富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

10のサブスクリプションワークフロー Shopify

Shopify Shopify Plus サブスクリプション

10のサブスクリプションワークフロー

ゼロエフォート〔目的の達成が〕労せずして、努力なしにで顧客購買体験: CXを改善する10のサブスクリプション自動ワークフロー

サブスクリプションプログラムをレベルアップする必要があると誰もが感じています。

言い換えれば、サブスクリプションプログラムは、カスタマーエクスペリエンス:CXを向上させながら、よりスムーズに顧客にサービス提供することが必要です。

私たちは、あなたが「悪い(だます・拘束する)サブスクリプションプログラム」を持って、提供していると言っているのではありません。
多くの加入者(購入者)を獲得して、より高価なレンジ層にアップセルして、サブスクリプションプログラムに長く、顧客の購買体験として保持(維持)するために実装できるアイデアがたくさんあるということです。

そして、そのすべてのロックを解除するための鍵は、自動化です。

どのように、サブスクリプション管理ツールを選択、機能させるか

このコラムでは、最小限の労力でサブスクリプションプログラムをレベルアップするために、自動化(オートメーション)を使用しているブランドの実際の事例を踏まえて、ポイントを紹介します。

顧客体験を最適化するためのEC/eコマースコマースブランドの10の自動サブスクリプションワークフローを紐解いていきます。

1.サブスクリプション価格モデルに基づくギフトロイヤルティポイント

ブランドは、顧客をアップセルして、定着率を高める方法としてサブスクリプションを提供しています。しかし、サブスクリプション自体の中でアップセルするのはどうしていますか。

とあるブランドは、サブスクリプションの金額に基づいてロイヤルティプログラムのリワードポイントを割り当てることにより、顧客をより上位のサブスクリプションにアップグレードしていることもあります。
これは、新しいアクティベーションに役立つだけでなく、より高いAOVを促進することは誰にでもわかります。

どのように顧客体験を提供できるか:

購入したサブスクリプションの費用プランに応じて、顧客は3つのカテゴリのいずれかにバケット化されるとします、一定数のロイヤルティポイントが割り当てられます。
顧客が使うほど、顧客はより多くのロイヤルティポイントを獲得します。(楽天のポイントとは少し違います)

購入にロイヤルティ報酬(リワード)を使用する顧客の平均注文金額は、使用しない顧客よりも高いことを考えると、この階層型システムはAOVと保持を増やすのに役立ちます。
*AOV (平均注文額)とは、
e コマース サイトまたはストアで行われた各注文の合計を測定する指標です。

顧客は新しいサブスクリプションが作成されると、顧客は自動的に一定量のポイントを受け取ります。
たとえば、サブスクリプションに6000 10000円を費やした場合、3000〜4000円を費やした場合よりも多くのポイントを受け取るということです。

ワークフローの例を確認

顧客が注文を返金(返品だけではなく、金額を戻す)したり、クレジットカードでの支払いに失敗した場合はどうなりますか。

サブスクリプションが払い戻されることになった場合、顧客が注文から獲得したポイントを減額(もとに戻す)ための追加のワークフローがあります。
(しかし、安心と信用と信頼のための、30日間返金保証の場合は、30日間はそのリワード分は使えないようにします。)

2.サブスクリプションを解約した顧客にアンケートを送信します

顧客はさまざまな理由でサブスクリプションをキャンセルしますが、平均して何人の顧客がキャンセルするか知っていますか。
あらゆるサービスタイプの加入者の約40%以上はキャンセルし、3か月以内に3分の1以上がキャンセルします。

顧客のサブスクリプションがキャンセルされる理由を理解することは重要です。

それは個人的な理由によるものかもしれませんが、顧客がオファー・商品に価値を見いだしていない場合にもキャンセルをします。
顧客を失った理由がそれであることは間違いがありません。

顧客がキャンセルする理由を見つけるには、サブスクリプションプランをキャンセルした顧客に、アンケートリンクを自動的にEメールまたはDMなどで送信するワークフローを作成します。
SNS・LINEなどでのメッセージ送信を設計・運用ポイント

アンケート:調査では、キャンセル・解約した理由を見つけるために顧客の経験について詳細な質問をすることもできます。

アンケートに回答したら、ワークフローに別のステップを作成します。

メールマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策を設計・運用するポイント

それらのアンケートの回答をGoogleスプレッドシートにAPI連携できるため、結果を簡単にスキャンしてパターンを探す分析をすることもできます。

そのデータが自動的に収集されてGoogleスプレッドシートに同期されるので、あなたがしなければならないのは、顧客がより長く購入し続けるようにプログラムを改善することに取り組むことです。

3.毎月またはシーズンごとにSKUを自動的に交換します

ニュートリションを販売するマーチャントがいます。ただし、812個のニュートリションのSKUの在庫しかありません。数ヶ月ごとに、新しいレシピ・フォーミュラー・デザインをもたらします(そして古いものには、定番化か、別れを告げます)

顧客にサブスクリプションプログラムを提供するためには、顧客が毎月さまざまなニュートリションを、自分好みにセレクトして、キュレーションされて、確実に受け取れるようにする簡単な方法が必要です。
(毎月まったく同じニュートリションを受け取りたいと思う人はそれを大事にして購入します)

季節商品を販売している、または毎月SKUの数が少ないという理由だけで、サブスクリプションの管理が難しくなる必要はありません。

たとえば、季節に応じて新しい飲み物を発売する場合でも、顧客に時期に基づいて新しいネイルカラーを試してもらう場合でも、SKU812しかない店舗を持っている場合でも、商品を交換して販売することは簡単です。

これは、たとえば、メイクやスキンケアの補充パターンを購入していない顧客向けとしても活用できます。
そう、毎月何か新しいことを試してみたいユーザー向けです。

サブスクリプションの設定に苦労したことがある場合は、自動化がどのように役立つかです。

1か月、3か月、6か月、または12か月のサブスクリプションを提供しているブランドの場合は、顧客が1か月後から次の月にも、繰り返し同じアイテムを受け取らないように、商品を簡単にローテーションする方法が必要です。

日付範囲で開始するワークフローを作成します。(たとえば、誰かが特定の日付のセットの間にサブスクライブする場合、特定のポイントで開始するようにサブスクリプションをトリガーします)
次に、ワークフローは顧客の注文をカウントして、その番号に基づいて商品を発送します。
5月にブドウ風味のソーダを入手した場合、
6月には再び同じものは入手しない、できなくなるようにします。

顧客が毎月のサブスクリプションを受け取るたびに楽しむために何か新しい期待、商品、経験を持っています。そして、それを実現するために、ブランド側で追加の作業を行う必要が内容にします。

4.新しい顧客がサブスクライブしたときにSlackで通知を受け取ります

新しい顧客がサブスクライブするときはいつでも、あなたのチームはその小さな勝利を祝っていますか。

そうでなければ、士気を高く保つ機会を逃してしまっているかも知れません。しなければならないのは、顧客がサブスクライブしたときにSlackメッセージを自動的に送信するワークフローを作成することです。

簡単なアイデアですが、Slackでチームに新しいサブスクリプションを伝えることで、商品のトレンドを特定するのに役立つことにもなります。たとえば、人々がより頻繁に購入している商品はどれなのか。どのくらいの頻度で購入しているか。

また、サブスクリプションコマースユーザーが登録を解除した場合に、ユーザーがキャンセルしたときにチームに通知する同様のワークフローを設定することができます。

メール・LINE/コミュニケーションリストの再利用で顧客と再開する

コホート分析での森のデータを診ることも重要ですが、1つ1つのトランデータもしっかりと把握してください。

5.定期購入のロイヤルティに対して、割引などで顧客に報酬を与える

サブスクリプションプログラムの解約率が高い場合は、次の保持(リテンション)施策を検討してみてください。四半期ごとの割引で顧客の忠誠心に報いる。感謝する。

これは何を意味するのか

基本的に、顧客がサブスクライブするときに、3回目のサブスクリプションに入ると、10%の割引が受けられます。6か回目になると、まだ登録している場合は20%オフになります。9か回目までに、30%の割引が受けられます。

長くとどまるほど、顧客は多くのベネフィット:利益を得ることができます。

明らかに提供する割引率は、顧客に何を提供したいかに応じて変わります。この種の自動化されたワークフローを使用して、顧客のサブスクリプションへの忠誠心を刺激する方法の一例にすぎません。
(よく日本では、景品:プレゼントが使われますね。)

6.解約のリスクがあるサブスクリプションの顧客にギフトを追加します

特に解約のリスクがある顧客にとって、ちょっとした驚きと喜びに勝るものはありません。実際、サプライズギフトは、これらの顧客を失うことから救う可能性があります。

サプライズギフトが機能する理由

顧客の90%は、無料ギフトがブランドへの忠誠心を高めるのに役立ったと言います。そして65%は、自分の経験を他の買い物客と共有する可能性が高いとも言います。

そうは言っても、マーケティングチームには、リスクのあるすべてのサブスクリプション顧客を調べて、データを取得して、手動でリストに追加して、次の注文で無料ギフトを設定する時間がないと思います。本当にそれが効果的な顧客かどうかも含めて。

無料ギフトを自動化する方法

顧客はどの時点でサブスクリプションビジネスからの解約のリスクがあると見なされるかがポイントです。

1ヶ月飛ばした時ですか。2ヶ月。時間枠が何であれ、中リスクまたは高リスクの顧客向けにワークフローをトリガーできるように設定しておきます。これらの顧客への対応については、ワークフローがフルフィルメントチームに通知することで、次の注文時に無料のギフト(CRM:同梱・インサート施策でも)が自動的に追加されるようにします。

また、リスク適格性はスキップされた注文の数によって計算されることが一般的で適切なため、顧客がその数値に達したときに、インセンティブを提供したり、利用体験や、感想などの経験について質問したりするために、顧客をEメールマーケティングキャンペーンに移動させることができます。

メールマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策を設計・運用するポイント

セットアップが完了すると、このプロセス全体がハンズオフエクスペリエンスになり、毎週実行するだけで済むようにします。

これらについて考えることさえせずに、かき回すサブスクリプションの顧客を、小切手で回復させますか。(解約のハードルを上げるギミックではないです。)検討してみてください。

7.2回目のサブスクリプションユーザーに無料ギフトを送信します

私たちはすでに無料ギフトのトレンドに乗っているかも知れません、景品で顧客を喜ばせることができる別の方法について検討して見ます。

サブスクリプションユーザーは、最も強力な顧客の一部です。たとえば、顧客は

  • あなたのブランドへの忠誠を証明する
  • 継続的なコンバージョンを実現予測可能な収益源
  • 取得コストのROIを向上させる

それはある種の報酬(リワード)に値すると思いませんか。

ブランドは、顧客をコンバージョンするために事前に割引を提供します。(初回〇〇はそろそろ限界かと)
これは、最初のサブスクリプション注文または次回の商品から10%オフになるなどのモデルになります。しかし、コンバージョンに至っていない訪問者に価値を提供する代わりに、すでにあなたのブランドに忠実な人々(ロイヤルカスタマー)にそれを提供した方が良いと思いませんか。

つまり、2回目のサブスクリプション注文で無料ギフトを送信して、サブスクリプションの顧客に感謝していることを示すことも可能です。(効果は、初回2個同時注文で半額とどう違うか想像してみてください)

自動化することができます。

解約のリスクがある可能性のあるユーザーにギフトを送信する方法と同様に、ユーザーが2回目のサブスクリプション注文を購入した時点からワークフローをトリガーできます。
どの顧客が2回注文したかを示すタグを取得すると、ワークフローがトリガーされ、それらのユーザーの注文に無料ギフトが追加されたことをフルフィルメントチームに通知します。

より複雑でパーソナライズしたい場合は、注文を受け取った後、Eメール・LINEまたはSNSのダイレクトメッセージで顧客にフォローアップして、無料ギフトが気に入ったかどうかを尋ねることは必須です。

8.顧客が解約したときにヘルプデスクチケットを作成する

Shopifyに限らず、ツールを統合することは必須の時代です。さらに、顧客データを合理化して、ライフサイクルのすべての段階で、特にヘルプデスクを介して顧客に連絡しているときに、顧客を効果的にサポート:支援(カスタマーサービス+カスタマーサクセス)できるようにする必要があります。

このデータをヘルプデスクに自動的に同期することは、カスタマーサポートチームが助けを求めている顧客の背後にある履歴とコンテキストを知るのに役立つということです。
これは、支払い情報を更新したり、ダウングレードを支援したり、請求モデルを説明したり、その他のサブスクリプション管理ソリューションを提供したりするために顧客に連絡する必要がある場合に特に役立ちます。

さらに、チームがこの情報を持っている場合は、顧客に解約した理由を尋ねたり、将来的に顧客を再購入させたりする機会を得ることができます。

9.サブスクリプション数量に基づいて動的価格設定を適用します

D2C(DTC)に限らず、通販時代からサブスクリプションの請求プロセスは、複雑で高速になります。ダニング(督促)管理、支払い処理、定期的な請求、更新、複数通貨-これらの頭痛の種は、プログラムを複雑にしすぎないようにする可能性があります。

自動化を使用すると、これらの毎週のやることのいくつかを削除して、価格設定へのアプローチをより創造的にすることができます。その上、サブスクリプショの利便性・便利さに関するものであることを誰もが知っています(つまり、顧客は同じアイテムを何度もチェックアウトするために毎月サイト・カートに戻る必要はありません)。

ただし、サブスクリプションプログラムでは、ブランドが割引を提供しています。特定の商品の月次配達で購入している場合、顧客がすべての注文で10%割引(二重価格だと40%とかもありますね)するオプションが表示されます。顧客がいくら使っているかは関係ありません。オファーは同じです。

しかし、「購入して保存する」のことを考えると、この標準的な購入オファーをスピンして成功したブランドもあります。顧客にブランドのサブスクリプションプログラムにオプトインさせ、より高価なレイヤー層にアップセルさせるための創造的なアイデアを検証してみましょう。

このケースでは、マーチャントは、サブスクリプションの数量に基づいて顧客に割引を提供したいと考えていました。
目標は、より多くの商品を購入する人々にインセンティブを与えながら、より多くのサインアップを促進することです。

どのように設計しますか

顧客が毎月2つの商品をサブスクライブすると、注文全体の5%が割引になります。毎月3つの商品を購入すると、10%オフになります…ポイント:要点がわかりますね。顧客がサブスクリプションモデルに追加する商品が多いほど、注文合計の割引率(額)が高くなるように設計します。

そして、動的なサブスクリプションの価格設定を自動化することで、顧客をアップセルできます。

10.サブスクリプションをキャンセルした顧客を関連するオファーでウィンバック

サブスクリプションは通常は、顧客セルフサービスであるため、顧客は自分のアカウントを簡単に管理できます。(日本ではなかなか無いですけど)そして、これは顧客がいつでもキャンセルできることを意味します。

顧客がサブスクリプションサービスをキャンセルしたからといって、それが顧客との関係の終わりであるとは限りません。休暇で去ったり、新しい都市に引っ越したり、あるいは最後の出荷からまだ商品をストックしている可能性があります。

これらの顧客を呼び戻すことができます

結局のところ、それらはすでにCRMに含まれています。顧客にサブスクリプションプログラムを再サブスクライブさせる簡単な方法は、SNSダイレクトメッセージなどで通知を自動的に送信します。関連するオファー(または他のアドオン)を使用することです。
これは、顧客の第一想起を維持するための良い方法です。ブランド・商品のことを忘れてしまうかもしれないので、取り戻そうとするのにあまり長く待たない方が良いです。

顧客が退会したときにトリガーされます、3週間後(または選択した任意の時間枠)に、顧客は再サブスクライブするためのテキストメッセージオファーを受け取ることになります。そして、LPにはパーソナライズは心・心理=データでつながりがあるオファーがあるはずです。

サブスクリプションコラム

サブスクリプションにとっての課題

サブスクリプションにとっての課題EC/eコマースにおける成長と成功を最適化するために、メディア支出を管理する科学的なアプローチについて説明しています。D2C(DTC)ブランドは競合状況を調査し、支出額、メディア、メッセージ、優先されるチャネル(オムニチャネルでなくても)を特定し、カテゴリーマーケット全体のデータを収集して、DTCマーケティング費用を最適化します。
また、サブスクリプションブランドが直面する課題や収益向上策も詳しく説明しています。最終的には、顧客維持率を高め、収益を増やすためにパーソナライゼーションShopifyLexicaなどのコマースプラットフォーム、EC IntelligenceなどのMAなどのシステムツールソリューションを活用することが重要です。

 

10のサブスクリプションワークフロー

10のサブスクリプションワークフローサブスクリプションプログラムを向上させるための自動化ワークフローについて解説しています。
1. サブスクリプション価格モデルに基づくギフトロイヤルティポイント:
サブスクリプションプログラムの価格に応じて顧客にロイヤルティプログラム・リワードポイントと紹介(Referral)プログラムを提供し、顧客をアップセルして収益を増やす方法。
2. サブスクリプションの解約理由の理解:
解約した顧客にアンケートを送信して、なぜ解約したのかを理解し、プログラムを改善する方法。
3. SKUの自動交換:
季節商品や少ない在庫を持つ場合でも、自動化を使用して商品を交換し(サブスクリプション3モデル)、顧客に新しい顧客購買体験: CXを提供する。
4. 新しい顧客の通知:
新しい顧客がサブスクライブするたびにSlackメッセージを送信して、チームに通知し、トレンドを把握する。
5. ロイヤルティに対する割引:
長期的な顧客に割引を提供して、忠誠心を高める方法。パーソナライズとマーケティングとロイヤリティ・プログラム
6. 解約のリスクがある顧客へのギフト:
解約のリスクがある顧客にサプライズギフトを提供し、顧客を引き留める。

これらの自動化ワークフローは、サブスクリプションプログラムを効果的に改善し、顧客の購入(購買)体験としての満足度と忠誠心を向上させるのに役立ちます。

 

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変える

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変えるDNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/ D2C 3.0ブランドが直面する課題について説明しています。
DTCブランドは、顧客を獲得し、一度きりの購入者をリピート顧客に変えるために努力しています。具体的には、購入(購買)後体験/Post Purchase・ポストパーチェスでの顧客とのコミュニケーションで信頼を構築して、ブランド支持率を高めるメールフローの最適化、パーソナライズの課題、新商品のドロップに関する戦略についてのポイントを解説しています。
DTCブランドは、リピート購入を促進するために購入後のメールを重要なものとして: エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるためのメールフローを活用し、顧客のレーダー感性や関心や悩みにそったパーソナライズされたコミュニケーションを重視すべきです。
また、新商品のドロップにおいてもタイミングが重要であり、データを活用して効果的なキャンペーンを計画する必要があります。
DTCブランドは競争の激しい市場で成功するために、顧客獲得からリピート購入までのプロセスを工夫し、パーソナライズと効果的な顧客購買体験: CXをしてAOV LCTVをグロース施策を採用・改善する必要があります。

 

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変えるリピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える方法についてのポイントをまとめています。
リピートビジネスの安定した流れを持つ購入(購買)体験がある場合、サブスクリプション提供は良いチャンスです、サブスクライバーの価値が大幅に増加します(約2.7倍)。永続的なD2C(DTC)ブランドを築くための堅実な成長戦略であり、最初の購入で商品価値を顧客に理解させ、購入体験・CX:カスタマーエクスペリエンスを通じて活性化させることが重要です。
また、リピーターキャンペーン、創業者とのコミュニケーション(創業者インフルエンサー)、購入の影響、付加価値、購入と保存、VIP待遇、無料アイテムなどの施策のメリットとポイントを紹介しています。しかし、正確なターゲティングは難しく、サブスクリプションの成功には顧客購買体験: CX:ユーザーエクスペリエンスでデザインしてAOV LCTVをグロースさせる運用体制とShopifyや、LexicaなどのMACHのコマースプラットフォームなどの適切な導入が必要です。

 

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持する

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持するサブスクリプションビジネスにおける顧客維持の重要性について解説しています。
サブスクリプション顧客は、通常の店舗顧客よりも長期的な価値を持ち、彼らを維持することが成功の鍵であることは良く知られています。カスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルにするための様々な方法で顧客維持が試みられており、ポイントベースのリワード(報酬)プログラムやキャンセルセーブなどが紹介されています。
さらに、顧客セルフサービスなどの購入(購買)後体験: Post Purchase/ポストパーチェスとしての柔軟性を提供し、顧客が簡単にサブスクリプションを管理できることも重要です。
最後に、デジタルでの購入が増える中で、DNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/D2Cブランドが競争に勝つために必要な対策を解説しています。

 

サブスクリションコマースのグロースポイント

サブスクリションコマースのグロースポイント

D2C・DNVBビジネスの成功のためのステップについて

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー