富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

CX パーソナルポータルページ 追跡ページ

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7 

エンドツーエンドの顧客エクスペリエンスCX:カスタマーエクスペリエンスに欠けている部分とは何でしょうか。
競争が激しく細分化された世界(商品カテゴリーと顧客オーディエンス)で競争するには、ブランドは顧客とのあらゆるタッチポイントを活用する必要があるようになりました。

これをするために、小売業者は時間と資金を投資してブランドを構築して、購入して顧客になってもらいます。ただし、消費者が購入ボタンを押すと、そのエクスペリエンスはサードパーティの配送業者に引き渡され、基本的には顧客に「荷物の追跡はこちらです・私はノー管理です」と伝えることになります。(アマゾン・Amazonはどうでしょうか)

エンゲージメントの隠れたチャネルとは

お客様が購入後にコミュニケーションを行っているオウンドメディア・タッチポイントがあることがわかりました。これに月に発送される荷物を掛け合わせると、エンゲージメントの高い顧客にブランドのインプレッションを何千ももたらす可能性があることは数字好きのみなさんは判ると思います。

ブランド化された機会を活用する
ブランドがトラッキング ページ・トランザクションメールを活用して、そのインプレッションを顧客エンゲージメントに変える方法は数多くあります。

どこから始めればよいかわかりませんか。私たち富士ロジテックホールディングスとパートナーソリューションがお手伝いいたします。
ここでは、顧客とのエンゲージメント、ブランド親和性、売上を促進するためなどの、7 つの出荷マーケティングキャンペーンでのグロースハックのポイントを紹介します。

1. 顧客のナビゲートする

何かが起これば、配送へ問題が波及して、CSのチケットが発生します。カスタマーサポート・サービス チームとコミュニケーションをとるためのさまざまな方法を用意して、ヒューマンタッチの会話を促すことで、顧客との信頼とブランド アフィニティを構築できます。(AI ChatBotなら尚更です)
また、このページやBotにカスタマー サポート チームの写真を掲載して、コミュニケーションの相手チームを示すと役立ちます。顔の見えない顧客サービスを提供して、顧客を混乱させる必要はあえない時代になりました。

2. ソーシャルフォロワーを獲得する

注文商品追跡ページを使用してさまざまなソーシャルネットワーク 上の最近の投稿やアクティビティを紹介することで、顧客はブランド コミュニティへの帰属意識を感じてくれます。
購入は社会的証明:ステマNGによって検証されます。 (”他の人””も””(”は”ではない)これが好きです。私もそうしなければなりません) 
あなたの顧客は、毎日使用しているソーシャルプラットフォーム上であなたのブランドの投稿を見ることになります。

3. 商品を宣伝する

リピート顧客は、初めて購入する顧客よりも収益性が高くなると言われています。他の商品が全体的なカスタマーエクスペリエンスをトランザクションからリレーショナルにすることで、どのように顧客のベネフィットを向上させるかを顧客に示すことで、リピート購入を促していきます。(買え買え、買って買ってコールではありません)

4. 顧客に将来の製品について興奮してもらう

顧客のことを常に念頭に置くことは、顧客維持(リテンション)のために不可欠なことです。ブランドは「注文追跡ページ」を使用して、LINEリッチメニュー&リッチメッセージや Facebook・Instagram メッセンジャーなど、より親密で限定的なチャネルを通じて、将来の商品の発売や予約販売を顧客にオプトインさせ、顧客が親しみやすさから購入する可能性を高めていきます。
限定セールなどとそれについて詳しく知るためのユニークな方法を提供することで、顧客がブランドにとって特別であることを示していることにもなります。

5. 顧客からのフィードバックを得る

顧客の意見(心・心理=データ)や、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)が尊重されていることを示すための最初のステップは、意見を求めることです。
ブランドは、顧客の声に耳を傾け、顧客に一体感と帰属意識を感じさせることで構築されていきます。
注文追跡ページにアンケートを配置することで、これを利用して顧客からのフィードバックを取得して、顧客エクスペリエンスを向上させたり、商品開発を形作ったり、将来の商品リリースを計画したりできます。

6. 顧客にコンテンツを読んでもらう

EC:eコマース:電子商取引において、コンテンツマーケティングとコマースの融合はますます重要になってきています。
素晴らしいコンテンツを持っていますが、それを顧客の前に届ける方法がわかりませんか。
新しいYouTube やリール、TikTokなどの動画配信を開始する場合でも、ブログで新しい記事をリリースする場合でも、顧客があなたのブランドについてもっと知りたいと最も楽しみにしているときに、顧客とのコミュニケーションと信頼を構築して、ブランド支持率を高める施策実行をしてください。

7. 顧客に友人を紹介するよう勧める

口コミ:ユーザー生成コンテンツ(UGC)はブランドを成長させる最良の方法であることは昔も今も普遍です。友人から勧められたブランドから購入する可能性は90%も高くなります。
割引や無料ギフトなどを提供することで、商品を待つ間に顧客に友人を紹介するよう促していきます。ロイヤルティプログラムと紹介(Referral)プログラムを設計・運用します。

まとめ

購入(購買)後体験:Post Purchase・ポストパーチェスで注文商品配送情報を顧客との対話の魅力的なチャネルに変えていきます。

このチャネル・タッチポイントを利用したキャンペーンは、ブランドの注文商品追跡エクスペリエンスを活用するためのアプローチのほんの一部のアイディアです。

購入後のメールを重要なものにする: エンゲージメント、収益、ロイヤルティを高めるための 14 のヒントでも、顧客があなたのブランドに最も興奮しているとき、つまり注文が配送中であるときに、顧客が何を見て、どのようなやり取りをブランドサイトとしているかをコントロールすることは、ブランドへの親近感を築き、顧客維持率を高め、収益性の高い成長を促進するのに役立ちます。その先に、購買後体験・開封体験・Unboxingタッチポイントがあり、その先に、カスタマージャーニーで、EメールをパーソナライゼーションしたステップメールなどのCRM施策があります。

あなたのアイデアをぜひお聞かせください。

このような顧客とのキャンペーンを実施してみたいですか、それともここには記載されていない、ブランド独自のコミュニケーションデザインしてほしいアイデアがありませんか。

トランザクションメール(注文確認メール)でD2Cブランドが CX を向上させる 10 のTipsは、TextメールのHTML化だけではありません。
こちらの専用問い合わせ相談ボタンをクリックしていただければ、当社のマーケティングチームがすぐにご連絡してサービスします。

購入後体験 ポストパーチェスエクスペリエンス コラム

顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify

EC 顧客購買体験: CXとは コンテンツデザインしてAOV LCTVをグロース Shopify
  

EC(電子商取引)における顧客購入(購買)体験(Customer Purchase Experience)とCX(Customer Experience)についてポイントを説明しています。
CXは、顧客がオンラインで商品やサービスを購入する過程全体における総合的な顧客体験を指しています、商品購入だけでなく、プロセス全体における満足度や感情も含まれます。また、「購入」と「購買」の違いも説明されており、購買は商品を手に入れるプロセス全体を指します。
さらに、購入体験ファネルやオムニチャネル/ECトレンドについても触れられています。購入前、購入中、購入後のステップでの成長施策も紹介され、顧客の満足度向上に役立つ情報が提供されています。

 

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

注目すべき 8 つの EC トレンド 購入後体験CXを強化する

1. パーソナライゼーションが重要:
顧客の心理を理解し、購入後の体験をカスタマイズすることが必要です。購入と購買の違いも説明されています。
2. ソーシャルコマースの拡大:
D2C(DTC)モデルの重要性が強調され、ソーシャルメディアでの販売の重要性が指摘されています。
3. オムニチャネルの重要性:
顧客が異なるチャネルを移動しても一貫性のあるコミュニケーションが必要です。
4. 購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスでのマーケティング:
パーソナライゼーションと注文追跡情報の活用が重要です。
5. モバイルコマースの重要性:
スマートフォンを活用してモバイルナビゲーションと読み込み時間を最適化しましょう。
6. メッセンジャー機能の活用:
Eメールを基本として・SNSメッセンジャー・LINEマーケティングが主流になります。
7. 動画マーケティングの重要性:
ビデオを使って顧客のエンゲージメントを高めましょう。
8. 持続可能性の重要性:
サステナビリティに対する顧客の関心が高まっており、持続可能性を考慮したビジネス戦略が必要です。

 

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC グロースハック 商品発送と配送追跡トランザクションでCXをデザインする Shopify

EC:eコマース注文の背後にある原動力となっている顧客視点の考え方とは何でしょうか
Amazonの翌日プライム配送モデルがeコマース市場に影響を与え、競争力を高めています。

注文の追跡、オムニチャネル/eコマースの発送プロセスの最適化、配送日時指定(による日時指定)、顧客の期待の管理に役立つ、知っておくべき商品の納期情報を活用した、CX:カスタマーエクスペリエンスを高める運用方法のポイントについて簡単に説明していきます。

また、商品の発送日と注文日、注文明細書の作成日、お届け予定日などの用語や意味も説明されています。
配送日時指定アプリを利用する方法について解説しています。

 

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC eコマース配送ガイド 配送予定日・配送追跡情報 のCXメリット Shopify

EC/eコマース(電子商取引)の配送設計について重要なポイントとなる情報を提供しています。
CX(顧客体験)+購入(購買)体験において、迅速で手頃な価格の配送・配達が消費者にとっては重要な体験であり、そのためには適切な物流パートナーを選び、異なる配送方法を提供する必要があります。これによって、競争力を維持するとともに、消費者の期待に応えることができます。
配送・配達料金は、商品の寸法、重量、配送地域に依存して計算され、3PL(フルフィルメント)プロバイダーとの協力や配送コストの削減も検討すべきポイントです。環境に優しい配送オプションも注目されてきています。 DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代のECビジネスが成功するためには、配送・配達戦略を慎重に計画して、顧客満足度を高めることが不可欠です。

 

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

ベスト フルフィルメント サービス 配送情報が提供できるサービス Shopify

Shopify ストアの成功のポイントは、良い商品と優れた顧客体験:カスタマーエクスペリエンスを提供し、効率的なフルフィルメントプロセスを確立することです。 フルフィルメントには注文管理、在庫管理、配送/配達、倉庫保管、返品・交換管理などが含まれます。
さまざまなフルフィルメントモデルがあり、自社フルフィルメント、3PL、ドロップシッピングなどが選択肢です。最適なモデルはビジネスの規模や成熟度に依存します。
3PLを選ぶ際にはShopifyとの統合、2日以内の発送能力、倉庫の場所、SLAを検討し、配送コストを削減することも大切です。
最終的に、適切なフルフィルメントモデルを選択する際にビジネスのニーズと成長段階を考慮することが重要です。

 

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery dates でAOVを上げる Shopify

電子商取引(EC/eコマース)サイトにおける配送予定日の重要性について説明しています。

ユーザーは商品の発送スピードよりも、商品がいつ届くか(配達日・時間・場所)を気にしており、これが顧客の満足度に影響します。
ECサイトでは配送オプションが提供され、締め切り時間や休日によって納期が変わります。

Shopify で配送予定日を提供する方法として、ロジックを自分で構築するか、アプリを使用する方法が紹介されています。(日本のカートシステムは標準で実装されています。)
また、配送オプションや配達予定日の追加は顧客の利便性向上につながり、コンバージョン率を向上させることができます。
最後に、配送業者のサポートも重要で、顧客セルフサービスポータルで追跡情報を提供することで顧客の便益を増やし、顧客の行動データを収集することもできます。

 

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

注文確認メールをカスタマイズする Shopify

DNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0時代になっても、Eメール・SNSのDM・LINEなどの顧客とのコミュニケーションはとても重要なタッチポイントで、オムニチャネルコミュニケーションがポイントです。

このコラムでは、EC:eコマースでの顧客の購買ファネルで活用されているEメールの種類についてポイントを解説していきます。

Eメールを活用した顧客コミュニケーションが重要であり、セールスメール、注文書メール、レスポンシブメール、トランザクションメール、配達完了通知メールなど、さまざまなEメールの種類を説明しています。

これらのEメールを効果的に使用することは、EC(eコマース)企業にとって重要で、顧客の満足度向上と収益増加に貢献します。

 

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

配送情報を活用して、購入後のCX:エクスペリエンス を向上させる方法 Shopify

顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮し、注文情報を追跡して荷物の状況を確認します。
購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスフェーズのエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは顧客セルフサービスの機能として個別の追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントとCX体験を高めることができます。

このページを設計する際のポイントには、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

このコンテンツは、購入後の顧客体験に関する重要なポイントを述べています。購入後のコミュニケーション戦略について説明され、以下のポイントを解説しています:
1. 配送・配達情報の明確な伝達:
配送・配達情報を簡潔で分かりやすい言葉で伝え、ビジュアル要素を活用し、顧客が簡単に見つけられるように配置し、常に最新情報を提供することが重要です。
2. トランザクションメールでブランドアイデンティティを強化:
注文確認・配送/配達追跡メールなどのトランザクションメールをブランド化し、顧客の関心を維持するためにブランドの色、フォント、ロゴを使用し、顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズをしましょう。
3. FAQセクションの作成:
顧客の一般的な質問に対する明確で簡潔な回答を提供するFAQセクションを作成し、顧客が配送プロセスを理解しやすくしましょう。
4. 顧客対応の向上:
カスタマーサポートでの明確な期待を設定し、積極的なコミュニケーションを行い、共感し、問題に対する解決策を提供し、さまざまなコミュニケーションチャネルを使用し、顧客に注文の最新情報を提供しましょう。

これらのポイントを実践することで、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドのロイヤルティを高めることができます。

 

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

注文/追跡情報を使用してECの売上を伸ばす方法 Shopify

Shopify ブランドにとって、実証済みの顧客維持方法が非常に重要である理由について説明しています。

顧客獲得のコストが高騰しており、顧客獲得(CAC)が顧客生涯価値(CLTV)を上回っているため、ファンロイヤリティのある顧客ベースを構築することが重要です。

具体的には、
トランザクションメールで、注文・配送追跡情報コンテンツをマーケティングに活用し、CX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスコミュニケーションとしてパーソナライズし、リピート購入率を向上させる方法についてのポイントを解説しています。

また、デジタル広告とDNVB(デジタルネイティブブランド)とその一カテゴリーDTC/D2C 3.0対応の重要性も強調されています。 Shopfiy ブランドは、顧客獲得だけでなく、維持にも焦点を当てるべきだというメッセージが伝えられています。

 

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

配送ステータスを確認してレビュー・SNSポストリクエストする Shopify

Shopifyブランドと顧客の間に信頼とロイヤルティを構築するには、顧客レビューリクエストのタイミングを効果的に設定することが不可欠になります。
Shopifyを使用して顧客の信頼と顧客にとってのロイヤルティプログラムを通じてのロイヤリティと購買後体験を構築する方法について説明しています。

顧客レビューのタイミングが重要であり、購入後のコミュニケーションや顧客レビューを活用する方法に焦点を当てています。
また、注文追跡情報:トランザクションコミュニケーションをコマースプラットフォームと統合することで、顧客エンゲージメントを向上させ、競争力を強化するメリットも説明されています。統合を活用することで、EC/eコマースビジネスの成功に寄与できるポイントを解説しています。

5 つ星の CX:カスタマーエクスペリエンスの効果を得るために、注文追跡データがレビュー リクエスト プラットフォーム(レビュー単独のシステムもありますが、ベストはMA:マーケティングオートメーションの一部として機能することです。)から分離されずに運用することがポイントです。

 

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

トランザクションメールでCXを強化する Best 8 Shopify

購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのトランザクションメールの重要性とその最適な活用方法について説明しています。
購入後のトランザクションメールは、顧客との長期的な関係を築くチャンスであり、以下のポイントについて解説しています:

・ブランド/D2C(DTC)なら尚更と商品の価値を伝えること
・お客様のレビューを紹介してユーザー生成コンテンツ(UGC)として活用すること
アクションベースのロイヤルティプログラムを通じてロイヤリティと購買後体験 を強調すること
カスタマーサポートを簡単にアクセスできるようにすること
・商品の適切な使用方法を教育・啓蒙・体感させること
サブスクリプションプログラムを宣伝すること
ソーシャルメディアを通じてコミュニティを構築し、顧客と関わること

また、
タイミングも重要で、お届け予定日や配送通知などのトランザクションメール顧客セルフサービスでの追跡ページを活用して顧客の利便性と満足度を高める方法について提案しています。

 

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

配送情報=ブランドトラッキング CX:エクスペリエンスをデザインする5つのステップ Shopify

顧客が購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェスのエクスペリエンスを向上させる方法について解説しています。
顧客は商品を注文した後、待つ間に興奮しています、注文情報(トランザクション)を追跡して荷物の状況を確認します。
購買後のエクスペリエンスを最大限に活用するために、ブランドは個別の顧客セルフサービスでの追跡ページを提供し、顧客エンゲージメントを高めることができます。
このページを設計する際には、ブランドの一貫性を保ち、明確かつ簡潔な情報を提供し、モバイルデバイスに対応し、ソーシャルメディア共有ボタンを追加し、パーソナライゼーションされたCX:カスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。
また、追跡ページを通じて他の商品やサービスを宣伝することでアップセルと共感された衝動買いの体験を提供できます。

 

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC 配送に関するよくある質問 リストでCXを向上する Shopify

EC/eコマース(電子商取引)分野におけるDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0(直販)ブランドの成功において、配送とフルフィルメントに関するFAQの重要性について説明しています。

FAQは顧客に情報を提供し、全体的なCX:顧客(カスタマー)エクスペリエンスの向上に貢献します。
FAQは透明性、効率性、顧客満足度を向上させ、ブランドの配送ポリシーに合わせてカスタマイズされるべきコンテンツです。

さらに、顧客のニーズと好みを考慮し、トランザクション:注文追跡返品・交換プラットフォームを活用することで、ブランドの信頼性を高め、効率的な顧客サービスプロセスを実現できます。

ブランドの成功には、FAQの適応とカスタマイズが不可欠です。

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7

EC CX 顧客とのエンゲージメントに最適なトラッキング ページコンテンツ Best 7CX:カスタマー(顧客)エクスペリエンスの重要性についてポイントについて言及しています、購入(購買)後体験・Post Purchase/ポストパーチェス顧客とのコミュニケーションの重要性を強調しています。
エンゲージメントの隠れたチャネルとして、配送・配達情報やトランザクションメールを活用して顧客との信頼とブランドアフィニティを築く方法について説明されています。
さらに、顧客がロイヤルティプログラムと友人を紹介(Referral)プログラムを実施することや、顧客の意見を尊重することがブランド成長に寄与する方法として示唆されています。
総じて、購入後の顧客エクスペリエンスを向上させ、ブランドの成長を促進する方法について述べています。
SHIN CX 購入後体験 Inquiry
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
デジタルアセットのパフォーマンスを分析するときにコンバージョン指標のみに焦点を当てている場合は、おそらくお金を無駄にしていることになります。また、ユーザーや最適化の取り組みにも悪影響を及ぼします。 何の落ち度もないのですが、業界はコン...
続きを読んでみる
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
インスタグラムショッピングは、あなたのソーシャルメディア戦略にどのように位置づけられていますか。消費者が新しいブランドを閲覧したり、商品を探したりするためにInstagramに依存していることは周知の事実です。最近のデータによると、I...
続きを読んでみる
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 成長と成功のKey Factor Successコンテンツリスト
ユニファイドコマースは、絶えず変化する消費者の要求を満たすことを目的としたブランドの成功に不可欠なものとなっています。 ユニファイドコマースプラットフォームが、ますます相互接続が進む小売環境において、ブランドが顧客満足度を高め、売上を...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー