富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 購買およびサプライヤー管理のポイント

3PL AI B2B B2B2C B2Bコマース D2C DNVB DTC EC eコマース Eコマースプラットフォーム FBA SCM オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント ユニファイドコマース 越境EC
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 購買およびサプライヤー管理のポイント

小売企業にとって、対面(店舗)リテールまたはオンラインコマースのみに力を注ぐだけでは十分ではないかもしれません。
調査によると、顧客は買い物の際に複数のチャネルを使用することを好み、小売企業には新しいコマース体験を構築して、提供するよう促しているともいえます。
トランザクションは、WebからEメール、LINE、SNS・ーシャル メディアモバイルコマース アプリまで、幅広いチャネルで行われています。動的で一面的ではなくなりました。

ユニファイドコマースのアプローチをする企業が増えていますが、商品開発・調達にはどのような影響があるのでしょうか。

商品を販売する人は商品の調達にも気を配る必要があります。

販売で配送のボトルネックが生じないよう、注文、在庫とサプライヤーを綿密に計画し、調整する必要があります。特に、多くの異なるサプライヤーと協力する場合、または幅広い商品・製品範囲を提供する場合は、構造と組織がすべてになります。

Purchasingは、購買を効率的に整理し、要件、納品、サプライヤーの概要を常に把握するのに役立つことが必要です。

Purchasing (パーチェス)のポイント

  • 関連する指標に基づいて購入数量を計画し、注文を生成する。
  • サプライヤー注文の自動作成が可能か。
  • 倉庫と商品管理に直接データリンク出来る。
  • 会計と直接リンクしたマルチレベルの請求書と納品検証

自動化されたデータ主導型の購買およびサプライヤー管理

定義された指標に基づいてオーダーを計画する

商品在庫保管範囲に基づいて購入数量を簡単に計算および計画できることです。このシステムでは、需要変動(マーケティング施策やサブスクリションデータ)や季節依存性も考慮されます。商品の人気などの関連データに基づいて、商品の注文に関する提案が自動的に生成され、ボトルネックを回避できます。

入荷商品と仕入先の管理

入庫を直接スキャンしてシステムに入力できると効率化できます。(デジタルIDやRFIDタグなどの技術も進化しています。)
モジュールからラベルを生成して印刷することで、商品にすぐに正しくラベルを付け、後の注文プロセスに備えることができます。商品が記録されて販売可能になった後、在庫は自動的に補充されます。さらに、サプライヤーに関するすべての情報がモジュールに保存されています。

サプライヤーへの自動注文

定義されたメトリックを使用して、サプライヤーの注文をシステムで自動的に作成できます。この機能により、特に定期的な注文や多数の異なるサプライヤーの場合、購入ワークフローが簡素化されます。

会計に直結する

商品の注文と記録されたサプライヤー請求書は、Accounting ・管理/財務会計へのリンクを通じてリリース プロセスに常に自動的にリストされます。
請求書は、多段階のプロセスと 4 つの目の原則に従って常にチェックされます。

組織的な購買管理

購入においては、商品の価格、品質、納期だけでなく、構造化された要件の計画も重要になります。プロフェッショナルな販売を確実にするには、購入もプロフェッショナルに設計されている必要があります。
商品の調達を明確にし、常に予定どおりに購入を実行できるようにサポートしてくれることです。インテリジェントな自動化とデータ主導の分析のおかげで、どの商品・製品・資材などをいつ再注文する必要があるかを常に正確に知ることができることになります。

サプライチェーンのデジタル化

サプライチェーン管理

デジタル化がバリューチェーンとサプライチェーンに与える影響は大きくなります。小売・製造企業は、サプライヤーから顧客に至るまでの価値創造プロセス全体をシームレスに実行するためには、効率的かつ企業横断的なサプライチェーン管理が必要になってきています。
デジタル オペレーションプラットフォームは、そのための理想的な基盤になります、サプライ チェーンのさまざまなステップを 1 つのツールから制御できるようにします。購買プロセスをデジタル化および自動化する購買モジュールは、持続可能なサプライ チェーンの最初のステップとなります。

サプライ チェーンの回復力

グローバル サプライ チェーンへの影響は、それによるグローバル市場への影響でもあります。
前例のない混乱であるパンデミックにより、企業は、従来は低コストの供給と最小限の在庫に依存していたプロセスの方法を再考し、サプライチェーンの回復力の構築を開始することを余儀なくされています。
サプライ チェーンを安定させることで、小売業者は変化に迅速に対応し、将来のリスクを軽減できるようになります。Deloitte のレポートによると、小売業者は、サプライヤーとの関係を強化し、デジタル化を促進し、オムニチャネル販売に投資し、「予測分析、機械学習、AI :人工知能などの高度なテクノロジー」を利用することで、積極的に対応することができるとレポートしています。

ユニファイドコマースとオムニチャネルの成長ポイントTips

グローバル e コマースは、地政学的な境界を越えて海外の顧客に商品・製品やサービスをオンラインで販売するプロセスです。
コマース小売業者が自国の国内でのみ販売するローカル e コマースと比較して、グローバル e コマースでは、商人が非ネイティブ市場に拡大し、新しい顧客にリーチすることができます。

非常に多くの e コマース プラットフォーム、マーケットプレイス、デジタル ソリューションが利用できるため、世界各地でのオンラインでの販売を検討しているマーチャントには事実上制限がなく、ビジネスのグローバル化がかつてないほど容易になっています

国境を越えたオンライン ショッピング

グローバル e コマースの優れた点は、海外のオーディエンスに見つけてもらうために、必ずしもグローバルな存在感を示す必要がないことです。オンラインショッパーは、すでに母国以外の商品やサービスを探しています。

これは、フォロワーを獲得するために必ずしも別の国に実店舗を構える必要がないことを意味しています。
場合によっては、強力なオンライン広告キャンペーンやソーシャルメディア戦略だけが必要な場合もあります。Google 広告や Facebook 広告などのツールを使用すると、真っ先に飛び込む前に新しい市場の可能性を試すことができます。

中国および APAC 市場の拡大

莫大な購買力を持つ世界最大の経済圏の 1 つとして、中国は世界的な拡大を目指す e コマース小売業者にとって大きな収益機会を秘めています。
アジア太平洋 (APAC) 地域の小売 e コマースの売上高は、主に都市化、技術の進歩、および人口増加の結果として、世界の他の地域を合わせたよりも大きくなると予想されています。

もちろん、中国への進出は必ずしも簡単なことではありません。中国の e コマース市場の 80% が e コマースの巨人 Alibaba によって支配されているため (eBay と Amazon の両方を合わせたよりも多くの売上を上げている)、多くの小売業者は競争から遠ざかる可能性があります。

しかし、参入障壁が高いにもかかわらず、小売業者が中国市場に取り組むために使用できるいくつかの重要な戦術があります。

  • 地元の確立されたベンダーと提携します。
  • マーケティング、エンジニアリング、販売のいずれの目的であっても、中国を拠点とするチームを作成します。
  • オンライン プレゼンスを構築します。
    中国では、Facebook や Instagram などのサイトでのソーシャル コンテンツや広告コンテンツの掲載は許可されていませんが、小売業者は地元のサード パーティのマーケットプレイスやブランドの e コマース サイトで地位を確立することができます。
  • ローカライズされた言語
    これは簡単なことかもしれませんが、eコマースサイトがターゲット市場の現地語であることです。
    サイトの言語をローカライズすることで、顧客とのコミュニケーションが改善されるだけでなく、検索エンジンでのサイトのランクが向上する可能性もあります。つまり、製品に対する注目度が高まり、販売の機会が増えるということです。

グローバルな e コマース プラットフォームと統合の確立

e コマース プラットフォームを新しいオーディエンスのニーズに合わせて調整して始めることです。グローバル市場ごとに独自の計画と検討が必要なため、それに応じてオンライン ストアを準備する時間を確保します。

ここで、海外でビジネスを開始する際に考慮すべき 4 つの分野について説明します。

1.価格

Harvard Business Review によると、顧客が価格をどのように認識するかは、価格設定自体と同じくらい重要です。
ある会社が競合他社と同じ価格を提示していたとしても、マーケティング担当者が顧客にその価格を市場平均よりも低いと認識させる戦術があります。

たとえば、中国、インド、ブラジル、アルゼンチンなどのハイコンテキストの国では、価格がゼロ ($10.00 など) の場合に商品の売り上げが高くなり、米国、オーストラリア、ノルウェーなどのローコンテキストの市場では、顧客は 9 で終わる ($9.99)価格によく反応します。

簡単に思えるかもしれませんが、通貨換算は考慮すべきもう 1 つの問題点です。

変動する為替レートに直面しているグローバルな小売業者は代わりに固定レートを設定し、価格の一貫性を確保しています。価格を現地通貨で表示するようにしてください。価格を日本円のままにしておくと、ショッピング カートが放棄され、コンバージョン率が低下する可能性があります。

2. 支払い

クレジット カードとデジタル/モバイル ウォレットが米国で最も人気のある e コマースの支払い方法でどちらも合計支払い数の 30% を占めています。

しかし、決済方法をグローバルな視点で見ると、ランキングは少し異なります。
デジタル ウォレットとモバイル ウォレット (Apple Pay や PayPal など) が世界の e コマース トランザクションのなんと 45% を占め、わずか 23% の市場シェアで 2 位に位置するクレジット カードを上回っています。

これは、顧客の支払い設定が国によって異なることを示しています。そのため、海外の顧客が常にクレジット カードで支払うことを期待することはできません。

たとえば、メキシコでは、すべての支払いの 86% が現金であり、東南アジアでは人口のわずか 15% がクレジット カードまたはデビット カードを所有しており、人口のほぼ 3 分の 1 が銀行口座を所有していません。

人々の支払い方法のような単純なことを見落としがちですが、これらの詳細は、販売を行うか、潜在的な顧客を失うかの違いになる可能性があります. したがって、デフォルトでクレジット カードを使用する代わりに、いくつかの調査を行い、チェックアウト フローがターゲット オーディエンスの好みに応えていることを確認してください。

3.カスタマーサービス

顧客が海外に住んでいるからといっても、顧客サービスは、国内市場と同様にグローバル市場でも重要です。

特に、返品や交換に関するポリシーなどの要素を考慮すると、他の国のビジネスは同じように運営されていると考えるべきではありません。

アメリカの店舗は質問なしの返品ポリシーを採用していますが、フランスの買い物客はすべての購入が最終的なものであると想定することが多く、日本では多くの店舗が恣意的な理由による返品を受け付けません。
したがって、グローバルに展開する場合は、市場の好みに応じて、各国の返品ポリシーにどのように対処するかを考慮する必要があります。

顧客サービスのもう 1 つの重要な側面は、コミュニケーションの方法です。電話/音声、Eメール、およびライブ チャットが一貫して最も人気があるものの、好まれるコミュニケーション チャネルが国によって大きく異なることは明らかです。

4. 配送と物流

ビジネス オーナーがグローバル e コマースで直面する課題の大半は、配送とロジスティクスに関連しています。

  • 物流に関する特徴や価値観:
  • 国境を越えた物流:
  • 国境を越えた返品:
  • 配達予定の管理:
  • 配達の追跡:

新しいテクノロジーとマルチキャリア ソフトウェア プラットフォームを活用することで、マーチャントはこれらの物流上の課題を効率的にナビゲートできます。

特に海外で販売する場合は、顧客が柔軟な配送オプションと透明な価格設定を利用できるようにすることが重要です。

プレミアム配送サービス (速達便など) を提供する小売業者は、平均よりも早く成長しています。
標準的な宅配オプションのみを提供する方が簡単なオプションかもしれませんが、視野を広げることを検討する価値があります。配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させることも大切です。

複数のマーケットプレイスの注文管理を自動化

注文データのインポートからはじまります、さまざまなマーケットプレイスから e コマース プラットフォームまたは注文管理システム (OMS)に注文データをインポートします。

  • 注文データの送信
  • OMS から複数のチャネルにフルフィルメント情報を送信する
  • 注文データの同期
  • システムで注文と在庫削減を同期する

これらのオペレーションを確認しておいてください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

サーチアンドダイズの完全ガイド 101
サーチアンドダイズの完全ガイド 101
クリックストリームデータ、Eコマースのベストプラクティス、Eコマースカテゴリページ、Eコマース検索、オンラインリテール顧客体験の向上はデータから始まりますが、最近ではデータもたくさんあります。(ありすぎます)eコマースの売上高だけでも...
続きを読んでみる
ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
AI は、ある規模の組織内で少なくとも完全に機能していると言われています。しかし、小売業の経営幹部は、進化するAIの状況についていくのは難しいと感じています。近年、ユニファイドコマースやeコマースチームは、新しい顧客の好みに適応して、...
続きを読んでみる
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
リコマースとサーキュラーエコノミーは、先進的なブランドの持続可能性と収益性を推進する極めて重要な概念として注目を浴びています。リコマースとは、中古品を購入、再生、再販し、ライフサイクルを延長して、環境への影響を軽減しつつ、収益を向上さ...
続きを読んでみる
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー