富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ブランドスタイルガイド ソーシャルメディア用語集

オムニチャネル オムニチャネルコマース ソーシャルメディア 用語集
ブランドスタイルガイド ソーシャルメディア用語集

ブランド スタイル ガイドは、ビジネスが世界に対してどのように示されるかを決定する重要な文書です。この参照ツールは、ブランドの見た目やサウンドがどのようなものであるべきかを示すことで、組織のソーシャル メディア、オフラインおよびオンラインでのプレゼンスの一貫性を促進します。ブランドのスタイル ガイドは、ブランドの評判の本質です。

ブランド スタイル ガイドは、会社のブランド ボイスとプレゼンテーションに構造を与えます。オンラインで、そして選択した業界で成長を続けるにつれて、スタイル ガイドによって、人々にどのように自分を認識してもらいたいか、そして一貫した存在感を維持するために何ができるかが決まります。

ブランドのスタイルガイドの構成要素

ブランドのスタイルガイドは、一貫したブランドの基礎です。この一連のルールは、マーケティング担当者、デザイナー、ソーシャル メディア マーケティング担当者が、企業の統一されたビジョンを一般に伝える際に、同じ認識を保つのに役立ちます。ブランドのスタイル ガイドで一般的に見られるガイドラインの一部を次に示します。

  • ミッション ステートメント:
    ミッション ステートメントはブランド スタイル ガイドの羅針盤であり、作成されたすべてのコンテンツが正しい最終目標に向かって機能することを保証します。
  • バイヤーペルソナ:
    スタイルガイドで理想的な顧客を表現することは、聴衆の共感を呼ぶ適切な言語を話していることを確認するのに役立ちます。
  • カラー パレット:
    カラー パレットは、マーケティング資料からロゴや Web サイトに至るまで、あらゆるものでどの色をいつ使用するかを決定します。
  • 編集ガイド:
    編集スタイル ガイドは、企業がプロモーション戦略で使用する口調と共有するコンテンツの種類を決定します。
  • タイポグラフィ:
    多くの企業は、マーケティング キャンペーンやブランディング キャンペーンで特定のフォント セットを使用しています。使用するフォントの種類は、ブランドの認識に影響を与え、視聴者に感情的な影響を与えることもあります。

ブランド スタイル ガイドのその他のポイントには、従業員の権利擁護に関するルール、ソーシャル メディア投稿ガイドライン、コンテンツ作成のスケジュール、およびオンラインでのブランド アイデンティティに影響を与えるその他のものが含まれる場合があります。

ブランド スタイル ガイドのメリット

ブランド スタイル ガイドの作成には時間がかかり、多くの場合、ビジネスとともに進化します。ターゲットとする視聴者や会社の目標についてさらに学ぶにつれて、ブランドのスタイル ガイドも変化し始めるでしょう。組織の動的な羅針盤として、スタイル ガイドには次のような多くの利点があります。

  • 一貫性:
    一貫性は、ターゲット ユーザーに親しみを持ってもらうために非常に重要です。一貫したブランドの声を持ってターゲット ユーザーにアプローチすればするほど、信頼性が高まります。
  • 評判管理:
    ブランド スタイル ガイドにより、全員が会社に対して同じ見方をしていることが保証されるため、ソーシャル メディアでの的外れなコメントによる問題に直面する可能性が低くなります。
  • ブランドの認知および認知度:
    ブランド スタイル ガイドとの一貫性を維持すると、視聴者がオンラインまたはオフラインですぐにあなたのことを認識しやすくなります。たとえば、Google のブランド ガイドラインは、Google が世界で最も有名な企業の 1 つになるのに役立ちました。
  • フォーカス:
    ブランド ガイドラインは、ソーシャル メディアでの存在感とオンライン アイデンティティを構築する際に、あなたとあなたの従業員が「軌道から外れる」のを防ぎます。

ソーシャルメディア用語集 オムニチャネルコマースでの活用方法を踏まえて

Social Media Glossary

 

オムニチャネル・OMOサービス

オムニチャネル・OMOサービス

オムニチャネル コマース用語集

オムニチャネル コマース用語集

EC/eコマース D2C/DTC 用語集

EC/eコマース D2C/DTC 用語集

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

エンゲージメントロイヤルティからAOV×LTVを向上させる

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

EC/eコマースにおける「購入(購買)後体験:Post Purchase:ポストパーチェス」とは、顧客が商品やサービスを購入した後に行われる一連の活動やコミュニケーションのことです。

購入後のフェーズは、顧客の満足度向上やロイヤルティの構築、再購入促進などに影響を与える重要な顧客体験1つのファネルです。

 1. 注文確認と注文確定通知:

顧客が注文を完了すると、自動的に注文確認メールが送信されます。このEメール・SNSのDM・LINEなどには注文の詳細やトラッキング情報などが含まれ、顧客にとって注文が受理され、その後、決済処理承認と在庫確保されたことを確認する手段となります。

2. 出荷通知と追跡情報ページ:

商品が、DC/FC/店舗から出荷されると、商品発送通知が顧客に送信されます。これとパーソナライズ化された配送情報を見えるかされたパーソナル情報ページにより、顧客は商品の注文/追跡状況を追跡して、到着を待つことができます。とともに、CXとしてコンテンツマーケティングを提供することで顧客の期待に応えていきます。

3. 配達完了と開封体験・Unboxing

商品が届いたときのブランドからのメッセージを感謝と感動ともにデザイン・演出します。同梱物でのCEM(Customer Experience Management Service)施策と、ここからオムニチャネルコミュニケーションMAを活用して展開します。

4. カスタマーサポート:

顧客が購入後に疑問や問題が生じた場合、迅速で効果的なカスタマーサポートが重要になります。顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズされたEメール、ライブチャット(AIチャットボットも)、Voice(電話)などを通じて、顧客の問題解決を支援します。

5.アフターサービス:

オムニチャネルコマースに限らず、マルチチャネスでもクロスユースでも、商品が届いた後も、顧客が商品に関して質問や課題を抱えることがあります。適切なアフターサービスを提供して、顧客の満足度を高めてCRMを越えたCX:カスタマーサクセスを一緒に実現しましょう。

6. レビューやフィードバックの促進:

Eメールのパーソナライゼーションのためにも、顧客に購入した商品やサービスのレビューやフィードバックを提供してもらうことは、他の顧客に対する信頼性(社会的証明)や商品の改善につながります。

7. クロスセルとアップセル:

顧客が購入した商品に関連する他の商品を提案するクロスセルや、より高価なバージョンを提案するアップセルと衝動買いは、追加の売上と利益創出の機会の重要な手段です。

8. リピート購入の促進:

購入後のコミュニケーションをEC IntelligenceのようなMA(マーケティングオートメーション)とパーソナルポータルを通じて、顧客に対して実証済みの顧客維持方法とリピート購入の促進を行います。特別なオファーや割引などを提供することや、ロイヤルティプログラムを通じて顧客との信頼と信用を高めていきます。

9.関与とブランドの認知:

購入後のコミュニケーションを通じて、顧客との関係を継続し(CRM)、ブランドと顧客の相互理解と共感を高めます。メール・LINE・SNS-DMなどのデジタルマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策としてニュースレターや特別な情報提供を通じて、顧客にブランドに関する情報を提供することができます。

10.顧客満足度の向上:

購入後の体験が顧客の満足度に影響します。商品が期待通りに届いたか、顧客セルフサービスなどでのサポートが迅速かどうかなど、顧客の購買前の期待を越えて、顧客の評価を向上させてエンゲージメントを高まる努力が重要です。

11.フィードバックの収集:

顧客からのアンケートやソーシャルメディアでのフィードバックを収集し、サービスや商品の改善点、オンラインストアの商品説明の改善、を特定します。これから商品のレコメンデーション(推奨)に活用したり、顧客の声を取り入れることでコマースビジネスを向上させることができます。

12.顧客ロイヤルティの構築:

購入後の良好な体験や関与を通じて、顧客のロイヤルティを構築します。満足度の高い顧客は、長期的な関係を築き、ブランドのアンバサダーとしての役割を果たす可能性があります。

13.返品や交換の手続き:

アパレル・ファッションに限らず、商品に不満や問題がある場合、返品や交換の手続きを円滑に進めることが重要です。迅速で透明な対応は顧客の信頼を高めます。商品は再販 リ・コマースなどで収益化と潜在層ファンの獲得に活用します。

14.顧客データの活用:

購入前・中・後のデータを収集・分析して(CDPの活用)、顧客行動や傾向を理解しましょう。ターゲットマーケティングやプロモーションの最適化が可能です。

ポストパーチェスは、顧客の購入体験を完了させることではでなく、長期的な関係を築くための大きな機会です。顧客とのコミュニケーションや関与を大切にし、購入後のフェーズを効果的に活用することで、顧客の満足度を高め、ブランドの成長に貢献することができます。

購入後体験 ポストパーチェス CTA

コンポーザブルコマース 用語集

コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集 (Banner).png__PID:3cb90738-d308-4e05-8d17-f53d8c1a010a

メールマーケティング 用語集

メールマーケティング用語集 Banner.png__PID:bfaab9ef-a4e8-48ea-a5fb-ade807610346
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

Reverse ETL リバースETL  顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  リバースETLとは リバース ETL、または逆抽出、変換、ロード (ETL) は、ウェアハウスから顧客関係管理 (CRM) システム、分析ソフトウェア、マーケティング自動化ツールなどのデータ ソースにデータをコピーするために使用さ...
続きを読んでみる
API-First Headless CMS APIファーストのヘッドレスCMS 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
APIファーストのヘッドレスCMSとは APIファーストのヘッドレスCMSは、従来のCMSとは異なるアプローチを取るコンテンツ管理システムです。 ヘッドレスCMSとは ヘッドレスCMSは、通常のCMSとは異なり、フロントエンド(表示画...
続きを読んでみる
Bounce Rate 直帰率 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
直帰率とは 直帰率とは、コマースサイトへの訪問者のうち、1 ページだけを閲覧しただけでサイトを離れた割合です。直帰率が高いということは、ユーザーが購入やニュースレターの購読など、望ましいアクションをとらずにサイトを離れていることを示し...
続きを読んでみる
Content Intelligence コンテンツインテリジェンス 顧客デジタルエクスAペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  コンテンツインテリジェンスとは コンテンツ インテリジェンスは、大量のコンテンツを理解し、そこから洞察を抽出するプロセスです。これは、組織がより良いコンテンツ戦略、マーケティング活動、製品開発の意思決定を行うのに役立ちます。コンテ...
続きを読んでみる
Data Warehouse データウェアハウス 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  データウェアハウスとは データウェアハウスは、レポート作成とデータ分析に使用されるデータベースです。これは、アナリスト、意思決定者、その他の関係者がアクセスできるデータの中央リポジトリです。データ ウェアハウスは通常、傾向分析や予...
続きを読んでみる
Target Audience 対象者 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
ターゲットオーディエンス:対象者とは ターゲット オーディエンス(ユーザー・対象者)とは、コマース企業がマーケティング活動でリーチしたい特定の人々のグループです。このグループは、年齢、性別、所在地、収入レベル、興味などの要素によって定...
続きを読んでみる
Personally Identifiable Information (PII) 個人を特定できる情報 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  個人を特定できる情報 (PII) とは 個人識別情報(Personally Identifiable Information:PII)とは、個人を特定するために使用できるあらゆる情報です。個人の名前、住所、生年月日、運転免許証番号...
続きを読んでみる
Rich Text リッチテキスト 顧客デジタルエクスペリエンス 用語集 オムニチャネルコマース・D2Cブランドの成長のために
  リッチテキストとは リッチ テキストは、太字、斜体、下線付きのテキストなどの追加の書式設定が可能なテキストのタイプです。画像、ハイパーリンク、表、リスト、その他の要素を含めることもできます。リッチ テキストはコンテンツをより魅力的...
続きを読んでみる

カテゴリー