富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Recommendation Engine レコメンデーションエンジン 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために

3PL AI D2C DNVB EC物流 eコマース オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント レコメンデーション レコメンデーションエンジン

 

レコメンデーションエンジンとは

レコメンデーション エンジンは、レコメンダー システムとも呼ばれ、企業が顧客に商品を推奨するのに役立つツールです。これは、電子商取引サイトの商品からメディア サイトのコンテンツまで、あらゆるものに当てはまります。

レコメンデーション エンジンはアルゴリズムを使用して、顧客が過去の行動に基づいて何を購入または視聴したいかを予測します。

コマース企業はレコメンデーション エンジンを使用して、売上とエンゲージメントを向上させます。これらは、電子商取引サイトでのコンバージョンを促進するのに特に効果的であり、顧客が他の方法では考えなかった商品を見つけるのに役立ちます。

メディア サイトでは、レコメンデーション エンジンがユーザーの好みそうな新しいコンテンツを提案することで、ユーザーの関心を維持できます。

企業が顧客エクスペリエンスをパーソナライズするためにデータを使用する力を認識するにつれて、レコメンデーション エンジンは近年ますます人気が高まっています。 Amazon、Netflix、Spotify などの最も人気のあるオンライン ビジネスの多くは、成長を促進するためにレコメンデーション エンジンを使用しています。

レコメンデーション エンジンは、大規模なデータ セットを分析してパターンや傾向を見つける高度なアルゴリズムを搭載しています。アルゴリズムは常に学習および進化しており、時間の経過とともに推奨事項を作成する能力が向上します。

レコメンデーション エンジンにはさまざまな種類がありますが、基本的な目標はすべて同じです。それは、ユーザーが自分のニーズに最適なものを見つけられるようにすることです。

オンラインレコメンデーションエンジンとは

オンライン レコメンデーション エンジンは、EコマースWeb サイトやソーシャル メディアなどのデジタル プラットフォームのユーザーに製品、サービス、コンテンツを提案するソフトウェアです。

推奨事項は、ユーザーの過去の行動と同様のユーザーの行動に基づいています。レコメンデーション エンジンの目標は、ユーザー エクスペリエンスをパーソナライズし、ユーザーが自分のニーズに最適なものを見つけられるように支援することです。

コンテンツレコメンデーションエンジンとは

コンテンツ推奨エンジンは、データを分析してユーザーに提供するコンテンツについて推奨するソフトウェアです。コンテンツ推奨エンジンの最も単純な形式は、ユーザーが過去に操作したアイテムを調べ、同様のアイテムを提供します。

コンテンツ推奨エンジンは、ニュース記事、製品、ビデオなどを推奨するためにインターネット全体で使用されます。コンテンツ推奨エンジンを使用する企業のよく知られた例には、Netflix、Amazon、Facebook などがあります。

Netflix は、コンテンツ推奨エンジンを使用して、ユーザーが以前に視聴したものに基づいて、好みそうな映画やテレビ番組を提案します。 Amazon はコンテンツ推奨エンジンを使用して、ユーザーの購入履歴に基づいて興味のある製品を提案します。 Facebook はコンテンツ推奨エンジンを使用して、ユーザーが「いいね!」したページやグループに基づいて、ユーザーが興味を持つ可能性のある記事や投稿を表示します。

コンテンツ推奨エンジンは、エンゲージメントとコンバージョンを増やすために使用できる強力なツールです。コンテンツ推奨エンジンは、ユーザーが興味を持ちそうなコンテンツをユーザーに表示することで、ユーザーをサイトやアプリに長く留めておくことができます。これにより、ページビューの増加、サイト滞在時間の増加、そして最終的にはコンバージョンの増加につながる可能性があります。

レコメンデーション エンジンにはどのような種類がありますか

レコメンデーション エンジンには主に 3 つのタイプがあります。

  1. コンテンツベース
  2. 協調フィルタリング
  3. ハイブリッド

コンテンツベースのレコメンダー システムは、ユーザーが過去に気に入った他のアイテムとの類似性に基づいてアイテムを推奨します。このアプローチは、ユーザーが少数のアイテムしか操作していない場合でも、関連する推奨事項を表示できるため、大規模な製品カタログを持つ企業に役立ちます。

協調フィルタリング推奨システムは、同様の関心を持つ他のユーザーの行動に基づいて推奨を行います。このアプローチは、ユーザーが他の方法では見つけられなかった隠れた宝石を見つけるのに効果的です。また、扱うべき以前のユーザー データがない場合でも推奨事項を提供できるため、カタログが小規模な企業にも役立ちます。

レコメンデーション エンジンは、企業の売上とエンゲージメントの向上に役立つ強力なツールです。近年ますます人気が高まっていますが、課題がないわけではありません。最大の課題は、コールド スタート問題に対処することです。コールド スタート問題は、新しいユーザーがプラットフォームに参加し、過去の行動に関するデータがない場合に発生します。これは、コンテンツベースのフィルタリングと協調フィルタリングを組み合わせたハイブリッド レコメンダ システム、またはソーシャル メディア データなどの他の方法を使用して対処できます。

こうした課題にもかかわらず、レコメンデーション エンジンは、顧客エクスペリエンスをパーソナライズしたいあらゆる企業にとって貴重なツールです。企業は、自社の仕組みを理解し、効果的に活用することで、売上とエンゲージメントを向上させることができます。

レコメンデーション エンジンの仕組み

レコメンデーション エンジンは、ユーザーが何を買いたいか、読みたいか、見たいか、またはその他の望ましいアクションを実行したいかを予測するために使用される人工知能です。これらは、売上と顧客エンゲージメントを向上させるために、Amazon や Netflix などの多くの企業で使用されています。

ほとんどのレコメンデーション エンジンは協調フィルタリング アプローチを使用しており、多くのユーザーの集合的な意見に基づいてレコメンデーションを作成します。このアプローチは、製品またはコンテンツに対して同様の好みを持つ人々は、他の製品またはコンテンツについても同様の意見を持つ可能性が高いという考えに基づいています。

協調フィルタリング レコメンダーを構築するための最初のステップは、ユーザーとアイテムとのやり取りに関するデータを収集することです。このデータは、Web サイトの Cookie やモバイル アプリの GPS データなど、さまざまな方法で収集できます。

データを収集したら、データベースに保存する必要があります。このデータベースは、ユーザー、アイテム、およびそれらの間のインタラクションに関する情報を保存するために使用されます。

次のステップは、このデータを分析して、推奨事項を作成するために使用できるパターンを見つけることです。この分析は、回帰分析や行列因数分解など、さまざまな方法を使用して実行できます。

データを分析した後、無効または無関係なデータを削除するためにフィルタリングする必要があります。このステップは、推奨事項が正確で有用であることを確認するために重要です。

データがフィルタリングされると、それを解釈して推奨事項を生成できます。この解釈は、コンテンツベースのフィルタリングや協調フィルタリングなど、さまざまなアルゴリズムを使用して行うことができます。

推奨事項が生成されたら、それが正確で有用であることを確認するためにテストする必要があります。このテストは、推奨事項と実際のユーザーの行動を比較することで実行できます。

最後に、ユーザーの行動の変化に対応するために、レコメンダー システムを常に更新する必要があります。この更新は、ユーザーからのフィードバックを収集し、それを使用して推奨事項の精度を向上させることで実行できます。

レコメンデーション エンジンは、売上とエンゲージメントを向上させるために使用できる強力なツールです。ただし、ユーザーの行動の変化に対応するには、常に更新する必要があります。

レコメンデーション エンジンの仕組みを簡単にまとめます。

  1. ステップ 1: データ収集
  2. ステップ 2: データの保存
  3. ステップ 3: データ分析
  4. ステップ 4: データのフィルタリング
  5. ステップ 5: データの解釈
  6. ステップ 6: 推奨事項の生成
  7. ステップ 7: ユーザーのフィードバックの収集

レコメンデーション エンジンを構築する方法

レコメンデーション エンジンを構築するにはさまざまな方法がありますが、どのアプローチでもいくつかの重要な手順が不可欠です。このガイドでは、いくつかの基本的な手順を使用して強力なレコメンデーション エンジンを構築する方法を説明します。

  1. データの収集:
    推奨事項を作成するにはデータが必要です。たくさんあります。データが多ければ多いほど、より適切な推奨事項が得られます。データを収集する方法はいくつかありますが、最も一般的なのはユーザー調査と顧客フィードバック フォームによるものです。
  2. データをクリーンアップして整理する:
    データを収集したら、データをクリーンアップします。重複した情報、無効な応答、その他結果を歪める可能性のあるものはすべて削除してください。次に、作業しやすいようにデータを整理します。
  3. 方法を選択する:
    推奨事項を作成するにはいくつかの方法がありますが、最も一般的なのは協調フィルタリングを使用することです。このアプローチでは、さまざまなアイテム間の関係を調べ、それらの関係に基づいて推奨事項を作成します。
  4. レコメンデーション エンジンを構築する:
    ここが楽しい部分です。選択した方法を使用してレコメンデーション エンジンを構築します。協調フィルタリングを使用している場合は、さまざまな項目が相互にどのように関連しているかを示すデータ マトリックスを作成する必要があります。
  5. エンジンをテストして改良する:
    レコメンデーション エンジンは決して完璧ではないため、エンジンをテストし、必要に応じて改良することが重要です。さまざまなユーザーにさまざまなアイテムを勧めてみて、彼らの反応を確認してください。学んだことに基づいてエンジンに変更を加え、満足のいく結果が得られるまでテストを続けます。

顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

オムニチャネルコマースビジネスに適した顧客の購入(購買)体験ニーズ に添ったオペレーションを設計・構築するツールを選定したら、 富士ロジテックホールディングスEC物流サービス ・物流・発送代行返品・交換 サービスをその施策の一部として活用することを検討してください。

富士ロジテックホールディングスがDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0 コマースビジネスに提供するものには

  • 全国のフルフィルメント センターからの D2C(DTC) および B2B注文の EC:eコマース フルフィルメント
    (ビジネスに最適なフルフィルメント センターを選択使用可能)
  • 標準および 配達予定日 指定のeコマース配送サービス
  • eコマースの商品の 配送情報 の提供と、 注文/追跡情報 と返品対応
  • 思い出に残る 開梱体験:Unboxing を提供するキッティングおよびカスタマイズ サービス
  • データ分析により、顧客のe コマースの配送方法、顧客の支出金額、配送方法ごとの平均コスト、配送方法ごとの注文の配達にかかる時間、返品理由などについての顧客のインサイト:洞察の提供
  • 越境ECに伴う、国際 eコマース配送 (米国、カナダ、英国、欧州連合、オーストラリ、アジアなど、その他の国へ)

富士ロジテックホールディングスが連携、推奨するコマースソフトウェアは、 プラットフォームシステム、 マーケットプレイス、EDI ソリューション (小売業者の Webサイトや店舗での注文を処理するため)、およびその他の販売チャネルと統合して、e コマース、 オムニチャネルフルフィルメントを自動化します。

富士ロジテックホールディングスを利用・活用すると、日本中に フルフィルメント センター のネットワークを通じて、 小売・製造事業者 は、商品在庫を 分散保管・分散出荷 サービスを活用して、e コマースの配送コストと配達時間を削減することができます。

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

 

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント戦略:

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント は、購入・販売チャネルとフルフィルメントセンターを統合して、顧客にまとまりのある ショッピングエクスペリエンス を提供します。

次世代オムニチャネルサービスを通じて、 成功する D2C チャレンジャー ブランド をはじめとして、 購入後の体験(Post-Purchase ポストパーチェス) の向上に注力すると、エンゲージメントと 顧客ロイヤルティ が向上し、リピート購入と顧客維持の可能性が高まります。

次世代オムニチャネルサービス

 

AOV・CLVを向上させる多彩なサービスを提供します。

お気軽にご相談ください。Shopifyなどのフィット&ギャップ アドバイスをします。

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

 

通販D2CEコマース 事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネル コマースでの流通加工から店舗物流までを、
一般社団法人 通販エキスパート協会 :「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX認定スペシャリスト メンバーとスタッフがサポート致します。

全国11拠点のDC/FCから、先進 RaaSマテハンロボットRFID などと、注文管理システム(OMS)・倉庫管理システム(WMS)とコマースシステム をAPIで連携して、 物流・発送代行サービス を「スタートアップ特別限定プラン から、100億円を超える事業者に最適な 分散保管・分散出荷返品・交換 サービスまでを一貫でデザインする「 顧客購買後体験 」によって、LTVの向上が実現できる「 感動物流サービス 」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだ お役立ち資料 も無料でご提供しています。

購入後体験(ポストパーチェス) 顧客中心のエクスペリエンスのために

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Composable Commerce コンポーザブルコマース 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンポーザブルコマース コマース企業は急速に変化する顧客の行動や期待に対応するために、技術スタックを再考し、従来のコマース プラットフォームから移行しています。消費者の期待を満たす e コマース エクスペリエンスを実現するために必...
続きを読んでみる
Headless Commerce ヘッドレスコマース 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ヘッドレスコマースとは ヘッドレス コマースは、フロントエンド エクスペリエンスをバックエンド システムから切り離す、電子商取引アーキテクチャの一種です。これは、ヘッドレス コマース プラットフォームを使用して、Web サイト、モ...
続きを読んでみる
Landing Page Optimization ランディング ページの最適化 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
ランディングページの最適化とは ランディング ページの最適化 (LPO) は、ランディング ページのコンバージョン率を向上させるプロセスです。 LPO の主な目標は、購入やニュースレターへの登録など、望ましいアクションを起こす訪問者の...
続きを読んでみる
MACH Architecture MACH アーキテクチャ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  MACH アーキテクチャとは テクノロジーの世界では変化が絶えません。テクノロジーは生まれては消え、かつて最先端だったものは新しく改良されたものに取って代わられます。テクノロジーの状況が常に進化していることは周知の事実であるため、...
続きを読んでみる
Personalization パーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  パーソナライゼーションとは パーソナライゼーションを始めるためのガイド 世界には、さまざまな興味、願望、動機を持つ多様な人々がいます。このため、パーソナライゼーションはマーケティングにおける主要なトレンドですが、この戦略をどのよう...
続きを読んでみる
Sales-Led Growth セールスレッドグロ-ス 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  セールス主導の成長とは セールス:販売主導の成長は、セールス・マーケティングおよびその他の収益を生み出す活動を利用してビジネス全体の成長を推進するマーケティング戦略です。このアプローチは、主にブランド認知度の向上と顧客ロイヤルティ...
続きを読んでみる
Transactional Email トランザクションメール 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  トランザクションメールとは トランザクションEメールは、受信者が行った何らかのアクションに応じて送信されるEメールの一種です。それは、ニュースレターへの登録、購入、または製品やサービスに関する詳細情報のリクエストに対する応答などで...
続きを読んでみる
SaaS Marketing SaaSマーケティング  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  SaaSマーケティングとは何ですか SaaS マーケティングとは、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) 製品を宣伝および販売するプロセスを指します。 SaaS 製品の顧客を引き付け、維持するためには、コンテンツ マーケティン...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー