富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2024 あけましておめでとうございます。オムニチャネルコマースのチャネル拡大と収益の多様化にむけて

3PL AI Amazon AOV B2B2C CRM CX D2C DNVB DTC EC EC物流 eコマース Eコマースプラットフォーム Instagram LTV MA MACH OMO PDP RMS・返品マネージメントシステム Shopify Shopify Plus Subscription UGC unboxing アパレル アパレル物流 アンバサダーマーケティング インフルエンサー インフルエンサーマーケティング オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント カスタマーサポート カスタマーサービス カスタマージャーニー コマースシステム サブスクリプション 再販売・リコマース 通信販売・通販 通販 通販基幹システム 通販物流

2024 あけましておめでとうございます。オムニチャネルコマースのチャネル拡大と収益の多様化にむけて 

2024年明けましておめでとうございます。

オムニチャネルコマースの成長と変化の展望に寄せて2024年のトレンドとサポート体制についてお伝えさせていただきます。オムニチャネルコマースの事業者をサポートする富士ロジテックホールディングスです。

デジタル コマース、オムニチャネルコマースの市場は、近年急速に拡大しています。その背景には、消費者の購買行動の多様化や、デジタル技術の進歩などが挙げられます。

2024年も、オムニチャネルコマースの拡大は続くと予想されます。特に、ソーシャルコマースやリコマースなどの新たなチャネルと収益モデルが注目されています。

ソーシャルコマースでは、InstagramやTikTokなどのSNSを活用して、商品やサービスを販売する取り組みが活発化しています。
また、リコマースでは、ビンテージだけではなく、自社ブランドの中古品やアウトレット品などを販売するマーケットプレイスが拡大しています。

これらの新しいチャネルを活用することで、コマース事業者は新たな顧客層の開拓や、既存顧客とのエンゲージメントの向上を図ることができます。

富士ロジテックホールディングスは、オムニチャネルコマースの成功に向けた取り組みをサポートしてまいります。

2024年も、事業者の皆様のご成功に貢献できるよう、尽力してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ソーシャルコマースの拡大

ソーシャルコマースとは、SNSを活用して商品やサービスを販売する取り組みです。
InstagramやTikTokなどのSNSは、多くのユーザーに利用されているのは論を持ちません、商品やサービスの認知度や購買意欲を高めるのに効果的との判断で利用されています。

2024年も、ソーシャルコマースとしての拡大は続くと予想されます。

ソーシャルコマース時代のインスタグラマー・クリエーターがコマースをするトレンド

ソーシャルメディアの普及に伴い、ソーシャルコマース市場が急拡大しています。
2024 知っておくべき 10 のソーシャル メディア トレンド
その中で、インスタグラマーやクリエイター、そしてVTuberなどのインフルエンサーがコマースを活用するケースが増えています。

  • ターゲット層へのリーチ力が高い
  • 信頼感や親近感を喚起できる
  • クリエイティブな表現がしやすい
  • ソーシャルメディアの利用者の増加
  • ライブコマースへのトライ&エラーでの確立

これらのメリットにより、企業やブランドは、インフルエンサーコマースを通じて、新たな顧客層の誘致や、既存顧客とのエンゲージメントの向上を図ることを目的としています。
ソーシャルコマースを成功させるためには、以下の点が重要と言われています。

  1. ターゲットユーザーに合わせたコンテンツを制作する
  2. ソーシャルメディアの特性を生かしたプロモーションを実施する
  3. 顧客とのコミュニケーションを重視する

これは、失われたD2Cのビジネスモデルでもあります。

*クリエイターとコラボレーションする 9 つの方法

*インフルエンサーと (合理的に) 交渉する方法

インスタグラマー・クリエーターがコマースをする際に注意すべきこと

D2Cブランドと同様に、自分のフォロワーとしてのターゲット層を明確にすることからで、効果的なコンテンツを制作することができます。
これは、いままではブランドというクライアントの商品をプロモートするだけでしたが、このフェーズでは自身がブランドのオーナーです。
また、商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えることは得意でしょうし、購買意欲を高めることも得意でしょう。さらなる成長のためには、信頼感や親近感を醸成することで、オーディエンスを拡張して、顧客から支持を得やすくなるようにする必要があります。

それは、タレントなどのスキンケア、コスメ、アパレルや、フードでのビジネスモデルを再設計する必要があり、振り返れば、リアル店舗ではカリスマ店員や、看板娘などであらわされてきた歴史でもあります。

インスタグラマー・クリエーターがコマースをする際のサポートする方法

富士ロジテックホールディングスでは、今までの、コマース事業者、 D2C チャレンジャー ブランド、スタートアップの支援を通じて培った経験と、パートナともに、インスタグラマー・クリエーターがコマースをする際に必要なサポート提供していきます。

  • コマースに関する教育や、運用に関するバックオフィス業務の設計整備
  • 商品やサービスの選定のサポート
  • コマースサイトの構築や、コンテンツの制作・運用のサポート
  • 3PL フルフィルメントから発送代行、開封体験(開梱):Unboxingなどの購入後体験サービスの提供
  • カスタマーサービス・カスタマーセンターサービスの提供

ソーシャルコマース時代のインスタグラマー・クリエーターは、コマースを活用することで、新たな収益源の獲得や、さらなる活躍の可能性を広げることができます。
また、小売・製造業やブランドは、インフルエンサーコマースを効果的に活用するために、インフルエンサーとのコラボや、クリエーターなどへの商品教育やコンプライアンス研修、インフルエンサーやクリエーターに適した商品開発からサービスの選定、コンテンツの制作などのサポートを行っていきます。

リコマースの成長

2023年は、返品・交フルフィルメントの可能性を見出した年でした。
そこでの可能性と課題とは、収益性を高めることでした。

2024年はそれを実現するために、リコマース=再販売のマーケットとビジネスのためにサービスを拡充していきます。

リコマース、自社商品の再販売でデジタル・オムニチャネルコマースとしてのトレンド

収益源としての リコマース とは、中古品やアウトレット品などを販売するマーケットプレイスだけではなく、自社商品の回収から、返品・交換品の販売を通じての顧客基盤の拡大をしつつ収益性を拡大するための施策です。
近年、リコマースの市場はデジタルで急速に成長しています。

2024年も、リコマース(リユース・マーケットプレイス、メルカリのC2Cは別として)市場の成長は続くと予想されます。

  • サステナビリティへの意識の高まり
  • フリマアプリの普及
  • リユース品の品質向上

リユース品の品質が向上したことにより、中古品への抵抗感が薄れ、購入しやすくなったことも、リコマース市場の拡大に寄与しています。
サステナビリティへの意識の高まりにより、中古品やリユース品を買うことが、環境に配慮した消費行動と捉えられるようになっていますが、実際は「捨てる」行動の変化(少しでも価値を得て、通貨(これはフリマでは現金でしょうが、店頭などではストアクレジット)に変えるため)だと捉えています。

リコマースは、デジタル・オムニチャネルコマースの一形態として、そして、返品・交換を収益化して、通常販売の顧客購入・購入後体験を顧客中心に変えていく原資ができることからも、今後も拡大していくことが予想されます。

自社商品の再販売でリコマースを行う際のメリット

自社商品を再販売することで、以下のメリットがあります。

  • 売れ残りや在庫過剰の解消
  • コスト削減や収益の拡大
  • 顧客とのエンゲージメントの向上
  • 新規顧客の獲得

そのためには、

  • 品質の高い商品を適切な価格で販売する
  • 顧客のニーズを把握したサービスを提供する
  • セキュリティ対策を万全にする

ことが必要です。

リコマース、自社商品の再販売のサポートする方法

リコマース、自社商品の再販売をサポートするサービスを提供しています。
サービスとしてはパートナーとともに

  • 返品・交換ワークフローを活用して、リコマース流通加工作業
  • コンポーザブルな注文管理:OMS/WMS と RMSの選定・導入
  • リコマースプラットフォームの選定・導入
  • 商品の撮影・出品
  • 顧客対応 などを提供していきます。

リコマースプラットフォームの選定・導入では、自社のニーズに合ったコマースプラットフォーム、OMS\WMSの選定や、導入のサポートを行います。
商品の撮影・出品では、商品の魅力を最大限に引き出すための商品ビジュアル撮影や、商品詳細ページ・PDPデータの作成をサポートします。
AI 主導のカスタマー サービスでは、問い合わせやクレーム対応などの顧客対応を代行します。
弊社のサービスパーツを利用することで、リコマース、自社商品の再販売をスムーズに開始・運用することができます。

コマースピック寄稿記事

D2Cブランドの新しい収益源としてのリコマース・再販とは【リコマース・オムニチャネル総論 第1回】

顧客がリコマース・再販売に期待していること【リコマース・オムニチャネル総論 第2回】

オムニチャネルコマースの成功に向けた取り組み

D2Cの自社チャネル、マーケットプレイスとのマルチチャネルだけではなく、店舗物流やパートナー物流も含めてのオムニチャネルコマースを成功させるために、2023年から引き続きサービスを拡張、品質アップしてご提供していきます。

  • 顧客一人ひとりに最適な購入体験を提供すること
  • 各チャネルを連携させ、シームレスな顧客体験を実現すること
  • データ分析を活用して、顧客のニーズを把握すること

これらの取り組みを実践することで、事業者は顧客の満足度を向上させ、売上や利益の拡大を図ることができます。

2024年も情報をお届けしていきます

富士ロジテックホールディングスでは、オムニチャネルコマースの最新動向として、ソーシャルコマースやリコマースの拡大についてもサービス適応しています。
オムニチャネルコマースなどを成功させるための取り組みについてもサポートをして参ります。

私たちはこれらに限らず最新動向を把握し、製造・小売事業者のコマースの成功に向けた取り組みのための知見と経験を積み上げてサービス改善を進めています。

2024年も、オムニチャネルコマースの市場は拡大していきますので、お気軽にご相談ください。

ビジネスに適した購入(購買)体験ニーズに添ったeコマースオペレーションを構築するために必要なツールを選定したら、富士ロジテックホールディングスの発送代行・物流代行・返品・交換サービスをその施策の一部にすることを検討してください。

富士ロジテックHDが DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0 コマースビジネスに提供するもの:

  • 全国のフルフィルメント センターからの D2C(DTC)および B2B 注文の EC:eコマースフルフィルメント
    (必要な数のフルフィルメント センターを使用可能)
  • 標準および配達日指定のe コマース配送サービス
  • 国際 eコマース配送 (米国、カナダ、英国、欧州連合、オーストラリ、アジアなど、その他の国へ)
  • eコマースの商品の配送先情報の提供と、出荷追跡と返品対応
  • 思い出に残る開梱体験:Unboxingを提供するキッティングおよびカスタマイズ サービス
  • 分析により、顧客のe コマースの配送方法、顧客の支出金額、配送方法ごとの平均コスト、配送方法ごとの注文の配達にかかる時間、返品理由などについての顧客のインサイト:洞察が得られます。

富士ロジテックホールディングスが連携、推奨するソフトウェアは、プラットフォームシステム、マーケットプレイス、EDI ソリューション (小売業者の Web サイトや店舗での注文を処理するため)、およびその他の販売チャネルと統合して、e コマース、オムニチャネルフルフィルメントを自動化します
富士ロジテックホールディングスを利用・活用すると、日本中にフルフィルメント センターのネットワークがあり、小売事業者は、在庫を分散保管・分散出荷で分割して、e コマースの配送コストと配達時間を削減することができます。

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

2024年のコマーストレンドコラム

2024  e コマースのトレンド

2024年 e コマースのトレンド

2024年のeコマーストレンドには、顧客ロイヤルティプログラムの価値向上、マイクロインフルエンサーの活用、サードパーティCookieの廃止への対応、AIの利用拡大などがあります。これらの動向は、持続可能性と個人化を重視する消費者ニーズに応えるブランドの成長に不可欠です。

成功する D2C チャレンジャー ブランドのための指針

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

成功するD2Cチャレンジャーブランドのための指針を提供しており、モバイルショッピング、ソーシャルコマース、プログレッシブウェブアプリなどのトレンドが重要視されています。また、顧客誘致施策やサプライチェーンの多様化、商品のイノベーションなどが新しいD2Cプレイブックの必須アイテムとして挙げられています。

小売・製造業にとってのコマース トレンド 通販・オムニチャネルコマース

2024年 小売・製造業にとってのコマース トレンド 通販・オムニチャネルコマース 

主要なトピックとしては、AIによる業務効率化、予測分析、オムニチャネルの重要性、ソーシャルコマースとライブショッピングの成長、コンポーザブルコマースの採用、カスタマーサービスにおけるダイレクトメッセージングの活用などが挙げられています。
また、グローバル展開とマルチローカルコマースのトレンド、マーケットプレイスの差別化、仮想現実ショッピング、リアルタイムデータの重要性についても触れられています。これらのトレンドを理解し、適応することが、今後のeコマースの成功に不可欠であると強調しています。さらに、DTCのメリットとポイントについても説明しており、中間業者を排除することで利益率の向上や、パーソナライズされたブランド体験を提供することの重要性が指摘されています。

2024 オンラインコマースで顧客体験をデザインするために

2024 オンラインコマースで顧客体験をデザインするために Shopifyでオムニチャネル

オムニチャネルコマース戦略
2024年のオンラインコマースにおいて、ブランドや企業が異なる販売チャネルを組み合わせ、統一されたショッピング体験を提供するオムニチャネルコマースが重要です。

AIとLLMの活用
ChatGPTや他のLLMツールが開発者によってコード生成やアプリ構築の支援に使用されることが予想されます。2
AR技術の普及 モバイルAR技術がさらに進化し、多くの企業が商品メディアにARを取り入れることで、顧客体験を向上させるでしょう。

データプライバシーと追跡
サードパーティCookieの喪失や新しいデータプライバシー法の導入により、適切な帰属を特定することがより困難になります。

これらのポイントは、2024年のeコマースのトレンドとして重要な要素を反映しています。SEOのディスクリプションとしては、これらのキーワードを中心に展開することが効果的です。

2024 コマース市場で競争力を高める方法 RICH 戦略

2024 コマース市場で競争力を高める方法 RICH戦略

eコマースの競争力強化:
オンラインとリアルな小売・製造業の競争を勝ち抜くための戦略として、顧客との関連性を維持し、ブランドを知ってもらう方法。

マーケティング戦略:
効果的なマーケティングプランを形成するための3つのCとは、消費者の信頼、ブランドロイヤルティ、そして市場のギャップを特定すること。

デジタルマーケティング施策:
オムニチャネルコマースでの競争力を保つためのRICH戦略と、ブランドの「ITファクター」を明確にする方法。

コマースビジネスの成功:
eコマースビジネスの90%が失敗する中、成功する10%になるための実践的アドバイスと、RICH戦略を用いた長期的な計画。

これらのポイントは、ページの主要なテーマを反映しており、検索エンジンのユーザーが関連する情報を容易に見つけられるようにするために重要です。また、ページの内容を簡潔に伝えることで、検索結果からのクリック率を高めることが期待できます。

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

通販D2CEコマース事業者のEC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別
限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
デジタルアセットのパフォーマンスを分析するときにコンバージョン指標のみに焦点を当てている場合は、おそらくお金を無駄にしていることになります。また、ユーザーや最適化の取り組みにも悪影響を及ぼします。 何の落ち度もないのですが、業界はコン...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー