富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 決済・財務会計のポイント

AI B2B2C B2Bコマース DNVB DTC EC ERP eコマース オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント ユニファイドコマース 決済
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 決済・財務会計のポイント

決済は、ユニファイドコマースの実装と成功において重要な役割を果たします。
リテール店舗オンライン コマースモバイル アプリ内など、あらゆるチャネルのすべての決済システムとデータを統合することで、顧客をより適切に特定し、ニーズを理解し、シームレスなクロスチャネル体験を促進することができます。

オンラインとオフラインの販売チャネルをリンクさせることで、ロイヤルティが高まり、支出が増加します。ユニファイドコマースの買い物客は、より多くの金額を、より頻繁に消費してくれます。

顧客は、買い物をするときに別々のチャネルについて考える傾向がありません。
eコマース、モバイル、POS決済は、ブランドの全体的な体験を形成する、相互に関連する部分にすぎません。したがって、販売、返金交換は、顧客の考えを反映し、顧客の好みをすべてのインタラクションの中心に据える方法で行うことは理にかなっています。

1つのプラットフォームから販売することで、次のことが可能になります。

  • 支払いと返金を、1つのプラットフォーム上で1つの契約を通じてグローバルに処理します。
  • ローカルのアクワイアリング地域を地域ごとに管理する必要がなくなります。
  • 1つのバックエンドシステムを使用して、あらゆるチャネルと地域からのすべての支払いを管理し、統合されたレポートを作成します。
  • 照合をシンプルに保ち、報告チームと財務チームの作業負荷を軽減します。
  • リアルタイムのアカウント更新により、定期的な支払いを容易にします。

決済を一元化することで、地域やチャネルに関係なく、シームレスな カスタマージャーニーを簡単にサポートできます。このようにして、顧客体験を向上させるだけでなく、俊敏性と拡張性を高めることができます。

財務会計

接続されたチャネルとアカウントからのすべての注文に対するすべてが自動的に生成され、売掛金会計と買掛金会計のすべての機能で、複雑な要件にも対応でき、オプションでグループ会計にライブで転送されることを確認してください。データ統合が簡素化されるということです。

Accounting のポイント

プラットフォームで直接、広範なビジネスおよび税務の評価、レポート、分析を行うことができることです。
支払調整、督促、または請求書のリリースロジックなどの自動プロセスがポイントです。

完全に統合された財務

売掛金と買掛金

会計モジュールは、支払システムや未決済項目との支払の自動照合など、会計に必要なすべての機能を確認してください。

支払いリストを含む書類確認

リリース ロジック、コメント機能、および 4 つの目の原則に従ったチェックを備えた請求書を管理するためのプロセスが必要になります。
サプライヤーの支払い条件に基づいて、支払いの提案も受け取ります。

充実した評価

損益計算、バランスシート、 原価管理、および原価・プロフィットセンタ管理や月次貸借対照表などのさまざまな評価を個別に設定および作成するシステムを決定してください。

エクスポート

データは、標準化された形式でエクスポートすることも、個別に構成することも必要です。サードパーティ システムにエクスポートするためのマッピング機能も利用できることです。

完全自動督促

未処理の項目がシステムで認識され、リマインダーが完全に自動的に送信されると便利です。

会計におけるデジタルワークフロー

フォルダーが紙の請求書でいっぱいになっているのは、とうの昔に過去のものになっているはずです。ただし、請求書のデジタル送信と処理だけでは十分ではありません。
会計の効率的なデジタル化には、主に、支払い調整、文書チェック、リマインダーなどの日常ワークフローの自動化が必要です。自動化されたプロセスは時間を節約するだけでなく、手動で作業するときにすぐに発生するエラーの原因を回避します。

データのエクスポートはインターフェイスによる柔軟性で

デジタル オペレーション プラットフォームに切り替える前に、企業は通常、会計などの他の IT システムや独立したソリューションをすでに使用しています。これらを完全に置き換える必要がないように、サービス プロバイダーをプラットフォームに接続し、データを簡単にエクスポートできます。会計モジュール経由で可能かどうかもポイントです。

支払いと会計による自動支払いプロセス

支払いの自動処理と予約は、 企業にとって重要な成功と効率の要素です。特に、 注文が別の販売チャネル経由で受けられ、別の支払い方法が 外部サービスプロバイダー経由で 提供される場合にはなおさらです。プラットフォームは、会計と支払いをリンクすることにより、 支払いの受領から処理、入金の割り当てに至るまで、 全体的に自動化されたプロセス フローがあると便利です。

ビジネス・インテリジェンス

パフォーマンスの測定は、経済的成功への道において重要な側面です。発展したい場合は、あらゆるビジネス分野の数値、統計、KPI に常に注意を払う必要があります。

統計と BI コックピット

KPI を事前に定義し、パフォーマンス、売上、コスト、購買行動、顧客、在庫、従業員の統計に関する包括的な統計を作成することをどう実施するかは大切なBPR・ビジネスプロセス・リエンジニアリングです。これが無ければDXは手段として効果を果たしません。

個別レポートの作成

完全な SQL インターフェイスを使用して、SQL、XLS、その他の形式で個別のレポートを作成できます。

将来性のある取引のための分析

オムニチャネルリテールの成功、効率、そして最終的に利益を高めるには、一方ではパフォーマンスの測定方法を決定し、他方では統計を定期的に評価する必要があります。ビジネス インテリジェンスは、商品、販売、顧客の行動に関する情報を細部に至るまで理解することをサポートしていることがポイントです。

ユニファイドコマースとオムニチャネル成長のポイントTips

オンラインマーケットプレイスで販売する最大のメリット

e コマース マーケットプレイスとコマース販売市場の人気がますます高まる中、これらのチャネルは常に顧客を満足させる新しい方法を考え出しています。

サードパーティの販売者にとっての朗報です。

これは、ほとんどのマーケットプレイスが、ブランドや小売業者がオムニチャネル顧客マーケティング、販売、フルフィルメントを可能な限り簡単に行えるようにするために多大な努力を払っているということです。

なぜでしょうか、コマースプラットフォームがコンポーザブル化して使いやすくなればなるほど、買い物客のエクスペリエンスが向上し、より多くの商品を求めて戻ってくる可能性が高くなります。

これは、特に魅力的な 3 つのメリットとして具体化されます。

1:起動が速い

オンライン販売に慣れていない場合、マーケットプレイスは、新しい e コマース Web サイトへのトラフィックを促進する際に、収益を生み出し、ブランドを構築するための優れた方法となります。
マーケットプレイスでサードパーティの販売者として承認されたら、商品フィードをアップロードして販売を開始するだけです。

ハイエンドのマーケットプレイスは通常、統合が容易であり、マーチャントユーザーは SaaS ソリューションを利用してプロセスを合理化し、潜在的なリスクから身を守ることができます。

2:確立されたプログラム

最大かつ最も確立されたすべてのオンライン マーケットプレイスには、マーケティング、販売、フルフィルメントを迅速にナビゲートするためのプログラムが用意されています。

たとえば、Amazonのマーケットプレイス、Google のセラーは、Amazon Advertising、Google Shopping Actions にアクセスできます。これらのデジタル マーケティング プログラムには、適切なタイミングですべての適切な顧客に新商品を提供するためのツールが満載です。たとえば、売り手が迅速で無料の配達に対する消費者の期待に応えるのに役立つ同様のオプションが利用可能です。

Fulfillment by Amazon (FBA)  などのプログラムを使用すると、マーケットプレイスの倉庫に在庫のピッキング、梱包、発送を依頼することができます。

3:大規模な顧客基盤

マーケットプレイス オペレーターには、これらのサイトで定期的に買い物をする膨大な数の消費者が組み込まれています。 考えてみてください。Amazon、楽天、PayPay ZOZO だけでも、毎月 数億人近くのアクティブな訪問者がいます。

それらの消費者の多くが、商品を購入したいときにマーケットプレイス から始める ことをご存知 ですか。

彼らは、Google や小売りの Web サイトを気にすることさえありません。実際、すべての商品検索の 49% が Amazon で開始 (および終了) しています。

あなたの商品がこれらの検索結果に表示されない場合、消費者があなたのオンライン ストアにアクセスする前に、競合他社がマーケットプレイス セールを開始する可能性があります。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
デジタルアセットのパフォーマンスを分析するときにコンバージョン指標のみに焦点を当てている場合は、おそらくお金を無駄にしていることになります。また、ユーザーや最適化の取り組みにも悪影響を及ぼします。 何の落ち度もないのですが、業界はコン...
続きを読んでみる
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
インスタグラムショッピングは、あなたのソーシャルメディア戦略にどのように位置づけられていますか。消費者が新しいブランドを閲覧したり、商品を探したりするためにInstagramに依存していることは周知の事実です。最近のデータによると、I...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー