富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ユニファイドコマースとオムニチャネルとは プロセス管理のポイント

AI B2B2C B2Bコマース D2C DNVB DTC EC EC物流 EC運用 eコマース MACH オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント プロセス管理 ユニファイドコマース
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは プロセス管理のポイント
  1. ネガティブなショッピング体験がもたらす収益への影響と、
  2. ポジティブなショッピング体験がもたらす潜在的な向上効果

を合わせると、ユニファイドコマースを採用するマーチャント(小売・製造D2C チャレンジャー ブランド)にはビジネスチャンスがあります。

ユニファイドコマースは間違いなく注目に値するからです。

小売、オンライン、エンターテインメント、ホスピタリティなど、あらゆる業界のマーチャントに大きな機会を提供するエキサイティングなテクノロジーソリューションに成長しています。
それは、シームレスなインタラクションから俊敏なグローバル展開までです。

ユニファイドコマースは、オムニチャネルショッピングの単なるバズワードではありません。

この 2 つのソリューションは表裏一体ですが、セットアップが著しく異なり、結果も大きく異なります。

オムニチャネルのアプローチは、マルチチャネルの拡大とフロントエンドの調整の後、進化を停止する傾向がありますが、ユニファイドコマースは、すべてのチャネル、決済システム、商品顧客とのやり取りを統合し、完全に統合された、測定可能なエクスペリエンスを提供します。

オムニチャネルがもはや重要ではないというわけではありません。

すでにオムニチャネルサービスを提供している場合は、正しい方向に向かっています。ユニファイドコマースビジネスでしか得られない豊富なクロスチャネルインサイトを見逃しているということです。

ユニファイドコマースとは、バックエンドシステムと顧客向けチャネルを単一のプラットフォームで接続することです。

オムニチャネルジャーニーをサポートし、買い物客のインタラクション、製品、管理システムの統一されたビューを作成するためにコマース企業が必要とするセットアップになります。

ユニファイドコマースは、一元化された1つのプラットフォームを介して、ビジネスのより完全なビューを提供し、統合されたデータインサイトを取得できるようにします。
このインサイトにより、顧客により良いサービスを提供し、必要に応じてビジネスを適応させることができます。
ユニファイドコマースは、チャネルや地域全体のパフォーマンスを追跡するのに役立ち、多くの情報に基づいたビジネス上の意思決定を行い、将来の変化に備えることができます。

そのためには、コマースビジネス プロセスを制御、マッピング、監視するためのモデリング ツールが必要となってきます。

個々のビジネス ルールを使用して、単純なプロセスから複雑なワークフローまで、コマースのすべてのプロセスをマッピングして提供します。
これは、すべてのプロセスを常に監視し、エラーを迅速かつ効率的に修正できることを意味します。

Process Orchestration のポイント

  • ビジネスプロセスの提供による 効率性と柔軟性の向上ができる
  • リアルタイムでのプロセスの可視化と詳細なログによる最大限の制御ができる
  • カスタムワークフローによる完全なカスタマイズできる
  • あらゆる操作またはシナリオに対して特定のビジネス ルールを確立できる

プロセス統合モジュールのメリットとポイント

プログラミングの労力をほとんど必要とせずに、プロセス、API 、外部システム、IoT ハードウェアをグラフィカルに接続
プラットフォームのほぼすべての内部プロセスの連携が可能にします。 MACHベースであるべきです。
個別の脆弱なポイントツーポイント接続ではなく、共通の通信バスで、サードパーティ システム間のデータ交換の簡素化します。

個々のワークフローをモデル化する

プロセスオーケストレーション

ビジネスプロセスの迅速なモデリング、展開、監視が可能になり、ワークフローを自動化できることです。

ビジネスルール管理

ビジネスルールを設計して実行できることです。特定のプロセスやシナリオの意思決定パスをモデル化し、それらを非常に簡単に自動化できることです。

ライブデータとログ

ワークフローマネージャー では、 すべてのプロセス とデータをライブで 表示でき、プロセスごとに詳細なログが作成されます。つまり、たとえば、注文返品が現在どのプロセスのステータスにあるかを常に確認でき、エラーが発生した場合にはすぐに介入でき、誰でも簡単に対処できます。

個別のワークフロー

プロセスを自動化する際の最大限の柔軟性:すべてのワークフローはユーザーが定義し、完全にカスタマイズできます。これで、特定のビジネス プロセスを正確にマッピングできるようになります。

単純なタイプのプロセス自動化

プロセスの統合

プロセス統合はミドルウェアコンポーネントを表しています。エンタープライズ アプリケーション統合プラットフォームとして、サードパーティシステム間のデータ交換を容易にしてくれるはずでます。

すべての外部システム、コンポーネント、デバイスを接続しますが、すべての内部および外部のビジネス プロセス、ビジネス ルール、統合のワークフローを制御および監視されていることが大切です。

エンタープライズサービスバス

分散サービスと API は、プロセス統合モジュールを介して企業のアプリケーション環境に統合できる機能です。共通の通信バスとして機能し、異なるソフトウェアシステム間の脆弱なポイントツーポイント接続を置き換えていきます。

効率的なワークフロー管理

スムーズなプロセスで顧客に満足

デジタル化 の過程で、導入および監視が必要な新しいビジネスプロセスは常に出現しています。社内の多数の個別のプロセスを中央の場所に収集して マッピングすることが大切になってきています。
どれが欲しいかを決めるのはあなたです。ルールはワークフローを実行し、継続的にワークフローを最適化できることです。この方法で、監視とトラブルシューティングも効率的に行うことができます。すべてのビジネス分野におけるスムーズなプロセスは、最終的に注文や返品の迅速な処理につながり、顧客体験の向上につながります。

シンプルかつ柔軟動的なプロセスの自動化

プロセス、API、ソフトウェアのシームレスな統合とリンクは、企業のデジタル化に向けた重要なステップです。プロセス統合プラットフォームを使用することで、要件に応じて個別に設計できます。

俊敏性による効率性

ネットワーク化されたプロセスによるスムーズな顧客対応
顧客とのやり取りは迅速、プロフェッショナル、そしてスムーズでなければなりません。内部ビジネスプロセスは最適にネットワーク化および自動化され、機敏になるように設計される必要があります。

コンポーザブル なコマース環境を目指してください。

ユニファイドコマースとオムニチャネルの成長のポイントTips

DTC、ホールセール、マーケットプレイス(ファーストおよびサードパーティ)でオンライン市場に参入し、これらのプラットフォームで可能な限り多くの収益性を確保する前に、まず、ブランドに最適なオンラインコマース市場でを特定する必要があります.

各オンライン マーケットプレイス には、独自の要件、商品・製品カテゴリ、出品料、オーディエンスがあります。正しい決定を下していることを確認するためには、事前の調査が必要です。

マーケットプレイスの販売者のさまざまな戦略、商品にとって最も有望な戦略、およびスムーズな開始を確実にするために必要なことを理解する必要があります。

  • ソーシャル セリング
  • ソリューションの推奨事項
  • 必要なソーシャル統合を備えたプラットフォームを選択
  • 莫大な ROI をもたらすチャネルの有料メディアへの投資
  • マルチチャネルのフィード管理

などです。

e コマース商品フィードとは何ですか

まずは、最初から始めてみましょう。データフィードとは何ですか。
これは、通常、ウェブサイト、アプリケーション、およびその他のオンライン チャネルで使用される、構造化された最新の方法で情報を送信する方法です。データ フィードにはさまざまな種類がありますが、ここでは商品フィードまたは商品カタログとしても知られるものに焦点を当てます。

e コマースの商品フィードまたは商品カタログは、xml または csv 形式の構造化ファイルで、オンライン ショップ内の商品の全リストとその属性の詳細が含まれています。

商品フィードにはこのような詳細を含めることができます。

  • タイトル:商品名
  • 画像: 商品のメインビジュアル画像とそれを補完する追加画像
  • 説明:商品の説明詳細
  • 価格:商品の価格
  • 分類: 商品が属するカテゴリ
  • 在庫状況: 利用可能な在庫
  • ピクセル ID: 追跡目的とリマーケティング目標のため
  • その他の属性: サイズ、色、年齢、性別...そして、アトリビューション

このファイルには、キャンペーンのパフォーマンスに影響を与えるあるエラーが含まれていることがよくあります。チェックしてください。

商品フィードの目的は、Web サイトのカタログに何百もの商品がある場合に、情報の読み込みを容易にし、高速化することです。しかし、それはどのように機能するのでしょうか。デジタル コマースの便利なツールにするには、商品フィード データが常に更新されるように動的ファイルであることが不可欠です。

フィード管理とは

e コマースでのフィード管理は、カタログ内の商品のデータをさまざまな販売チャネルに対して監視、整理、および管理するプロセスです。つまり、マルチチャネルで商品データを配布および更新できます。

通常、これらの各チャネルには、商品フィードに情報を表示する方法に関する特定のルールと要件があります。
ここで、フィード管理がビジネスのすべてのフィードを一元化し、複数のチャネルに送信される情報を管理するという重要な役割を果たします。

フィード管理が重要な理由

商品フィード管理により、さまざまなチャネル間の情報を結び付け、これらのチャネルごとに商品リストを最適化し、それらを継続的な更新と同期させることができます。
フィード管理の 3 つの直接的なメリットです。

  1. すべての販売チャネルの商品情報を同時に監視、強化、更新します。
  2. 特定の戦略と、特定のプラットフォームまたは流通チャネルの固有の要件に合わせて調整された特定の商品フィードを作成します。
  3. 商品のパフォーマンスを管理し、特定の販売やキャンペーンを監視します。

効果的な商品フィード管理により、効果的なキャンペーンを実行し、潜在的な顧客にリーチし、キャンペーンの ROI を最大化することさえできます。

e コマースの商品フィードを最適化するための重要なポイント

広告を成功させるには、商品フィードを最大限に最適化するデータ管理システムが不可欠です。

商品フィードを最適化してキャンペーンの ROI を向上させる方法は多数あります。最適化の例をいくつか見てみましょう。

  • 商品フィードの構造を最適化する
  • 商品フィードのさまざまなフィールドを、各プラットフォームに必須の要件に一致させる
  • チャネルに追加情報を提供する新しい属性またはカスタム属性を追加する
  • 商品フィードのコンテンツを最適化する

この場合、フィードに表示される各商品の情報について話しています。
たとえば、タイトルがランディング ページに表示されるものと一致していることを確認します。

商品説明は、客観的で分かりやすいものでなければなりません。メイン画像では、商品がはっきりと見える必要があり、すべてのプラットフォームのガイドラインを尊重する互換性のある形式である必要があります。

フィード内の商品に優先順位を付ける

季節性、収益性 (小売データと DTC データなどの販売データに基づく)、およびプラットフォーム全体の ROI に基づいて、フィードから商品を追加、除外、または削除します。

商品フィードの管理と最適化は簡単な作業ではありません。それが、フィード管理ツールまたはプラットフォームが存在する理由です。

フィード管理ツールとは

カタログまたはフィード管理ツールを使用すると、商品フィードに情報を追加したり、商品情報を充実させたり、ルールのシステムに従ってコンテンツを簡単にフィルタリングしたりできます。

カタログ管理ツールを使用することの本質的なメリットは、正確な情報、更新された価格(ダイナミックプライシングなど)、在庫の変化など、 すべての販売チャネルで一貫した存在感を維持できることです。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
デジタルアセットのパフォーマンスを分析するときにコンバージョン指標のみに焦点を当てている場合は、おそらくお金を無駄にしていることになります。また、ユーザーや最適化の取り組みにも悪影響を及ぼします。 何の落ち度もないのですが、業界はコン...
続きを読んでみる
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
インスタグラムショッピングは、あなたのソーシャルメディア戦略にどのように位置づけられていますか。消費者が新しいブランドを閲覧したり、商品を探したりするためにInstagramに依存していることは周知の事実です。最近のデータによると、I...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースは、絶えず変化する消費者の要求を満たすことを目的としたブランドの成功に不可欠なものとなっています。 ユニファイドコマースプラットフォームが、ますます相互接続が進む小売環境において、ブランドが顧客満足度を高め、売上を...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー