富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

コンバージョントラッキング ソーシャルメディア用語集

オムニチャネル オムニチャネルコマース ソーシャルメディア 用語集

コンバージョントラッキング  ソーシャルメディア用語集

コンバージョン トラッキングとは、ブランドがビジネス目標の達成に向けて消費者が行う行動を監視することです。これらのアクションには、ニュースレターへのサインアップ、コンテンツオファーのダウンロード、カートへの商品の追加などが含まれます。
コンバージョントラッキングは、消費者がコンバージョンに向かうにつれて、広告キャンペーン、デザイン変更、その他のマーケティング コンポーネントの効果を判断する方法です。

どのようなコンバージョン目標を追跡する必要があるか

Google Analytics などのコンバージョン トラッキング ツールでは、アカウント マネージャーがコンバージョンの測定可能な目標を定義する必要があります。通常、目標は特定のページ、イベント、またはその他の製品やサービスに関連付けられています。

コンバージョン目標の例:

  • 人々を実店舗に誘導する
  • サイト訪問者の増加
  • 電話またはメッセージでビジネスに問い合わせる
  • カートに商品を追加する
  • 買物をします
  • ニュースレターに登録する
  • ダウンロードコンテンツの提供
  • ビデオを再生する

企業はコンバージョンを追跡することで、コンバージョン アトリビューションを通じて最も価値のあるマーケティング チャネルを決定したり、コンバージョンに対して特定のチャネルのクレジットを付与したりできます。彼らは、ソーシャル メディア ネットワークなど、最もパフォーマンスの高いコンバージョン チャネルに基づいてマーケティング予算とリソースを割り当てる方法について、より深い洞察を持っています。

どの主要業績評価指標を追跡するか

コンバージョン自体に関連するさまざまな主要業績評価指標や、コンバージョンの取り組みの有効性を示唆するその他の指標があります。

コンバージョンのKPIの例:

  • コンバージョン数
  • 変換速度
  • コンバージョン/獲得あたりのコスト
  • 直帰率
  • 訪問ごとのページ数
  • リンク先ページのヒット数
  • イベント(再生動画、ダウンロードコンテンツ)
  • セッション期間

コンバージョン率などの KPI はコンバージョン自体を評価しますが、イベントなどの指標は最終的にコンバージョンにつながるアクションを考慮します。

コンバージョン率はどのように計算するか

コンバージョン率を計算するには、コンバージョンの合計数を目的の指標 (クリック数、広告インプレッション数、サイト上のセッション数など) で割ります。

KPI は、目標の達成にどれだけ近づいているか、またはどれだけ近づいているかを示します。たとえば、e コマース サイトの購入数を増やすことが目標の場合、目標 KPI の 1 つは、商品を購入した後に「ありがとうページ」にたどり着く顧客の数です。

また、コンバージョン目標の達成に近づいている消費者の KPI を追跡し、目標を確実に達成するための措置を講じることもできます。顧客がショッピング カートに商品を追加したものの、カートを放棄した場合は、Google AdWords 経由でリターゲティング キャンペーンを使用して、放棄された商品の広告を表示し、コンバージョンの可能性を高めることができます。

コンバージョン トラッキングを設定するには

分析ツールと広告ツールが連携して、コンバージョンに関連するデータを収集、セグメント化、視覚化します。コンテンツをどこで販売するかによって、コンバージョン分析に使用するツールが決まります。Google の広告プラットフォームで広告を掲載したり、データを分析したりする場合は、Google Analytics や AdWords にあるツールを使用してコンバージョンを追跡します。

ビジネス目標を選択する

市場、対象ユーザー、ミッション、およびビジネスの成長に重要なその他の要素に基づいて目標を選択します。通常、e コマース サイトは購入数と収益の増加に重点を置きますが、サイト運営者は認知度とトラフィックの向上に関連するコンバージョンに重点を置きます。

ファネルを定義する

コンバージョン目標を特定のマーケティング チャネルおよびコンテンツに関連付けて、マーケティング/販売ファネルを通じて目標の完了に向けた進捗状況を追跡します。コンバージョンが発生するまでに、ブランドとのやり取りが数回必要になる場合があることに注意してください。たとえば、ファネルは次のようになります。

ソーシャルメディア投稿 > 商品ページ > メール登録ページ > メールマガジン > 商品ページ > 商品購入 > サンキューページ

コンバージョン トラッキングを有効にする

コンバージョンに関連するデータを収集および監視するには、選択した分析ツールを使用してコンバージョン トラッキングを設定します。Google Analytics を使用している場合は、コンバージョンを追跡する各ページに小さなコード スニペットを挿入します。

コンバージョンデータの収集と分析

コンバージョン トラッキング ツールは、多くの場合、目標コンバージョン トラッキングを最適化して、ビジネス目標に最も関連するデータを収集します。たとえば、ユーザーがイベント目標の一部として動画を再生した場合、同じセッション中にユーザーが動画を 2 回再生したとしても、Google は 1 つの目標コンバージョンのみを記録します。

マーケティング キャンペーンを洗練する

コンバージョン データを分析した後、マーケティング キャンペーンを改善して、コンテンツやページ デザインなど、コンバージョンに影響を与える要素を最適化します。

ソーシャルメディア用語集 オムニチャネルコマースでの活用方法を踏まえて

Social Media Glossary

 

オムニチャネル・OMOサービス

オムニチャネル・OMOサービス

オムニチャネル コマース用語集

オムニチャネル コマース用語集

EC/eコマース D2C/DTC 用語集

EC/eコマース D2C/DTC 用語集

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

エンゲージメントロイヤルティからAOV×LTVを向上させる

購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

EC/eコマースにおける「購入(購買)後体験:Post Purchase:ポストパーチェス」とは、顧客が商品やサービスを購入した後に行われる一連の活動やコミュニケーションのことです。

購入後のフェーズは、顧客の満足度向上やロイヤルティの構築、再購入促進などに影響を与える重要な顧客体験1つのファネルです。

 1. 注文確認と注文確定通知:

顧客が注文を完了すると、自動的に注文確認メールが送信されます。このEメール・SNSのDM・LINEなどには注文の詳細やトラッキング情報などが含まれ、顧客にとって注文が受理され、その後、決済処理承認と在庫確保されたことを確認する手段となります。

2. 出荷通知と追跡情報ページ:

商品が、DC/FC/店舗から出荷されると、商品発送通知が顧客に送信されます。これとパーソナライズ化された配送情報を見えるかされたパーソナル情報ページにより、顧客は商品の注文/追跡状況を追跡して、到着を待つことができます。とともに、CXとしてコンテンツマーケティングを提供することで顧客の期待に応えていきます。

3. 配達完了と開封体験・Unboxing

商品が届いたときのブランドからのメッセージを感謝と感動ともにデザイン・演出します。同梱物でのCEM(Customer Experience Management Service)施策と、ここからオムニチャネルコミュニケーションMAを活用して展開します。

4. カスタマーサポート:

顧客が購入後に疑問や問題が生じた場合、迅速で効果的なカスタマーサポートが重要になります。顧客のレーダー(感性や関心や悩み)に添ったパーソナライズされたEメール、ライブチャット(AIチャットボットも)、Voice(電話)などを通じて、顧客の問題解決を支援します。

5.アフターサービス:

オムニチャネルコマースに限らず、マルチチャネスでもクロスユースでも、商品が届いた後も、顧客が商品に関して質問や課題を抱えることがあります。適切なアフターサービスを提供して、顧客の満足度を高めてCRMを越えたCX:カスタマーサクセスを一緒に実現しましょう。

6. レビューやフィードバックの促進:

Eメールのパーソナライゼーションのためにも、顧客に購入した商品やサービスのレビューやフィードバックを提供してもらうことは、他の顧客に対する信頼性(社会的証明)や商品の改善につながります。

7. クロスセルとアップセル:

顧客が購入した商品に関連する他の商品を提案するクロスセルや、より高価なバージョンを提案するアップセルと衝動買いは、追加の売上と利益創出の機会の重要な手段です。

8. リピート購入の促進:

購入後のコミュニケーションをEC IntelligenceのようなMA(マーケティングオートメーション)とパーソナルポータルを通じて、顧客に対して実証済みの顧客維持方法とリピート購入の促進を行います。特別なオファーや割引などを提供することや、ロイヤルティプログラムを通じて顧客との信頼と信用を高めていきます。

9.関与とブランドの認知:

購入後のコミュニケーションを通じて、顧客との関係を継続し(CRM)、ブランドと顧客の相互理解と共感を高めます。メール・LINE・SNS-DMなどのデジタルマーケティングで顧客の購買態様を改善する施策としてニュースレターや特別な情報提供を通じて、顧客にブランドに関する情報を提供することができます。

10.顧客満足度の向上:

購入後の体験が顧客の満足度に影響します。商品が期待通りに届いたか、顧客セルフサービスなどでのサポートが迅速かどうかなど、顧客の購買前の期待を越えて、顧客の評価を向上させてエンゲージメントを高まる努力が重要です。

11.フィードバックの収集:

顧客からのアンケートやソーシャルメディアでのフィードバックを収集し、サービスや商品の改善点、オンラインストアの商品説明の改善、を特定します。これから商品のレコメンデーション(推奨)に活用したり、顧客の声を取り入れることでコマースビジネスを向上させることができます。

12.顧客ロイヤルティの構築:

購入後の良好な体験や関与を通じて、顧客のロイヤルティを構築します。満足度の高い顧客は、長期的な関係を築き、ブランドのアンバサダーとしての役割を果たす可能性があります。

13.返品や交換の手続き:

アパレル・ファッションに限らず、商品に不満や問題がある場合、返品や交換の手続きを円滑に進めることが重要です。迅速で透明な対応は顧客の信頼を高めます。商品は再販 リ・コマースなどで収益化と潜在層ファンの獲得に活用します。

14.顧客データの活用:

購入前・中・後のデータを収集・分析して(CDPの活用)、顧客行動や傾向を理解しましょう。ターゲットマーケティングやプロモーションの最適化が可能です。

ポストパーチェスは、顧客の購入体験を完了させることではでなく、長期的な関係を築くための大きな機会です。顧客とのコミュニケーションや関与を大切にし、購入後のフェーズを効果的に活用することで、顧客の満足度を高め、ブランドの成長に貢献することができます。

購入後体験 ポストパーチェス CTA

コンポーザブルコマース 用語集

コンポーザブルコマース Composable commerce 用語集 (Banner).png__PID:3cb90738-d308-4e05-8d17-f53d8c1a010a

メールマーケティング 用語集

メールマーケティング用語集 Banner.png__PID:bfaab9ef-a4e8-48ea-a5fb-ade807610346
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

スローバック サーズデイ ソーシャルメディア用語集
スローバック サーズデイ ソーシャルメディア用語集
スローバック サーズデイとは、ブランドやコンテンツ クリエイターが木曜日に自分の過去の写真やその他の懐かしいコンテンツを共有するソーシャル メディアのトレンドです。Throwback Tuesday のコンテンツには通常、#TBT ま...
続きを読んでみる
TikTok ストーリー ソーシャルメディア用語集
TikTok ストーリー ソーシャルメディア用語集
  TikTokストーリーは24時間後に削除されるTikTok動画です。ユーザーのプロフィール写真の周りに青い円がある場合、そのストーリーは公開中です。ユーザーのストーリーをチェックするには、プロフィール写真をクリックします。 Tik...
続きを読んでみる
ソーシャルメディアマネージャー ソーシャルメディア用語集
ソーシャルメディアマネージャー ソーシャルメディア用語集
  ソーシャル メディア マネージャーは、ブランドの唯一の代弁者として、ソーシャル チャネル全体で企業を代表する責任を負います。 コメントに応答し、キャンペーンをまとめ、コンテンツを作成します。これらの専門家は、オンラインでの存在感を...
続きを読んでみる
ソーシャルメディアの自動化 ソーシャルメディア用語集
ソーシャルメディアの自動化 ソーシャルメディア用語集
  ソーシャル メディアの自動化は、自動ツールを使用してソーシャル インタラクションを最適化するプロセスです。事前にソーシャル投稿をスケジュールしたり、人気のある記事を再公開したりすることも含まれます。ソーシャルメディアの公開、エンゲ...
続きを読んでみる
社会的証明 ソーシャルプルーフ ソーシャルメディア用語集
社会的証明 ソーシャルプルーフ ソーシャルメディア用語集
  社会的証明とは、人々は意思決定において他者の影響を受け、社会規範や期待の範囲内で行動するよう強いられるという心理学の概念です。マーケティングの文脈では、ソーシャルプルーフは、消費者の間でのブランドの人気や使いやすさの証拠を提供し、...
続きを読んでみる
ソーシャルセリング ソーシャルメディア用語集
ソーシャルセリング ソーシャルメディア用語集
  ソーシャル セリングは、営業担当者がソーシャル プラットフォームを通じて見込み客と直接やり取りできるように設計された見込み顧客獲得戦略です。ソーシャル セリングの概念は、顧客と企業の間の典型的な取引エクスペリエンスに挑戦し、見込み...
続きを読んでみる
ソーシャルモニタリング ソーシャルメディア用語集
ソーシャルモニタリング ソーシャルメディア用語集
  人々は、食べ物やペットの写真とともに、ブランドにとって貴重な洞察も共有しています。業界に関連する顧客からのすべてのメッセージは、顧客が何を好むのか、何が嫌いなのか、何を望んでいるのか、何を必要としているのかを知ることで、ビジネスを...
続きを読んでみる
ソーシャルリスニング ソーシャルメディア用語集
ソーシャルリスニング ソーシャルメディア用語集
ソーシャル メディアは、企業とその消費者がデジタル時代にシームレスに対話できるプラットフォームを作成します。ソーシャル チャネルを使用すると、企業は顧客とより深いレベルでつながります。適切なプラットフォームでアクティブであるということ...
続きを読んでみる

カテゴリー