富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

サブスクリプションにとっての課題 Shopify

サブスクリプション

サブスクリプションにとっての課題

EC/eコマースでの、成長/成功を最適化しながらメディア支出を管理することは科学です。

ブランドは、競合状況を調査することから始めています。これは、支出額とメディア、最も効果的なメッセージ、優先されるチャネルの特定するワークが含まれています。

ブランドは、対応可能なカテゴリーマーケット(市場)全体を特定して、マーケティングパフォーマンスと全体的な収益に関するデータを収集した後に、マーケティング費用をどこにどれだけ費やすかを決定していきます。

この評価プロセスは FacebookInstagramGoogle などのチャネルにつながりますが、必ずしも期待される ROI を実現できるとは限りません。

その一助として、Shopifyをはじめとするコマースプラットフォームを活用して、サブスクリプションコマースブランドがペイドメディアに関して直面している主な課題のいくつかと、パフォーマンスとリターンを向上させるために組み込むべき、さまざまな施策について詳しく説明していきます。 

サブスクリプションブランドにとって有料メディアの課題

長くてコストのかかるカスタマー ジャーニー

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のサブスクリプションブランドの場合、カスタマージャーニーは非常に長くなります。(なってしまいました)
つまり、Facebook Instagram 、Google (アフリエイトも結局はペイドメディア頼りです。)などの従来のプラットフォームを通じて新規顧客を獲得するには、オフライン通販時代D2C黎明期(DTCチャネルは死んだ)よりはるかに多くの費用がかかるようになりました。

ブランドは通常、価値を伝え、潜在的な顧客にサブスクリプションへのサインアップを促すために、(せいぜい) 6 秒かかります。
この限られた時間枠は、顧客に定期購入を納得させるには十分ではありません。多くの場合、新規加入者が新規顧客を獲得して損益分岐点に達するまでに、新規加入者の月間経常収益 (MRR) 10 倍以上かかることがありますが、この点に達する前に解約する可能性があります。

不明な返品

サブスクリプション ブランドは、顧客獲得による初日(初回)の収益で、適用される顧客獲得コスト (CAC) を決定します。
ブランドは、顧客が利益を上げるために複数のサイクルでサブスクリプションをアクティブに維持する必要があります。
既存および新しいチャネルへの投資は重大な問題を引き起こします。これは、ブランドが購入時の実際の顧客生涯価値 (CLV) を知らずに取る計算上のリスクです。
さらに、解約率を決定し、統計的に有意な数値を生成するには時間がかかるため、マーケティング チャネルの真の収益性は数か月、場合によっては数年間(2020年からは特に)不明です。

透明性のある標準化された報告の欠如

Google アナリティクス (GA4) などの主流の分析プラットフォームは、サブスクリプション企業向けに構築されていません。GA4は、最初の購入時にコンバージョンをUTM パラメーターに戻して追跡するという優れた機能を果たしますが、初日(初回)以降、さまざまなマーケティングチャネルごとに顧客のCTVを判断する目に見える方法はありません。

パフォーマンスの標準的なゲージは、CLV:CAC 比率です。言い換えれば、特定のチャネルから獲得している顧客の CLV はどのくらいで、それは獲得コストの何倍ですかです。これを計算するには、何が効果的かを判断するために、チャネルと顧客ごとにマーケティング行動と請求を一元化する必要があります。
そこから、適切に最適化し、マーケティング費用が最も効果的に使われる場所を判断していきます。多くのサブスクリプション ブランドは、 Lookerなどのビジネス インテリジェンス ツールを使用することになります。
またはTableau SublyticsProfitwellなどのサブスクリプション固有の分析プラットフォームを使用して、これらの KPI を生成して分析・管理します。

キャッシュフローの懸念

ストーリーテリングは、新規加入者を長期にわたって獲得するための鍵ですが、YouTubeTikTokCTV、従来のテレビなどの目標到達プロセスの最上位のマーケティング チャネルやプラットフォームに依存すると、費用がかかります。

顧客が生み出した収益と比較したマーケティング投資のデルタにより、ブランドは赤字から始まり、顧客の維持率が高く、黒字になることを期待していることは当然です。ブランドの規模が大きくなればなるほど、先行投資と現金支出が大きくなります。
通常、利用可能な現金が最も多いものが勝ちます。 

サブスクリプション ブランドが収益を上げて勝つ方法

アップセルやアドオン商品の提示による CLV の向上

顧客のCLV を高め、顧客満足度を維持する方法の 1 つは、購入後のアップセル・クロスセルとエンゲージメントのアップセルを提供することです。

これらの商品は、顧客が購入したコア商品を補完するものであり、パーセンテージディスカウントや送料無料などのインセンティブと組み合わせることができます。すでに購入行動を示している顧客は、追加の商品を購入するのに最適な顧客です。

追加アイテムを紹介するのに最適なタイミングは、ショッピングカートまたは注文確認ページです。
アクティブなサブスクライバーと非アクティブなサブスクライバー、追加のサブスクリプション、および 1 回限りの商品のセグメントを作成して提供することは、既存の商品に満足している顧客をさらにエンゲージし、中止した顧客を再エンゲージするための施策をテストするのに最適な場所とタイミングになります。

チャーンの理由を理解してリテンションを延長

サブスクリプション ブランドは、解約イベントの終了時に解約の理由を理解するのに役立つアンケートを提示することは普通になり始めています。
顧客のこれらの理由には、価格などの簡単に特定できる問題の場合もあります。また、調査では定量化が難しい商品固有の特性によってチャーンが引き起こされている場合もあります。

自由入力フォームを採用してVOCしてください

事前に選択されたドロップダウンオプションなどを使用する静的調査を放棄するということです。そうすることで、従来の調査では発見できなかったチャーンの独自の原因を特定することができるようになるはずです。

犬の飼い主である顧客が、犬が嫌いなにおいの商品であった場合にキャンセルしていたとします。このユニークなキャンセル理由を知った後にあなたならどうしますか、チームは、犬を飼っていることがわかる、離脱顧客のセグメントを作成して、「犬に優しい定期購入」を売り込みます。この施策によって、以前は離れていた顧客を取り戻すことに成功するはずです。
これは、エントリー フォームがなければ非常に困難だったでしょう。パーソナライズされたマーケティングとメッセージングとセグメンテーションにより、顧客が直面している主要な問題に対処しながら、顧客を理解していることが重要であるということです。

所有チャネルでパーソナライゼーションを活用する

メールとDM

購入せずにWeb サイトを訪問する圧倒的な数の人々にどのようにマーケティングを行いますか。

コンバージョンをもたらす、顧客のレーダー(感性や関心や悩みに訴求するパーソナライズされたメッセージは、閲覧とカートの放棄に関するコミュニケーションのベースになります。

所有しているチャネルを通じて、ブランドは適切な商品を適切な人に適切なタイミングで売り込むことができます。
成功しているブランドは、Eメール・SNSダイレクトメッセージ・LINE、調整してこれらのメッセージを展開して、収益を上げています。
ここでの秘訣は、ログインやアクティブなデバイス固有の Cookie ウィンドウに依存せずに、できるだけ多くのサイト訪問者を特定することで、市場性のある個人をできるだけ広くすることです

まとめ:

サブスクリプションビジネスを成功させるには、従来の e コマース企業が考慮する必要のない、いくつかの課題が伴います。
幸いなことに、挑戦にはチャンスが訪れます。エンゲージメントを高め、所有するチャネル全体で顧客との関係を構築するように設計されたソリューションを活用することで、顧客維持率と関連する収益を増やし、ブランドへのロイヤルティを構築できます。

サブスクリプションコラム

サブスクリプションにとっての課題

サブスクリプションにとっての課題EC/eコマースにおける成長と成功を最適化するために、メディア支出を管理する科学的なアプローチについて説明しています。D2C(DTC)ブランドは競合状況を調査し、支出額、メディア、メッセージ、優先されるチャネル(オムニチャネルでなくても)を特定し、カテゴリーマーケット全体のデータを収集して、DTCマーケティング費用を最適化します。
また、サブスクリプションブランドが直面する課題や収益向上策も詳しく説明しています。最終的には、顧客維持率を高め、収益を増やすためにパーソナライゼーションShopifyLexicaなどのコマースプラットフォーム、EC IntelligenceなどのMAなどのシステムツールソリューションを活用することが重要です。

 

10のサブスクリプションワークフロー

10のサブスクリプションワークフローサブスクリプションプログラムを向上させるための自動化ワークフローについて解説しています。
1. サブスクリプション価格モデルに基づくギフトロイヤルティポイント:
サブスクリプションプログラムの価格に応じて顧客にロイヤルティプログラム・リワードポイントと紹介(Referral)プログラムを提供し、顧客をアップセルして収益を増やす方法。
2. サブスクリプションの解約理由の理解:
解約した顧客にアンケートを送信して、なぜ解約したのかを理解し、プログラムを改善する方法。
3. SKUの自動交換:
季節商品や少ない在庫を持つ場合でも、自動化を使用して商品を交換し(サブスクリプション3モデル)、顧客に新しい顧客購買体験: CXを提供する。
4. 新しい顧客の通知:
新しい顧客がサブスクライブするたびにSlackメッセージを送信して、チームに通知し、トレンドを把握する。
5. ロイヤルティに対する割引:
長期的な顧客に割引を提供して、忠誠心を高める方法。パーソナライズとマーケティングとロイヤリティ・プログラム
6. 解約のリスクがある顧客へのギフト:
解約のリスクがある顧客にサプライズギフトを提供し、顧客を引き留める。

これらの自動化ワークフローは、サブスクリプションプログラムを効果的に改善し、顧客の購入(購買)体験としての満足度と忠誠心を向上させるのに役立ちます。

 

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変える

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変えるDNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/ D2C 3.0ブランドが直面する課題について説明しています。
DTCブランドは、顧客を獲得し、一度きりの購入者をリピート顧客に変えるために努力しています。具体的には、購入(購買)後体験/Post Purchase・ポストパーチェスでの顧客とのコミュニケーションで信頼を構築して、ブランド支持率を高めるメールフローの最適化、パーソナライズの課題、新商品のドロップに関する戦略についてのポイントを解説しています。
DTCブランドは、リピート購入を促進するために購入後のメールを重要なものとして: エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるためのメールフローを活用し、顧客のレーダー感性や関心や悩みにそったパーソナライズされたコミュニケーションを重視すべきです。
また、新商品のドロップにおいてもタイミングが重要であり、データを活用して効果的なキャンペーンを計画する必要があります。
DTCブランドは競争の激しい市場で成功するために、顧客獲得からリピート購入までのプロセスを工夫し、パーソナライズと効果的な顧客購買体験: CXをしてAOV LCTVをグロース施策を採用・改善する必要があります。

 

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変えるリピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える方法についてのポイントをまとめています。
リピートビジネスの安定した流れを持つ購入(購買)体験がある場合、サブスクリプション提供は良いチャンスです、サブスクライバーの価値が大幅に増加します(約2.7倍)。永続的なD2C(DTC)ブランドを築くための堅実な成長戦略であり、最初の購入で商品価値を顧客に理解させ、購入体験・CX:カスタマーエクスペリエンスを通じて活性化させることが重要です。
また、リピーターキャンペーン、創業者とのコミュニケーション(創業者インフルエンサー)、購入の影響、付加価値、購入と保存、VIP待遇、無料アイテムなどの施策のメリットとポイントを紹介しています。しかし、正確なターゲティングは難しく、サブスクリプションの成功には顧客購買体験: CX:ユーザーエクスペリエンスでデザインしてAOV LCTVをグロースさせる運用体制とShopifyや、LexicaなどのMACHのコマースプラットフォームなどの適切な導入が必要です。

 

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持する

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持するサブスクリプションビジネスにおける顧客維持の重要性について解説しています。
サブスクリプション顧客は、通常の店舗顧客よりも長期的な価値を持ち、彼らを維持することが成功の鍵であることは良く知られています。カスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルにするための様々な方法で顧客維持が試みられており、ポイントベースのリワード(報酬)プログラムやキャンセルセーブなどが紹介されています。
さらに、顧客セルフサービスなどの購入(購買)後体験: Post Purchase/ポストパーチェスとしての柔軟性を提供し、顧客が簡単にサブスクリプションを管理できることも重要です。
最後に、デジタルでの購入が増える中で、DNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/D2Cブランドが競争に勝つために必要な対策を解説しています。

 

サブスクリションコマースのグロースポイント

サブスクリションコマースのグロースポイント

D2C・DNVBビジネスの成功のためのステップについて

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
続きを読んでみる
ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー