ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント

ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 配送とフルフィルメントのポイント

 

ユニファイドコマースとオムニチャネルを通じて、優れた顧客体験を提供することは、売上とロイヤルティの向上につながります。

ユニファイドコマースは、関連性、正確性、顧客サービスに対する中核的な期待に応えることで、CXを向上させることです。

エンドツーエンドのパーソナライゼーションにより、マーチャントは、eコマースサイトや店舗でのインタラクションを考慮したコンテクスチュアルな体験を提供することができます。
場所、過去の注文履歴、AI主導のパーソナライゼーションに基づいて、最も関連性の高い商品とコンテンツを動的に表示することで、買い物客は適切な商品にすばやくつながることができます。

注文と在庫のリアルタイムの可視化が重要

買い物客がショッピングオプションや注文処理をナビゲートし、来店をより適切に計画できるようにします。異種の注文管理、商品情報、オンラインシステムのパッチワークに依存している小売業者は、不整合や遅延に悩まされ、顧客の不満につながる可能性があります。

カスタマーサービスへの依存度はかつてないほど高まっています。

買い物客は、かつてないほど、小売業者がますます複雑化する支援要求を解決することを期待しています。、「難しい」と評価された問い合わせの割合は倍増していきます。
カスタマーサービスエージェントと店員は、インタラクションを満足のいく解決に導くために、閲覧履歴と購入履歴を組織全体で可視化する必要があります。

最新のフルフィルメント・出荷管理により、配送プロセスの処理が容易になり、 販売のデジタル化に向けた重要なステップとなります。

外部のフルフィルメントプロバイダーと連携するか、 出荷を自分で行う かに関係なく、プラットフォームを 使用すると、外部サービス プロバイダーをシームレスに統合して、迅速な出荷処理と明確なモニタリングを実現できることが大切です。

Shipping & Fulfillment のポイント

多数の配送事業者へのインターフェースを直接 API 経由またはDataHub経由で利用可能
外部の物流プロバイダーとフルフィルメントプロバイダーの統合
リアルタイムの倉庫更新を含むシャドウ倉庫と委託倉庫のマッピング
統合出荷モジュールで配送書類を簡単に作成

Shipping & Fulfillment モジュールを使用して出荷プロセスを簡単に最適化

配送業者との接続

ヤマト、佐川、日本郵政などのさまざまな配送サービスプロバイダーへのインターフェースを利用することで 、配送プロセスをより簡単に処理および最適化できます。配送プロバイダーは、 API を介して個別に 接続 できます。

物流業者のつながり

物流プロバイダーやフルフィルメントプロバイダーと連携して出荷プロセスを処理する場合、それらのプロバイダーを プラットフォームにネイティブに接続できることが大切です。荷物に関するすべての情報が 1 か所で入手できることを意味します。

統合された出荷モジュール

出荷モジュール内で、 注文ラベル、小包ラベル、返品伝票、その他の配送書類を簡単に作成できることを確認してください。

自社店舗/倉庫・委託倉庫のサポート

フルフィルメント プロバイダー と委託倉庫を 仮想倉庫としてマッピングできる ため、たとえば、すべての倉庫の移動をシステム内でライブで利用できるようになります。

BOPIS

コンポーザブルコマース優れたデジタル体験を推進し、スムーズで高速かつシームレスなカスタマージャーニーを提供し続けるBOPISなどのフルフィルメントソリューションは、当面の間、オンライン小売において重要な役割を果たし続けるでしょう。

そして、顧客にとってのメリットは、小売業者にとってもメリットに反映されます。

  • 顧客が商品を持ち帰る前に商品を確認できるため、返品の受け取り、輸送、処理の必要性が軽減されます。
  • 顧客が店頭で追加の商品を購入することが多いため、平均注文額が増加します。
  • 出荷の最終配送フェーズを排除します。

シンプルな販売管理

個別の出荷プロセスをサポート

顧客は購入時の柔軟性をますます重視するようになり、これは特に配送オプションにも当てはまります。

顧客にさまざまなオプションを提供する場合は、社内の出荷プロセスを個別に設計し、自社の要件に適応させる必要があります。Shipping & Fulfillment は、さまざまな配送サービス プロバイダーや外部プロバイダーに簡単に接続します。内部プロセスを効率的に管理しながら、顧客に柔軟な配送オプションとさまざまな配送サービスプロバイダーを簡単に提供できることです。

まとめ

迅速、効率的、便利なオムニチャネルサービスを顧客に提供するには、店舗や倉庫の在庫全体を可視化する必要があります。オンライン注文と対面フルフィルメントに対応するために、小売業者はオンラインとオフラインの在庫管理の間の障壁を取り除くツールにアクセスする必要があります。

在庫の可視化は、他の在庫管理ソフトウェアと統合するインテリジェントなPOSシステムによって部分的に提供できます。

この方法で在庫をリンクすると、在庫レベルをよりよく把握でき、顧客がサイトを検索したときに、在庫レベルが高いまたは低い製品をブーストまたは埋めるオムニチャネル戦略を活用するために使用できます。

BOPISには、タッチポイントとチャネル全体で優れたカスタマーサービスを提供し、注文の場所や受け取り場所に関係なく、エクスペリエンスの一貫性を維持しながら、変化する顧客行動に適応する必要があります。

柔軟でカスタマイズ可能なフルフィルメントオプション

適切なeコマース注文管理システムは、ビジネス固有のニーズを満たすために必要な制御を提供します。テクノロジーは、特定のニーズに合わせてフルフィルメントプロセスを調整できるソリューションで実現します。配送方法、注文ルーティングなど、システムを通じて、コマース企業は次のことが可能になります。

すぐに使えるフルフィルメントワークフローを利用するか、独自のワークフローを作成して配送業者と統合し、フィルレートの向上や人件費の削減を行います。
ドロップシッピング、クロスドック補充、小売フルフィルメントプログラム、およびチャネルの返品または交換・リコマースのための回収を可能にします。

数回クリックするだけで、ウェーブピッキングやパック、ギフト包装などの追加のホワイトグローブサービスをスタッフに提供できることです。

ユニファイドコマースとオムニチャネルの成長のTips

ソリューションの推奨事項:

承認されたカタログを主要なソーシャル コマースおよび支持者の精選されたコミュニティ (ソーシャル チャネル) チャネルに簡単に公開できるプラットフォームで e コマース サイトを実行していると思います。 (e コマースとチャネルの統合)
SNSなどでは、

  • マルチブランドキュレーションのエキスパート
  • ニッチなカテゴリーの信頼できるアドバイザー
  • テイストメー​​カー
  • 商品の専門家

などのインエンサー・アンバサダーなどとの関係を築き、ハウツーコンテンツ(使い方、着こなし、スタイリングなど)や、休日やイベント、キャンペーンなどのキュレーションを実施して貰います。

コミュニティの在庫、注文、返品、オンラインからオフライン、オンラインで購入、店舗で受け取り (BOPIS)、オンラインで購入、店舗で返品 (BORIS)のプロセスを簡単にします。

今日から実践してみてください