切り時間などがが考慮されているとフレンドリーです。

ドロップオフおよびピックアップ場所のサポート

荷物を、自宅以外の引き取り場所に配達することで、カスタマーサポートコストを柔軟に設定することもできます。(配送コストは安くなりません)

BOPIS

*BOPISは、オムニチャネルの基本です。

他の方法よりも安くなる場合が多くなるかも知れません。配達BOXおよびコンビニは年中無休で営業しており、常に最も便利な場所にあります。配達BOXの場合、ガソリンスタンド、スーパーマーケット、などで見つけることができるようになりました。

ヤマト運輸の事例

お届け先のお客さまにPUDOステーション(宅配便ロッカー)・コンビニなどの取扱店へ受け取り場所変更を行っていただく必要がございます。

※依頼主(送り主さま)が受取先をPUDOステーションやコンビニなどの取扱店に設定して直接送ることはできません。

【受け取り場所変更可能な条件】
荷物が発送された時点で、受け取り人の方がクロネコメンバーズ会員かつ、本人認証が認証済であること
送り状のお届け先情報とクロネコメンバーズ会員情報が一致していること
宅急便、宅急便コンパクト、国際宅急便※、パソコン宅急便(発払い)のいずれかであること

※ヤマトグループが通関業務を行った海外から日本に発送された宅急便は、海外の発送荷主さまとの契約形態によって対象外の場合がございます。
お荷物の発送時に、お届け先をコンビニエンスストアにご指定いただくことはできません。何卒、ご了承ください。
 
ヤマト運輸の営業所であれば、下記サービスをご利用いただくことで、お荷物の発送時に受け取り場所を営業所に指定できます。
PUDO検索より、PUDOステーション(宅配便ロッカー)の設置場所をご確認いただけます。
 
※営業所・取扱店・ドライバー検索のページに移行しますが、PUDOの検索ができます。

 

オムニチャネル小売業者の場合は、追加の配送オプションとして商品ページおよびチェックアウト時に店舗受け取りが利用できることを明確に示す必要があります。顧客にとっては永久的な無料配送オプションとして機能します。

4. 追跡ページ・メールに EDD を追加する

ご注文の発送後に配送業者によりお届け予定日が変更される場合も、交通事情などや天災、そして配送センター作業のピースによりあります。
したがって、追跡ページに配達予定日とか、荷物の配送状況をを追加すると顧客にとっては便利になります。

ページとメールでの追跡情報の提供
配送状況は配送業者からリアルタイムで自動更新されます。
配送方法、現在の状況、追跡番号が表示されます。

ステータス メッセージはすべての配送キャリア事業者で標準化されて表示されます。
キャリアチェックポイントの完全なリストも表示されます。(Amazonではお馴染みですね)

トラッキング ページ・Eメールの任意の場所にコンテンツ スロットを追加します。
LINEはテキストメッセージでトラッキング ページに誘導します。

配送オプションの提示でデータを

配送業者のサポートが必要な場合は、再配達、配送先変更、安全な場所への配達(BOXなど)、または別の日にスケジュールを変更するなど、のボタンを提示してキャリアに誘導します。ここではこのアクションデータをとることで顧客の行動=クレジットが確保できるようになります。変更をCSがここで承る必要はありません。

ポータルページ

*ポータルページ・セルフページの役割は益々重要になってきます。

100% コマースプラットフォーム ネイティブ
同じドメインで提供できることがベストです。
ドメイン、ブランド、セキュリティを利用して顧客をサイトに留めておきます。(キャリアに飛ばす必要はありません-もったいない)

追跡(確認)ページでは、動的コンテンツスロットを使用して AIを活用しての商品レコメンデーションなどを追加して顧客とのコミュニケーションをしていきます。
これは、パーソナルページとして基本施策です。

ページのCMSにJavaScritなどを使用して、パーソナルページを簡単に構築することも可能です。自由に編集したりスタイルを選択したりできます。
Salefoceなら、ISML を使用することになります。

トランザクションメールでD2Cブランドが CX を向上させる 10 のTips などでも説明をしています。

5. EDD のステータス変更を顧客に送信します

配送の進捗状況としての、プロアクティブな通知である発送通知は、あらゆる種類のトランザクションEメールの中で最も高いエンゲージメントを獲得します。

  • 注文受付
  • 注文確定(注文エラー)

から

  • 発送予定日(ピック・パック・シップ予定日)
  • 商品の出荷時
  • 輸送中
  • 配達中
  • 遅延時
  • 配達完了時

に自動的にトリガーします。一方で、注文管理システム(OMS)内の注文概要/フルフィルメント注文オブジェクトと同期していくきます。出荷情報は自動的に更新されることになります。そのために、CS:カスタマーセンターでのスタッフは顧客管理画面を見れば、その状況を顧客に通知できるということです。(Voice・NoVoice関係なくです。)

マーケティングオートメーションとの統合

Marketing Auotomation  からメールをトリガーして、CRM施策との連動、レポート、コンプライアンスを一元化します。(これ以外にやれる施策は山のようにできます。)

プロアクティブな通知は当然として(Amazonだけではなく配送完了通知をPushしています。D2Cブランドとしては、ここから、開封体験(開梱):Unboxingや、同梱物でのアップセル・クロスセルなどのオフラインCRMと、EメールのパーソナライゼーションなどでのオンラインCRMがオムニチャネルコミュニケーションでキックされるからです。)

や、天候などにより配送が遅延した場合は、できるだけ早く顧客に警告する必要があります。

一般にEメールマーケティングとしては、Shopify、Commerce Cloudなどから直接送信するか、MA(EC Intelligenceなど)などに統合してそこから送信できる最良の方法の1つです。
LINE登録されていればそちらも活用します。

まとめ

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0ブランドやオムニチャネルストアで配達予定日を効果的に使用することで、商品ページとチェックアウト時の両方のコンバージョン率に大きな影響を与えることは、海外では当たりまえですが、まだ日本では実行されていません。

この、購入(購買)後体験:Post Purchase・ポストパーチェスでの、CXとは、CRMとは、D2C・Eコマース・オムニチャネルで成功する方法ポイントや実装事例などは、お気軽にご相談ください。

また、顧客に出荷状況の最新情報を提供できるため、顧客満足度も向上します。
荷物に関する情報は、荷物自体と同じくらい重要です。

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。
CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

SHIN CX 購入後体験 Inquiry

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify
  

EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。
CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7CX:カスタマー(顧客)エクスペリエンスの重要性についてポイントについて言及しています、購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェス顧客とのコミュニケーションの重要性を強調しています。
エンゲージメントの隠れたチャネルとして、配送・配達情報やトランザクションメールを活用して顧客との信頼とブランドアフィニティを築く方法について説明されています。
さらに、顧客がロイヤルティプログラムと友人を紹介(Referral)プログラムを実施することや、顧客の意見を尊重することがブランド成長に寄与する方法として示唆されています。
総じて、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドの成長を促進する方法について述べています。
SHIN CX 購入後体験 Inquiry
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ROPO 効果の定義 実店舗でのショッピングとeコマースの融合
ROPO 効果の定義 実店舗でのショッピングとeコマースの融合
シャッターを下ろした小売店舗、空っぽのショッピングモール、孤独な販売員。この退屈な描写は、実店舗の小売業者にとって最悪の悪夢の描写と多かれ少なかれ一致しています。この原因は何だったのでしょうか。 その答えは、eコマースブームです。また...
続きを読んでみる
Research Online Purchase Offline (ROPO) とは
Research Online Purchase Offline (ROPO) とは
インターネットは、消費者が調査を行い、購入を決定する方法に大きな変化をもたらしました。eコマースとそれを対応値したオムニチャルの台頭に伴い、従来の実店舗は、Research Online Purchase Offline(ROPO)の...
続きを読んでみる
コミュニティマーケティング コンテンツリスト
コミュニティマーケティング コンテンツリスト
人々にブランドを信頼してもらうための CIA 心理戦術の適用に関するヒントをいくつか共有しました。なぜ?なぜなら、人は信頼できる人から物を買うからです。顧客に自分自身を売り込んでもらいましょう。 トピックや問題点を提示し、顧客がそれに...
続きを読んでみる
2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 年 e コマースのビジネス環境では、ブランドは変化の結果でもある一連の課題に直面しています。円安インフレ、Apple の iOS 14 のリリース、e コマース業界の前例のないプレイヤーの急増により、DTC(パフォーマンスマ...
続きを読んでみる
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
絶えず変化するコマース環境をナビゲートすることは、特に顧客が 1 日中マーケティング メッセージの海に溺れている場合には、目まぐるしく価値と効果のあるになります。だからこそ私たちは、コマース ブランドがオーディエンスとつながる方法に大...
続きを読んでみる
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
チャットボット優れたパフォーマンスを示し、人間性、スピード、正確さでカスタマー サービスとして完全に解決する 理由と運用を一緒に考えてみてください。 1. お客様の共感を呼ぶ親身な対応 なぜこれまでのAI :人工知能システムは失敗に終...
続きを読んでみる
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー