富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Account-Based Marketing (ABM) アカウントベースドマーケティング 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために

AI B2B B2B2C B2Bコマース EC物流 ERP eコマース Eコマースプラットフォーム オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント マーケティング


アカウントベース マーケティング (ABM) とは

つまり、アカウントベース マーケティング (ABM) は、個々のリードではなく特定のアカウントをターゲットにしてエンゲージメントすることに焦点を当てた、B2B マーケティングへの戦略的アプローチです。

ABM は、共通のターゲット アカウントを中心に営業チームとマーケティング チームを連携させることで、より少ない大規模な取引からより多くの収益を生み出すことを目指しています。この調整により、各アカウントの共感をさらに高めるようにアウトリーチとメッセージをカスタマイズできるようになり、成功の可能性が高まります。

ABM プログラムは、トランザクションではなく関係に基づいて構築されています。したがって、できるだけ多くの見込み客を引きつけるのではなく、成約する可能性が高い価値の高いアカウントに注目してください。これは、より多くの時間とリソースを、より成功の可能性が高い少数の大きな取引に費やすことができることを意味します。

ABM は新しい概念ではありませんが、主要な市場投入戦略として ABM を採用する企業が増えており、最近再び注目を集めています。これは、従来のリードベースのマーケティングアプローチがかつてほど効果的ではなくなっているという事実によるものです。

デジタル メディアの出現により、購入者は購入プロセスを管理できるようになりました。営業担当者と話すことなく、オンラインで製品やサービスに関する情報に簡単にアクセスできます。その結果、彼らがあなたの会社に連絡を取る頃には、購入サイクルがさらに進んでいることがよくあります。

さらに、営業チームが受け取る従来の見込み顧客は、多くの場合、品質が低く、購入する準備ができていません。

ABM は、ターゲットを絞ったパーソナライズされた販売アプローチを採用することで、これらの問題に対処します。できるだけ多くの見込み客を引き付けようとするのではなく、成約する可能性が高い価値の高いアカウントに焦点を当てます。これにより、より多くの時間とリソースを、より成功の可能性が高い少数の大きな取引に費やすことができます。

ABM を使用すると、共通のターゲット アカウントを中心に営業チームとマーケティング チームをより適切に連携させることもできます。この調整により、各アカウントの共感をさらに高めるようにアウトリーチとメッセージをカスタマイズできるようになり、成功の可能性が高まります。
アカウントベースのマーケティングは需要創出ですか?

アカウントベースのマーケティングと需要創出は、どちらもマーケティングを成功させるための重要なツールです。ただし、マーケティング戦略を策定する際には、2 つのアプローチの主な違いを考慮する必要があります。

需要創出は、幅広い市場全体でリードと認知度を生み出すことに焦点を当てた、より総合的なアプローチです。通常、新しい顧客を獲得し、企業の市場シェアを拡大​​するために使用されます。一方、アカウントベースのマーケティングは、コンバージョンの可能性が最も高い特定のアカウントに焦点を当てた、的を絞ったアプローチです。このアプローチは通常、既存の顧客との関係を深めたり、失われたビジネスを取り戻すために使用されます。

どのアプローチがあなたのビジネスに適しているかを決定する際には、考慮すべき要素がいくつかあります。これらには、全体的な目標、ターゲット市場、予算、リソースが含まれます。

全体として、アカウントベースのマーケティングは、より的を絞った効率的なアプローチであり、失われたビジネスを効果的に取り戻したり、既存の顧客との関係を深めたりすることができます。ただし、需要創出は、新規顧客を獲得し、企業の市場シェアを拡大​​するための強力なツールにもなり得るため、見逃すべきではありません。重要なのは、2 つのアプローチの違いを理解し、特定の状況に最適な方を選択することです。

アカウントベースのマーケティングは効果的ですか

ABM は B2B 企業にとって効果的なマーケティング戦略であることが示されています。

ABM が非常に効果的である理由はいくつかあります。

  1. まず、最も価値のあるアカウントにリソースを集中させることができます。最良の見込み顧客をターゲットにすることで、より少ない費用でより多くの見込み顧客とコンバージョンを生み出すことができます。
  2. 次に、ABM を使用すると、各アカウントの特定のニーズに対応するパーソナライズされたキャンペーンを作成できます。このカスタマイズされたアプローチは、意思決定者の共感を呼び、購買決定に影響を与える可能性が高くなります。
  3. 最後に、ABM は他のマーケティング戦略よりも優れた ROI を実現します。 ABM はより的を絞った効率的なものであるため、より高い投資収益率が得られます。

アカウントベースのマーケティングが重要なのはなぜですか

従来のマーケティング アプローチは、広範囲に網を張り、生成された見込み客の一部が貴社との取引に興味を持ってくれることを期待するものです。ただし、このアプローチはコストと時間が非常にかかり、ROI の保証はほとんどありません。

アカウントベースのマーケティングでは、ビジネスを行う可能性が最も高いアカウントにリソースを集中させます。これにより、ターゲット顧客のニーズに直接応えるカスタマイズされたキャンペーンを作成できます。その結果、より質の高い見込み客を獲得し、より多くの取引を成立させ、全体的なコンバージョン率を高めることができます。

アカウントベースのマーケティングには多くの利点があります

  • ROI の向上:
    マーケティング活動の対象を特に価値の高いアカウントに向けているため、より高い投資収益率が得られる可能性が高くなります。
  • 顧客関係の改善:
    マーケティングにパーソナライズされたアプローチを採用することで、ターゲット顧客とのより強い関係を築くことができます。
  • 効率の向上:
    アカウントベースのマーケティングは、従来のマーケティング手法よりもリソースを効率的に使用できます。
  • 売上の増加:
    あらゆるビジネスの最終目標は売上の増加であり、アカウントベースのマーケティングはまさにそれを実現するのに役立ちます。

マーケティング ROI を向上させ、より少ない顧客からより多くの収益を生み出したい場合は、アカウントベースのマーケティングが最適です。

アカウントベースのマーケティングを行うにはどうすればよいですか

ABM には、一般に大衆にアピールすることを目的とした従来のマーケティング活動とは異なるアプローチが必要です。 ABM のアイデアは、パーソナライズされた注意を提供し、価値の高いアカウントの選択されたグループに合わせてメッセージを調整することです。

ABM 戦略の実行には、いくつかの手順が含まれます。

  1. ターゲット市場を定義する:
    最初のステップは、どのアカウントをターゲットにするかを特定することです。これは、企業規模、業界、地理的位置などの要素を検討することで行うことができます。
  2. ターゲットアカウントを調査する:
    潜在的なターゲットアカウントのリストを入手したら、調査を行います。これには、主要な意思決定者の特定、各アカウントの特定のニーズの理解、どのような種類のメッセージが共感を呼ぶかを知ることが含まれます。
  3. パーソナライズされたメッセージとプログラムを開発する:
    次のステップは、ターゲット アカウントの特定のニーズに対応する、カスタマイズされたメッセージとプログラムを作成することです。これには、カスタム コンテンツの開発、ターゲットを絞った広告の作成、またはこれらのアカウント専用のイベントの開催が含まれる場合があります。
  4. 取り組みを実行して追跡する:
    最後のステップは、ABM 戦略を実装し、結果を追跡することです。これは、何が機能し、何が機能していないかを判断するのに役立ち、必要に応じてアプローチを調整できます。

ABM は、新しいビジネスを生み出し、主要なアカウントとの関係を構築する効果的な方法となります。時間をかけて各アカウントを理解し、パーソナライズされたメッセージを作成することで、より的を絞った効果的なマーケティング戦略を立てることができます。

アカウントベースのマーケティングで成功するにはどうすればよいですか

アカウントベースのマーケティングで成功するには、ターゲットを絞ったパーソナライズされたアプローチをマーケティング活動に採用する必要があります。これは、一般的な素材を使用するだけでなく、ターゲットとするアカウントに特化したコンテンツやキャンペーンを作成することを意味します。

また、真に関連性があり価値のあるコンテンツを作成できるように、ターゲット アカウントのビジネス ニーズと課題を深く理解することも必要です。

最後に、アカウントベースのマーケティング戦略を完璧に実行するために必要な時間とリソースを投入する準備をしておく必要があります。

これらのことをすべて実行できれば、この強力なマーケティング手法で成功への道を順調に進んでいることになります。

ABM でセールスとマーケティングをどのように調整しますか

ABM でセールスとマーケティングを調整するには、ターゲットアカウントとその特定のニーズについて共通の理解を得ることが重要です。これには、メッセージングとアウトリーチの取り組みがブランドに沿った一貫性のあるものであることを保証するために、2 つのチーム間の緊密な協力が必要です。

連携を図る 1 つの方法は、営業とマーケティングの間で定期的に会議を開催し、進捗状況を確認し、新しい機会について話し合うことです。これは、改善できる領域を特定し、両方のチームが同じ目標に向かって取り組んでいることを確認するのに役立ちます。

調整のもう 1 つの重要な要素は、両方のチームが取り組んでいる明確な指標と KPI を設定することです。これにより、全員が同じ目標に集中し続けることができ、最も重要なアカウントに確実に取り組みを集中させることができます。

最後に、営業とマーケティングの間にコラボレーションとコミュニケーションの文化を持つことが重要です。これは、両方のチームがフィードバックやアイデアを共有し、問題を解決して共通の目標を達成するために協力することが奨励される必要があることを意味します。

ABM で販売とマーケティングを連携させることで、最も価値のあるアカウントのニーズに焦点を当てた、より効果的かつ効率的なマーケティング戦略を作成できます。

アカウントベースのマーケティングとパーソナライゼーション

アカウントベースのマーケティングとパーソナライゼーションは密接に関連しています。定義上、ABM は個々のリードではなく主要なアカウントに焦点を当てたマーケティング戦略です。目標は、各アカウントの特定のニーズや問題点に応じたパーソナライズされたキャンペーンを作成することです。

これを効果的に行うには、マーケティング担当者はターゲット アカウント、つまりターゲット アカウントが誰なのか、何を探しているのか、固有の課題は何なのかを深く理解する必要があります。このレベルの洞察により、マーケティング担当者は各アカウントの共感を呼ぶ高度にパーソナライズされたコンテンツやエクスペリエンスを作成できます。

なぜアカウントベースのマーケティングが未来なのでしょうか

アカウントベース マーケティング (ABM) の台頭は、特定の顧客固有のニーズに対応するため、よりパーソナライズされたターゲットを絞ったマーケティング戦略の必要性によって推進されています。新しいテクノロジーの出現により、ABM はさらに効果的になり、組織は特定のアカウントをターゲットにし、それに応じてマーケティング メッセージを調整できるようになりました。

ABM は、複雑な製品やサービスを大規模な組織に販売する B2B 組織に特に適しています。アカウントベースのアプローチを採用することで、これらの企業は少数の高価値アカウントにリソースを集中させ、販売につながる可能性がより高いカスタマイズされたプログラムを作成できます。

ABM がマーケティングの未来である理由はいくつかあります。

  • リソースを最も価値のあるアカウントに集中させることができます。
  • マーケティング メッセージをパーソナライズできます。
  • 販売とマーケティングの取り組みをより適切に調整するのに役立ちます。
  • 結果をより効果的に追跡および測定できるようになります。

ABM には課題がないわけではありませんが、その潜在的な利点により、すべての B2B マーケティング担当者がプログラムに組み込むことを検討すべき強力なツールとなります。

アカウントベースのマーケティングに関するよくある質問

アカウントベースのマーケティング キャンペーンの成功を測定するにはどうすればよいですか

ABM キャンペーンの成功は、エンゲージメント率 (エンゲージメント数をインプレッション数で割ったもの)、リードの質 (生成された見込み客の数)、獲得単価 (CPA)、顧客生涯価値 (CLV) などの指標を使用して測定する必要があります。これらの指標は、キャンペーンが潜在顧客の獲得と長期にわたる ROI の向上にどれだけ効果的であるかを理解するのに役立ちます。

アカウントベースのマーケティングで見込み客を獲得するにはどうすればよいですか

共感を呼びそうなカスタマイズされたコンテンツで特定のアカウントをターゲットにすることで、営業電話やメールの一斉送信などの従来のマーケティング手法だけで生み出すよりも、より質の高い見込み客を生み出すことができます。さらに、自動化ツールなどのテクノロジーを活用すると、ABM キャンペーンを実行する際のプロセスの合理化と効率の向上に役立ちます。その結果、時間の経過とともにより多くのリードが生成されるだけでなく、他の方法で生成されたリードと比較して品質が高いため、それらのリードからの ROI も向上します。

アカウントベース マーケティングは他の B2B 戦略とどう違うのですか

アカウントベースのマーケティングは、従来のマーケティング手法のように広範なセグメントや対象者ではなく、個々のアカウントをターゲットにすることに重点を置いているため、他の B2B 戦略とは異なります。さらに、効果を発揮するにはより高いレベルのパーソナライゼーションが必要です。つまり、より多くの労力がかかりますが、リードの質、エンゲージメント、顧客関係などの点でより良い結果が得られます。したがって、マーケティング担当者は両方のことを理解することが重要です。全体的な B2B マーケティング プランに導入する前に、この戦略に関連する利点と課題を確認します。


顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

オムニチャネルコマースビジネスに適した顧客の購入(購買)体験ニーズ に添ったオペレーションを設計・構築するツールを選定したら、 富士ロジテックホールディングスEC物流サービス ・物流・発送代行返品・交換 サービスをその施策の一部として活用することを検討してください。

富士ロジテックホールディングスがDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0 コマースビジネスに提供するものには

  • 全国のフルフィルメント センターからの D2C(DTC) および B2B注文の EC:eコマース フルフィルメント
    (ビジネスに最適なフルフィルメント センターを選択使用可能)
  • 標準および 配達予定日 指定のeコマース配送サービス
  • eコマースの商品の 配送情報 の提供と、 注文/追跡情報 と返品対応
  • 思い出に残る 開梱体験:Unboxing を提供するキッティングおよびカスタマイズ サービス
  • データ分析により、顧客のe コマースの配送方法、顧客の支出金額、配送方法ごとの平均コスト、配送方法ごとの注文の配達にかかる時間、返品理由などについての顧客のインサイト:洞察の提供
  • 越境ECに伴う、国際 eコマース配送 (米国、カナダ、英国、欧州連合、オーストラリ、アジアなど、その他の国へ)

富士ロジテックホールディングスが連携、推奨するコマースソフトウェアは、 プラットフォームシステム、 マーケットプレイス、EDI ソリューション (小売業者の Webサイトや店舗での注文を処理するため)、およびその他の販売チャネルと統合して、e コマース、 オムニチャネルフルフィルメントを自動化します。

富士ロジテックホールディングスを利用・活用すると、日本中に フルフィルメント センター のネットワークを通じて、 小売・製造事業者 は、商品在庫を 分散保管・分散出荷 サービスを活用して、e コマースの配送コストと配達時間を削減することができます。

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

 

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント戦略:

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント は、購入・販売チャネルとフルフィルメントセンターを統合して、顧客にまとまりのある ショッピングエクスペリエンス を提供します。

次世代オムニチャネルサービスを通じて、 成功する D2C チャレンジャー ブランド をはじめとして、 購入後の体験(Post-Purchase ポストパーチェス) の向上に注力すると、エンゲージメントと 顧客ロイヤルティ が向上し、リピート購入と顧客維持の可能性が高まります。

次世代オムニチャネルサービス

 

AOV・CLVを向上させる多彩なサービスを提供します。

お気軽にご相談ください。Shopifyなどのフィット&ギャップ アドバイスをします。

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

 

通販D2CEコマース 事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネル コマースでの流通加工から店舗物流までを、
一般社団法人 通販エキスパート協会 :「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX認定スペシャリスト メンバーとスタッフがサポート致します。

全国11拠点のDC/FCから、先進 RaaSマテハンロボットRFID などと、注文管理システム(OMS)・倉庫管理システム(WMS)とコマースシステム をAPIで連携して、 物流・発送代行サービス を「スタートアップ特別限定プラン から、100億円を超える事業者に最適な 分散保管・分散出荷返品・交換 サービスまでを一貫でデザインする「 顧客購買後体験 」によって、LTVの向上が実現できる「 感動物流サービス 」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだ お役立ち資料 も無料でご提供しています。

購入後体験(ポストパーチェス) 顧客中心のエクスペリエンスのために

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Personalization パーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  パーソナライゼーションとは パーソナライゼーションを始めるためのガイド 世界には、さまざまな興味、願望、動機を持つ多様な人々がいます。このため、パーソナライゼーションはマーケティングにおける主要なトレンドですが、この戦略をどのよう...
続きを読んでみる
Recommendation Engine レコメンデーションエンジン 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  レコメンデーションエンジンとは レコメンデーション エンジンは、レコメンダー システムとも呼ばれ、企業が顧客に商品を推奨するのに役立つツールです。これは、電子商取引サイトの商品からメディア サイトのコンテンツまで、あらゆるものに当...
続きを読んでみる
Sales-Led Growth セールスレッドグロ-ス 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  セールス主導の成長とは セールス:販売主導の成長は、セールス・マーケティングおよびその他の収益を生み出す活動を利用してビジネス全体の成長を推進するマーケティング戦略です。このアプローチは、主にブランド認知度の向上と顧客ロイヤルティ...
続きを読んでみる
Transactional Email トランザクションメール 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  トランザクションメールとは トランザクションEメールは、受信者が行った何らかのアクションに応じて送信されるEメールの一種です。それは、ニュースレターへの登録、購入、または製品やサービスに関する詳細情報のリクエストに対する応答などで...
続きを読んでみる
SaaS Marketing SaaSマーケティング  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  SaaSマーケティングとは何ですか SaaS マーケティングとは、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) 製品を宣伝および販売するプロセスを指します。 SaaS 製品の顧客を引き付け、維持するためには、コンテンツ マーケティン...
続きを読んでみる
Composable Architecture コンポーザブル アーキテクチャ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンポーザブル アーキテクチャとは コンポーザビリティについて知っておくべきことすべて 一度に 1 つのマイクロサービスで MACH アーキテクチャ エコシステムを成長させるオムニチャネル・コマース企業が成長するにつれて、ビジネス...
続きを読んでみる
CRM Personalization CRMのパーソナライゼーション 顧客デジタルエクスAペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  CRM パーソナライゼーションとは CRM パーソナライゼーションは、顧客関係管理 (CRM) データを使用して個々の顧客とのやり取りを調整するプロセスです。CRM データを使用すると、マーケティング コミュニケーションから顧客サ...
続きを読んでみる
Segmentation セグメンテーション  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
セグメンテーションとは 2024 年のセグメンテーションについて知っておくべきことすべて 会社を成長させたり、売上を増やしたいと考えている場合、顧客を理解することが不可欠です。顧客のセグメンテーションは、精彩を欠く成長と飛躍的な成功の...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー