富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

クイズで商品レコメンドして売上が上がる理由 Shopify Plus

Shopify Shopify Plus クイズ・パーソナライズ診断 パーソナライゼーション レコメンデーション 商品説明・商品詳細
商品レコメンドクイズで売上が上がる理由 Shopify Plus

EC:eコマース クイズ(日本では診断とも表現しています。)が、どのようにカスタマー(顧客)エクスペリエンス:CXを向上させて、パーソナライゼーションを強化して、コンバージョンを促進できるのでしょうか。

オンライン ショッピングには、大方の消費者にとっては馴染みがありますが、顧客の視点からその体験について考えたことはありますか。
たくさんのオプションをナビゲートするのは気が遠くなるかもしれません、完璧な商品を見つけるのは当たり外れのように感じることがあります。
しかし、顧客のニーズが最初から理解されて、すべての条件を満たす商品に導かれたら購入(購買)体験としてはどうなるでしょうか。

それでは、Eコマース クイズとも呼ばれる商品レコメンデーション(推奨)クイズのメリットや実装方法について参加してみてください。
これは、Eコマースで過小評価されているかもしれない、顧客とのコミュニケーションツールです。
商品発見、理解の強化からパーソナライズされたショッピング体験の作成まで、Eコマース クイズはコマース企業と顧客の両方に大きな価値を提供してくれるはずです。

クイズは、購入プロセスを楽しくするだけでなく、顧客データ(これポイント)やインサイト:洞察を得る魅力的な方法でもあります。
私たちはその理由と仕組み、そのメリット、そして重要なことに、AI が Eコマース クイズの実践にどのように変化をもたらしていくかなどについて詳しく掘り下げていきましょう。

Eコマースに関するクイズとは何でしょうか、単品リピート通販の広告・LPにあるモニターアンケートとの違いは、チャッボットでの実装は、そして、なぜそれがShopify をはじめとする、e コマース ストアにとって有益にするためにはどう運用するのかについて確認していきます。

商品レコメンドクイズとは

店に入ると選択肢の多さのために、自分の特定のニーズに基づいて完璧な商品を案内してくれる人がいたらいいのにと思ったことはありませんか。ありますよね。

実店舗ではよくあるこの経験(購入(購買)前体験)は、クリックするだけで何千もの商品から希望の商品が手に入れるオンライン買い物客(まだ顧客ではない)にとってはさらに大きな課題でもあります。

Eコマースでのクイズは、これに対する素晴らしい解決策です。(顧客視点であって、自社のプロダクトに無理やり落しこみをするものでは無ければです)
簡単に言えば、Eコマースストアが顧客をより深く理解して、顧客の好みに合わせた商品を提案するために Web サイトで利用するインタラクティブなアンケートでもあります。これは、知識豊富な販売スタッフやコンシェルジュカウンセラーや、キュレーターが仮想店舗内で

  • 顧客を案内して、
  • 関連する質問をして、
  • 顧客の好みや要件を理解して、
  • 顧客の回答に基づいて

パーソナライズされたレコメンデーション:推奨事項を提供するようなものだと考えてください。


商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする

商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする

ECサイトにおいて商品のおすすめやレコメンデーションが重要であることが述べられています。顧客がパーソナライズされたおすすめを受けることで、サイトに戻る可能性が高まり、顧客エクスペリエンスが向上します。商品レコメンデーションエンジンは、顧客のデータを活用して最適なおすすめを提供します。また、商品の評価や顧客のリピート購入、リマーケティングなどを通じて、顧客の維持と収益の増加に寄与します。商品の品質やレビューは信頼を築くために重要であり、クロスセルの戦略も成功に貢献します。リピート購入のためには、顧客のニーズに合った提案を提供することが大切です。また、リマーケティングを活用して顧客の再訪を促進することも強調されています。商品レコメンデーションは、ECサイトの成長に不可欠な要素です。


 

スキンケアのオンライン小売業者であると想像してみてください。脂性肌から敏感肌、アンチエイジング ソリューションからニキビ治療まで、顧客のニーズや症状はさまざまです。
顧客は、多くの商品情報をふるい分ける代わりに、自分の肌のタイプ、悩み、好みについて尋ねるクイズに答えるだけで済みます。
この情報があれば、クイズはカスタマイズされたスキンケア計画を提案することができるようになっています。

Eコマース クイズのメリットは、その柔軟性にあります。あらゆる商品範囲に合わせてカスタマイズできて、Web サイトに簡単に統合できます。そして、それらを採用するメリットは、カスタマー エクスペリエンス:CXの向上をプロセス作成するだけにとどまることはありません。

正しい方向を指すコンパスのように、これらのクイズは、顧客が商品の提案を通じて理想的な商品に一致するようガイドしていきます。
Eコマース クイズは、ショッピング プロセスを簡素化し、顧客が必要とするものを正確に提供することで、顧客のレーダー(感性や関心や悩みに添って楽しくパーソナライズされたショッピング エクスペリエンスを生み出します。

しかし、これらのクイズは Eコマース ビジネスの成長にどのように貢献するのでしょうか。
次のセクションでメリットをご一緒に明らかにしていきましょう。

商品レコメンドクイズが重要な理由

私たちは皆、選択の悪名高いパラドックスを知っています。私たちが個人としては、無数の選択肢にさらされると、優柔不断や無策に陥ることがよくあります。
これを、消費者が商品に触れたり、テストしたり、試したりすることができない Eコマースの世界に当てはめてみましょう。

ここで Eコマースのクイズが威力を発揮するときで、発揮します。また、クイズの使用は、サイトへの単なる派手なビューの追加ではありません。
これは、Eコマース ビジネスに目に見えるメリットをもたらす強力なツールです。
Eコマースに関するクイズが重要である主な理由をいくつか確認していきます。

パーソナライゼーション:

一般的なメッセージや無関係な商品の提案があふれる中で、Eコマースのクイズはパーソナライゼーションの手がかりとなります。
クイズは、顧客それぞれの固有のニーズに合わせてショッピング エクスペリエンスを調整して(そう設計しないといけないということです)、最適な商品を導き出すのに役立ちます。(無ければ素直に謝りましょう)
このパーソナライズされたタッチにより、ブランドを際立たせ、忠実な顧客ベースを構築できます。


Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは

Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは

デジタルコマースとパーソナライゼーションについての重要な情報を提供しています。パーソナライゼーションは顧客の体験を向上させ、売上を増やす効果があり、多くの統計データがその有用性を示唆しています。パーソナライゼーションの成功には、ユーザーエクスペリエンスでの実施箇所、利用する情報、テクノロジーと人間のインサイトの組み合わせが重要です。パーソナライゼーションにはAIや機械学習が役立ち、それぞれの顧客に合わせたエクスペリエンスを提供します。施策を実行するには、顧客のニーズを理解し、適切なテクノロジーと知識を組み合わせることが不可欠です。


コンバージョン率の向上:

クイズのインタラクティブな性質により、顧客の関心が長く維持されて、購入の可能性が高まります。顧客がクイズの質問に答えるために費やした時間により、そのプロセスにより多くの投資が行われているからで、レコメンド推奨された商品を購入する可能性が高くなります。
研究によると、EC/Eコマースのクイズはコンバージョン率を高め、平均注文額(AOV)を増加させることができます。

顧客に関する詳細なインサイト・洞察:

顧客がクイズに答えると、質問に対する答えが得られるだけでなく、好み、ニーズ、行動に関する貴重なインサイト・洞察も得られます。このデータは、マーケティング施策の洗練、新商品の開発、トランザクションメールでのCX向上、ターゲットを絞ったEメール・DM・LINEや広告キャンペーンの配信などに使用できます。

顧客エクスペリエンスの向上:

Eコマースのクイズは推測を排除して、顧客の認知的負荷を軽減して、購入までの簡略化された道筋(ジャーニーステップ)を提供します。これは顧客体験にプラスの影響を与え、顧客満足度、リピート購入、ブランドロイヤルティを向上させることができます。


カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント

カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント

このコンテンツはEC(電子商取引)ビジネスにおいて、顧客エクスペリエンスの重要性について説明しています。現代の市場で競争するために、顧客に優れたエクスペリエンスを提供する必要があります。顧客の期待を満たし、競合他社からの差別化を図るために、以下の方法が紹介されています。
1. インテリジェントな検索: ウェブサイト内での効果的な検索機能を提供し、顧客が欲しい情報や商品を迅速に見つけられるようにします
2. パーソナライズされたエクスペリエンス: 顧客に合わせた個別の体験を提供し、彼らの好みやニーズに合った商品や情報を提示します
3. モバイルの役割: スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでのエクスペリエンスを最適化し、顧客がどんなデバイスでも快適に利用できるようにします。
4. 豊富なコンテンツと情報: 商品に関する詳細な情報や関連コンテンツを提供して、顧客がより良い購入判断を行えるようにサポートします。
5. 柔軟な購入および配送オプション: 顧客に異なる購入方法や配送オプションを提供し、彼らのニーズに合わせた柔軟性を提供します。
顧客エクスペリエンスの向上は、ECビジネスの成功に不可欠であり、競争力を維持するために重要です。


返品率の低下:

パーソナライズされた商品のレコメンデーション:推奨により、顧客は購入に満足する可能性が高く、商品を返品・交換する可能性が低くなり、返品に対応するコストと手間が軽減されます。

Eコマースのクイズはオンライン ストアのパフォーマンスを確実に向上させることができますが、内部では具体的にどのように機能するのでしょうか。
次のセクションでは、プロセス段階について説明をします。
ブランドに EC/Eコマース クイズを効果的に実装して活用する方法を理解するのに役立つはずです。


EC 商品画像・商品サイズなどを充実させて 売上を増やし、返品を減らす 8 つの購入体験

EC 商品画像・商品サイズなどを充実させて 売上を増やし、返品を減らす 8 つの購入体験

EC/eコマースでの返品の一般的な理由が説明されています。それには次のポイントが含まれています:

1. サイズの問題:顧客の期待と実際の商品のフィット感が合わない場合、返品の原因となります。
2. 商品の品質に関する懸念:商品が期待通りの品質でない場合、返品される可能性があります。
3. 間違った商品が出荷された:注文と異なる商品が届いた場合、返品が必要になることがあります。
4. 満たされない期待:商品が写真や説明と異なる場合、または期待と異なる場合、返品の理由になります。
5. 配送の遅延:商品が遅れて到着すると、返品の可能性が高まります。

さらに、返品を削減し売上を拡大するための施策が提案されており、商品ページの最適化、写真の使用、正確な商品タイトルの作成、詳細な商品説明の提供、サイズガイドの提供、顧客の写真とレビューの活用、そして顧客の懸念に対処することが強調されています。データ駆動の意思決定と顧客フィードバックの活用が重要です。

EC/eコマース事業者はこれらのポイントを考慮して、返品を減少させ、顧客体験を向上させる方法を検討することが重要です。


 

商品レコメンドクイズの設計・実装ポイント

EC/Eコマースに関するクイズに関しては、万能の答えはありません。それぞれは、個々のコマース企業とそれぞれの顧客のニーズに合わせて調整されていなければいけないからです。
ただし、それらはすべて一般的な枠組みに従います。どのような機能か、プロセスを詳しく見てみましょう。

1. クイズをデザインする:

当然ですが、どのような情報を取得するかを決定する必要があります。

などが含まれます。
これを理解したら、対応する一連の質問を作成する必要があります。
質問の文言、構造、タイプ (多肢選択、スケールなど) は、情報をシームレスに収集しながら顧客を引き付ける必要があるため、非常に重要なUI・UXです。

2. クイズの作成:

アプリツールを使用して、クイズの作成を開始することができます。

  • クイズのビジュアル スタイルの決定
  • 質問の追加
  • 結果アルゴリズムの作成
  • 考えられる結果ごとに商品のレコメンデーション:推奨事項を指定すること

などが含まれます。

3. フロントサイド組み込み:

次に、クイズを Web サイトに統合します。通常、クイズはランディング ページ内に埋め込まれたり、ホームページの目立つ場所に配置されたり、ポップアップに組み込まれたりします。
クイズ ポップアップの場所とタイミングは、顧客の注意を引き、参加を促す上で重要な役割を果たすことは、みなさんの買い物経験から説明するまでもありません。

4. 顧客への案内:

顧客がクイズを開始すると、一連の質問が表示されていきます。プロセスを顧客にとってシームレスで楽しいものにするために、これらの質問の順序と流れは論理的かつ直感的である必要があります。
あと、ページめくり画面遷移型(当然プログレスバーは必要)か、1ページロール型かでもUIは変わってきます。

5. 商品のレコメンデーション・推奨事項の提供:

顧客の回答に基づいて、クイズ アルゴリズムが顧客のニーズとストアの適切な商品を照合します。顧客にとって最も成功したクイズは、単一商品を提案するのではなく、各顧客のニーズに合わせたカスタム商品の選択を提供します。

6. Eメール/SNS キャプチャ:

商品の推奨事項を明らかにする前に、クイズでは通常、顧客のEメールアドレスまたはスマートフォン番号(SMS用ですが、日本ではムリです。)LINEなどのSNSアカウントを尋ねて、取得することがポイントです。
これを実施することで、レコメンデーション:推奨事項が顧客にダイレクトに送信され、同時にメール&SNSのDMコミュニケーションで配信率を維持しまたは SNSマーケティング リストを増やすことができます。


マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット

マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット

Eコマースビジネスにおけるマーケティングオートメーション(MA)の重要性について説明しています。小売業界はECとオムニチャネル戦略にMAを活用することで、効率的なツールを利用する必要があります。MAはタイムセーバーやパーソナライズドキャンペーンの作成を可能にし、ビジネスに多くのメリットをもたらします。このテクノロジーを活用することで、マーケティング担当者はより戦略的なタスクに時間を割くことができ、ビジネスに多くの価値をもたらします。


 

7. クイズ後のエンゲージメント:

クイズに続いて、顧客にはパーソナライズされた商品のレコメンデーション:推奨事項が表示されて、多くの場合、即時購入を促す特別オファーや割引が組み合わされていきます。
通常、フォローアップのEメールまたは SNSのDMが送信され、レコメンデーション:推奨事項を繰り返して、さらなるコミュニケーションやコンテンツへの誘導、関与を提案していきます。(購買前体験としてのナーチャリングですね)

クイズの流れと機能を理解することは、顧客にとってよりスムーズで楽しいエクスペリエンスを生み出すのに役立つことが必要です。EC/Eコマース クイズがどのように顧客にとって機能(役立つ)するかを理解したところで、次のセクションで実際のケース事例をいくつか見て、その影響を実際に理解していきましょう。

商品レコメンドクイズのケーススタディ

Eコマースのクイズは、スキンケアや化粧品からファッション、ニュートリションに至るまで、さまざまな業界で使用されています。それらがどのように機能して、それらがもたらす顧客メリットを理解するために、いくつかの実例を見てみましょう。

1. ファッション

眼鏡小売業者 Warby Parker は、顧客がフレームを選ぶのを助けるためにクイズを使用しています。(有名ですね)
顔の形、好みのフレームの形や幅、色や素材の好みなどを聞かれます。これにより、個人に合わせたメガネフレームのレコメンデーション:推奨が可能となり、顧客満足度が大幅に向上したと言われていました。
人気のフレーム スタイルや顧客の好みに関するデータを収集することもできました。

2. Nutrition

サプリメントブランドは、消費者の健康目標、ライフスタイル、食習慣を理解するために、Web サイト上のクイズを使用すると成功します。
この情報を収集すると、パーソナライズされた商品の組み合わせをレコメンド:推奨するからです。(機能性で単品販売ではないことに留意ください)。クイズは顧客エンゲージメントを高め、マーケティング活動をパーソナライズするのに役立ちます。

3. スキンケア

スキンケア ブランドの  は、クイズを使用して顧客の肌のタイプ、悩み、目標を評価します。ニキビ、肌の過敏症、毎日のスキンケアについて質問することで、個別のスキンケアを提案してくれることになります。
これは顧客満足度を高めるだけでなく、商品の返品や交換の削減、解約(肌に合わないだけではなく、5感に添っている、機能効果を納得させながら、トランザクションメールとCRMステップメールでの啓蒙・教育・再認知)にも役立ちます。

4. フィットネス

在宅フィットネス ブランドの Peloton は、潜在的な顧客がフィットネスの目標と居住スペースに最適な機器とサブスクリプション プランを決定できるよう、クイズを使用しています。
これにより、顧客が購入に満足することが保証されて、ペロトンは返品を最小限に抑え、顧客維持を最大限に高めることができています。

peloton

5.インテリア

家具および室内装飾のブランドでは、顧客が完璧なスタイルやアイテムを見つけるのに役立つクイズを使用しています。
クイズでは、顧客の好みのスタイル、カラーパレット、居住空間について質問します。これは、パーソナライズされた推奨事項につながり、マーケティングと商品提供をカスタマイズするのに役立ちます。

6. ワイン

ワインのサブスクリプション サービスなどでは、顧客の好みを理解するためにクイズを使用することは鉄板です(頒布会形式は別として)。
味の好み、食べ物の組み合わせ、過去のワインの経験について尋ねていきます。この情報は、パーソナライズされたワインの選択をレコメンデーション:推奨するために使用され、顧客の満足度と維持率を向上させています。

7. ビューティー

クリーン ビューティー ブランドであるジョーンズ ロード ビューティーは、顧客が完璧にマッチするものを見つけるのに役立つ基礎クイズをウェブサイトに掲載しています。クイズでは、肌のタイプ、アンダートーン、好みの仕上がりについて質問し、最適なファンデーションの色合いとフォーミュラを推奨します。
このパーソナライズされたアプローチは顧客満足度を高めるだけでなく、ジョーンズ ロード ビューティーが顧客ベースをより深く理解し、それに応じてマーケティング活動を調整するのにも役立ちます。

jonesroadbeauty



これらのブランドは、Eコマース クイズの力をうまく利用して、商品の発見を改善して、ショッピング エクスペリエンスをパーソナライズして、最終的には売上を伸ばすことに成功しています。

商品レコメンデーションのこれから

EC/Eコマース クイズの概要とそのメリットを明確に理解してから、「次は何をするの」と思うかもしれません。
テクノロジーやデジタル マーケティングのあらゆる側面と同様に、eコマースのクイズも進化していくでしょう。

1. AI によるパーソナライゼーションの向上:

人工知能の影響力が高まるにつれ、EC/Eコマース クイズではさらにパーソナライズされた商品のレコメンデーション:推奨が提供される可能性が高まりつつあります。
AI アルゴリズムは、膨大な量のクイズ データをリアルタイムで処理して、商品の選択をより正確かつパーソナライズできるようにします。ブランドは機械学習を活用して、時間の経過とともにクイズをよりスマートにし、各インタラクションから学習してレコメンデーションを改善することもできます。


AI人工知能 を 導入する 4 つのポイント

AI人工知能 を導入する 4 つのポイント

人工知能(AI)に対する意見は、賛成派と反対派に分かれており、一部はAIを生活を最適化する力と捉え、他の一部はAIが人類に脅威をもたらすと考えています。EC/EコマースにおけるAIの重要性が強調され、人間の検索プロセスの最適化、ファセット ナビゲーション、クリエイティブ マーチャンダイジング、サイト検索など、AIの活用方法について議論されています。AIを受け入れつつ、人間の洞察と組み合わせることが強調されています。


2. 拡張現実 (AR) との統合:

EC/Eコマースのクイズが AR と密接に連携する未来が予見というより、リアル店舗でも実装されてきています。
オンラインのファッション小売に関するクイズが、顧客がレコメンデーション:推奨する商品を仮想的に「試着」できる AR アプリケーションで終わることで、テクノロジーの融合により、パーソナライゼーションがまったく新しい体験に引き上げられます。

3. よりスマートなデータ マイニングと分析:

クイズでは豊富なユーザー データが収集されるため、将来のツールではより高度なデータ分析機能が提供される可能性があります。これにより、D2C(DTC)EC/Eコマース運営者は顧客の行動や好みについてさらに深い洞察が得られ、ターゲットを絞った効果的なマーケティング キャンペーンが可能になります。

4. オムニチャネルクイズ:

ブランドがすべての顧客タッチポイントで一貫したエクスペリエンスを提供しようと努めているため、eコマースクイズがWebサイトだけでなく、ソーシャルメディア、Eメール、さらには店内のタブレットなどの他のプラットフォームにまで拡大してオムニチャネルコミュニケーション化しています。


オムニチャネルコマースとは トレンドガイド

https://fujilogi.net/blogs/voice/%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%AF-shopify-plus-%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89

「オムニチャネルコマース」について説明しています。オムニチャネルコマースは、複数の販売チャネルを活用して顧客にシームレスなエクスペリエンスを提供するアプローチで、顧客エクスペリエンスの向上、売上とトラフィックの増加、顧客ロイヤルティの向上、データ収集の向上などのメリットがあります。オムニチャネルコマースを実現するには、顧客を理解し、適切なチャネルを選択し、すべてのチャネルを接続し、チャネルの維持をする必要があります。このアプローチは、現代のビジネスにおいて非常に重要です。




Eコマース クイズの未来は、高度なカスタマイズ、より優れた洞察、および e コマースの状況を変革できる強力なツールに満ちています、明らかにエキサイティングでもあります。このことを知れば、Eコマース クイズの力をブランドに活用するというアイデアはさらに膨らむと思います。

Eコマース クイズの実装プロセスを合理化できる堅牢で多用途のツールを提供しているかについて詳しく説明します。

Shopify への実装ステップ

顧客の意思決定プロセスを促進するだけでなく、ブランドに顧客に関する詳細なインサイト:洞察を提供する、インタラクティブで魅力的なクイズを作成するように設計されたクイズ プラットフォームです。クイズに挑戦する e コマース ビジネスにとって、クイズの設定、実行、分析を簡単に行えるワンストップ ショップのようなものです。

ShopifyとShopify Plusに e コマース クイズを実装する方法です。

1. クイズをデザインする

最初のステップは、ブランドのビジュアル スタイルに合わせてクイズをデザインすることです。クイズが後付けではなく、オンライン ストアのネイティブな部分のように見えることが大切です。

2. カスタマージャーニーを定義する

買い物客を完璧な商品に導くための質問、回答オプション、ロジックを制御します。質問は好きなだけ作成できることや、各回答に基づいて買い物客がたどる特定の経路をカスタマイズできることも大切です。

3. E コマース プラットフォームとの統合

ShopifyやShopify Plus とシームレスに統合し、クイズをオンライン ストアに簡単に接続できるようなアプリを選択します。
クイズの結果をストア内の商品やコレクションに直接リンクできるため、買い物客がチェックアウト プロセスに進むようになるように設定します。

4. リードの獲得

クイズのEメールおよび,、SNS DM・LINEIDキャプチャ機能を活用して、マーケティング リストを拡大します。これで、クイズの結果を公開する前にEメール/SNS DMの送信を必須のステップにすることで実現することができます。

5. 結果の分析

クイズのパフォーマンスに関する包括的な分析を提供します。顧客がクイズに回答する頻度、クイズに費やした時間、選択した回答、レコメンデーション:推奨商品を購入する頻度などを確認できます。
これは、マーケティング キャンペーンに活用できる有益なインサイト:洞察です。


顧客データ プラットフォーム CDP とは

顧客データ プラットフォーム CDP とは

顧客データプラットフォーム(CDP)についての重要な情報を提供しています。CDPはマーケティングテクノロジーの一部で、顧客データを統合し、個人のプロファイルを作成する役割を果たします。CDPの特徴、必要なスキル、顧客データの重要性、扱うデータの種類、そしてCDPと他のプラットフォーム(DMPやCRM)の違いについて説明されています。CDPの主な利点も紹介されており、顧客の生涯価値を向上させ、顧客ロイヤルティを育成する方法が述べられています。


e コマース クイズをプラットフォームと統合すると、顧客のショッピング エクスペリエンスが大幅に向上し、売上が増加します。
e コマース クイズの価値と威力について十分に理解できたので、オンライン ストアにクイズを実装してみましょう。きっとお客様も感謝してくれるはず。

まとめ

e コマース クイズとは何か、オンライン ストアに追加できる計り知れない価値、クイズを効果的に実装する方法について明確に理解頂けたでしょうか。
これらは、パーソナライズされたショッピング体験を提供し、重要な顧客データを取得して、コンバージョン率を高めるための素晴らしいツールです。


AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15

AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15

このコンテンツでは、EC(電子商取引)ストアや小売ビジネスの成長に向けて、平均注文額(AOV)を向上させる方法に焦点が当てられています。新規顧客を獲得することは重要ですが、既存顧客との関係構築も重要です。高いAOVは収益を増やすのに役立ちます。記事ではAOVの計算方法と、AOVを向上させるための具体的な戦略やヒントが提供されています。バンドルの提供、無料サンプルの追加、アップセル、クロスセルなどの方法が説明されています。AOVの重要性と計算方法についても説明されており、これらを最適化することがビジネスの成功に寄与することが強調されています。


楽しい顧客エンゲージメントも実現します。

AI やその他の技術の進歩によりこれらのクイズが充実しています、顧客とビジネスの両方にとってそのメリットは増すばかりでしょう。これらの革新的なデジタル マーケティング戦略にオープンであることが、競争の激しい DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のEC/Eコマース分野で成功するブランドの特徴となるともいえます。

知識をインプットしたら、行動・アウトプットを起こしましょう。クイズを実装して e コマース ストアのエクスペリエンスを向上させる準備をしてください。
試してみて、シンプルでありながら強力なツールがビジネスをどのように顧客中心にできるかを直接確認してみてください。

ツールがガイドとサポートを提供してくれます、e コマース クイズの作成と実装のプロセスを可能な限りシームレスにしてくれます。
e コマース クイズの結果、エンゲージメント、パーソナライゼーション、満足度につながる革新的なショッピング エクスペリエンスが得られることを期待しています。

コメント、ご意見、フィードバックはいつでも大歓迎です。

 
EC D2C ビジネス サポート 相談問い合わせ

EC/オムニチャネルコマースをグロースハック コンテンツ

EC/オムニチャネルコマースをグロースハックするノウハウ コンテンツリスト
 

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

エンゲージメントロイヤルティからAOV×LTVを向上させる 

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

EC/eコマースにおける「購入(購買)後体験:Post Purchase:ポストパーチェス」とは、顧客が商品やサービスを購入した後に行われる一連の活動やコミュニケーションのことです。

購入後のフェーズは、顧客の満足度向上やロイヤルティの構築、再購入促進などに影響を与える重要な顧客体験1つのファネルです。

   
返品・交換・購入後体験 相談・問合せ
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
このブランド商品は私と同じ価値観を共有しているのかどうか?私のような人を理解し、気にかけているのかどうか?それを伝えるのに「抽象的」で「何の絵も浮かばない」言葉 キャッチコピーを並べてもダメです。たとえや具体的な事例、物語、インパクト...
続きを読んでみる
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
続きを読んでみる
ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー