富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ユニファイドコマースとオムニチャネルとは POS統合のポイント

3PL AI D2C DNVB DTC EC EC物流 EC運用 eコマース Eコマースプラットフォーム OMO POS オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント ユニファイドコマース
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは POS統合のポイント

プラットフォームのクラウドベース POS システム(デジタルレジシステム )を使用すると、オンラインチャネルを制御するだけでなく、オムニチャネルリテールとして店舗を簡単に統合することもできます。

POSを使用することで、プラットフォームを介して直接リアル実店舗をデジタルで一元管理できるため、デジタル小売とリアル実店舗との間の障壁が取り払われます。

POSレジシステムのメリットとポイント

  • 在庫状況や在庫変動をリアルタイムに提供できます。
  • プラットフォームの会計への直接リンクによる販売の管理と透明性の向上できます。
  • 複数の店舗と複数の(ユーザー固有の)レジも設定できます。
  • 店舗にもかかわらず地域の独立性: クラウドベースの POS はどこからでもデジタルで利用できます。

POS のデジタル化

POSシステム

POS モジュールは、柔軟な支払い方法、返品・交換管理、伝票処理など、必要な機能をすべて備えた完全なレジ システムを提供します。また、実店舗のデジタル接続も可能になります。

在庫レベルを一元的にリアルタイムで把握

レジ システムをプラットフォームに接続すると、在庫の変化が常にリアルタイムで表示され、すべての在庫の概要を 1 か所で把握できることができます。

すべてのブランチとチェックアウトを接続する

すべてのブランチとチェックアウトをリンクし、プラットフォーム経由で一元管理する機会があります。ポップアップストアも簡単に接続できることもできます。
各店舗の商品マスターはPIM から制御できます。ログインとログアウト、販売データ、在庫などの完全な利用履歴は個々の POS システム、さらにはユーザー別に管理、ロールを割り当てることができることが大切です。

データの一元管理

POS は、自動データ ストレージと保持により、販売、人事、顧客データを生成し、プラットフォーム上で一元的に利用できるようにします。このようにして、商品データと顧客の購入体験を総合的に見て、効率的に評価できるようになります。

会計および請求への直接リンク

レジ システムからの商品、販売、支払い方法を含むすべての販売データ(小売データと オンラインデータ)は、プラットフォームの会計および請求書発行に直接リアルタイムで送信されます。したがって、支店からの注文と返品はオンライン チャネルと一緒に表示されると便利です。

クラウドPOS

POS システムはクラウドベースであるため、モバイル デバイスを介してどこからでも利用できます。物理的なキャッシュ ドロワーや決済端末もクラウド POS から制御できることです。

均一な顧客体験を作成する

単一ソースからの総合的なショッピング体験

プラットフォームを介して、すべての販売チャネルと顧客連絡先を一元管理します。POS モジュールを使用すると、ブランチをプラットフォームに接続し、そこから商品範囲、在庫、販売データを表示、管理、処理できます。ビジネス プロセスが簡素化され、すべてのデジタルおよび物理的なタッチポイントにわたって顧客に一貫したショッピング エクスペリエンスと購入後エクスペリエンスが保証されるようにします。

プロセスのデジタル化

営業拠点のデジタル化

企業のデジタル化はオンライン ショップだけにとどまりません。POS モジュールは、店舗やポップアップ ストアをプラットフォームに統合し、販売プロセスをデジタル的にサポートする機会を提供します。
システムを通じて販売データと返品を管理し、商品と顧客のデータを分析し、個々のレジや従業員の使用履歴を追跡し、クラウドベースのテクノロジーを使用してどこからでも取引を成立させます。実店舗は、デジタル チャネルと同じ強力な分析の恩恵を受けます。

現場が命 コマースソリューションを実装するための手順

ステップを踏んで継続的な改善に取り組むことで、ブランドはユニファイドコマースの実装を成功させ、シームレスで統合されたリテール体験のメリットを顧客に享受することができます。しかし、それは「人」ありきです。

1. 評価と計画

現在の運用、テクノロジー インフラストラクチャ、および組織の準備状況を評価します。ユニファイドコマースプラットフォームの目標、目的、主要業績評価指標(KPI)を特定します。

2. 適切なテクノロジーパートナーの選定

ビジネスニーズと目的に沿ったユニファイドコマースプラットフォームを提供する理想的なテクノロジーパートナーを調査し、選択してください。スケーラビリティ、柔軟性、統合機能、サポートサービスなどの要素を考慮してください。

3. データの統合と一元化

すべてのチャネルの顧客、商品、在庫、トランザクションデータを一元化されたプラットフォームに統合します。統合プラットフォーム全体でデータの正確性、一貫性、セキュリティを確保します。

4. 主要な機能を実装する

ユニファイドコマースプラットフォームを最大限に活用するには、リアルタイムの在庫可視化、オンライン購入、店舗受取(BOPIS)、すべてのチャネルでのシームレスなチェックアウト体験などのオムニチャネル機能を実装します。

5. テクノロジーの統合

eコマースプラットフォーム、POS(販売時点管理)プラットフォーム、在庫管理プラットフォーム、顧客関係管理(CRM)プラットフォームなど、さまざまなプラットフォームとプラットフォームを統合して、統合されたエコシステムを構築します。

6. トレーニングの実施

スタッフ・従業員にトレーニングとサポートを提供し、新しいユニファイドコマースプラットフォームを効果的に使用する方法を理解できるようにします。ユニファイドコマースの利点を伝え、組織の変更管理を促進して、新しいプロセスやワークフローに合わせます。

7. テストと最適化

ユニファイドコマースプラットフォームの徹底的なテストと検証を実施して、問題や不整合を特定して解決します。フィードバックとパフォーマンス指標に基づいてプラットフォームを継続的に最適化および改善します。

8. 監視と適応

売上、顧客満足度、コンバージョン率、運用効率などの主要業績評価指標(KPI)を監視して、ユニファイドコマースの実装の影響を測定します。データ分析とインサイトを使用して、改善と最適化の領域を特定します。

ユニファイドコマースとオムニチャネル成長のポイントTips

ソーシャルコマースのメリット

ビジネスにソーシャル コマースが必要であることにまだ確信が持てない場合は、次のいくつかの重要なメリットを参考にしてください。

ソーシャル メディアには膨大な数の見込み顧客がいます

Statista によると、ソーシャル メディア ユーザーの数は 2025 年までに 44 億人に達すると予想されています。これらのユーザーの多くがソーシャル メディアを通じて買い物をし始めているため、これはあなたが新しい顧客候補の顔の前に商品を表示して、オーディエンスを指数関数的に増やすことができるそうです。

特にミレニアル世代とジェネレーション X の間での衝動買いのレベルが高いことを考えると、ソーシャル ショッピングは顧客を引き付け、売り上げを伸ばす大きな可能性を秘めています。
重要なのは、顧客がソーシャル メディア プラットフォームから直接チェックアウトできるようにできる限りシームレスにすることで、この購入行動のサポートできるように、デジタル コマースとして活用することです。

ソーシャル メディアのプレゼンスとブランド認知度の向上

ソーシャル メディアと e コマース サイトをサイロ化するのではなく、ソーシャル コマースで、マーチャントはこの 2 つを統合することができます。これは大きなブランディングの機会でもあり、ブランドの認知度を高め、日々のコンテンツを通じて顧客の注目を集めることができます。

ブランドの認知度を高める重要な方法の 1 つは、インフルエンサー マーケティングです。

もちろん、プロのアスリート、女優、有名人に自社製品を支持してもらうことは、すべての e コマース ブランドの夢です。残念ながら、これは予算が限られている多くの小規模なブランドにとって利用しやすいオプションではありません.

幸いなことに、 インフルエンサーマーケティングは近年、新しい意味を帯びてきています。顧客は必ずしも大物セレブにアドバイスを求めているわけではありません。

顧客が他の人が信頼するブランドを切望していることを行動データが示しているため、ブランドの認知度を高める方法を探している場合、インフルエンサーとマーケティング投資する価値があるかもしれません。

ターゲットオーディエンスにリーチできます

ソーシャルコマースとは、顧客がいる場所で顧客に会うことです。そしておそらく、あなたの顧客のほとんどはすでにソーシャル メディアを利用しています。
クリエイティブなコンテンツを通じて(だから、クリエイターなのです)ブランドの声を共有することで、既存の顧客と新しい、より信頼できる方法でやり取りする絶好の機会が得られます。

多くのソーシャル メディア プラットフォームには、ユーザーのソーシャルおよび購入行動・カスタマージャーニーを経時的に追跡できる分析機能も備わっています。この情報を使用して、コンテンツと製品をターゲット ユーザーに直接提供できます。

もちろん、ターゲットオーディエンスにリーチするには、まずターゲットオーディエンスを知る必要があります. たとえば、顧客のほとんどが 30 歳以上の年齢層である場合、TikTok はビジネスにとって最適な選択肢ではない可能性があります。

そのため、時間をかけて顧客のデモグラフィックデータなどを収集(プログレッシブプロファイリング:)し、顧客が好きなものと嫌いなものを特定し、場合によっては直接話をして、顧客に最適なサービスを提供する方法についてより多くの洞察を得るようにします。 次に、オーディエンスのニーズに最適な商品とメッセージでオーディエンスにリーチします。

便利でスムーズな購入

購入ボタンやモバイルコマース アプリ内チェックアウトなど、多くのプラットフォームの機能を備えたソーシャル コマース体験は、購入プロセスの不要なステップを取り除くのに役立ちます。セールス ファネルにステップが追加されるたびに、顧客が興味を失い、ページを離れてしまうリスクが高くなります。

ただし、ユーザーが購入するまでずっとアプリにとどまるシームレスな購入プロセスを作成することで、このリスクを最小限に抑え、売り上げを伸ばすことができます。

たとえば、Instagram ユーザーは、プラットフォームで「Instagram でチェックアウト」オプションが提供されるようになりました。日本ではアプリからリダイレクトして e コマース サイトに転送することになります。そのため、同様な体験ができるように、スクロールする時間を邪魔するのではなく、ソーシャル メディアでの時間を楽しみながら、顧客がブランドを簡単に見つけられるようにすることができるようにします。

社会的証明を生成できます

e コマースの現実は、多くの買い物客があなたのブランドをすぐには信用しない可能性があるということです。多くの人は、顧客のレビューを読んだり、商品を比較したり、商品やサービスを保証できる他の顧客と話したりするまで、完全に納得できないかもしれません。

ソーシャルコマースには社会的証明が組み込まれています。コメント、いいね、フォロー、シェアなど、主にユーザーが作成したコンテンツ:(ユーザー生成コンテンツ:UGC)を通じて、ブランドはポジティブなフィードバック ループを作成し、顧客がさらに多くのことを求めて戻ってくるようにすることができます。多くのユーザーがブランド商品とやり取りし、宣伝すればするほど、他の顧客もあなたのブランドを信頼する可能性が高くなります。

ソーシャルプルーフを生成する具体的な方法には、クーポンコード、割引、景品(プレゼント)など、コンテンツを共有するためのインセンティブを顧客に提供することです。または、顧客が商品ビジュアルである写真やビデオを共有したり、ブランドコミュニティで交流したりするために使用できる楽しいハッシュタグを作成します。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
デジタルアセットのパフォーマンスを分析するときにコンバージョン指標のみに焦点を当てている場合は、おそらくお金を無駄にしていることになります。また、ユーザーや最適化の取り組みにも悪影響を及ぼします。 何の落ち度もないのですが、業界はコン...
続きを読んでみる
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
インスタグラムショッピングは、あなたのソーシャルメディア戦略にどのように位置づけられていますか。消費者が新しいブランドを閲覧したり、商品を探したりするためにInstagramに依存していることは周知の事実です。最近のデータによると、I...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースは、絶えず変化する消費者の要求を満たすことを目的としたブランドの成功に不可欠なものとなっています。 ユニファイドコマースプラットフォームが、ますます相互接続が進む小売環境において、ブランドが顧客満足度を高め、売上を...
続きを読んでみる
Facebook ショップ: 概要とソーシャル セールスをさらに促進するポイント
Facebook ショップ: 概要とソーシャル セールスをさらに促進するポイント
ソーシャルコマースとFacebook広告による販売の人気は十分に文書化されています。また、Shopsのプロダクトプラットフォームの導入により、Facebookは大小のブランドの、フォロワーに商品をより早く届ける機会を提供しています。多...
続きを読んでみる
動画コンテンツのアイデア ユニファイドコマースとオムニチャネルコマースでの活用
動画コンテンツのアイデア ユニファイドコマースとオムニチャネルコマースでの活用
コンテンツには大きく分けて、トレンドとエバーグリーンの2種類があります。 トレンドはまさにそれ - 今ホットなものです。 エバーグリーンコンテンツは常に関連性があるものです。 どちらも強力なコンテンツタイプであり、それらを一緒に使...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー