富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは

AI AOV B2B B2B2C B2Bコマース CLV DNVB DTC EC EC物流 ERP eコマース Eコマースプラットフォーム LTV OMO UI・UX オムニチャネル オムニチャネルコマース チェックアウト フロー モバイル モバイルアプリ モバイルコマース
コンバージョン率の高い モバイル チェックアウトとは

モバイル チェックアウトでのコンバージョン率が低い一般的な理由は、

  • 安全なチェックアウトプロセスの欠如
  • 商品の詳細がわかりにくい
  • わかりづらい、難しいナビゲーション
  • 商品/価格などを比較するオプションがない
  • 顧客情報の更新が大変

買い物客がリアル店舗を訪れる前にモバイル経由で商品レビューを閲覧したり価格を比較したりすること(Research Online Purchase Offline:ROPO) を好んでいることを考えるとあることにきづきます。
これは、ユニファイドコマース、オムニチャネル ビジネスにとって重要なことであるかもしれません。

モバイルチェックアウトの最適化は顧客のニーズです

このコラムでは、モバイル e コマースのコンバージョンを促進するための、スマートなモバイル チェックアウトについて考えてみます。

アジェンダ

  1. - 素晴らしいモバイル チェックアウト
  2. - モバイル チェックアウトの最適化とは
  3. - モバイル買い物客がショッピング カートを放棄する原因とは
  4. - モバイル チェックアウト ページを最適化するには

素晴らしいモバイル チェックアウトの例

1. Sephora は安全なチェックアウト オプションを提供しています

Sephora

トラストバッチ。

ウェブサイト全体が安全であることを確認し、それを証明する信頼バッジを周囲に配置することで、ストアの信頼を築きましょう。

  • まず、顧客がアドレス バーをタップしたときに、「安全」というメッセージを表示します。
  • HTTPS を使用するのは当然なことです。
  • チェックアウト ページで、支払い処理業者の信頼できるサードパーティのセキュリティバッジを使用することもできます。
  • e コマース ストアでカードの詳細を入力することに懐疑的な顧客のために、ゲスト チェックアウト オプションを活用します。
  • PayPal、Amazon Pay、などの代替チェックアウト オプションは、セキュリティを非常に重視する顧客を安心させます。

Sephora がゲスト チェックアウト オプションとして PayPal ボタンをどのように使用しているかを確認してみてください。
Sephora は顧客に安心感を高めるための代替支払いの選択肢を提示しています。

アカウントの作成に興味がある顧客は、実際のチェックアウト ボタンを選択することができます。

2. Glossier はエクスプレス チェックアウト オプションをフローの最初に配置しています

Glossier

e コマース企業は当然、チェックアウト ページの関連フォームを通じて顧客情報を引き出したいと考えます。

ただし、モバイル チェックアウトの最適化に関しては、支払いのしやすさに重点を置く必要があります。
情報フローの開始時にエクスプレス チェックアウト オプションを事前に導入することで、この課題に対処できます。

Glossier は、エクスプレス チェックアウト オプションを表示した後に情報フィールドを導入します。
Glossier はエクスプレス チェックアウト オプションを優先することでチェックアウトを容易にしています。

3. Boden は散らかったものを取り除き、きれいにしてます

Boden

チェックアウト ページは、顧客にチェックアウトを促すことを目的としています。

顧客が登録ポップアップやソーシャル メディアリンクなどの障害や気が散る障害に遭遇すると、迅速なチェックアウトができなくなります。
モバイル購入ページのスペースは限られているため、不要なものは削除してください。

顧客を説得するには、配送、返品ポリシー、配送の詳細を明確にします。

Boden は、顧客が商品をカートに追加し、詳細情報を追加して支払うだけで済む、シンプルな 3 ステップのチェックアウト プロセスを提供します。

4. フォームを短くし、進行状況を表示します

モバイルでのフォームへの入力デザインやUIは、顧客が期待しているものではありません。

ここで、モバイル デザインの進行状況インジケーターがコンバージョンを倍増するのに役立ちます。
これは、完了する必要があるプロセスを見積もるのに役立つ地図と考えてください。

モバイル チェックアウト ページで進行状況インジケーターを使用する場合は、それが画面の上部に表示され、固定されていることがポイントです。
そうすれば、どこまでスクロールしても、いつでも見ることができます。

また、デスクトップのブレッドクラムとは異なり、手順を短くする必要があります。
できればフォーム疲労や購入手続き放棄の割合を減らすために、3 ~ 4 つのステップを実行します。

進行状況インジケータをチェックしてください:

チェックアウト フローで進行状況インジケーターを使用します。

5. eBay はページの読み込みが速いことを保証しています

モバイル向けに最適化する場合、モバイル ユーザーはデスクトップ ユーザーに比べてせっかちであるため、理想的な読み込み時間は 3 秒未満です。

したがって、デスクトップ ユーザーは 5 秒待つことができますが、モバイルユーザーは 3 秒でタイムアウトすることになります。
そして、チェックアウトの段階では、すべての顧客にとって重要な体験要素です。

これは Deloitte の調査からも理解できます。モバイル ユーザーが離脱する最も重要な理由は読み込み時間であることが判明しました。

実際、顧客の 10% は、読み込みが遅いという理由だけで購入できません。

このレポートでは、eBay がどのようにして追加料金の 0.5% 増加を達成できたかについても紹介しています。ロード時間を 0.1 秒短縮することで、カートへのカウントが増加します。

6. Shopify は自動入力で顧客のチェックアウト完了を促します

住所自動入力機能が実装化!お買い物がよりスムーズに

平均的なモバイル ユーザーは毎日オンライン フォームにアクセスするため、同じ詳細を繰り返し入力するのは非常に疲れています。

フォーム疲労は、e コマース ストアで深刻なチェックアウト放棄につながる可能性があります。
ありがたいことに、Safari や Chrome などのブラウザは、時間と労力を軽減するために、姓、名、Eメールなどの特定のフォームでのオートコンプリートをサポートしています。
自動入力設定をオンにすると、顧客はワンタップで配送の詳細をすばやく入力できます。

また、請求先情報と同じ配送先住所を使用するかどうかを顧客に尋ねるオプションを導入することもできます。

Shopify のチェックアウト ページで、メール アドレスを手動で入力する場合と比較して、自動入力によってどれだけ時間が節約されるかを確認してください。

7. ヴィクトリアズ・シークレットでは、チェックアウトページに注文編集用のスペースを確保しています

Victoria's Secret

注文数の変更やカート内の商品の色の変更など、顧客はチェックアウト ページで直前に変更を加えたい場合があります。

そこで、その場で注文を編集できるオプションを提供します。
このわずかな調整により、カート放棄を減らし、顧客の注文額を増やすこともできます。

ヴィクトリアズ シークレットが注文の詳細を変更したい顧客に対してどのように編集画面を表示するかをご覧ください。
顧客がモバイルチェックアウトで注文を編集できるようになっています。

8. Target は顧客に正確な送料を示しています

送料、税金、その他の配送料を表示することは不可欠ですが、特定の通貨と別の通貨で表示されると、顧客はそれらの料金が高いと感じる可能性があります。

顧客の購買力は所在地に関係しているということです。
そのため、配送料を決定するには顧客の所在地を使用する方が良いことになります。

顧客の位置情報を使用する必要があるもう 1 つの理由は、配達予定の管理に役立つことです。
適切なデータがあれば、顧客に到達するまでにどれくらい時間がかかるかを示すこと(ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる)ができます。

近くの店舗での受け取りオプション:BOPIS:オンラインで購入し、店舗で受け取る方法を提供することもできます。

位置情報を使用して顧客に正確な配送料を表示します。

9. Apothecary 87 では配送オプションを簡単に選択できます

Apothecary 87

顧客は、カートに追加し、商品でライフスタイルが豊かになると確信しているため、残りのチェックアウト プロセスを最後までやり遂げてくれます。

これは、モバイル チェックアウトでのBOPISなどの配送情報が不明瞭な場合、即座に無効になることがあることを意味しています。
BOPISなどの配送オプションの選択が簡単になり、顧客はより迅速なチェックアウト プロセスを体験できるようになります。

グルーミング ブランド Apothecary 87 がモバイル ユーザーによる配送オプションへのアクセスが非常に快適にする方法を紹介します。
実際、ユーザーが選択したオプションに応じて、情報のレイアウトが変更され、次のステップについての情報が提供されます。

購入者はモバイル チェックアウト時に配送オプションを簡単に選択できます。

10. ナイキはダイナミック キーボードを使用して顧客のチェックアウトを迅速化します。

デバイスのサイズはさまざまで、一部のモバイル画面は十分な幅がありますが、ある画面でフォームに入力するとエラーが発生しやすくなります。

これは特に、一部のデバイスでは、数字、アルファベット、特殊文字のキーボードを切り替える必要があるためです。

ただし、キーボードの交換にかかる労力を減らすことで、モバイル ショッピングを検討しているユーザーの 39% を最適化することができます。

チェックアウトフィールドのニーズに応じて変化する動的キーボードを導入することで、モバイルコンバージョンを倍増できます。
したがって、顧客に電話番号を入力してもらう必要がある場合、または数字フィールドを使用してもらう必要がある場合は、数字キーボードのみを表示して動的にします。これは文字や特殊文字に対しても行うことができます。

ここではNike がEメール フィールドと電話番号フィールドの間で変化するダイナミック キーボードを使用している方法を確認してください。

11. 注文確認ページに事前にコストの内訳を表示

追加料金が少し高いと感じませんか。それともチェックアウトまでそのままにしておきたいですか。これはあなたの e コマース ストアに良い影響を与えるどころか損害を与えていることになります。

送料やその他の費用は、チェックアウト ページのスクロールしなければ見えない部分ではなく、注文確認ページで明確に伝えます。こうすることで、顧客が最後まで進んで、予定していなかった追加料金が発生したことに気づいたときに裏切られたと感じることがなくなります。

追加費用が商品詳細ページまたは注文ページに表示されていても、スクロールしないと見えない部分にある場合、顧客がそれを見逃す可能性があります。これは、モバイルではページの最後までスクロールできない可能性があるためです。したがって、誤った印象を避けるために、追加料金をより目立つ場所に移動してください。

注文ページで合計コストを内訳します。実際の注文ページに進む前に、注文確認ページで小計、配送料、推定税、その他の追加費用を明確に表示している様子をご覧ください。

12. Amazon は片手で操作できるユーザーエクスペリエンスを最適化します

親指はおそらくモバイル ユーザー エクスペリエンスにとって最も重要です。

調査によると、携帯電話を両手で握ると、画面の隅々まで届きやすくなります。
ただし、ほとんどのモバイル ユーザーは片手で操作するため、実際にアクセスできるのは画面の中央領域のみです。

これを念頭に置いて、CTA を画面の下部セクションにアクセスしやすい位置に配置して、親指向けに画面を最適化します。
画面の他の領域には、任意の本文テキスト コンテンツを配置できます。上部画面の領域はアクセスしにくい領域です。そのため、CTA が画面の中央と下部に配置されていることがわかります。

13. Casper は全幅 CTA を使用しています

Casper

デスクトップでは、画面がクリックできるほど大きいため、CTA は通常 1 行全体を占有しません。

ただし、モバイル チェックアウト用に最適化する場合は、人間の親指のサイズとページとのインタラクションを考慮する必要があります。
調査によると、モバイル バージョンの CTA を少なくとも 44 ピクセルにすることで、顧客エンゲージメントが向上することがわかっています。

そのため、チェックアウト ページでコンバージョンを実現するには、主要なCTA ボタンが全幅であることを確認してください。これは、行スペース全体を覆う必要があることを意味します。
ワイド CTA はより太字で視認性が高く、クリックしやすくなっています。

チェックアウト ページでは、CTA は、以下の Casper の例と同様に、太字、青、全幅で表示されます。

14. Apple、フォームをユーザーアクティビティと互換性のあるものに

モバイル デバイス、特に iOS デバイスには、購入者を混乱させる可能性のある欠陥のある UX 機能が搭載されていることがあります。

フォームに記入しようとしてフォームフィールドをタップすると、自動的にズームインされます。
これは画面のかなりの領域を占める可能性があり、顧客はこの問題に対処する必要がないように、そのタブをズームアウトしたり完全に閉じたりしようとすることになります。

フィールド入力ズームを最適化する鍵は、フォームのフォント サイズが常に 16 ピクセルを超えるようにすることです。

15. ドロップダウン形式で FAQ を作成します

チェックアウト ページでは、リンクではなくドロップダウン アコーディオンを使用します。

チェックアウト ページに気が散る要素が多すぎると、顧客がモバイル取引で問題を経験する可能性があります。
躊躇する訪問者が多数いる場合、すべてのリンクを閲覧したいと考えるかもしれませんが、これには非常に時間がかかる可能性があります。

チェックアウトページのリンクを減らす
気を散らすものを減らす 良い方法は、チェックアウト ページにあるリンクの数を削除することです (目的はリンクをページ上に残しておくことなので)。

代わりに、ドロップダウンを使用してチェックアウト ページで詳細を直接表示してもらいます。
ドロップダウン アコーディオンを使用すると、詳細に興味のない顧客も、コンテンツを表示しないことを選択できる折りたたみ可能なビューを利用できます。

ページを整理しておくのに役立ちます。

16. カードを保存するオプションを許可します

多くの顧客は閲覧中にカードを持ち歩くことはほとんどないため、後で戻ってきて購入するためにカートに追加します。

e コマース ストアにカード情報を保存するオプションを提供することです。
このようにして、再訪した顧客は、保存したカードを簡単に使用して、その場で取引を完了できます。

次回あなたと買い物をしたい場合は、この操作を再度繰り返す必要がないことを伝えます。

ただし、カードのデータのセキュリティは難しい場合があるため、カードの詳細を保存する前に必ず問い合わせてください。また、サイト監査を実施して、保存されたカードが保護されていることを完全に確認します。なぜなら、データ侵害は顧客の獲得、さらには維持を確実に失うからです。

顧客が保存したカードを使用してより迅速にチェックアウトできるオプションが含まれています。カードを保存するオプションを提供することで、再顧客を容易にします。

17. ASOS はクロスデバイス チェックアウトを提供します

顧客は、購入を完了する前にデバイスを切り替えます。
最終的にモバイル デバイスでチェックアウトすることを選択する前に、デスクトップまたはタブレットから閲覧していた可能性があります。

e コマース ストアでのユーザーのショッピング行動を追跡し、行動のやり取りを理解します。
こうすることで、複数のチャネルにわたって同じプロモーション資料を顧客にスパム送信することを回避できます。

次に、リピート顧客にサインイン オプションを提供するか、以前に保存したアイテムにアクセスできるカートに保存できるようにします。

ASOS がウィッシュリストを使用してユーザーにログインを促し、保存されているすべてのアイテムを同期できるようにする方法をご覧ください。

ASOS ではデバイス間の同期が可能で、チェックアウトが簡単になります。

18. Snug では、複数ページのチェックアウトのすべてのページにわかりやすい手順が記載されています

Snug

騒がしく気が散るチェックアウト ページは苦痛であり、モバイル ユーザーにとってはなおさらです。
スクロールしている間、顧客は購入をより早く完了するために次に何をすべきかを思い出してもらいたいだけです。

これを可能にするために、複数のページにわたる手順を鮮明で理解しやすく、チェックアウトの進行状況を追跡するブレッドクラムでサポートされている限り、常に 1 ページのチェックアウトが必要というわけではありません。

「注文概要を表示」と「注文概要を非表示」にすることで、購入者が一度にすべての情報を瞬時に把握できるようになっていることに注目してください。また、このブランドは、顧客が概要の表示を選択した場合のメリットを強調することにも重点を置いています。

モバイル チェックアウト中に顧客が次のステップに進むための明確な指示を提供します。

19. Maplin はクリック数を削減します

顧客は、より簡単かつ迅速なチェックアウト体験を求めてモバイル ショッピングに頼っています。

デスクトップよりもモバイルで外出先で購入する方が簡単です。
顧客は、すでに欲しい商品をチェックアウトしているか、モバイルで商品の比較を行っている可能性があります。
簡単に言うと、モバイル顧客はファネルの購入段階にいる可能性が高くなります。
購入手続きに遅延や障害を引き起こすことは望ましくありません。
クリック数を減らすことは、その方向への一歩となる可能性があります。

カテゴリ ページに直接 [バスケットに追加] オプションを追加することで実現します。

20. モバイル UI を使用してスムーズなチェックアウトを提供します

チェックアウトのプロセスは、デスクトップとモバイルでは大きく異なります。

したがって、デスクトップ チェックアウトでは機能する要素が、モバイル チェックアウトではそれほど効果的ではない可能性があります。
アイデアとしては、まずモバイル顧客のチェックアウト エクスペリエンスを考えて優先順位を付けることです。モバイル ユーザーは主に、入力ではなくタッチでタスクを実行することを好みます。
この違いを念頭に置き、それに応じてモバイル チェックアウト ページのフローを設計しています。

モバイル UI を最適化し、モバイル デバイスを通じてチェックアウトしているユーザーに利益をもたらします
デスクトップ UI ではチケットの予約にドロップダウン オプションを使用しますが、モバイルでは入力オプションとともにセレクター オプションに移行します。

これは、デバイスに合わせてチェックアウト UI を切り替え、チェックアウト コンバージョン率を向上させる方法を示しています。

21. ホーム・デポは位置情報を利用して配達を迅速化しています

モバイル デバイスには、デスクトップと比較していくつかのメリットがあります。

いくつかの機能をモバイル UI と統合して、充実したチェックアウト体験を実現できます。
たとえば、モバイルでチェックアウトする場合、配送先住所を自動追加する機能を使用すると、プロセスの煩雑さを軽減できます。

モバイル チェックアウトにおける位置情報の仕組み

Google では、簡単なコードを追加することで、物理的な位置に関連付けられた GPS 情報をチェックアウト プロセスと連携させることができます。

ブランドはすでにこれを使用して成功しており、顧客がこれを大きな付加価値であると考えています。
この機能を顧客にも提供しており、位置を自動識別して最寄りの店舗に接続して配送します。

地理位置情報を利用して顧客を最寄りの店舗に接続して、モバイル チェックアウト時の配達などを迅速化しています。

22. ノードストロームは後で購入するオプションを提供しています

小売業者を悩ませるチェックアウト フローの一般的な問題は、カート放棄です。

理想的には、顧客が商品を選んで袋に詰め、すぐに支払いをして店から出てもらいたいと考えています。

ただし、現実の世界では、常にそうとは限りません。
買い物客は、自分だけの時間をかけて商品を見てレビューし、後日一部の商品を購入することを好みます。
そのため、「後で保存」オプションが非常に重要です。
この小さなボタンにより、顧客はブックマークして後で購入できるようになります。

顧客が忘れていたとしても、メール ナッジを送信して、購入に向けて誘導することができます。

Nordstrom は、チェックアウト ページに [後で保存] オプションを追加することで、これをうまく実現しています。

モバイル チェックアウト中に後で保存するオプションを強調表示します。

23. 追加費用に関する情報を簡単に閲覧できるようにします

モバイル チェックアウトの最適化に関しては、注文概要を詳細かつ読みやすく、スクロール数を制限することが不可欠です。

ただし、商品価格とそれに伴う配送料を明確に説明することは重要ですが、追加の税金についても明記する必要があります。
これは、国境を越えた、または国際Eコマースに取り組むブランドに特に関係します。

税金には立法的な側面があり、チェックアウトの段階でなぜ高額になったのかを説明せずに、はるかに高い料金を挙げてモバイル顧客を怖がらせることは望ましくありません。

(「税金」リンクをクリックすると開くポップアップ ボックスを通じてモバイル ユーザーにこの情報を提供すること大切です。)

24. クーポンが簡単に適用できるようにする

顧客はクーポンを見つけたらすぐに利用したいと考えています。

顧客が詳細情報を追加し始める前であっても、チェックアウト ページにクーポンが表示されるようにするのが最善です。購買意欲も高まります。
最終的な金額に反映されるように、同じページで合計が更新されるようにしてください。
約 25% の人がクーポンを探すためにチェックアウトプロセスを放棄します。

また、バナーが見えないため、顧客はクーポンを広告だと考えて無視する可能性があります。

クーポン セクションを強調表示する理想的な方法は、空のフィールドを表示し、その横に「適用」という CTA を表示することです。これはサイドバーに配置するのが最適です。

どのようにThe Children's Place がチェックアウト プロセスの一部としてクーポンを保持し、その場で適用できるようにしているかをご覧ください。

モバイル チェックアウト中に該当するクーポンや割引が強調表示されます。

25. Bonobos は 10% ~ 50% の価格範囲内でクロスセルを行います (初回注文割引を適用します)。

私たちは、モバイル向けのインテリジェントなクロスセル(商品を便利に配置し、即座に追加できる)が祝福となり得ることに同意します。

特にチェックアウトページでは、顧客の平均注文金額 (AOV) が増加する可能性が高まります。
ただし、顧客が購入できる価格の 10% ~ 50% の範囲を超えてクロスセルしないように注意してください。

モバイルでは、これにより付加価値が得られずに不必要なスペースが占有されるだけでなく、顧客が購入全体を遠ざける可能性もあります。

既存の顧客行動データを活用することで、チェックアウトのクロスセル価格を効果的に固定できます。これにより、顧客の購入履歴、どの価格帯を検討したか、何を購入したかなどがわかります。

Bonobos は 10% ~ 50% の価格帯ルールに従います。
魅力的なものにするために、初回注文割引のポップアップが最初に表示され、顧客の注意を引いた後、下に隠れます。

顧客の希望する価格帯内でクロスセルを推奨します。

モバイルチェックアウト最適化とは

モバイル チェックアウトの最適化とは何ですか。
モバイル チェックアウトの最適化は、買い物客のモバイルでの購入後の購入とチェックアウトのエクスペリエンスを容易にするプロセスです。

モバイル向けにチェックアウト フローを最適化すると、基本的に、個人情報を入力して支払いを行うプロセスがより直感的になります。
これが重要なのは、実際、モバイル ユーザーが着実に増加しているためです。

モバイルで買い物をする人がショッピング カートを放棄する原因とは

モバイル買い物客がショッピング カートを放棄する理由はさまざまですが、主な理由は次のとおりです。

1. 予期せぬ送料がかかる

調査によると、オンライン買い物客の 61% は、予想外に高い送料が発生した場合にカートを放棄します。

これはモバイル ユーザーにとっても例外ではありません。
考えてみると、ほとんどの人 (約 90%) は、送料無料が提供されていれば喜んで購入するでしょう。つまり、逆に追加料金を支払わなければならないことがわかり、ある時点でコストが上昇すると、カートを放棄するのは当然の結果になります。

2. ユーザーアカウントを作成する必要がある

モバイルショッピング利用者が急いで支払いをして手続きを終わらせようとしているときに、アカウント作成を義務付けている企業もある。

通常はスムーズで迅速なプロセスが台無しになり、モバイル買い物客はまだ共有したくない情報を共有せざるを得なくなる可能性があります。

3. 支払いのセキュリティに関する懸念

2 人に 1 人のインターネット ユーザーがオンラインでの侵害に直面しなければならなかったということを考えると、モバイル ショッピング利用者が警戒するのは当然です。

支払い方法の種類
支払い方法が信頼できないとわかると、すぐに飛び降りることを決意する可能性があります。また、信頼バッジやセキュリティ シールがないため、インターフェイスが信頼できないように見える場合にも、この問題が発生する可能性があります。

4. 商品リサーチ・研究の必要性

買い物客の 78% は、店舗ではなくオンラインで買い物をしているときに商品リサーチを行っていることはあたり前です。これは明らかに、買い物客がモバイルで購入しようとしているときに置かれている精神的な余裕を物語っています。消費者は常により良い取引を探しているのです。

そのため、特定の店舗でモバイル チェックアウトに到達したとしても、ショッピング カートを放棄して、他の店舗の選択肢を調べたいと思うかもしれません。

モバイル チェックアウト ページを最適化するには

顧客はブランドとのやり取りの中で、さまざまな感情を経験します。

調査によると、顧客は前向きな気持ちで購入体験を始めますが、チェックアウト段階に到達するまでに不満を感じることがよくあります。そして去ります。

e コマース ブランドが購入プロセスの各段階で適切な顧客の感情に訴えかけることができれば、チェックアウト率が大幅に向上します。

ここでは、コンバージョンを促進するためにモバイル チェックアウト ページの最適化戦略に組み込む必要がある 8 つの重要な感情を紹介します。

1. 快適さ

ユニファイドコマース・オムニチャネルストアにとって、顧客に安心感を与え、サイトを親しみのあるものに見せることは非常に重要です。これを確実にするには、モバイル チェックアウト ページを最適化するときに、シームレスで使い慣れたエクスペリエンスを作成する必要があります。

さらに、顧客が快適にチェックアウトできるようにしたいと考えています。これにより、リピート購入と顧客のロイヤルティが高まります。

顧客がチェックアウト時に快適に過ごせるようにする方法:

  • 非常にモバイルフレンドリーな、適応性のあるストアデザインを採用する
  • プログレスバーと単一ページのチェックアウトプロセスを使用する
  • 使い慣れたアイコンと CTA ボタンを使用する
  • 人気のテンプレートに基づいてストア ナビゲーションを設定する

シンプルで直感的なチェックアウト プロセスの好例は、右側に進行状況バーを備えた単一画面のチェックアウトを使用することです。

2. 簡単・シンプル

カート放棄に対処する = 買い物客が当初期待していたものを提供します。モバイル チェックアウト ページを最適化するには、顧客を認識することが重要です。技術的な習熟度やナビゲーションの難しさに関する懸念。

プロセスを簡素化し、技術的な複雑さを最小限に抑え、手順を合理化することは、顧客が興味を失って別の場所に代替手段を求めることを防ぐための重要なステップです。

顧客が簡単にチェックアウトできるようにする方法:

  • チェックアウトプロセスのフィールドとフォームの数を減らす
  • 可能な限りフォームで自動入力を使用する
  • 割引コードとクーポンの自動適用を有効にする

サイトのデザインとコピーに関しては、視覚的に気を散らすものは最小限に抑えてください。
納期や製品の特徴などの重要な情報について、明確かつ率直に伝えることです。

簡単なゲストチェックアウトプロセスにより、再訪問者は直接ログインして、以前の購入からの情報を自動入力できます。
新規ユーザーには、将来のチェックアウトを迅速化するためにアカウントを作成するオプションがあります。

3. セキュリティ

支払いのセキュリティとデータのプライバシーを強化して、一流のモバイル チェックアウトを保証します。非常に多くの場合、最終段階での顧客放棄は、これまでの悪い経験やオンライン買い物客が騙されたという話によって恐怖から発生することです。

顧客に安全なチェックアウトプロセスを提供する方法:

  • 常に複数の支払いオプションを顧客に提示する
    ゲスト チェックアウトオプションを許可することで、顧客が希望しない限り個人データを共有する必要がなくなります
  • 信頼醸成メカニズムとしてレビューと評価を通じて社会的証明を提供する
  • 証明書、賞状、バッジを使用する
    多くの店舗では、配送の詳細を尋ねる前に、請求先情報を尋ねます。これは、ブランドがお金のことだけを気にしているという誤ったメッセージを送ってしまいます。

Warby Parker のような店はこれを正しく行っています。

顧客が請求の詳細を尋ねる前に、いつ、どこで注文を受け取るかを顧客に知らせてくれます。

4. 落ち着いた・静けさのUI

時には、ほんの些細なことが顧客を不快にさせることがあります。

ユーザーがモバイル ページでチェックアウトするときに同じように見えるようにすることが非常に重要です。
支払いの際に、カートの価格を大幅に高くするなど、突然内容を変更しないようにしてください。
それは人々を怖がらせたり、罪悪感を与えたりして、すべてを置き去りにしてしまいます。

顧客に落ち着いたチェックアウト体験を提供する方法:

  • 商品が追加されるとカートの値をリアルタイムで更新します
  • 最後に隠れたコストや予期せぬコストが追加されないようにします
  • 完全なコストの透明性を確保し、最初から詳細な内訳を表示します
  • 顧客がチェックアウト時に商品を差し引いたり、分割払いなどの代替金融オプションを提供できるようにします

商品ページとチェックアウトページのデザインが異なると、顧客が不安になる可能性があります

5. 信頼・安心

モバイル購入手続きページを最適化する場合、顧客に安心感を与えることが非常に重要です。これを実現するには、製品、支払い、データについて多くの安心感を与えることで実現できます。

優れた方法の 1 つは、信頼できるソースから取得したバッジと証明書を追加することです。これらのことは、人々があなたのストアを信頼するのに非常に役立ちます。

顧客が質問がある場合に店舗の担当者とリアルタイムでチャットできるのも素晴らしいことだと忘れないでください。

顧客が信頼できるチェックアウト プロセスを構築する方法:

  • 安全性と真正性を証明するシールや証明書を表示する
  • ページ速度を向上させ、エラーなく表示する
  • 顧客向けのライブチャットサポートオプションを組み込む
  • 「どのようにお手伝いできますか?」などの前向きなエンゲージメント メッセージを使用します。
  • 顧客に遅延および計画的な支払いオプションを提供します。
  • 顧客や専門家からのレビューや感想を表示します

6. 喜び・ドーパミン

研究によると、顧客が購入ボタンを押す前でも脳内でドーパミンが放出されることがわかっています。これは、顧客にとって購入プロセス自体が非常に楽しく、やりがいのあるものになる可能性があることを意味します。このドーパミンのヒットを促進する良い方法は、チェックアウト段階にインセンティブと報酬をロードすることです。

チェックアウトプロセスを通じて喜びを引き出す方法:

  • 割引やオファーなどの購入インセンティブを提供する
  • 送料無料や返品・交換保証などの利便性を提供する
  • 購入時にサプライズやミステリーギフトを提供して期待感を高めます
  • 迅速な配送を有効にして待ち時間を短縮する
  • 開封体験(開梱):Unboxingビデオを紹介して、顧客に何が期待できるかを体験してもらいます

Sephora では、注文ごとに 2 つの無料サンプルを提供しており、顧客は希望するものを選択できます。 これは通常の割引やクーポンをはるかに上回るものであり、顧客の喜びの好例です。

7. 満足

モバイル チェックアウトを強化するときは、顧客が何かを購入した後にどのように感じるかを考えてください。場合によっては、特に支払い後はがっかりするかもしれません。彼らは長い間不幸になる可能性があります。

それで、何が役立つでしょうか。購入確認を送信し、Eメールで感謝を伝え、フィードバックを求めて連絡を取り合います。これらの手順により、顧客はチェックアウト後に満足することができます。

チェックアウト時に顧客満足度を達成する方法:

クリニークによる購入後のコミュニケーションとしては、顧客のシェービング クリームがいつなくなるかを予測し、それをユーモアのある方法で伝えます。また、顧客に自分用に追加のユニットを購入するよう促し、アップセルを行おうとしています。

8. 励まし

オンライン ストアには、本格的な買い物客か、商品を比較したりしたいと考えている買い物客が集まります。後者は購入に熱心ではなく、購入手続きに向けて一連の感情的な押し込みを必要とします。

これらは、金銭的なインセンティブまたはプロセスベースの便宜である可能性があります。どちらも、アイドル状態のブラウザを有料顧客に変える感情的なペイロードを提供します。

顧客にチェックアウトを促す方法:

  • 進行状況インジケーターと自動入力を追加してチェックアウト エクスペリエンスを改善する
  • 期間または数量を限定したプロモーションを使用して FOMO と緊急性を伝える
  • アップセル戦略とクロスセル戦略を使用して、ROI と注文あたりの価値を向上
  • モバイル買い物客のシングルクリック購入を可能にし、Web サイト顧客のカート詳細の保存を可能にする
  • カスタマージャーニーの早い段階で購入を押しすぎたり、フォローアップを送りすぎたりしないようにしてください。

感情的なナッジの完璧な例は、招待システムを使用したときです。
顧客ロイヤルティ プログラムや、リファラル招待状を持っている場合にのみ、ストアからのみ購入できます。招待されたときの喜びは非常に大きく、顧客ベース全体が特別な気分になりました。

まとめ

これらの主要な感情をモバイル チェックアウト ページに合わせて組み込むことで、顧客の共感を呼ぶ調和のとれたシームレスなショッピング ジャーニーを作成できます。設定を変更し、チェックアウトのコンバージョン率を向上させます。

複数ステップのチェックアウトと単一ページのチェックアウト、あなたの e コマース ストアにはどちらが適していますか。

e コマース サイトを訪れた訪問者の 98% は何も買わずに終了します。理由: ユーザー エクスペリエンスの問題により、訪問者にコンフリクトが生じています。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
デジタルアセットのパフォーマンスを分析するときにコンバージョン指標のみに焦点を当てている場合は、おそらくお金を無駄にしていることになります。また、ユーザーや最適化の取り組みにも悪影響を及ぼします。 何の落ち度もないのですが、業界はコン...
続きを読んでみる
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
インスタグラムショッピングは、あなたのソーシャルメディア戦略にどのように位置づけられていますか。消費者が新しいブランドを閲覧したり、商品を探したりするためにInstagramに依存していることは周知の事実です。最近のデータによると、I...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースは、絶えず変化する消費者の要求を満たすことを目的としたブランドの成功に不可欠なものとなっています。 ユニファイドコマースプラットフォームが、ますます相互接続が進む小売環境において、ブランドが顧客満足度を高め、売上を...
続きを読んでみる
Facebook ショップ: 概要とソーシャル セールスをさらに促進するポイント
Facebook ショップ: 概要とソーシャル セールスをさらに促進するポイント
ソーシャルコマースとFacebook広告による販売の人気は十分に文書化されています。また、Shopsのプロダクトプラットフォームの導入により、Facebookは大小のブランドの、フォロワーに商品をより早く届ける機会を提供しています。多...
続きを読んでみる
動画コンテンツのアイデア ユニファイドコマースとオムニチャネルコマースでの活用
動画コンテンツのアイデア ユニファイドコマースとオムニチャネルコマースでの活用
コンテンツには大きく分けて、トレンドとエバーグリーンの2種類があります。 トレンドはまさにそれ - 今ホットなものです。 エバーグリーンコンテンツは常に関連性があるものです。 どちらも強力なコンテンツタイプであり、それらを一緒に使...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー