富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

購入後体験 配送予定日 配送追跡情報

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify 

EC:eコマースの配送設計は、多くのD2C(DTC)ブランドなどのが思っている以上にCX:カスタマーエクスペリエンスとして重要なポイントです。消費者は、速く、手頃な価格で、発送してくれること。を期待しています。

しかし、e コマースの発送や小売のリアル店舗もあるオムニチャネルコマース物流は、単に送料無料で迅速に配達されるだけでは解決するわけではありません。
このガイドコラムでは、Shopifyのマーチャントが、顧客に喜ばれる e コマース配送施策を計画および作成、実行、運用するために必要なすべてのリソースをご案内していきます。

EC/eコマース配送とは

EC/eコマースの発送・配送には、オンラインで購入した商品を小売店・コマースサイトから顧客の希望届け先に出荷・発送・配達するために必要なすべてのサービスが含まれます。
適切な3PLなど発送代行・物流代行パートナーがあれば、コマースの配送を管理しやすく、手頃な価格(費用)で、迅速に行うことができるようになります。

EC/eコマースの配送プロセス

EC/eコマースの場合、配送プロセスには、顧客の注文の受付からラストマイル配送の準備に至るまでのすべてが含まれています。
発送プロセスは、次の 3 つステップに分類することができます。

  • 注文の受付:
    注文を満たすために商品の在庫があることを確認します。
  • 注文処理:
    注文データを検証し、それが正確であることを確認します (配送先住所の確認など)。
  • 注文のフルフィルメント:
    ピッキング リストが生成され、商品がピッキング、梱包され、出荷の準備が行われます。

これまで以上に重要になっている理由とは

e コマースにとって複雑な時代になりました。

  • 競争は世界規模で行われており、毎年何百万ものブランドが立ち上げられています。
  • 買い物客の期待が高まるにつれ、買い物客を喜ばせるためにそれを上回る創造的な方法を見つける必要があります。
  • 2024問題に限らず、労働力不足、貨物およびラストマイル運送業者のコストの増加などのサプライチェーンの問題により、消費者の需要を満たすには信頼できる物流パートナーが必要です。
  • スワイプするとすぐに注意が失われる可能性があるため、パーソナライズされた購入および購入(購買)後体験:Post Purchase・ポストパーチェスのエクスペリエンスを提供することがこれまで以上に重要です。

消費者の需要を満たすためにしっかりとした EC/eコマースフルフィルメントと配送施策を確立することで、長期的なグロースハックで成功を目指して準備を進めている持続可能な D2C(DTC) eコマース ブランドと、ただやっていくだけで長く存続しない可能性のあるブランドとの違いを生むことになります。

EC/eコマースの配送方法

すべてのカテゴリーに対応できる万能の EC/eコマース配送施策などというものはありません。ビジネスに適したオムニチャネルコマース配送施策は、対象ユーザー、予算、マージン、商品、その他のさまざまな要因によって異なります。

経験則として、速くて手頃な配送方法を組み合わせて提供すると、ショッピングカート放棄減り、コンバージョンが増加します。ここでは、コマースの配送施策の一部として 6 つの配送方法を紹介しておきます。

1. 2日以内に発送

Amazon Prime のおかげで、2 日以内の配送はオンライン ショッピングの代名詞ともなりました。非常にリクエストの多いコマース配送ソリューションになりました。この種のプレミアム配送は、EC(電子商取引)の巨人だけが利用できるように思えるかもしれませんが、すべての企業が大金をかけずに顧客に 2 日以内の配送を提供することができるようになりました。

2.即日発送

当日配達は、ご注文が購入された同じ日に配達されることを保証することです。消費者は、この配送スピードに対しては、お金を払っても構わないと考えています。同日配送を成功させるには、調整された業務、リソース、宅配サービス、テクノロジーが必要です。

3.翌日配送

2 日以内の発送が標準的な中、コマース ブランドはどのようにして差異化をすることになるでしょうか。
翌日配送を提供することもあるカテゴリー(ヨドバシなど家電半版)ではしています。
顧客が、注文の翌営業日に商品を受け取ることを保証する配送方法です。
運送業者ごとに、さまざまな価格帯でさまざまな翌日配送サービスを提供しています。

4.スピード発送

スピード配送とは、標準陸送よりも早い配送方法を指します。お急ぎ注文の正確な納期は、配送業者や配送サービスによって異なる場合があります。迅速な配送を提供することで、オンラインストアはショッピング カートの放棄を減らし、顧客の期待に応えて、効果的なコマース配送ソリューションで顧客にロイヤルティを構築することができます。

5.国際配送

日本に拠点を置き、世界的・国際マーケット展開を検討している場合でも、海外に拠点を置き、日本国内での発送を開始したい場合でも、国際発送はどのような企業にとっても大変なことであり、費用はかかります。

国が異なれば、規制、関税、税金、入荷貨物の要件も異なるため、万国郵便連合 (UPU) 協定と国際配送の対応をするだけでなく、手頃な配送料金を提供できる経験豊富なフルフィルメント パートナーを見つけること重要です

6.環境に優しい配送

環境に優しいブランドや顧客にとっては、環境に優しい配送もオプションとしてはこれからポイントになるかもしれません。
環境に優しい配送には、簡単にリサイクルして他の目的に使用できて、商品の梱包と配送後分解にそれほど時間がかからない生分解性素材などが含まれます。(返品・交換のための強度と再利用も必要です。)
オンラインブランドでは、  堆肥化可能なメーラーバッグ や生分解性の包装用資材、食品会社であれば使わない材料、返送可能な配送資材など、環境に優しい包装ソリューションが数多く提供されています。

「私たちは 100% 堆肥化可能な環境に優しいパッケージを使用しており、富士ロジテックHDは、ゆうパケット・ネコポスなどを利用して、注文した商品を当社のカスタム ブランドのパッケージで発送してくれます。当社のサブスクリプションコマース オプションは、定期購入することで顧客も私たちブランドもお金を節約できるため、お客様の間で人気があります。

これには、購入後の優れたエクスペリエンスが必要です。富士ロジテックHDは、まさに当社のブランドを拡張するフルフィルメント パートナーです。」

EC/eコマースの送料

買い物客の 70%以上 は、オンラインで買い物をするときはいつでも、手頃な価格での迅速な配送を期待しています。ただし、自分にとって手頃な配送料金を提供していることをコマースサイトで確認することは重要です。
e コマースの発送
コストと物流コストは複雑に思えるかもしれません。

一般的な e コマースの送料の概要は次のとおりです。

料金 説明
ラストワンマイル:運送業者のコスト (配送ラベル) 荷物を出発地(DC/FC・店舗など)から目的地まで輸送するために運送業者が請求する配送料の金額 
梱包コスト 箱、ポリメーラー、テープ、ダンネージなど、配送する商品を安全に保護梱包するためにかかるコスト。 
オペレーション履行コスト 荷物をピッキング、梱包、発送する労力
その他の費用(オプション):保険料、など 発送する商品の種類や追加の要件に応じて発生する「追加」費用 
諸経費 (配送および/または倉庫管理ソフトウェア、倉庫リース、施設​​内の機器、プリンター、インク、スタッフの賃金など) 自宅からでも自社運用の倉庫からでも、
コマースの注文を自分で処理して発送する場合、固定コストが発生しています。

1.送料の計算

送料は、パッケージの寸法や重量などのさまざまな要因によって異なります。
配送先、配送サービス、および使用される配送業者。EC/eコマースの配送料の仕組みについて学び、オンライン ビジネスにとって
最も費用対効果の高い配送ソリューションを見つけてください。(発送代行費用・物流料金タリフ

2.3辺合計寸法×重量

主要な配送業者は、寸法 (DIM) 重量と呼ばれる価格設定手法を使用して配送コストを計算しています。3辺合計寸法重量は、配送料を決定するためにパッケージのサイズを考慮に入れます。

ヤマト、佐川急便、日本郵便 などの配送業者は、荷物の重量または DIM 重量のいずれか大きい方に基づいて配送料を計算します。どちらか大きいほうが、請求根拠となります。

3.配送ゾーン(エリア)

配送ゾーン(エリア)は、荷物の出発地と目的地の間の距離で設定しています。日本では、北海道、関東から沖縄までの範囲になります。運送業者は配送ゾーンを使用して配送料を計算します。配送ゾーンは、荷物の発送元に基づいて計算されています。

これは、経験則として、配送ゾーンが離れているほど、荷物の配送料も高くなります。

そのために、出荷量に応じて、配送DC/FCとして 2 つ以上の出発地から、異なるゾーンに配送することで配送時間の短縮と配送コストの削減や、繁忙期の相互フォローなど平準化の実現ができるようになります。

4.配送コストの削減

配送コストの削減を目指すD2C(DTC)・小売成長企業にとって、サードパーティ ロジスティクス ( 3PL ) プロバイダーと協力することは大きな違いを生む可能性があります。配送サービスを 3PL にアウトソーシングすると、e コマース ビジネスが運営を拡大し、配送割引を活用できるようになります。

3PL のフルフィルメント センター ネットワークは、e コマース ストアが輸・配送時間を短縮しながら配送コストを節約するのにも役立ちます。

5.送料とフルフィルメント

送料とは、配送業者から最終消費者まで荷物が届くまでのコストを指します。
フルフィルメント手数料には、
ピッキング リストにある商品の取得、在庫の移動、出荷の梱包、配送ラベルの作成、トラックへの出荷の積み込み、その他のフルフィルメント センターの業務に関連する労働力も含まれます。

EC/eコマースの顧客への送料

EC/eコマース企業によって、顧客に送料を請求する際に異なる料金体系が使用されています。ここでは、EC/eコマースで人気のある 3 つのオプションを紹介します。

1.定額配送

定額配送とは、すべての注文にわたって、または特定の重量範囲、注文金額、またはその他の分類に適合するすべての注文に対して、同じ固定配送料を請求することを指します。
定額配送料は、カテゴリ内の注文全体の配送料と手数料を合わせた平均値に設定します。とはいえ、一部の注文の配送料は完全にはカバーされず、その他の注文には比較して過剰に請求されたり、過小に請求されたりします。

2.リアルタイムのキャリア料金

e コマース ストアでは、チェックアウト時にリアルタイムの送料が表示されます。正確な配送料は、顧客の所在地と配送希望日時に基づいて自動的に取得され、表示されます。

これにより、注文品の発送にかかる正確な金額を顧客に請求することができます。Shopify のアドバンスト プランなどでは、配送 API と同様にこのオプションが提供されます。

3.送料無料の提供

送料無料を提供すること、ショッピング カートの放棄が減り、コンバージョンが増加し、顧客ロイヤルティが構築されることは良く知られています。
いくつかの方法で利益を維持することで送料無料(顧客にとってそう見えるだけ)を提供できます。

EC/eコマースのパッケージング

注文の発送に使用するコマースの梱包は、 配送コストと顧客エクスペリエンスに直接影響する要素です。パッケージングは​​、顧客がブランドと対面で行う最初のやり取りです。第一印象を確実に高める方法やポイントです。

1.パッケージの選択

段ボール、ボール紙、板紙、EC/eコマース発送のための梱包オプションは無限にあるように思えるかもしれません。パッケージを選択する際に役立つポイントをいくつか紹介します。

  • 商品は何ですか。
  • 商品はどのように形作られていますか。
  • 商品の重さはどれくらいですか。
  • 商品の厚みはどれくらいですか。
  • 商品が大きすぎませんか
  • 商品の壊れやすさや耐久性はどの程度ですか。
  • メーカー商品としてパッケージが既に含まれていますか。
  • 無地のパッケージを使用しますか。それともブランドのパッケージを使用しますか。

カスタムパッケージ

EC/e コマース環境において、高品質のカスタム パッケージ、オリジナル資材はブランドを際立たせるのに役立つことは良く知られています。
カスタムパッケージは単なる商品のコンテナではなく、より良い顧客エクスペリエンスを生み出すことができます。ブランドのパッケージは、優れた第一印象を与え、記憶に残り、話題を生み出し、ブランドロイヤリティと購買後体験 を構築するのに役立ちます。

3.環境に優しい包装

家庭廃棄物の 3 分の 1 が包装材であると推定していますコマースの売上が増加し続けるにつれて、残念なことに、生じる廃棄物も増加することになります。

配送ラベル

配送ラベルは、e コマース配送の核心です。これらは魅力的なものではありませんが、顧客に可能な限り最高の顧客体験を提供するためには間違いなく重要です。

1.配送ラベル

配送ラベルは、荷物の発送元と目的地に関する重要な情報を配送業者に提供してます。

配送ラベルには、返品先住所、宛先住所、荷物の重量、配送クラス、追跡番号が含まれます。サイズは一定で決まっていますので、それに応じての梱包パッケージデザインが必要です。(いくら綺麗にデザインしてもこれで覆われたら意味はありません。)

2.配送保険

保険は、輸送中に荷物が紛失、盗難、破損した場合に送り主に補償を提供します。壊れやすい商品や非常に高価な商品を発送する場合は、配送料が大幅に高くなりますし、追加の配送保険を検討することをお勧めします。

発送と返品の追跡情報

配送プロセスは、配送業者が注文を受け取っただけでは終了しません。追跡番号の共有からシームレスな e コマース返品・交換プロセスの構築に至るまで、注文の処理中および注文後も優れた顧客エクスペリエンスを提供し続ける必要があります。

1.注文管理

注文管理とは、顧客の注文を受付し、発送通知し、追跡し、履行するプロセスを指しています。
適切な注文管理プロセスと出荷ソフトウェアを導入することで、在庫切れや入荷待ちの商品を
減らして、最終的には顧客の不満を減らすことで、売上をアップさせることが目的です。

注文管理ソフトウェアは重要なデータをすべて一元管理して小売フルフィルメントプロセス・オムニチャネルプロセスを合理化し、より適切なビジネス上の意思決定を支援してくれます。

2. コマースの出荷を追跡する

注文を発送するときは、社内であれ 3PL 経由であれ、必ず追跡番号を顧客に伝えることになります。
注文管理システムを使用すると、各段階で出荷を追跡でき、顧客も同様に追跡することができます。
稀ではありますが、分割発送にも適切なシステムを導入する必要があります。

購買(購入)後体験 配送追跡情報で収益化する

3. コマース返品の管理

コマースビジネスにとって返品・交換は大きな悩みの種ですが、適切な e コマース返品プロセスを導入することで効果が得られます。
返品プロセスに満足した
買い物客の 95% は、再び同じ小売店から購入すると答えています。とはいえ、返品プロセスに不満のある買い物客は、その小売店から二度と購入しない可能性が 3 倍高くなります。

3PL と連携すると、長年にわたる業界の経験、知識、ベスト プラクティスを活用して、大規模な返品・交換 物流フルフィルメントサービス で管理できます。

このサービスを活用することで、返品・交換された商品を再販 リコマースして、D2C ブランドにとって収益に変えることができます。

自動発送

自動化された入庫から出荷には、新しい注文が行われたときの出荷手順の自動化です。
これは、在庫から商品を選択して、箱に梱包して、顧客に配送することです。
自動出荷ソリューションの目的は、迅速に対応する必要がある注文を自動的に取得して、それに伴う手動タスクの一部を排除することです。

「私たちがこれまでに協力した他の倉庫と比較して、富士ロジテックHDは注文を非常に迅速に処理し、より早く商品を発送します。注文したものがすぐに発送されるのを見るのは楽しいです。富士ロジテックHDのロボットやRFIDを活用しての高速性と効率性が気に入っています。」

アプリでの配送

在庫管理、注文処理、梱包、発送、追跡、保険などのサポートが必要な場合でも、ShopifyとShopify Plusプラットフォームと簡単に統合できる信頼性の高い配送アプリが多数あります。すべてのアプリは、予算やニーズに合わせて、さまざまなタイプの機能とサービスをさまざまな価格で提供します。全体として、これらのタイプのShopifyアプリは、配送プロセスを自動化して、物流にかかる時間を節約するように設計されています。

まとめ:配送ソリューション

ビジネスに適した購入(購買)体験ニーズに添ったeコマースオペレーションを構築するために必要なツールを選定したら、富士ロジテックホールディングスの発送代行・物流代行・返品・交換サービスをその施策の一部にすることを検討してください。

富士ロジテックHDが DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0 コマースビジネスに提供するもの:

  • 全国のフルフィルメント センターからの D2C(DTC)および B2B 注文の EC:eコマースフルフィルメント
    (必要な数のフルフィルメント センターを使用可能)
  • 標準および配達日指定のe コマース配送サービス
  • 国際 eコマース配送 (米国、カナダ、英国、欧州連合、オーストラリ、アジアなど、その他の国へ)
  • eコマースの商品の配送先情報の提供と、出荷追跡と返品対応
  • 思い出に残る開梱体験:Unboxingを提供するキッティングおよびカスタマイズ サービス
  • 分析により、顧客のe コマースの配送方法、顧客の支出金額、配送方法ごとの平均コスト、配送方法ごとの注文の配達にかかる時間、返品理由などについての顧客のインサイト:洞察が得られます。

富士ロジテックホールディングスが連携、推奨するソフトウェアは、プラットフォームシステム、マーケットプレイス、EDI ソリューション (小売業者の Web サイトや店舗での注文を処理するため)、およびその他の販売チャネルと統合して、e コマース、オムニチャネルフルフィルメントを自動化します
富士ロジテックホールディングスを利用・活用すると、日本中にフルフィルメント センターのネットワークがあり、小売事業者は、在庫を分散保管・分散出荷で分割して、e コマースの配送コストと配達時間を削減することができます。

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

D2Cビジネスサポート:相談・問い合わせ

 

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

商品追跡情報・配送予定日設定・返品・交換・修理、特別問い合わせ/ご相談

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。
CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7CX:カスタマー(顧客)エクスペリエンスの重要性についてポイントについて言及しています、購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェス顧客とのコミュニケーションの重要性を強調しています。
エンゲージメントの隠れたチャネルとして、配送・配達情報やトランザクションメールを活用して顧客との信頼とブランドアフィニティを築く方法について説明されています。
さらに、顧客がロイヤルティプログラムと友人を紹介(Referral)プログラムを実施することや、顧客の意見を尊重することがブランド成長に寄与する方法として示唆されています。
総じて、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドの成長を促進する方法について述べています。
SHIN CX 購入後体験 Inquiry
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

顧客データ プラットフォーム CDP とは Shopify
顧客データ プラットフォーム CDP とは Shopify
  顧客データ プラットフォーム:CDPに関する話題を聞いたことがあるでしょう。 この重要なマーケティング テクノロジーに関して必要な情報について考察していきます。 顧客データ プラットフォームとは 顧客データ プラットフォーム (C...
続きを読んでみる
Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは Shopify
Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは Shopify
  デジタルコマースが爆発的に普及する前は、顧客はリアル店舗に入ると、フレンドリーなスタッフ・店員がいて、欲しいものを見つけるのを手伝ってくれました。 とてもシンプルです 残念な購入(購買)体験として経験済のように、このような個人的な...
続きを読んでみる
マーケティングオートメーション  ECとオムニチャネルでのメリット Shopify
マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット Shopify
EC:eコマースビジネスのマーケティングオートメーション(MA)への投資をお考えですか。 もしそうなら、あなたは単にブランドの将来について考えているだけではなく、顧客にとって正しい行動をとっているということをあらためて確認してください...
続きを読んでみる
Shopify で AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15
Shopify で AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15
AOVを向上させ、CLV:Customer Lifetime Value(LTV)にプラスの影響を与える施策とはどんなことでしょうか。 EC:eコマース ストアや小売ビジネスの拡大に関して、意思決定者は通常、「顧客の獲得=新規」に注目...
続きを読んでみる
Shopify Shopify Plus EC/オムニチャネルコマースをグロースハックする コンテンツリスト
Shopify Shopify Plus EC/オムニチャネルコマースをグロースハックする コンテンツリスト
Shopify Plus とは  - Shopify Plusは、企業向けのEコマースエンジンで、グローバルなオムニチャネル展開ができます。- Shopify Plusの機能には、複数の店舗を構築する能力、Shopify POS Pr...
続きを読んでみる
ShopifyPlus 健康とウェルネスのサブスクリプション Web サイトの12のポイント
ShopifyPlus 健康とウェルネスのサブスクリプション Web サイトの12のポイント
  レビューの公開やインフルエンサーとの提携から、ニーズに基づいた商品のレコメンデーション:推奨事項の提示やトラストバッジの宣伝まで、信頼を築き、長期的な加入者(購入者)関係を促進することができて、繁栄する健康(HealthCare:...
続きを読んでみる
サブスクリプションを促進するために必要な PDP Shopify
サブスクリプションを促進するために必要な PDP Shopify
商品詳細ページ (PDP:Product Detail Page) は、おそらく D2C(DTC) サブスクリプション ブランドの Web サイトで最も重要なページです。そこは、消費者があなたのブランド商品を詳しく見る場所であり、その...
続きを読んでみる
Eコマースに AI を活用する最良の方法
Eコマースに AI を活用する最良の方法
人工知能 (AI) は新しいものではありません。しかし、その洗練されたフォルムはこれまで大企業のみが利用できるものでした。ChatGPTのようなオープンソース ツールの発表が非常にエキサイティングな理由はここにあります。EC/eコマー...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー