富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

Sales-Led Growth セールスレッドグロ-ス 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために

3PL D2C DNVB EC物流 eコマース オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント カスタマーエクスペリエンス

 

セールス主導の成長とは

セールス:販売主導の成長は、セールス・マーケティングおよびその他の収益を生み出す活動を利用してビジネス全体の成長を推進するマーケティング戦略です。このアプローチは、主にブランド認知度の向上と顧客ロイヤルティの構築に焦点を当てた、伝統的なマーケティング手法とは異なります。

セールス主導の成長の中核は、価値の高い顧客を特定し、彼らのビジネスの成長に必要な製品やサービスを提供することに重点を置いています。ターゲットを絞ったマーケティング キャンペーンを提供することで顧客と直接連携することや、主要な顧客のニーズを満たすのに役立つ補完的なテクノロジーやサービスへのアクセスを提供するサードパーティ ベンダーとの協力が含まれる場合があります。

セールス主導の成長の目標は、ビジネスの持続的な収益成長を生み出すために、重要な顧客と収益性の高い長期的な関係を築くことです。このアプローチは、より忠実な顧客ベースを構築し、時間の経過とともに収益を増加させ、今日のペースの速い市場環境での競争力を高めるのに役立ちます。

マーケティング戦略に販売主導の成長を導入することに興味がある場合、実行する必要がある重要な手順がいくつかあります。これには、ビジネスにとって最も重要な顧客の特定、それらの顧客向けのターゲットを絞ったマーケティング プログラムの開発、取り組みをサポートできるパートナーやその他の外部リソースの検索などが含まれます。適切な焦点と献身があれば、販売主導の成長はビジネスの大幅な成長を促進し、長期的な成功を達成するのに役立ちます。

セールス主導の成長のメリットは何ですか

セールス主導の成長は、ビジネスを成長させ、収益を増やすための強力なアプローチです。この戦略を利用すると、次のようないくつかの重要な利点があります。

  1. 市場の可視性が向上します。
    セールス主導の成長の最大の利点の 1 つは、市場での企業の露出が増えることです。製品やサービスを顧客に販売することに重点を置くことで、業界内での存在感がさらに高まり、潜在的な購入者からの認知度が高まります。
  2. 顧客関係の改善。
    セールス主導の成長のもう 1 つの大きな利点は、既存の顧客とのより強固な関係の構築に役立つことです。これは、繰り返し購入するためのインセンティブを提供したり、個別の顧客サービスを提供したりするなど、ターゲットを絞ったマーケティング活動を通じて行うことができます。既存の顧客と関わり、そのニーズを満たすことで、売上が増加するだけでなく、長期的に顧客ロイヤルティも強化されます。
  3. 収益性の向上。
    セールス主導の成長の最も重要な利点の 1 つは、それがビジネスの収益性の向上につながることです。販売を通じて収益を生み出すことに重点を置くことで、業務効率を最適化し、会社全体の投資収益率を高めることができます。これにより、経済的に大きな成功を収め、株主や投資家により良い結果をもたらすことができます。

つまり、セールス主導の成長戦略を採用することで、コマース企業は市場で競争上の優位性を獲得し、収益創出、顧客関係、収益性の面で大きな成功を収めることができます。

セールス主導の成長における課題とは

セールス主導の成長は、現代のビジネスの最も困難な側面の 1 つです。収益を促進し、利益を増やすためには、高度なコミュニケーションと効果的な販売戦略が必要となるためです。

企業がセールス主導の成長戦略を成功させるためには、克服しなければならない重要な課題がいくつかあります。これには、競争の克服、顧客との信頼の構築、効果的なコミュニケーション、長期にわたる結果の追跡などが含まれます。

競争はおそらく、セールス主導の成長にとって最大の障壁の 1 つです。群衆の中で目立つようにし、既存の顧客を維持するだけでなく、新しい顧客を引き付けるために、企業は競合他社との差別化に役立つ効果的なマーケティング戦略を立てる必要があります。これには、独自の製品やサービスの開発、ターゲットを絞った広告キャンペーンの利用、強力な顧客サービスへの投資などが含まれます。

セールス主導の成長におけるもう 1 つの重要な課題は、顧客との信頼を構築することです。製品やサービスの販売を成功させるには、企業は顧客と良好な関係を築く必要があります。これには、効果的なコミュニケーションと傾聴のスキル、そして顧客が何を望んでいるのかを理解することが必要です。また、企業が顧客のニーズや利益を真に考慮していることを示すために、割引や特別プロモーションなどの付加価値のあるインセンティブを提供することも含まれます。

これらの課題に加えて、企業はセールス主導の成長戦略の成功を評価するために、長期にわたって効果的に結果を追跡できなければなりません。これには、収益、獲得コスト、顧客満足度など、パフォーマンスのさまざまな側面を測定する詳細な指標の開発が含まれます。これらの指標を定期的に追跡することで、企業は改善が必要な領域を特定し、長期にわたってセールス主導の成長戦略を最適化するための措置を講じることができます。

セールス主導の成長は複雑なプロセスであり、成功するには慎重な計画、効果的なコミュニケーション、継続的な監視が必要です。セールス主導の成長という課題に取り組むことができる企業は、今日の競争の激しい市場で長期的な成功を収める有利な立場にあります。

プロダクト主導の成長とセールス主導の成長

セールス主導の成長とプロダクト主導の成長は、ビジネスを成長させるための 2 つのまったく異なるアプローチです。セールス主導の成長では主に、マーケティングおよび販売戦略を活用して収益を生み出すことに重点が置かれていますが、プロダクト主導の成長では、販売を促進するために顧客の共感を呼ぶ高品質の製品を作成することにより大きく依存しています。

一見すると、これら 2 つの戦略は非常に似ているように見えるかもしれません。どちらも、効果的なマーケティング手法を通じて顧客との関係を構築し、顧客のニーズを満たす価値のある製品やサービスを作成する必要があります。ただし、これら 2 つの成長モデルには、互いに区別する重要な違いがいくつかあります。

セールス主導の成長とプロダクト主導の成長の主な違いの 1 つは、顧客維持ではなく顧客獲得に重点が置かれていることです。
できるだけ早く多くの収益を生み出すことに重点を置き、セールス主導の成長には通常、大量の新規顧客を引き付けることを目的とした積極的なマーケティングと販売戦略が含まれます。
プロダクト主導の成長では、高品質の製品やサービスを通じて顧客との長期的な関係を構築することがより重要視されます。そのためには、多くの場合、新規顧客を獲得するのではなく、既存顧客を維持することを目的とした、マーケティングと販売に対する、よりゆっくりとした、より計画的なアプローチが必要になります。

これら 2 つの成長モデルのもう 1 つの大きな違いは、成功するために必要な投資額です。セールス主導の成長を追求する場合、企業は潜在顧客にリーチするために広告やマーケティングに多額の費用を費やす傾向があります。
対照的に、プロダクト主導の成長は、適切に設計された製品またはサービスを通じて顧客に価値を提供することに大きく依存するため、有料マーケティングへの投資ははるかに少なくて済みます。

セールス主導の成長とプロダクト主導の成長はどちらもビジネスを成長させるための効果的な戦略ですが、それぞれに独自の長所と短所があります。できるだけ早く高レベルの収益を生み出すことが目標である場合、セールス主導の成長が正しい選択となる可能性があります。
高品質の製品やサービスを通じて顧客との長期的な関係を構築することに関心がある場合は、プロダクト主導の成長がビジネスにとってより良いアプローチである可能性があります。いずれの場合でも、適切な成長モデルを選択するには、企業固有のニーズと目標を慎重に検討する必要があります。


顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

顧客デジタルエクスペリエンス ソリューション [オムニチャネル発送代行]

オムニチャネルコマースビジネスに適した顧客の購入(購買)体験ニーズ に添ったオペレーションを設計・構築するツールを選定したら、 富士ロジテックホールディングスEC物流サービス ・物流・発送代行返品・交換 サービスをその施策の一部として活用することを検討してください。

富士ロジテックホールディングスがDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0 コマースビジネスに提供するものには

  • 全国のフルフィルメント センターからの D2C(DTC) および B2B注文の EC:eコマース フルフィルメント
    (ビジネスに最適なフルフィルメント センターを選択使用可能)
  • 標準および 配達予定日 指定のeコマース配送サービス
  • eコマースの商品の 配送情報 の提供と、 注文/追跡情報 と返品対応
  • 思い出に残る 開梱体験:Unboxing を提供するキッティングおよびカスタマイズ サービス
  • データ分析により、顧客のe コマースの配送方法、顧客の支出金額、配送方法ごとの平均コスト、配送方法ごとの注文の配達にかかる時間、返品理由などについての顧客のインサイト:洞察の提供
  • 越境ECに伴う、国際 eコマース配送 (米国、カナダ、英国、欧州連合、オーストラリ、アジアなど、その他の国へ)

富士ロジテックホールディングスが連携、推奨するコマースソフトウェアは、 プラットフォームシステム、 マーケットプレイス、EDI ソリューション (小売業者の Webサイトや店舗での注文を処理するため)、およびその他の販売チャネルと統合して、e コマース、 オムニチャネルフルフィルメントを自動化します。

富士ロジテックホールディングスを利用・活用すると、日本中に フルフィルメント センター のネットワークを通じて、 小売・製造事業者 は、商品在庫を 分散保管・分散出荷 サービスを活用して、e コマースの配送コストと配達時間を削減することができます。

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

 

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント戦略:

オムニチャネルコマースシステム&フルフィルメント は、購入・販売チャネルとフルフィルメントセンターを統合して、顧客にまとまりのある ショッピングエクスペリエンス を提供します。

次世代オムニチャネルサービスを通じて、 成功する D2C チャレンジャー ブランド をはじめとして、 購入後の体験(Post-Purchase ポストパーチェス) の向上に注力すると、エンゲージメントと 顧客ロイヤルティ が向上し、リピート購入と顧客維持の可能性が高まります。

次世代オムニチャネルサービス

 

AOV・CLVを向上させる多彩なサービスを提供します。

お気軽にご相談ください。Shopifyなどのフィット&ギャップ アドバイスをします。

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

 

通販D2CEコマース 事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネル コマースでの流通加工から店舗物流までを、
一般社団法人 通販エキスパート協会 :「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX認定スペシャリスト メンバーとスタッフがサポート致します。

全国11拠点のDC/FCから、先進 RaaSマテハンロボットRFID などと、注文管理システム(OMS)・倉庫管理システム(WMS)とコマースシステム をAPIで連携して、 物流・発送代行サービス を「スタートアップ特別限定プラン から、100億円を超える事業者に最適な 分散保管・分散出荷返品・交換 サービスまでを一貫でデザインする「 顧客購買後体験 」によって、LTVの向上が実現できる「 感動物流サービス 」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだ お役立ち資料 も無料でご提供しています。

購入後体験(ポストパーチェス) 顧客中心のエクスペリエンスのために

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

API (Application Programming Interface) アプリケーション・プログラミング・インターフェース 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
マイクロサービスと API: それらの関係と違い 開発者がどのようにしてアプリケーションを作成し、他のサービスと通信できるようにするのか疑問に思ったことはありますか。コマース企業がさまざまなサービスやシステムをどのように統合できるか自...
続きを読んでみる
Customer Lifetime Value 顧客生涯価値 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  顧客生涯価値とは何か 顧客生涯価値 (CLV) は、顧客との関係の過程における企業に対する顧客の合計価値を表す指標です。顧客生涯価値では、顧客がアクティブ ユーザーまたは購入者として過ごした間に得られる収益だけでなく、将来の購入や...
続きを読んでみる
Customer Relationship Management 顧客関係管理 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
顧客関係管理 (CRM) とは 顧客関係管理 (CRM:Customer relationship management ) は、組織が顧客とのやり取りを管理するのに役立つビジネス戦略です。これは、連絡先情報、購入履歴、好みなどの顧客...
続きを読んでみる
Composable Commerce コンポーザブルコマース 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンポーザブルコマース コマース企業は急速に変化する顧客の行動や期待に対応するために、技術スタックを再考し、従来のコマース プラットフォームから移行しています。消費者の期待を満たす e コマース エクスペリエンスを実現するために必...
続きを読んでみる
Headless Commerce ヘッドレスコマース 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  ヘッドレスコマースとは ヘッドレス コマースは、フロントエンド エクスペリエンスをバックエンド システムから切り離す、電子商取引アーキテクチャの一種です。これは、ヘッドレス コマース プラットフォームを使用して、Web サイト、モ...
続きを読んでみる
Landing Page Optimization ランディング ページの最適化 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
ランディングページの最適化とは ランディング ページの最適化 (LPO) は、ランディング ページのコンバージョン率を向上させるプロセスです。 LPO の主な目標は、購入やニュースレターへの登録など、望ましいアクションを起こす訪問者の...
続きを読んでみる
MACH Architecture MACH アーキテクチャ 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  MACH アーキテクチャとは テクノロジーの世界では変化が絶えません。テクノロジーは生まれては消え、かつて最先端だったものは新しく改良されたものに取って代わられます。テクノロジーの状況が常に進化していることは周知の事実であるため、...
続きを読んでみる
Personalization パーソナライゼーション 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  パーソナライゼーションとは パーソナライゼーションを始めるためのガイド 世界には、さまざまな興味、願望、動機を持つ多様な人々がいます。このため、パーソナライゼーションはマーケティングにおける主要なトレンドですが、この戦略をどのよう...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー