Voice

D2Cブランドインタビュー&Opinion:オピニオンテーマコンテンツ

DTCブランドインタビュー

EC/DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0の時代です。
ブランドの創業者、チームメイトやスタッフのマネージメント・マーケティング スキルをレベルアップしたいと思いませんか?
最も賢いマーケターになりましょう。これは 無料のコラムです。
ビジネスを成長させる方法と継続的なマーケティング スキルセットに関する知識と実用的なアドバイスを共有することに熱心に取り組んでいきます 。(実際に読むのが楽しみになる楽しい方法で)。
DTC 分野を、クリエイティブ トレンド、トラフィック プラットフォーム、テクノロジー パートナーという絶え間なく変化しているトレンドを使いこなすことを支援することで、ブランドと顧客を結びつける、ほぼ無限の機会の高まりがあると考えています。

Feb 12, 2024 

2024 AI を活用したチャットボットで顧客サービスを向上させる

カスタマー サービス チャットボットとは AI を活用したチャットボットの導入を検討するケース カスタマーサービス チャットボットの7つのメリット 1. 年中無休の即時サポートを提供 2. エージェントの生産性を向上させる 3. AI の提案と顧客のコンテキストでエージェントを支援する 4. エラーのないガイド付き顧客ワークフローで顧客の問題を解決する 5. 会話中に意図を切り替える 6. 顧客中心の洞察で知識のギャップを埋める 7. ビジネスコストを削減し、ROI を向上させる 導入前に考慮すべきチャットボット機能TOP 5 1. コード不要のチャットボットと会話ビルダー 2. AI を活用した顧客の意図の検出 3. すべてのチャネルに一度に展開する 4. ボットの外観と操作性をカスタマイズする 5. 顧客リクエストの背後にあるコンテキストをキャプチャして保存する カスタマー サービス チャットボットのベスト プラクティス 5  1. チャットボット導入のあらゆる段階でエージェントを関与させる 2. ナレッジベースをインスタントメッセージングチャネルと統合する 3. AIボットを活用して品質保証を徹底する 4. 会話型 AI を活用して大規模に対応する 5. 新しいインテントでチャットボットをトレーニングするようエージェントに奨励する 顧客サービスにおいて重要なチャットボットの指標と目標

View Details
Feb 10, 2024 

WMS 対 RMS 返品をマスターして収益化する オムニチャネル・Eコマースでのメリット

返品で収益をアップするのは難しい課題です 正確にはなぜでしょうか。 簡単に言えば、返品は解決するのが非常に困難な問題です。 倉庫管理システム (WMS) の目的 返品に WMS を使用する場合の欠点 返品管理システム RMSとは RMS のメリット 360° から洞察が得られる 費用の削減から再販収益へ 返品エクスペリエンスのコントロールの向上 業務を効率化してバックログを解消する WMS と RMS の機能の比較 返品における WMS と RMS の長所と短所 WMS で回避策を使用する 返品管理システム(RMS)

View Details
Feb 09, 2024 

ヘッドレス CMS プラットフォーム 通販・オムニチャネルコマース

CMS・コンテンツ管理システムの概要 Web コンテンツ管理システム (WCMS) エンタープライズ コンテンツ管理システム (ECMS) デジタル資産管理システム (DAM) 文書管理システム (DMS) ヘッドレスCMS ヘッドレス コンテンツ管理システムとは CMSのデータ構造 ヘッドレス CMS の詳細 CMS・コンテンツ管理システムの概要 Web コンテンツ管理システム (WCMS) エンタープライズ コンテンツ管理システム (ECMS) デジタル資産管理システム (DAM) 文書管理システム (DMS) ヘッドレスCMS ヘッドレス コンテンツ管理システムとはCMSのデータ構造 ヘッドレス CMS の詳細 まとめ

View Details

テーマ コンテンツ リスト

次世代オムニチャネルコマースサービス
オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム  コンテンツリスト
Eコマース D2C 用語集
オムニチャネル コマース用語集
メールマーケティング用語集
コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集
ソーシャルメディア用語集 オムニチャネルコマースでの活用方法を踏まえて
e コマース 詐欺 用語集

お気軽にご質問・ご相談ください

  お問い合わせ