富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Agile CMS アジャイルCMS 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために

AI AOV APIファースト B2B2C B2Bコマース CMS CXM EC EC物流 eコマース Eコマースプラットフォーム MA ML・機械学習 OMO オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント ヘッドレス ヘッドレスCMS ヘッドレスコマース


アジャイルCMSとは何ですか

アジャイル CMS は、企業がデジタル コンテンツを効率的に作成、管理、配信できるようにするコンテンツ管理システムです。
アジャイル CMS は通常、クラウドベースであり、高度な柔軟性とカスタマイズを提供します。そのため、デジタル コンテンツを迅速に作成して展開する必要があるコマース企業に最適です。

アジャイル CMS はモジュール型のアプローチを使用することが多く、小売・製造業企業は必要に応じて機能を迅速に追加または削除できます。これは従来のモノリシック CMS よりもはるかに柔軟になります。また、アジャイル CMS は従来の CMS よりもはるかに使いやすい傾向にあるため、専任の IT スタッフがいない企業にとって理想的です。

アジャイル CMS を使用することには多くの利点があります。

おそらく最も重要な利点は、D2C・コマース企業がコンテンツの作成と配信をより機敏に行えるようになるということです。アジャイル CMS は、カスタマイズの必要性が少なく、通常はサブスクリプション サービスとして提供されるため、従来の CMS よりもコスト効率が高い傾向があります。

アジャイルコンテンツ管理システムはどのように機能しますか

  1. アジャイルなコンテンツ管理システムは、複数のチャネルにわたって迅速に公開できるデジタル エクスペリエンスを作成する際に効率的に共同作業するために必要なツールをチームに提供することで機能します。
    ユーザーはドラッグ アンド ドロップ エディターや WYSIWYG エディターなどのさまざまなツールを使用して、新しいコンテンツを簡単に作成したり、既存のコンテンツを編集したりできます。
  2. さらに、ユーザーは画像やビデオなどのメディア資産を 1 つの中央の場所で管理できると同時に、特定の情報や資産に誰がアクセスできるかを決定できるアクセス制御オプションも提供されます。
  3. 最後に、ユーザーに分析とレポート機能を提供するため、ユーザーは長期にわたってパフォーマンス指標を追跡し、それに応じてデジタル エクスペリエンスについて情報に基づいた意思決定を行うことができます。

アジャイルコンテンツ手法とは何ですか

アジャイル コンテンツ手法は、変化に柔軟に対応できるコンテンツを作成および管理するプロセスです。

アジャイル コンテンツ手法は、Web サイトのコンテンツ、ブログ投稿、記事、ホワイト ペーパー、書籍など、あらゆる種類のコンテンツの作成に使用できます。アジャイル コンテンツ手法は、次の 4 つの主要な原則に基づいています。

  1. 反復開発:
    アジャイル コンテンツ方法論は反復プロセスです。これは、コンテンツが小さな部分、または反復で作成され、その後、顧客または他の関係者からのフィードバックに基づいて修正および改善されることを意味します。
  2. 顧客のコラボレーション:
    アジャイル コンテンツ手法では、顧客またはその他の関係者がコンテンツ作成プロセスに最初から最後まで関与します。これにより、最終製品・商品が使用者のニーズを満たすことが保証されます。
  3. 柔軟性と応答性:
    アジャイル コンテンツ手法は柔軟で、変化に応答します。コンテンツは細かく分割して作成されるため、新しい情報やフィードバックが生じた場合に簡単に修正できます。
  4. 量より質:
    アジャイル コンテンツ手法は、量ではなく高品質のコンテンツを作成することに焦点を当てています。これは、多くの場合、従来のコンテンツ作成プロセスよりも反復が短く、集中力が高いことを意味します。

アジャイルコンテンツ手法とアトミックコンテンツモデリングの融合

アジャイル コンテンツ手法を使用して、アトミック コンテンツ モデリングを作成できます。このアプローチにより、組織は変化に迅速に対応し、オーディエンスのニーズを満たす高品質のコンテンツを作成できるようになります。

アトミック コンテンツ モデリングは、組織が変化に迅速に適応できるようにするコンテンツ作成へのモジュール式アプローチです。このアプローチにより、組織は、視聴者のニーズに合わせて簡単に組み合わせたり再配置したりできる、小さな独立したモジュールを作成できます。

アジャイル CMS に関するよくある質問

Web サイト/ブログ/ビジネスにアジャイル CMS を導入するメリットは何ですか

アジャイル CMS を導入すると、Web サイト、ブログ、ビジネスに多くのメリットがもたらされます。企業組織全体でコンテンツが簡素化され、グローバル ブランドがプラットフォーム全体で顧客と関わることが可能になります。また、組織がチャネル間でコンテンツを再利用し、コンテンツ制作を迅速化し、チームのダイナミクスを改善し、コンテンツ作成者とWeb サイト開発者がデジタル エクスペリエンスを迅速に市場に投入できるようにし、人々、プロセス、コンテンツ開発間のより良いコラボレーションを促進し、ビジネスを産業として位置付けることができます。顧客エンゲージメントの向上を通じてリーダーを育成します。

自分のニーズに適したアジャイル CMS を選択するにはどうすればよいですか

適切なアジャイル CMS の選択は、特定のニーズによって異なります。アジャイル CMS ソリューションを選択するときは、スケーラビリティ (大量のデータを処理できるか)、統合機能 (既存のシステムと統合できるか)、セキュリティ (堅牢なセキュリティ プロトコルが導入されているか)、ユーザーなどの要素を考慮することが重要です。

エクスペリエンス (使いやすいか?)、コスト (総所有コストはいくらか?)、サポート (どのようなサポートが利用可能か?) など。さらに、デバイスやプラットフォームに関係なく、デジタル エクスペリエンスが目的のオーディエンスに確実に届くように、プラットフォームがマルチチャネル配信をどの程度サポートしているかを調べる必要があります。

アジャイル CMS を選択する際にはどのような機能に注目する必要がありますか

アジャイル CMS ソリューションを選択するときは、スケーラビリティなどの機能を探す必要があります。統合機能。堅牢なセキュリティプロトコル。ユーザーフレンドリーなインターフェース。マルチチャネル配信のサポート。費用対効果;カスタマーサービスとサポート。分析とレポート機能。カスタマイズ性と拡張性のオプション。ワークフロー自動化ツール。バージョン管理オプション。メディア資産管理機能。クラウドホスティングの可用性。モバイル最適化機能。 SEO最適化ツールなど

アジャイル コンテンツ管理システムを使用すると、どのような組織にメリットが得られますか

あらゆる業界の組織は、グローバル ブランドがプラットフォーム全体で顧客と関わりながら、チャネル全体でコンテンツを再利用してコンテンツ制作の取り組みを迅速化できるため、アジャイル コンテンツ管理システムを使用することで恩恵を受けることができます。さらに、チームダイナミクスの改善により、世界中のさまざまな部門や場所のチームがより効果的に連携して、顧客エンゲージメントの機会の向上を通じて企業を業界のリーダーとして位置づけながら、顧客の期待に応えるデジタルエクスペリエンスを作成できるようになります。

アジャイルコンテンツ管理システムの使用に伴う欠点はありますか

アジャイルコンテンツ管理システムの使用には多くの利点がありますが、正しく統合されていない場合に異なるシステム間の互換性の問題が発生する可能性や、特定のユーザーに利用可能なユーザートレーニングリソースが不足しているために複雑な概念を理解するのが難しいなど、実装前に考慮すべきいくつかの欠点もあります。さらに、一部のソリューションでは、使用レベルやその他の要因に応じて追加コストが必要となる場合があり、事前に考慮しておかないと時間の経過とともに増加する可能性があります。


顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

オムニチャネルコマースビジネスに適した顧客の購入(購買)体験ニーズ に添ったオペレーションを設計・構築するツールを選定したら、 富士ロジテックホールディングスEC物流サービス ・物流・発送代行返品・交換 サービスをその施策の一部として活用することを検討してください。

富士ロジテックホールディングスがDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0 コマースビジネスに提供するものには

  • 全国のフルフィルメント センターからの D2C(DTC) および B2B注文の EC:eコマース フルフィルメント
    (ビジネスに最適なフルフィルメント センターを選択使用可能)
  • 標準および 配達予定日 指定のeコマース配送サービス
  • eコマースの商品の 配送情報 の提供と、 注文/追跡情報 と返品対応
  • 思い出に残る 開梱体験:Unboxing を提供するキッティングおよびカスタマイズ サービス
  • データ分析により、顧客のe コマースの配送方法、顧客の支出金額、配送方法ごとの平均コスト、配送方法ごとの注文の配達にかかる時間、返品理由などについての顧客のインサイト:洞察の提供
  • 越境ECに伴う、国際 eコマース配送 (米国、カナダ、英国、欧州連合、オーストラリ、アジアなど、その他の国へ)

富士ロジテックホールディングスが連携、推奨するコマースソフトウェアは、 プラットフォームシステム、 マーケットプレイス、EDI ソリューション (小売業者の Webサイトや店舗での注文を処理するため)、およびその他の販売チャネルと統合して、e コマース、 オムニチャネルフルフィルメントを自動化します。

富士ロジテックホールディングスを利用・活用すると、日本中に フルフィルメント センター のネットワークを通じて、 小売・製造事業者 は、商品在庫を 分散保管・分散出荷 サービスを活用して、e コマースの配送コストと配達時間を削減することができます。

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

 

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント戦略:

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント は、購入・販売チャネルとフルフィルメントセンターを統合して、顧客にまとまりのある ショッピングエクスペリエンス を提供します。

次世代オムニチャネルサービスを通じて、 成功する D2C チャレンジャー ブランド をはじめとして、 購入後の体験(Post-Purchase ポストパーチェス) の向上に注力すると、エンゲージメントと 顧客ロイヤルティ が向上し、リピート購入と顧客維持の可能性が高まります。

次世代オムニチャネルサービス

 

AOV・CLVを向上させる多彩なサービスを提供します。

お気軽にご相談ください。Shopifyなどのフィット&ギャップ アドバイスをします。

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

 

通販D2CEコマース 事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネル コマースでの流通加工から店舗物流までを、
一般社団法人 通販エキスパート協会 :「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX認定スペシャリスト メンバーとスタッフがサポート致します。

全国11拠点のDC/FCから、先進 RaaSマテハンロボットRFID などと、注文管理システム(OMS)・倉庫管理システム(WMS)とコマースシステム をAPIで連携して、 物流・発送代行サービス を「スタートアップ特別限定プラン から、100億円を超える事業者に最適な 分散保管・分散出荷返品・交換 サービスまでを一貫でデザインする「 顧客購買後体験 」によって、LTVの向上が実現できる「 感動物流サービス 」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだ お役立ち資料 も無料でご提供しています。

購入後体験(ポストパーチェス) 顧客中心のエクスペリエンスのために

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Recommendation Engine レコメンデーションエンジン 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  レコメンデーションエンジンとは レコメンデーション エンジンは、レコメンダー システムとも呼ばれ、企業が顧客に商品を推奨するのに役立つツールです。これは、電子商取引サイトの商品からメディア サイトのコンテンツまで、あらゆるものに当...
続きを読んでみる
Sales-Led Growth セールスレッドグロ-ス 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  セールス主導の成長とは セールス:販売主導の成長は、セールス・マーケティングおよびその他の収益を生み出す活動を利用してビジネス全体の成長を推進するマーケティング戦略です。このアプローチは、主にブランド認知度の向上と顧客ロイヤルティ...
続きを読んでみる
Transactional Email トランザクションメール 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  トランザクションメールとは トランザクションEメールは、受信者が行った何らかのアクションに応じて送信されるEメールの一種です。それは、ニュースレターへの登録、購入、または製品やサービスに関する詳細情報のリクエストに対する応答などで...
続きを読んでみる
SaaS Marketing SaaSマーケティング  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  SaaSマーケティングとは何ですか SaaS マーケティングとは、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) 製品を宣伝および販売するプロセスを指します。 SaaS 製品の顧客を引き付け、維持するためには、コンテンツ マーケティン...
続きを読んでみる
Composable Architecture コンポーザブル アーキテクチャ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンポーザブル アーキテクチャとは コンポーザビリティについて知っておくべきことすべて 一度に 1 つのマイクロサービスで MACH アーキテクチャ エコシステムを成長させるオムニチャネル・コマース企業が成長するにつれて、ビジネス...
続きを読んでみる
CRM Personalization CRMのパーソナライゼーション 顧客デジタルエクスAペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  CRM パーソナライゼーションとは CRM パーソナライゼーションは、顧客関係管理 (CRM) データを使用して個々の顧客とのやり取りを調整するプロセスです。CRM データを使用すると、マーケティング コミュニケーションから顧客サ...
続きを読んでみる
Segmentation セグメンテーション  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
セグメンテーションとは 2024 年のセグメンテーションについて知っておくべきことすべて 会社を成長させたり、売上を増やしたいと考えている場合、顧客を理解することが不可欠です。顧客のセグメンテーションは、精彩を欠く成長と飛躍的な成功の...
続きを読んでみる
Security in SaaS SaaS のセキュリティ  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  SaaSセキュリティとは SaaS セキュリティとは、SaaS (Software as a Service) 環境でホストされるデータとアプリケーションを保護するために使用される一連の対策と実践を指します。アクセス制御、認証、暗...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー