富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

チェックリスト サブスクリプションコマースベンダー選定のポイント Tips02 (随時更新型)

D2C eコマース サブスクリプション

システムベンダー選定ポイント

システムベンダー選定ポイント

 ソフトウェアはあらゆるビジネスにおいて不可欠な要素です。ある調査によると、ほとんどのスタッフが1日の勤務中に817SaaSアプリケーションを使用しているそうです。(UIおそろしい)
事業規模が大きくなるほどその数は大幅に増加しますが、すべてのスタッフが全てを利用するわけではないこともチーム連携では問題になってきます。

 みなさんもご経験のとおり、ソフトウェア・ベンダー(SaaSシステムや、パッケージの開発元だけではなく、構築パートナーも含まれます。)を選ぶのは、とても面倒なことです。特に、社内の多くのチームや関係者に代わってソフトウェアを選定する場合、ベンダー・パートナーを間違えると、コストと時間の無駄になります。

それでは、主要なステークホルダーのニーズを満たすソフトウェアアプリケーションを評価するには、どうすればよいのでしょうか。

以下は、ソフトウェアの選択プロセスで考慮すべき質問の概要です。

また、無料の取引条件や・仕様管理要件チェックリストなどをダウンロードして、技術スタックを更新する際にチームの足並みを揃えることをお勧めします。

*一般的な要件定義書や、WF・DF資料が提供できるIT部門はそう多くなないでしょうから。

D2Cブランド事業者のビジネス要件Your Business Requirements

  1. - ビジネス目標を達成するために、そのソフトウェアはどのように役立つか?
  2. - ソフトウェアが解決すべき課題は何か?
    顧客購買体験は?
  3. - そのソフトウェアの社内エンドユーザーは誰ですか?
    彼らスタッフは、自分たちのビジネスニーズとして何を、どのように認識していますか?
  4. - 社内のすべてのステークホルダーと部門は、ビジネス要件について一致していますか?
  5. - カスタム開発の場合、ソフトウェア要求仕様書(SRS)が定義されていますか?
  6. - DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0商品の販売のために必要な最小限の製品(MVP)は何ですか?言い換えれば、初期段階においてミッションクリティカルな機能は何ですか?
  7. - ソフトウェアを活用するための予測可能な投資収益率(ROI)はありますか?

製品性能 Product Capabilities

  1. - 定義されたビジネス要件に基づいて、現在の機能はニーズを満たしていますか?満たされていない場合、何が欠けているのでしょうか?
  2. - 必要不可欠な機能は何でしょうか?
    あると便利な機能は何でしょうか?
  3. - 要件定義書に合致するよう、製品機能の明確なアウトラインを提供してくれますか?
  4. - 製品のロードマップは明確ですか?また、それを顧客に公開していますか?
  5. - 最近発売された製品の特徴や機能は?
  6. - あなたのビジネスの成長計画に基づいて、そのソフトウェアは、今後23年の間に必要となることが既に分かっている種類の機能を現在提供していますか?5年後ですか?
  7. - 製品の強化のために、どのように顧客からのフィードバックや洞察を積極的に募っていますか?
  8. ユーザーエクスペリエンス User Experience
  9. - あなたやあなたのチーム、社内の他のチームは、ソフトウェアのユーザーエクスペリエンスをどの程度直感的に感じることができますか?
  10. - どのような機能が実行しやすいと感じますか?
  11. - どのような機能を実行するのが面倒だと感じますか?
  12. - ソフトウェアプロバイダーは、どのようにしてポジティブなユーザーエクスペリエンスを確保しているのでしょうか?
  13. フィードバックを得るための調査や、フィードバックに基づく製品改良を行っていますか?
  14. - ユーザーからのフィードバックに基づき、定期的にアップデートを行い、改良していますか?

インテグレーション Integrations

  1. - このソフトウェアと「インターフェース」する他のアプリケーションがあれば、教えてください。
  2. - あらかじめ組み込まれた統合機能はどのようなものがありますか?
  3. - アプリケーション・プログラム・インターフェース(API)は公開されていますか?
  4. - 統合のためにカスタム開発が必要ですか?その場合、そのプロセスとコストは?

コマースプラットフォームをMACHへの切り替えるメリット

可視化とレポーティング Visibility & Reporting

  1. - ソフトウェア内でどのような情報を可視化する必要がありますか?
  2. - 製品に含まれる標準的なレポートにはどのようなものがありますか?
  3. - ビジネスインテリジェンスツールへのエクスポートや接続に必要なレポートデータは何ですか?

コンフィギュラビリティとカスタマイゼーション Configurability vs. Customization

  1. - ソフトウェアのカスタマイズについて、ソフトウェアベンダーはどのような考えを持っていますか?
  2. - ソフトウェアベンダーは、パートナーとして業界のベストプラクティスを指導してくれますか?
  3. - ビジネスニーズに対して、どの程度「設定可能」なソフトウェアなのか?言い換えれば、バックエンドで「設定」できる機能や性能(カスタムフィールド、統合など)があるのか、それとも開発が必要なのですか?
  4. - 追加設定やカスタマイズを必要とするような、御社の
    DTC:日本のD2Cは死んだ理由
    サブスクリプションコマース
    OMO online-merge-offline
    ビジネス特有の側面は何でしょうか?

顧客満足度&レビュー Customer Satisfaction & Reviews

  1. - 現在の顧客からどのような評価やレビューがありますか?
  2. - なぜ過去の顧客はそのソフトウェアから離反したのでしょうか?
  3. - 現在の顧客からの推薦状はありますか?
  4. - 顧客の声を提供していますか?ケーススタディはありますか?
  5. - 自社製品を評価した第三者アナリストグループはありますか?
    (重要ではないですが)
  6. - あなたのネットワークに、そのソフトウェアを使用したことがある人がいますか?
    彼らの意見はどうですか?
    (これがとても重要)

トレーニング、オンボーディング、カスタマーサポート Training, Onboarding & Customer Support

  1. - ソフトウェアを使い始めるのに、トレーニングは必要ですか?
    必要な場合、どのくらいの時間がかかりますか?
    トレーニングに隠れたコストはありませんか?
  2. - ベンダーはトレーニングガイドまたはドキュメントを持っていますか?ビデオチュートリアルはありますか?
  3. - 企業レベルのソリューションの場合、導入プロセスが定義されていますか?
  4. - 定期的なトレーニングはどの程度受けられますか?
  5. - 専任のアカウント管理、カスタマーサポート、ヘルプセンターはありますか?
  6. - ソフトウェア・プロバイダーは、導入期間中、専門的なサービスを提供していますか?
  7. - そしてそのコストは、保守費用が別途発生しますか?
    かつ、これは別料金になる項目は明確ですか?

長期的な互換性 Long-Term Compatibility

  1. - そのベンダーはその分野の専門知識を有していますか、あるいはそのソフトウェアは他の主要なアプリケーションのアドオンですか?
  2. - そのツールは、あなたの組織の長期的なビジネスにどのように関わってきますか?
  3. - あなたのチームと製品チームとの関係をどのように評価しますか?
    各レベルのコミュニケーション(役員、アカウントマネージャー、カスタマーサポートなど)を考慮していますか?
  4. - ベンダーは安定していて、将来的なビジョンがありますか?(当てにはなりませんが、気休めに)
  5. - 製品は、あなたの成長と同じ速度で(あるいはより速く)拡張できますか?

Take Away

ソフトウェアの選定は面倒で時間のかかるプロセスですが、

「知っている悪魔は、知らない悪魔よりも常に優れている」

のです。

正しい質問をし、テーブルの上に情報を並べることは、あなたのビジネスに適したソフトウェアベンダーを見つけるための安全なアプローチです。

最終的に、すべての調査は、ソフトウェアがあるかどうかを明らかにすることを目的とする必要があります。

- ビジネスニーズを効果的に解決する

- スタッフの能力を向上させる

- ビジネス上の意思決定を継続するために必要なデータを提供する。

- 現在のシステムを危険にさらしたり、"フランケンシステム "を作ったりしない。

- 将来の技術スタックのためのフレームワークを提供し、ビジネスとともに成長できる。

などが必要です。

このコラムは順次事例を追加していきます。まずはサマリーだけから。

リクエスト・お問合せをお待ちしております。

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションコラム

サブスクリプションにとっての課題

サブスクリプションにとっての課題EC/eコマースにおける成長と成功を最適化するために、メディア支出を管理する科学的なアプローチについて説明しています。D2C(DTC)ブランドは競合状況を調査し、支出額、メディア、メッセージ、優先されるチャネル(オムニチャネルでなくても)を特定し、カテゴリーマーケット全体のデータを収集して、DTCマーケティング費用を最適化します。
また、サブスクリプションブランドが直面する課題や収益向上策も詳しく説明しています。最終的には、顧客維持率を高め、収益を増やすためにパーソナライゼーションShopifyLexicaなどのコマースプラットフォーム、EC IntelligenceなどのMAなどのシステムツールソリューションを活用することが重要です。

 

10のサブスクリプションワークフロー

10のサブスクリプションワークフローサブスクリプションプログラムを向上させるための自動化ワークフローについて解説しています。
1. サブスクリプション価格モデルに基づくギフトロイヤルティポイント:
サブスクリプションプログラムの価格に応じて顧客にロイヤルティプログラム・リワードポイントと紹介(Referral)プログラムを提供し、顧客をアップセルして収益を増やす方法。
2. サブスクリプションの解約理由の理解:
解約した顧客にアンケートを送信して、なぜ解約したのかを理解し、プログラムを改善する方法。
3. SKUの自動交換:
季節商品や少ない在庫を持つ場合でも、自動化を使用して商品を交換し(サブスクリプション3モデル)、顧客に新しい顧客購買体験: CXを提供する。
4. 新しい顧客の通知:
新しい顧客がサブスクライブするたびにSlackメッセージを送信して、チームに通知し、トレンドを把握する。
5. ロイヤルティに対する割引:
長期的な顧客に割引を提供して、忠誠心を高める方法。パーソナライズとマーケティングとロイヤリティ・プログラム
6. 解約のリスクがある顧客へのギフト:
解約のリスクがある顧客にサプライズギフトを提供し、顧客を引き留める。

これらの自動化ワークフローは、サブスクリプションプログラムを効果的に改善し、顧客の購入(購買)体験としての満足度と忠誠心を向上させるのに役立ちます。

 

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変える

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変えるDNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/ D2C 3.0ブランドが直面する課題について説明しています。
DTCブランドは、顧客を獲得し、一度きりの購入者をリピート顧客に変えるために努力しています。具体的には、購入(購買)後体験/Post Purchase・ポストパーチェスでの顧客とのコミュニケーションで信頼を構築して、ブランド支持率を高めるメールフローの最適化、パーソナライズの課題、新商品のドロップに関する戦略についてのポイントを解説しています。
DTCブランドは、リピート購入を促進するために購入後のメールを重要なものとして: エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるためのメールフローを活用し、顧客のレーダー感性や関心や悩みにそったパーソナライズされたコミュニケーションを重視すべきです。
また、新商品のドロップにおいてもタイミングが重要であり、データを活用して効果的なキャンペーンを計画する必要があります。
DTCブランドは競争の激しい市場で成功するために、顧客獲得からリピート購入までのプロセスを工夫し、パーソナライズと効果的な顧客購買体験: CXをしてAOV LCTVをグロース施策を採用・改善する必要があります。

 

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変えるリピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える方法についてのポイントをまとめています。
リピートビジネスの安定した流れを持つ購入(購買)体験がある場合、サブスクリプション提供は良いチャンスです、サブスクライバーの価値が大幅に増加します(約2.7倍)。永続的なD2C(DTC)ブランドを築くための堅実な成長戦略であり、最初の購入で商品価値を顧客に理解させ、購入体験・CX:カスタマーエクスペリエンスを通じて活性化させることが重要です。
また、リピーターキャンペーン、創業者とのコミュニケーション(創業者インフルエンサー)、購入の影響、付加価値、購入と保存、VIP待遇、無料アイテムなどの施策のメリットとポイントを紹介しています。しかし、正確なターゲティングは難しく、サブスクリプションの成功には顧客購買体験: CX:ユーザーエクスペリエンスでデザインしてAOV LCTVをグロースさせる運用体制とShopifyや、LexicaなどのMACHのコマースプラットフォームなどの適切な導入が必要です。

 

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持する

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持するサブスクリプションビジネスにおける顧客維持の重要性について解説しています。
サブスクリプション顧客は、通常の店舗顧客よりも長期的な価値を持ち、彼らを維持することが成功の鍵であることは良く知られています。カスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルにするための様々な方法で顧客維持が試みられており、ポイントベースのリワード(報酬)プログラムやキャンセルセーブなどが紹介されています。
さらに、顧客セルフサービスなどの購入(購買)後体験: Post Purchase/ポストパーチェスとしての柔軟性を提供し、顧客が簡単にサブスクリプションを管理できることも重要です。
最後に、デジタルでの購入が増える中で、DNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/D2Cブランドが競争に勝つために必要な対策を解説しています。

 

Sbscription Drive Success お問い合わせ/相談

Sbscription Drive Success お問い合わせ/相談
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの市場環境は堅調かつ急速に成長しており、15,000 を超えるオンライン マーケットプレイスが 3,630 億ドルという驚異的な e コマース市場収益に貢献しています。この地域では、2025 年までにデジタル コマースの年間...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー