富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

顧客データ プラットフォーム CDP とは Shopify

CDP CLV CRM D2C DNVB DTC EC MA 顧客データプラットフォーム

顧客データ プラットフォームとは Shopify 

顧客データ プラットフォーム:CDPに関する話題を聞いたことがあるでしょう。

この重要なマーケティング テクノロジーに関して必要な情報について考察していきます。

顧客データ プラットフォームとは

顧客データ プラットフォーム (CDP) は、マーケティング テクノロジー ソフトウェアの一種です。具体的には、これは一種の統合顧客データベース ソフトウェアであり、 すべての顧客、その属性、データの永続的な統合記録を作成します。 優れた CDP は、既存のデータと簡単に統合でき、保存されているデータを簡単に取得できる必要があります。

CDP は、 顧客の全体像を個人レベルで構築します。多数のソースやシステムからファーストパーティの顧客データ(取引データ、人口統計データ、行動データ) を 収集し、その情報をその情報を作成した顧客にリンクします。

これにより 、単一顧客ビューとも呼ばれる 360 度の顧客プロファイルが作成され、 サードパーティ ツールまたは組み込みのマーケティング オートメーション ツールで使用して、マーケティング キャンペーンを実行し 、その パフォーマンスを分析できます。

顧客データ プラットフォームを構築方法

DNVBとその一カテゴリーDTCとは D2C 3.0時代のオムニチャネルコマースで、CDP はどのように構築するのでしょうか?
顧客データ プラットフォームが機能するには、次の 3 つの主要な手順が必要です。

統合
何よりもまず、関連するすべてのデータを単一のデータベースにコンパイルして組み立てることが、CDP の主要なタスクです。すべてのソースとシステムを 1 か所にリンクすることで、切断されたデータ セットの問題を解決します。

組織
データが統合されたら、CDP には品質管理プロトコルが必要になります。セグメントとオーディエンスを識別できるように、不足している情報を特定して対処し、重複したデータセットを削除し、正確性をクロスチェックする必要があります。

ID の解決
すべての点を結びつけた後、複数のソースからのデータを結合し、それを特定の顧客プロファイルに帰属させることが、顧客データ プラットフォームが真価を発揮するところです。これはデータ統合と呼ばれるもので、個々の顧客の完全なプロファイルを構築できるため、顧客がビジネスとやり取りする際の洞察を構築および拡張できます。

  

CDPの特徴

さまざまな企業がさまざまな CDP 製品を提供していますが、最も優れたものには、すべてのマーケターが注目すべきいくつかの重要な特性が備わっています。

すぐに使えるソリューション
すべての顧客データはきちんと整理されており、すぐに使用できます。CDP のセットアップと保守には一部の技術リソースが必要ですが、従来のデータ ウェアハウスと比べて高度な技術スキルは必要ありません。

単一の顧客ビュー
CDP で収集および整理された顧客データは、各ユーザーの個別のデータ プロファイルを通じて視覚化されます。この顧客の 360 度ビューが可能になるのは、すべての顧客データが 1 か所に集中しているためです。

顧客データの一元化
複数のオンラインおよびオフライン ソースからの一貫性のないデータを組み合わせて、統一された単一の顧客ビューを作成します。

サードパーティがアクセス可能なデータ
CDP に含まれるデータは、アドテックとキャンペーン配信に重点を置いたサードパーティ システムですぐに使用できます。

  

CDP のスキル要件

他のデータベース ソフトウェア プログラムとは異なり、CDP は主にマーケティング担当者向けに構築されたツールです。これは、必ずしも CDP が技術サポートなしで運用できることを意味するわけではありません。CDP を最大限に活用するには、通常、組織には次の 3 つの役割が必要です。

マーケター:
市場を理解し、ビジネスに合わせた CDP の使用例を提案できる人

IT担当者:
CDP の実装段階でマーケティング担当者のサポートを支援し、Webhook の使用、Web 上でのレコメンデーションの展開、統合の支援などのタスクの管理を支援できる人。HTML、CSS、JavaScript の知識は、強力な Web レイヤーを構築するのにも役立ちます。

分析担当者:
データの操作方法とカスタム ダッシュボードで何を追跡するか、A/B テストの分析方法を知っており、結果をマーケティング チームに報告できる人。

これらは 3 人の別々の人である必要はありませんが、CDP から最大の価値を得るには、これらすべてのスキルが必要になります。

顧客データはなぜ重要

今日の顧客は企業に多くのことを期待しています。顧客は優れたパーソナライズされたサービスを経験しており、彼らのビジネスを維持したいのであれば、その高い水準を提供する必要があります。 チャネル全体で一貫した顧客エクスペリエンス、適切な推奨事項、カスタマイズされたコミュニケーション -今日の顧客にはこれらが必要です。

複数のマーケティング チャネルにわたって一貫したエクスペリエンスを生み出す、パーソナライズされたマーケティング メッセージをスマートフォン(携帯電話)で受信する顧客の時代です。

このようなパーソナライズされたエクスペリエンスを実際に提供できる企業は多くありません。しかし、顧客の高まる期待に応えられない場合は問題があります。顧客があなたが自分たちのことを気にしていないと考えると、顧客は他の場所にビジネスを移してしまい、戻ってくることはありません。そうした顧客を取り戻す戦いは、そもそもビジネスを獲得するよりもはるかに困難になります。

このため、適切に管理され、アクセス可能で洞察力に富んだ顧客データを保持することが非常に重要です。そして今、優れた CDP がそれを可能にします。
重要なのは、適切なデータを取得することだけです。

  

Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは

Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは

デジタルコマースとパーソナライゼーションについての重要な情報を提供しています。パーソナライゼーションは顧客の体験を向上させ、売上を増やす効果があり、多くの統計データがその有用性を示唆しています。パーソナライゼーションの成功には、ユーザーエクスペリエンスでの実施箇所、利用する情報、テクノロジーと人間のインサイトの組み合わせが重要です。パーソナライゼーションにはAIや機械学習が役立ち、それぞれの顧客に合わせたエクスペリエンスを提供します。施策を実行するには、顧客のニーズを理解し、適切なテクノロジーと知識を組み合わせることが不可欠です。


CDP はどのような顧客データを扱うか

デジタル データの膨大な量と速度は理解するのが難しく、従来のデータベース ソフトウェアを越えていきます。CDP は、このデータ フローを管理することを目的として構築されています。

CDP がこのタイプのデータを収集する最も信頼性の高い方法は、独自の SDK を使用することですが、ほとんどの CDP は、JSON またはバッチ ETL 転送を介して他のシステムからデータを取り込むこともできます。

CDP が処理できるデータの種類は

イベント:
Web サイト、アプリ、またはモバイル ブラウザー上のセッションでのユーザーのアクションから発生する行動データ。

顧客の属性:
これには、名前、住所、連絡先の詳細、誕生日などが含まれます。高度な CDP は、購入の可能性など、機械学習を利用した予測を保存することもできます。

トランザクションデータ:
EC/Eコマース、そしてPOS システムからの購入、返品・交換、その他の情報。

トランザクションでD2Cブランドが CX を向上させる 10 のTips

キャンペーン指標:
キャンペーンからのエンゲージメント、リーチ、インプレッション、その他の指標。
顧客サービスデータ: ライブ チャット データ、インタラクションの数と長さ、頻度、NPS スコア、および CRM システムからのその他のデータ。

顧客データ プラットフォームは DMP や CRM と何が違うのか

データ収集ソフトウェアを比較すると、圧倒されてしまいがちです。似たような頭字語が大量に存在し、ほぼ同じように見える製品説明があり、どのプログラムがあなたのニーズに最も適しているかについての主張がたくさんあります。(SaaSあるある)

顧客関係ソフトウェア (CRM)、CDP、およびデータ管理プラットフォーム (DMP) のプレゼン・ホワイトペーパーなどを目にしたことがあるかもしれません。それらの機能は似ているように聞こえるかもしれませんが、ベンダーを評価し、ビジネス ニーズに適した製品を選択できるように、両者の違いを理解することが重要です。

CDP 対 DMP 対 CRM

  • 総合的な顧客データ:
    プラットフォームは、利用可能なすべてのソース (行動、人口統計、個人、トランザクション、デバイスなど) からの顧客データを管理していますか?
  • 永続的な顧客プロファイル:
    プラットフォームはデータを長期間保持しますか?
  • パッケージ化されたシステム:
    プラットフォームはすぐに使用できるソフトウェアとして存在できますか?
  • リアルタイム機能:
    プラットフォームはリアルタイムでデータを更新し、変更に迅速に対応できますか?
  • オープンプラットフォーム:
    プラットフォームにデータを取り込むのは簡単ですか?
    プラットフォームからのデータを他のサービスと共有するのは簡単ですか?
  • クロスチャネルパーソナライゼーション:
    このプラットフォームでは、さまざまな顧客タッチポイントにわたってメッセージをパーソナライズできますか?
  • 匿名化されたデータのみ:
    データ管理プラットフォームは設計上、匿名化された顧客データを処理します。CRM と CDP は特定された顧客と連携し、個々の顧客の詳細なビューを可能にしますか?
  • ID の解決:
    このプラットフォームでは、匿名の訪問者の顧客行動を、既知の顧客が同意した後に関連付けることができますか? プラットフォームはデバイス間で顧客を認識しますか?
  • ファーストパーティデータの優先度:
    プラットフォームは主にファーストパーティのソースからのデータを扱いますか?
  • サードパーティデータの優先度:
    プラットフォームは主にサードパーティのソースからのデータを処理しますか?
  • IT サポートが必要:
    ソフトウェアの日常的な操作には IT 部門のサポートが必要ですか?

適切なプラットフォームを見つけるのは簡単なことではありません。ただし、CDP が日常的に何をしてくれると期待できるかを理解することは役に立ちます。

CDP + マーケティングオートメーション

マーケティング オートメーションと組み合わせた顧客データ プラットフォームは、次世代の CDP です。スタンドアロン CDP のすべてのメリットとマーケティング キャンペーン ツールを組み合わせて、単一の強力な顧客中心のマーケティング プラットフォームを作成します。

これにより、マーケティング担当者は、AI 主導のマーケティング機能、リアルタイム分析、UX 最適化を CDP と統合することで、素晴らしい顧客エクスペリエンスを生み出すために必要な完全なツールセットを得ることができます。

CDP とマーケティング オートメーションを組み合わせると、頻繁に使用されるツールが 1 つの統合インターフェイスに集められるため、ワークフローが簡素化され、生産性が向上します。しかし、柔軟性もあり、既存の技術スタックに適合することができます。すでに持っているものを中心に形成され、ギャップを埋めます。

主なメリット:

基盤を提供します 360度の顧客ビュー

  • 作る 顧客ロイヤルティに基づいた意思決定が 可能
  • より促進します 正確なターゲティング 顧客とのより質の高いインタラクション
  • を可能にします 意味のある分析 さまざまなチャネルにわたるマーケティング活動の取り組み
  • 有効にする 機敏な対応 市場や顧客の好みの変化に合わせて

マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット

マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット

Eコマースビジネスにおけるマーケティングオートメーション(MA)の重要性について説明しています。小売業界はECとオムニチャネル戦略にMAを活用することで、効率的なツールを利用する必要があります。MAはタイムセーバーやパーソナライズドキャンペーンの作成を可能にし、ビジネスに多くのメリットをもたらします。このテクノロジーを活用することで、マーケティング担当者はより戦略的なタスクに時間を割くことができ、ビジネスに多くの価値をもたらします。


顧客データ プラットフォームのメリット (CDP の主要な使用例)

CDP の使用には数多くのメリットがありますが、プラットフォームから得られるメリットのほとんどは、結局のところ、企業が CDP を使用したい方法によって決まります。

数多くのメリットがあるのと同様に、市場には膨大な数の CDP ベンダーがあり、選定に迷う可能性があります。ベンダーを選択するときは、CDP を利用して達成したいユースケースを考慮すると役立ちます。

高レベルの目標 CX:カスタマーエクスペリエンスの向上、ロイヤルティの育成など) を持つことは重要ですが、下位レベルのユースケースを通じてそれらの目標を達成するために CDP がどのように役立つかを知る必要もあります。
 


カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント

カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント

このコンテンツはEC(電子商取引)ビジネスにおいて、顧客エクスペリエンスの重要性について説明しています。現代の市場で競争するために、顧客に優れたエクスペリエンスを提供する必要があります。顧客の期待を満たし、競合他社からの差別化を図るために、以下の方法が紹介されています。
1. インテリジェントな検索: ウェブサイト内での効果的な検索機能を提供し、顧客が欲しい情報や商品を迅速に見つけられるようにします
2. パーソナライズされたエクスペリエンス: 顧客に合わせた個別の体験を提供し、彼らの好みやニーズに合った商品や情報を提示します
3. モバイルの役割: スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでのエクスペリエンスを最適化し、顧客がどんなデバイスでも快適に利用できるようにします。
4. 豊富なコンテンツと情報: 商品に関する詳細な情報や関連コンテンツを提供して、顧客がより良い購入判断を行えるようにサポートします。
5. 柔軟な購入および配送オプション: 顧客に異なる購入方法や配送オプションを提供し、彼らのニーズに合わせた柔軟性を提供します。
顧客エクスペリエンスの向上は、ECビジネスの成功に不可欠であり、競争力を維持するために重要です。



最も重要な使用例とメリットのいくつかを以下にまとめました。

CDP の活用例:

 

1. オンラインからオフラインへの接続

オンラインとオフラインのアクティビティを統合して、正確な顧客プロファイルを作成します。顧客が実店舗に来店したときのオンライン アクティビティから顧客を識別します

2. 顧客のセグメンテーションとパーソナライゼーション

顧客の行動 (RFM、LTV 予測) に応じて顧客をセグメント化し、顧客のライフサイクル全体を通じてパーソナライズされたオムニチャネル エクスペリエンスを提供します。

3. 予測顧客スコアリング

予測データ (購入確率、解約率、訪問率、Eメールコミュニケーションの効果測定に重要な「4つの指標」とメールマーケティング用語集) を使用して顧客プロファイルを強化します。

4. スマート行動リターゲティングと類似広告

Facebook 広告、Google 広告、Google アナリティクス、Doubleclick との統合により、分析情報を活用して、Web サイトの外部で強力な獲得および維持 (類似) キャンペーン、アドレサブなどを実行できます。

  

AI人工知能 を 導入する 4 つのポイント

AI人工知能 を導入する 4 つのポイント

人工知能(AI)に対する意見は、賛成派と反対派に分かれており、一部はAIを生活を最適化する力と捉え、他の一部はAIが人類に脅威をもたらすと考えています。EC/EコマースにおけるAIの重要性が強調され、人間の検索プロセスの最適化、ファセット ナビゲーション、クリエイティブ マーチャンダイジング、サイト検索など、AIの活用方法について議論されています。AIを受け入れつつ、人間の洞察と組み合わせることが強調されています。


5. 商品の推奨事項

「類似商品」や「この顧客も購入」などのさまざまな推奨モデルを作成し、エンゲージメントを促進し、ブランドロイヤルティを高め、商品やサービスを販売、アップセル、クロスセルするための最高のショッピング体験:購入(購買)体験を提供します。


商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする

商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする

ECサイトにおいて商品のおすすめやレコメンデーションが重要であることが述べられています。顧客がパーソナライズされたおすすめを受けることで、サイトに戻る可能性が高まり、顧客エクスペリエンスが向上します。商品レコメンデーションエンジンは、顧客のデータを活用して最適なおすすめを提供します。また、商品の評価や顧客のリピート購入、リマーケティングなどを通じて、顧客の維持と収益の増加に寄与します。商品の品質やレビューは信頼を築くために重要であり、クロスセルの戦略も成功に貢献します。リピート購入のためには、顧客のニーズに合った提案を提供することが大切です。また、リマーケティングを活用して顧客の再訪を促進することも強調されています。商品レコメンデーションは、ECサイトの成長に不可欠な要素です。


6. コンバージョン率の最適化と A/B テスト

ページの外観をすばやく変更します。Web サイト オーバーレイ (ポップアップ) を使用するか、カート放棄メールを送信して ROI を高めます。さまざまなデザインを作成し、自動 A/B テスト機能を使用してどのバリアントのパフォーマンスが優れているかを判断します

7. オムニチャネルの自動化

オムニチャネルでパーソナライズされたメッセージを好みのチャネルに送信して顧客のライフサイクル全体をガイドし、忠実な顧客の獲得と維持の両方の機会を大幅に強化します。


オムニチャネルコマースとは トレンドガイド

https://fujilogi.net/blogs/voice/%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%AF-shopify-plus-%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89

「オムニチャネルコマース」について説明しています。オムニチャネルコマースは、複数の販売チャネルを活用して顧客にシームレスなエクスペリエンスを提供するアプローチで、顧客エクスペリエンスの向上、売上とトラフィックの増加、顧客ロイヤルティの向上、データ収集の向上などのメリットがあります。オムニチャネルコマースを実現するには、顧客を理解し、適切なチャネルを選択し、すべてのチャネルを接続し、チャネルの維持をする必要があります。このアプローチは、現代のビジネスにおいて非常に重要です。


8. Eメール到達性の強化

Eメール・DM・LINEの開封率を向上させます。AI を活用したアルゴリズムのおかげで、各ユーザーのEメールなど開封習慣に基づいて理想的な配信時間を決定して、コミュニケーションタイミング をパーソナライズして、その最適な時間にユーザーに連絡することができます。

メール&SNSのDMコミュニケーションで配信率を維持する方法

Eメールマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策を設計・運用するポイント 

SNS・LINEなどでのメッセージ送信を設計・運用ポイント

メール・LINE/コミュニケーションリストの再利用で顧客と再開する

9. レビューの最適化

パーソナライズは心・心理=データでつながった、オムニチャネルコミュニケーションと NPS 調査分析を通じて、顧客からのオンライン レビューの質と頻度を高めます。

DTCマーケティングの3つ

カスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルに

ユーザー生成コンテンツ(UGC)を活用のための設計・運用するポイント

インフルエンサーマーケティングを、設計・運用して、投資するポイント

ロイヤルティプログラムと紹介(Referral)プログラムを設計・運用するポイント

社会的証明とは D2C/eコマースの成功に必要な理由 ステマNG

CDP はどのようにして顧客の生涯価値を向上させ、顧客ロイヤルティを育成できるのか

顧客ロイヤルティを育む最も効果的な方法は、顧客が求めているもの、つまり一貫した高品質でパーソナライズされたエクスペリエンスを正確に提供することです。顧客データ プラットフォーム:CDP により、これらのエクスペリエンスを大規模に提供し、各顧客のジャーニー(購入(購買)体験購入(購買)後体験:Post Purchase/ポストパーチェス)をパーソナライズすることが可能になります。

CDP は、断片化されたデータ サイロの問題を解決することでロイヤルティ構築施策を可能にします。これらは、大規模なパーソナライゼーションを可能にする方法で顧客データを整理します (ただし、パーソナライゼーション ツール自体は必ずしも CDP の一部であるとは限りません)。

データがサイロ化されている場合、顧客に一貫したエクスペリエンスを提供することはできません。 この中央データ ハブがなければ、顧客がどのチャネルを通じて通信するかに関係なく、最新のインタラクションを受信する、顧客が期待するオムニチャネル エクスペリエンスを提供することはできません。

 
EC D2C ビジネス サポート 相談問い合わせ

EC/オムニチャネルコマースをグロースハック コンテンツ

EC/オムニチャネルコマースをグロースハックするノウハウ コンテンツリスト
 

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

エンゲージメントロイヤルティからAOV×LTVを向上させる 

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

EC/eコマースにおける「購入(購買)後体験:Post Purchase:ポストパーチェス」とは、顧客が商品やサービスを購入した後に行われる一連の活動やコミュニケーションのことです。

購入後のフェーズは、顧客の満足度向上やロイヤルティの構築、再購入促進などに影響を与える重要な顧客体験1つのファネルです。

返品・交換・購入後体験 相談・問合せ
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
AI は、ある規模の組織内で少なくとも完全に機能していると言われています。しかし、小売業の経営幹部は、進化するAIの状況についていくのは難しいと感じています。近年、ユニファイドコマースやeコマースチームは、新しい顧客の好みに適応して、...
続きを読んでみる
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
リコマースとサーキュラーエコノミーは、先進的なブランドの持続可能性と収益性を推進する極めて重要な概念として注目を浴びています。リコマースとは、中古品を購入、再生、再販し、ライフサイクルを延長して、環境への影響を軽減しつつ、収益を向上さ...
続きを読んでみる
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー