富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2023 DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

サブスクリプション

2023 DTC リピート収益ガイド  リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

パート 2. リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

顧客からのリピートビジネスの安定した流れを達成したとしたら、サブスクリプションコマースを提供する絶好の機会・タイミングです。日常的な購入をサブスクリプションに変えることは、サブスクライバーのライフタイムバリューが 2.7 倍大きくなるため、大きなチャンスです。

永続的なDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0ブランドを構築したい場合、経常収益をサブスクリプション収益に変換することは堅実な成長戦略です。

このステップの鍵は、最初の購入で商品の価値を確実に理解できるようにすることであり、顧客の課題を明確に理解していることを示すことからです。これは、カスタマーエクスペリエンス、購入後のフローを通じて、活性化させることです。適切なタイミングでアップセルを行うことができます。

ブランドがリピート顧客をサブスクライバーに変えるために使用する一般的な施策のいくつかを探索してそれらが可能な限り効果的でない理由などをチェックしていきます。

顧客キャンペーンを繰り返す

顧客が定期的に購入するようになったら、競合他社よりもブランドを選択する価値を示す関連コンテンツで顧客を育成し続けることが重要です。D2C ブランドが調達した投資の40% が、顧客獲得のために Google およびメタ広告に費やされています。獲得コストが高いということは、ブランドが最初のバイヤーを追いかけるよりも、既存の顧客をサブスクライバーに変える方が、はるかに財政的に持続可能であることを意味します。 

リピーター キャンペーンとしては

創設者に会う / ミッションステートメント

創設者のEメールコミュニケーションは、人々の関心を高めてくれます。(当然ですよね)

Lucky Saint は、創業者にスポットライトを当て、ミッションの価値提案を説明することで、顧客のエンゲージメントを維持しています。

購入の影響

Oddbox は、顧客と一緒に買い物をすることを選択することで、彼らが生み出している違いを顧客に示します。

野菜レスキュー ブランドである Oddbox は、食品廃棄物にプラスの影響を与えていることを定期的に顧客に思い出させ、力を与え、より大きなものの一部であると感じさせます。

付加価値

顧客は個人であり、サブスクリプションを選択する理由はさまざまです。顧客がサブスクリプションを選択する理由は一般的にわかっていますが、特定の理由を個々の顧客に帰することは非常に困難です。これは通常、購読するさまざまな理由ですべての顧客を対象としたブランケット コミュニケーションにつながり、全体的なメッセージを薄めてしまいます。

さらに、サブスクリプションは顧客にとって必須ではなく、あると便利なものであるため、対象を絞り込んで顧客のニーズを掘り下げることができない限り、顧客はあなたのコミュニケーションに無関心になる可能性があります

顧客からのフィードバックを得ることは、顧客をサブスクリプションにアップセルする方法を理解するための鍵です。しかし、この情報を入手するのは難しい場合があります。

サブスクリプション ブランドは、繰り返しの顧客キャンペーンを使用して、顧客のニーズを絶えず活用しています。購入後に顧客に尋ねている興味深い質問の 1 つは、
「この商品はあなたのライフスタイルにどのように影響しますか」
です。

応答の選択肢は、基本的にユース ケースまたは値の小道具のリストとなります。事実上、顧客はここで自己セグメンテーションを行っているため、応答が「より健康的に食べる」である場合、それをブランドの SNS・LINEなど およびEメール自動化プラットフォームにフィードして、ワンサイズ フィットではなく、「健康的な食事」ドリップ キャンペーンをトリガーすることができます。

インサイトは購入(購買)体験:カスタマー ジャーニーの最初、つまり購入が行われる前から始まると考えています。

こうすることで、一律のオファーを避け、より意図的に顧客をターゲットにすることができます。

購入して保存する

サブスクリプションは、多くの場合、店舗の顧客として同じ商品を継続的に購入するよりも顧客にとって安くなります。

D2C(DTC)ブランドはこれを認識しており、価格要因を利用してより多くの顧客をサブスクリプションに変換します。サブスクリプションを選択することでかなりのお金を節約できることを顧客に知らせることは、通常、オンサイトのランディング ページまたは商品の下のボタンで伝えられます。正しく行えば、顧客の生涯価値に真の影響を与えることができますが、間違っていれば成長は妨げられます。

サブスクライブと保存のブランド事例

Ancient Nutrition

Dash Water

低コンバージョン

顧客をサブスクライバーに変えることは、優れた顧客購買体験:ユーザー エクスペリエンスをサポートするための技術を導入することに大きく依存しています。

ランディング ページをユーザー フレンドリーにすることは、最大の課題です。
ランディング ページの UX は、コンバージョンにとって非常に重要です。ボタンの大きさ、目を引く場所、獲得オファーをどのように構成するかなどの側面はすべて非常に重要であり、多くの設計および開発作業が必要になります。

ブランド事例

Asystem

パクトコーヒー

これはよくある問題です。ページの読み込み速度、ポップアップ、壊れたリンク、紛らわしいメッセージなどの側面はすべて、コンバージョンに悪影響を及ぼす可能性があります技術が整ったとしても、顧客が購読するためにログインして詳細を入力しなければならないのは面倒で扱いにくい場合があります

もう 1 つの問題は、サブスクライブして節約することは、ノウハウ本やエージェンシー・ベンターなどホワイトペーパーに登場するすべての D2C ブランドが行っているユビキタスな戦術であることです。競争から際立ち、顧客体験を個人にとって非常に関連性のあるものにすることは、ますます難しくなっています。
多くの場合、ブランドは購入体験CXを強化するサブスクライブして保存するページを持たず、代わりに Dollar Shave Club の例のように、これらのコミュニケーションを商品ページにバンドルします。

たとえば、Dollar Shave Club のウェブサイトはすっきりとした洗練されたデザインですが、すべての顧客が同じ商品ページにアクセスします。このページは、サブスクリプションの価値をすぐには伝えず、ユニーク ユーザー向けに最適化されるのではなく、新規顧客に焦点を当てています。

ランディング ページには標準の「サブスクライブ」ボックスがありますが、リピーター向けには最適化されていません。

最適化されたランディング ページ

現在のサブスクライブと保存のランディング ページは扱いにくく、パーソナライゼーションズが限られています。D2C ブランドがサブスクリプションの成長を本当に推進したいのであれば、カスタマー エクスペリエンスを向上させる必要があります。

サブスクリプションのターゲットを顧客に絞り、エクスペリエンスを最適化します。すべての顧客データを分析して、顧客をサブスクリプションの対象とします。最適化されたサブスクリプションポータルを既存のメールフローの CTA ボタンに追加できます。顧客が CTA をクリックすると、パーソナライズされた カートシステムポータルに移動し、ワンクリックで購入するオプションを選択できます。

これは、顧客に合わせて巧妙に調整されており、サブスクリプションの導入がスムーズに行えるように設計されていることが重要です。

VIP待遇

もはや素晴らしい商品を作るだけでは十分ではありません。すでに多くのブランドがこれを実現しています。Shopify ストアの数は 数百万件増加しました。
これを大局的には、D2C ブランドが追加のインセンティブを提供することは必須であり、顧客はそれを期待しています。顧客は、メンバー限定の特典を提供するサブスクリプションを試すと言い、さらに楽しいアイテムや体験を望んでいます。顧客は、付加価値を得ていると感じたいと思っています。VIP 待遇をレベルアップしないと、競合他社に負ける可能性が高くなります。

VIP 待遇施策を提案して、顧客に定期購入を試してもらいます。

  • 無料アイテム
  • 販売への早期アクセス
  • 限定版
  • 社内専門コンシェルジュ
  • イベントとマスタークラス
  • 最低利用額の後に特典を提供する

失敗事例

Birchbox は無料ギフトを利用して、顧客をサブスクリプションに変えています。←実質倒産

Casper は早期アクセスと専門的な睡眠のヒントを提供します。←CFがプラスになっていない、モデルは迷走中

正確なターゲティング

サブスクリプションのインセンティブ フローでいつ、誰をターゲットにするかを正確に把握することは非常に困難です。顧客は個人であり、サブスクリプションの動機はさまざまです。 

実店舗の顧客をサブスクリプションに変換するのは非常に難しいことがわかりました。メール フローとプログラマティック DM でこれに対処しようとしましたが、1 つの問題は顧客データの統合です。

サブスクリプションコラム

サブスクリプションにとっての課題

サブスクリプションにとっての課題EC/eコマースにおける成長と成功を最適化するために、メディア支出を管理する科学的なアプローチについて説明しています。D2C(DTC)ブランドは競合状況を調査し、支出額、メディア、メッセージ、優先されるチャネル(オムニチャネルでなくても)を特定し、カテゴリーマーケット全体のデータを収集して、DTCマーケティング費用を最適化します。
また、サブスクリプションブランドが直面する課題や収益向上策も詳しく説明しています。最終的には、顧客維持率を高め、収益を増やすためにパーソナライゼーションShopifyLexicaなどのコマースプラットフォーム、EC IntelligenceなどのMAなどのシステムツールソリューションを活用することが重要です。

 

10のサブスクリプションワークフロー

10のサブスクリプションワークフローサブスクリプションプログラムを向上させるための自動化ワークフローについて解説しています。
1. サブスクリプション価格モデルに基づくギフトロイヤルティポイント:
サブスクリプションプログラムの価格に応じて顧客にロイヤルティプログラム・リワードポイントと紹介(Referral)プログラムを提供し、顧客をアップセルして収益を増やす方法。
2. サブスクリプションの解約理由の理解:
解約した顧客にアンケートを送信して、なぜ解約したのかを理解し、プログラムを改善する方法。
3. SKUの自動交換:
季節商品や少ない在庫を持つ場合でも、自動化を使用して商品を交換し(サブスクリプション3モデル)、顧客に新しい顧客購買体験: CXを提供する。
4. 新しい顧客の通知:
新しい顧客がサブスクライブするたびにSlackメッセージを送信して、チームに通知し、トレンドを把握する。
5. ロイヤルティに対する割引:
長期的な顧客に割引を提供して、忠誠心を高める方法。パーソナライズとマーケティングとロイヤリティ・プログラム
6. 解約のリスクがある顧客へのギフト:
解約のリスクがある顧客にサプライズギフトを提供し、顧客を引き留める。

これらの自動化ワークフローは、サブスクリプションプログラムを効果的に改善し、顧客の購入(購買)体験としての満足度と忠誠心を向上させるのに役立ちます。

 

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変える

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変えるDNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/ D2C 3.0ブランドが直面する課題について説明しています。
DTCブランドは、顧客を獲得し、一度きりの購入者をリピート顧客に変えるために努力しています。具体的には、購入(購買)後体験/Post Purchase・ポストパーチェスでの顧客とのコミュニケーションで信頼を構築して、ブランド支持率を高めるメールフローの最適化、パーソナライズの課題、新商品のドロップに関する戦略についてのポイントを解説しています。
DTCブランドは、リピート購入を促進するために購入後のメールを重要なものとして: エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるためのメールフローを活用し、顧客のレーダー感性や関心や悩みにそったパーソナライズされたコミュニケーションを重視すべきです。
また、新商品のドロップにおいてもタイミングが重要であり、データを活用して効果的なキャンペーンを計画する必要があります。
DTCブランドは競争の激しい市場で成功するために、顧客獲得からリピート購入までのプロセスを工夫し、パーソナライズと効果的な顧客購買体験: CXをしてAOV LCTVをグロース施策を採用・改善する必要があります。

 

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変えるリピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える方法についてのポイントをまとめています。
リピートビジネスの安定した流れを持つ購入(購買)体験がある場合、サブスクリプション提供は良いチャンスです、サブスクライバーの価値が大幅に増加します(約2.7倍)。永続的なD2C(DTC)ブランドを築くための堅実な成長戦略であり、最初の購入で商品価値を顧客に理解させ、購入体験・CX:カスタマーエクスペリエンスを通じて活性化させることが重要です。
また、リピーターキャンペーン、創業者とのコミュニケーション(創業者インフルエンサー)、購入の影響、付加価値、購入と保存、VIP待遇、無料アイテムなどの施策のメリットとポイントを紹介しています。しかし、正確なターゲティングは難しく、サブスクリプションの成功には顧客購買体験: CX:ユーザーエクスペリエンスでデザインしてAOV LCTVをグロースさせる運用体制とShopifyや、LexicaなどのMACHのコマースプラットフォームなどの適切な導入が必要です。

 

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持する

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持するサブスクリプションビジネスにおける顧客維持の重要性について解説しています。
サブスクリプション顧客は、通常の店舗顧客よりも長期的な価値を持ち、彼らを維持することが成功の鍵であることは良く知られています。カスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルにするための様々な方法で顧客維持が試みられており、ポイントベースのリワード(報酬)プログラムやキャンセルセーブなどが紹介されています。
さらに、顧客セルフサービスなどの購入(購買)後体験: Post Purchase/ポストパーチェスとしての柔軟性を提供し、顧客が簡単にサブスクリプションを管理できることも重要です。
最後に、デジタルでの購入が増える中で、DNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/D2Cブランドが競争に勝つために必要な対策を解説しています。

 

サブスクリションコマースのグロースポイント

サブスクリションコマースのグロースポイント

D2C・DNVBビジネスの成功のためのステップについて

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
チャットボット優れたパフォーマンスを示し、人間性、スピード、正確さでカスタマー サービスとして完全に解決する 理由と運用を一緒に考えてみてください。 1. お客様の共感を呼ぶ親身な対応 なぜこれまでのAI :人工知能システムは失敗に終...
続きを読んでみる
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる
AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー