富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2023 DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持する

サブスクリプション

 2023 DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持する

パート3. サブスクリプションの顧客を維持する

サブスクリプションの顧客は、店舗の顧客よりも 2.7 倍の生涯価値をもたらします。アクティブなサブスクライバー ベースを維持することは、DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0 ブランドの最低四分位数と最高四分位数を分けるものでもあります。

DTC ヘルス ブランド Whoop は、トップ サブスクリプション カスタマーとブランドが
「1 年後も収益の 65% 以上を保持している」
と断言しています。保持率が 50% を超えると上位四分位数と見なされ、42% が中央値と見なされます。多くの企業は 40 ~ 45% の間で推移しています。」

顧客獲得コストが急上昇し、iOS の更新が広告主にとってハードルを生み出し続けているため、サブスクリプション加入者を維持するための施策を整備することがこれまで以上に重要になっています。

D2C ブランドがサブスクリプションの維持をどのように推進しているかを見てみましょう。D2C ブランドが直面している現実の課題について聞いてみましょう。

ポイントベースの報酬

サブスクリプション ポイントの報酬を通じてロイヤルティを奨励することは、アクティブな基盤を維持するための試行錯誤された古くからある施策です。

Beer 52 は、忠実なサブスク加入者にポイント ベースの報酬を提供をしています。

顧客が受け取るサブスクリプション ボックスごとに、追加の商品に対するポイントを獲得できます。これらのポイントは増え続けますが、サブスクライバーがキャンセルを選択した場合、ポイントは消去されます。

カスタマーの声
「Beer 52
のサブスクリプションを 3 年間利用しています。サブスクリプションを継続するのは必ずしも都合がよいとは限らないときは、キャンセルを検討することもあります。アクティブなサブスクリプションを続けている理由は、私のポイントのすべてを失いたくないからです。」

商品の保管在庫が多すぎる 

商品ベースのロイヤルティ リワードの問題点は、加入者がすでにその在庫を利用分を超えていることが多いことです。サブスクリプション顧客についてコメントし、人々が一時停止またはキャンセルする最大の理由は、商品が定期補充で送られてきて、消費されないまま保管されている在庫が多すぎることです。結局のところ、未使用のプロテインパウダーの袋が 3 つ、食器棚にホコリが溜まっているのを誰も望んでいません。 

過剰な商品在庫(保存から保管へ)の問題を解決するには、顧客がサブスクリプションを柔軟に管理できるようにする必要があります。これは一般的にブランドによって提供されていますが、誰もパスワードを思い出せないため、ログインするのはしばしば頭痛の種ですより良い解決策は、ログイン不要のサブスクリプション管理を提供することです。

顧客セルフサービス とは

キャンセル保存

キャンセルを介することで、サブスク加入者を保持し、目標到達プロセスと輝くデータを保存して、商品とサービスを改善します。

サブスクリプション ブランドが基盤を維持するために使用するもう 1 つの戦術は、「キャンセル セーブ」です。
これは通常、サブスクライバーがサブスクリプションをキャンセルするアクションを実行したときに表示される、サブスクライバーのアカウント エリアにあるポップアップ フォームです。

Pact Coffee では、購入者はキャンセルする理由を正確に詳しく説明するよう求められます。各オプションは、顧客を新しいボックスに導き、代替案を提供するという決定に挑戦します。

顧客には、キャンセルすることを再考することを期待して、キャンセルに代わる多くの選択肢が与えられます。

この施策は、サブスクリプションのチャーンを減らすのに役立つだけでなく、ブランドが顧客についてより多くの知識を得ることができるため、ブランドが先に進んでキャンセルした場合でも、ウィンバックキャンペーンでより密接にターゲットを絞ることができます。 キャンセルの保存は、Huel が非常に効果的に使用した施策です。

カスタマーエクスペリエンスの低下

キャンセルへのハードルを上げることは、顧客ベースについて詳しく知り、保持を促進するための優れた方法ですが、顧客体験にはあまり適していません。消極的または怒っている顧客の場合、キャンセルするためのハードルを提示すると (すでに苛立たしいログインプロセスを超えて)、顧客は完全に解約する可能性があります。 

余剰商品で述べたように、理想的には、顧客は管理者の障壁なしに数回クリックするだけでアカウントを管理できることです。

キャンセル セーブ インサイト

サブスクリプションの継続率を高めるためのヒント

チャーンに対処するための最初のステップは、理由を理解し、顧客がキャンセルに関するフィードバックを提供できるようにすることです。顧客が解約する理由と実装すべき施策です。

  • 過剰な商品 >
    商品を交換し、配達をスキップまたは遅延するオプションを顧客に提供します。これは、カスタマー ポータルを介して行うことができます。
  • すぐに注文が必要 >
    追加の配送オプションを顧客に提供します。
  • 価格設定 >
    サブスクリプション固有の割引を提供するか、低価格のプランを作成して、引き続き価値を提供します。

サブスクリプションの柔軟性

サブスクリプションの柔軟性は絶対に重要です。顧客は常に変化しており、サブスクリプションが自分のライフスタイルに適合することを期待しています。顧客は、好きなときに好きなものを自由に選択できることを望んでいると報告しています。

サブスクリプション ブランドは、生き残り、繁栄するために、消費者の高い期待に応える必要があります。

商品をスキップ、一時停止、遅延、ファストトラック、または追加する機能はすべて、サブスクリプションの柔軟性を提供するための賢明な方法ですEC/eコマースのD2C ブランドが加入者を維持するためにこの施策をどのようにしているか

柔軟性

購入時期シミュレーション機能(計算機)は、顧客が必要なコーヒーの量を見積もり、無駄を避けるのに役立ちます。

Pact Coffee のこのような周期計算機は、顧客が使用する分だけ商品を持っていることを確認するための良いボーナス施策です

教育

レスキュー ブランドであるOddbox は、顧客が事前にサブスクリプションを変更する機会を提供します。

アカウント エリアでサブスクリプションを変更できることについて、顧客にリマインダーの更新を送信します。柔軟性に関する教育を推進し続けることは非常に重要です。なぜなら、顧客は自分が実際にどの程度制御できるかを認識していない可能性があるからです。

教育は、キャンセルまたは短い休憩の違いになる可能性があります。ただし、この戦術は、顧客が実際にメールを開いて読んでいることに依存しています。 

Eメールマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策を設計・運用するポイント

アカウントエリアの柔軟性

アカウント エリアで十分な柔軟性を提供します。

ブランドが柔軟性を示す最も一般的な方法は、ビタミン サプリメント ブランド、Heights のように、アカウント エリアにあります。顧客がログインすると、サブスクリプションを管理できるようになります。

編集のしやすさ

サブスクリプションを編集するためにポータルにログインする手間がかかるのは、顧客にとって苦痛です。煩わしさを避けるために、多くの人は単に完全にキャンセルすることになります。 
受動的な購買者、または特に解約の危機に瀕している購買者は、そもそもエンゲージメントが低く、物事を簡単に管理するためにアカウントの詳細を覚えている可能性が低くなります。 顧客にログインの責任を負わせることは、カスタマー エクスペリエンスの質を低下させ、カスタマー エクスペリエンス チームがしばしば直面する問題です。

サブスクリプションを編集するためにポータルにログインする手間がかかるのは、顧客にとって苦痛です。煩わしさを避けるために、多くの人は単に完全にキャンセルすることになります。 受動的な購買者、または特に解約の危機に瀕している購買者は、そもそもエンゲージメントが低く、物事を簡単に管理するためにアカウントの詳細を覚えている可能性が低くなります。 顧客にログインの責任を負わせることは、カスタマー エクスペリエンスの質を低下させ、カスタマー エクスペリエンス チームがしばしば直面する問題です。

顧客が今後の注文を簡単に編集またはスキップできるようにすることが重要です。個々の注文を管理するためのこれらのアクションに簡単にアクセスできない場合、サブスクリプションのキャンセルにつながる可能性があることを私たちは知っています。

Mindful Chef.

サブスクリプションをスムーズに管理する方法を顧客に提供することで、競合他社より優位に立つことができ、サブスクライバーの生涯価値を高め、解約を減らすことができます。 

顧客がログインしなくてもサブスクリプションを管理できるワンクリック サブスクリプション マネージャーを作成しました。顧客は、出荷を遅らせたり、変更したり、1 回限りのアイテムを次の注文に追加したりして、解約を減らすことができます。保持力を高めます。 

Floe

結論

リピート収益ガイドが、既存の顧客ベースからより多くの価値を生み出す方法について考えるのに役立つことを願っています。

再注文、サブスクライバー、およびリテンションの 3 つの柱をサポートするために利用できる施策は数多くありますが、市場に出回っている現在のツールでは不十分な点があることは明らかです。

状況を変える必要があります。人々が必要に応じて実店舗に戻ってくるため、デジタルでの購入は低下していきます。この状況は悪化し続ける可能性があります。この市場で生き残れるのは、最強の DTC ブランドだけです。

富士ロジテックホールディングスではDTC ブランド向けの迅速かつ効果的なソリューションをパートナーと一緒になって提供しています。

リピート収益プラットフォームは、顧客に再注文、サブスクリプションを試してもらい、サブスクリプションを維持するための最も簡単な方法です。 コストの上昇、顧客維持率の低下、サブスクリプション解約のループに陥っていませんか。

 

サブスクリプションコラム

サブスクリプションにとっての課題

サブスクリプションにとっての課題EC/eコマースにおける成長と成功を最適化するために、メディア支出を管理する科学的なアプローチについて説明しています。D2C(DTC)ブランドは競合状況を調査し、支出額、メディア、メッセージ、優先されるチャネル(オムニチャネルでなくても)を特定し、カテゴリーマーケット全体のデータを収集して、DTCマーケティング費用を最適化します。
また、サブスクリプションブランドが直面する課題や収益向上策も詳しく説明しています。最終的には、顧客維持率を高め、収益を増やすためにパーソナライゼーションShopifyLexicaなどのコマースプラットフォーム、EC IntelligenceなどのMAなどのシステムツールソリューションを活用することが重要です。

 

10のサブスクリプションワークフロー

10のサブスクリプションワークフローサブスクリプションプログラムを向上させるための自動化ワークフローについて解説しています。
1. サブスクリプション価格モデルに基づくギフトロイヤルティポイント:
サブスクリプションプログラムの価格に応じて顧客にロイヤルティプログラム・リワードポイントと紹介(Referral)プログラムを提供し、顧客をアップセルして収益を増やす方法。
2. サブスクリプションの解約理由の理解:
解約した顧客にアンケートを送信して、なぜ解約したのかを理解し、プログラムを改善する方法。
3. SKUの自動交換:
季節商品や少ない在庫を持つ場合でも、自動化を使用して商品を交換し(サブスクリプション3モデル)、顧客に新しい顧客購買体験: CXを提供する。
4. 新しい顧客の通知:
新しい顧客がサブスクライブするたびにSlackメッセージを送信して、チームに通知し、トレンドを把握する。
5. ロイヤルティに対する割引:
長期的な顧客に割引を提供して、忠誠心を高める方法。パーソナライズとマーケティングとロイヤリティ・プログラム
6. 解約のリスクがある顧客へのギフト:
解約のリスクがある顧客にサプライズギフトを提供し、顧客を引き留める。

これらの自動化ワークフローは、サブスクリプションプログラムを効果的に改善し、顧客の購入(購買)体験としての満足度と忠誠心を向上させるのに役立ちます。

 

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変える

DTC リピート収益ガイド 一度限りの顧客をリピーターに変えるDNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/ D2C 3.0ブランドが直面する課題について説明しています。
DTCブランドは、顧客を獲得し、一度きりの購入者をリピート顧客に変えるために努力しています。具体的には、購入(購買)後体験/Post Purchase・ポストパーチェスでの顧客とのコミュニケーションで信頼を構築して、ブランド支持率を高めるメールフローの最適化、パーソナライズの課題、新商品のドロップに関する戦略についてのポイントを解説しています。
DTCブランドは、リピート購入を促進するために購入後のメールを重要なものとして: エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるためのメールフローを活用し、顧客のレーダー感性や関心や悩みにそったパーソナライズされたコミュニケーションを重視すべきです。
また、新商品のドロップにおいてもタイミングが重要であり、データを活用して効果的なキャンペーンを計画する必要があります。
DTCブランドは競争の激しい市場で成功するために、顧客獲得からリピート購入までのプロセスを工夫し、パーソナライズと効果的な顧客購買体験: CXをしてAOV LCTVをグロース施策を採用・改善する必要があります。

 

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える

DTC リピート収益ガイド リピーター顧客をサブスクリプション顧客に変えるリピーター顧客をサブスクリプション顧客に変える方法についてのポイントをまとめています。
リピートビジネスの安定した流れを持つ購入(購買)体験がある場合、サブスクリプション提供は良いチャンスです、サブスクライバーの価値が大幅に増加します(約2.7倍)。永続的なD2C(DTC)ブランドを築くための堅実な成長戦略であり、最初の購入で商品価値を顧客に理解させ、購入体験・CX:カスタマーエクスペリエンスを通じて活性化させることが重要です。
また、リピーターキャンペーン、創業者とのコミュニケーション(創業者インフルエンサー)、購入の影響、付加価値、購入と保存、VIP待遇、無料アイテムなどの施策のメリットとポイントを紹介しています。しかし、正確なターゲティングは難しく、サブスクリプションの成功には顧客購買体験: CX:ユーザーエクスペリエンスでデザインしてAOV LCTVをグロースさせる運用体制とShopifyや、LexicaなどのMACHのコマースプラットフォームなどの適切な導入が必要です。

 

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持する

DTC リピート収益ガイド サブスクリプションの顧客を維持するサブスクリプションビジネスにおける顧客維持の重要性について解説しています。
サブスクリプション顧客は、通常の店舗顧客よりも長期的な価値を持ち、彼らを維持することが成功の鍵であることは良く知られています。カスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルにするための様々な方法で顧客維持が試みられており、ポイントベースのリワード(報酬)プログラムやキャンセルセーブなどが紹介されています。
さらに、顧客セルフサービスなどの購入(購買)後体験: Post Purchase/ポストパーチェスとしての柔軟性を提供し、顧客が簡単にサブスクリプションを管理できることも重要です。
最後に、デジタルでの購入が増える中で、DNVBとその一カテゴリーDTC(Direct-to-Consumer)/D2Cブランドが競争に勝つために必要な対策を解説しています。

 

サブスクリションコマースのグロースポイント

サブスクリションコマースのグロースポイント

D2C・DNVBビジネスの成功のためのステップについて

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Research Online Purchase Offline (ROPO) とは
Research Online Purchase Offline (ROPO) とは
インターネットは、消費者が調査を行い、購入を決定する方法に大きな変化をもたらしました。eコマースとそれを対応値したオムニチャルの台頭に伴い、従来の実店舗は、Research Online Purchase Offline(ROPO)の...
続きを読んでみる
コミュニティマーケティング コンテンツリスト
コミュニティマーケティング コンテンツリスト
人々にブランドを信頼してもらうための CIA 心理戦術の適用に関するヒントをいくつか共有しました。なぜ?なぜなら、人は信頼できる人から物を買うからです。顧客に自分自身を売り込んでもらいましょう。 トピックや問題点を提示し、顧客がそれに...
続きを読んでみる
2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 オムニチャネル顧客マーケティング スーパーファンとともに迅速かつ持続的な成長を
2024 年 e コマースのビジネス環境では、ブランドは変化の結果でもある一連の課題に直面しています。円安インフレ、Apple の iOS 14 のリリース、e コマース業界の前例のないプレイヤーの急増により、DTC(パフォーマンスマ...
続きを読んでみる
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
ブランドコミュニティ マーケティングの構成要素 ユニファイドコマースとオムニチャネル
絶えず変化するコマース環境をナビゲートすることは、特に顧客が 1 日中マーケティング メッセージの海に溺れている場合には、目まぐるしく価値と効果のあるになります。だからこそ私たちは、コマース ブランドがオーディエンスとつながる方法に大...
続きを読んでみる
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
チャットボット優れたパフォーマンスを示し、人間性、スピード、正確さでカスタマー サービスとして完全に解決する 理由と運用を一緒に考えてみてください。 1. お客様の共感を呼ぶ親身な対応 なぜこれまでのAI :人工知能システムは失敗に終...
続きを読んでみる
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー