Voice

D2Cブランドインタビュー&Opinion:オピニオンテーマコンテンツ

DTCブランドインタビュー
Jan 10, 2023 

化粧品あるある 化粧品、健康食品原料データベースINGREBANKから見える、化粧品ビジネスの失敗事例と「しくじり先生」 第2回

「どのようなコンセプトの化粧品をつくるか」は、事業者が保有している顧客からのニーズを成分と配合を通じてデザインすること ①化粧品ビジネスを立ち上げる事業者からの視点 このように、使うことで、より良い商品開発が、このようにできる 「化粧品のプロに相談」の使い方でこんなに変わる ②OEM会社からの視点を忘れていないか コンセプトが無い場合とか、マーケットと相違している場合はどうする、どうしたらいいか 化粧品や健康食品の開発で、成分・原料の重要なポイントはここ 成長するD2Cコスメブランドがしていることは、成分訴求ではない

View Details
Jan 10, 2023 

ここで解決! OEMビジネス情報総合サイトと、化粧品関連企業・OEM&ODM企業検索機能と、薬事広告チェックサービス 第3回

日本のコスメ業界の課題と解決策について、1つ1つインサイトを提供 コスメを科学的に分析して顧客にお届けする方法 ・企画相談から、成分・OEMサーチ、顧客診断してお届けする一連のビジネスモデル設計 ブランドやマーケティングについて ・D2CとP2C(パーソナルコマース)の企画と運用について ・商品開発・デザインから始まる、顧客購買体験とUnboxingでブランドを育成して、コストダウンを図る方法 など、コンテンツとして化粧品業界の皆様へ還元出来ればと思っています。

View Details
Jan 10, 2023 

なぜ? BENTENを利用すると化粧品の商品開発は効率化でき、顧客に支持されるのか 第1回

化粧品、健康⾷品業界の課題 1:悩みを持っている事業者が多い2:どこに頼んだら良いかわからない3:需要が⾒えない4:展⺬会は費⽤対効果が悪い5:IT化が遅れている6:情報発信・収集のための、展⺬会は費⽤対効果が悪い Bentenの主な機能・ソリューション・質問依頼機能・専門家との業務マッチング機能・イベント告知、自社PR機能・薬事に関する相談(薬事の部屋)・化粧品関連企業・OEM&ODM企業検索 で解決する化粧品開発について

View Details
Jan 09, 2023 

顧客とのコミュニケーションと信頼を構築して、ブランド支持率を高める

2022年に顧客から支持されるためのコミュニケーションと購買定着を促進する5つのヒント なぜ、維持・保持・支持に焦点を合わせる必要があるのか。 D2C/P2Cブランドは、顧客からの支持(一般的にはロイヤリティ、本当は信頼と期待)の欠如により、毎年平均して顧客の20〜30%を失っているとも言われています。 1:ブランドは顧客とのコミュニケーション:会話により多くの時間を費やしましょう 2:より深い顧客教育は、ブランドを際立たせるのに役立ちます 3:カスタマーエクスペリエンスが優先事項になります(最終的に) 4:顧客はより多くのパーソナライズを期待します 5:創設者は、eComサイト全体に信頼構築をコンテンツ追加することに投資することです まとめ・要約  

View Details
Jan 07, 2023 

カスタムフルフィルメント機能でD2Cブランドを特徴づける

カスタムフルフィルメント機能 -専任のCS:カスタマーサクセスチーム カスタムフルフィルメントサービスとは D2C/P2Cブランドにとってカスタムフルフィルメントが重要である理由 -バリュープロポジションを後押しします スケーラビリティ:カスタムフルフィルメントの最大の課題 むち打ち症:スケーラブルなカスタムフルフィルメントパートナー カスタムフルフィルメントについて

View Details
Jan 06, 2023 

ソーシャルコマースプラットフォーム

ソーシャルコマースの一覧と概要 Facebook Instagram Pinterest Twitter YouTube TikTok Creator.co Shop Social Amazon Live Snapchat WeChat Pinduoduo まとめ  

View Details
Jan 06, 2023 

OMOシステム&フィジカルフルフィルメントサービスローンチ

【本サービスを採用する7つの特徴と理由】 OMOでのCX「購入後体験」の重要なポイントである、UIとデータと商品を結びつけます。 OMOを強化する、顧客「購入前・後体験」心理的壁の透明化を実現します。 ストレスフリーの、購買と商品配送・ピックアップ、返品・交換体験を提供します。 パーソナライズデータの取得とカスタマーロイヤリティプログラムの活用で購買体験満足度向上による「ファン」醸成促進を、リアル店舗スタッフと一緒に提供できます。 シンプルなUIの顧客コミュニケーションとタッチポイントのOMOプラットフォームとプロセスを提供します。 システムフレームワークの特徴から、顧客購買プロセスの変更追加時のコスト削減・セーブと可能です。 フィジカルフルフィルメントサービスをOMOシステム・WMSとともに提供しますので、煩雑化・複雑化を回避出来ます。

View Details
Jan 06, 2023 

オムニチャネルコマース対応:分散在庫/出荷・BOPIS・BORISなどフルフィルメント&リバースロジスティックスサービス強化

課題背景と特徴1:分散在庫管理と分散出荷をシンプルに運用で提供 Lexicaのシステム基本機能の在庫・生産情報である、商品のSKUおよびその構成要素SKUのそれぞれの在庫残数、配送手段、利用可能出荷拠点を把握して注文確定、出荷指示を実施できる。 課題背景と特徴2:ヘッドレスコマースと一体化した注文管理システム(OMS)機能を提供 柔軟なAPI連携機能で、進化するヘッドレスコマースとの連携を素早く、簡便・低廉な費用でPOCが実施したいとのニーズが増していました。ヘッドレスを実施するための、バックエンド側の注文管理システム(OMS)の機能が充実・対応するための工数や費用などの問題で実施を躊躇うとの課題に対して、「Lexica」の基本機能の設定ベースでサービスインが出来るメリットを評価してのリプレース導入を促進しています。 特課題背景と特徴3:分散出荷対応してくれる物流・発送代行サービスを提供 コマースシステムでの分散出荷指示が可能でも、複雑かつ、煩雑な、フルフィルメントと物流・発送代行業務を、返品・交換・回収・転送までをリ・デザインして実績のあるサービスチームスタッフで提供しています。 特課題背景と特徴4:返品・交換・回収サービスをワンプラットフォームで提供 トランザクションメールのリッチコンテンツ化への対応と、返品・交換・回収(再販用も含む)の顧客購買後体験をよりユーザー視点、バックオフィスの効率化視点で導入が可能になります。 ▼こんなコマース・小売事業者におすすめです オムニチャネルコマースへのサービス拡張を検討・実施したい 既存のコマースシステムで、分散在庫管理・出荷への対応に苦慮して改善したい BOPIS/BORISから、ショップTOシップ、分散出荷などの顧客管理・発送業務を再設計して店舗スタッフのモチベーションアップと店舗販売力の強化をしたい 返品・交換業務から、店舗からの回収業務までを全国のDC拠点を選択して実施したい

View Details
Jan 06, 2023 

OMO フルフルフィルメントコスト

OMO トレンド E-コマースフルフィルメント拠点 E-コマースサービス拠点 ラストマイル配送拠点(店頭ピックアップ以外として) としての機能を *OMO online merged with offline とは フルフィルメントコスト -フルフィルメントタスクとは 返品は絶対にキラー *オムニ・OMO TV で詳細をご確認ください。 購買後体験で、返品・交換を収益化する方法  店舗タギングとデジタルコマースタギング お金を節約するためにお金を使う 注文と在庫の管理は、最も重要な機能の1つ レジでの昔ながらの販売の場合 まとめ -オムニチャネルコマース(小売業)の成功ためには

View Details
Jan 05, 2023 

CRMとしての開封の儀:Unboxingで顧客購買体験をデザインする方法 #2

アンボックス体験をゼロから構築する場合、どこから手をつけていいかわからないことがあります。開封の儀をそれぞれの要素に分けて考えてみましょう。最高の開封の喜びを実現する5つのアイデア1. ブランドボックス2. ユニークなパッケージ素材3. 商品の見せ方4. 無料サンプルや景品5. カスタマイズされた感情 CRMとUNBOXING 1:同梱物施策2:環境配慮をしつつ、感動体験を提供

View Details

テーマ コンテンツ リスト

D2C Brand インタビュー リスト

D2Cブランド・
創業者インタビュー

D2C eコマース OMO 成長 成功 ポイント シリーズ

顧客購買体験
デザインノウハウ

フルフィルメントサービス コンテンツリスト

物流・フルフィメント
サービスノウハウ

D2C・eコマース・OMO CX CRM

CX CRM
ノウハウ

お気軽にご質問・ご相談ください

  お問い合わせ