富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 販売チャネル管理のポイント

AI B2B B2B2C D2C DNVB DTC EC Eコマースプラットフォーム MACH オムニチャネル オムニチャネルコマース ユニファイドコマース
ユニファイドコマースとオムニチャネルとは 販売チャネル管理のポイント

ユニファイドコマースの4つの要素

1. システム

ユニファイドコマース・は、一元化されたコンポーザブル コマースプラットフォームを介してすべての顧客対応システムとバックエンドシステムを統合するため、業務全体が、ビジネスニーズに応じて適応および拡張できる1つの強固な基盤上に構築されます。
複数のプロバイダーの管理に費やす時間とリソースが削減され、運用効率が向上し、複数のタッチポイントにわたって統合されたデータインサイトを取得できるようになります。

新しい市場への参入、新しいチャネルへの拡大、モバイルウォレットやエンドレスアイルなどの新しいテクノロジーの統合がはるかに容易になり、チャネルや地域に関係なく、ビジネスの拡大に役立ちます。

2. チャネル

すべてのチャネルからの注文・支払いを単一のプラットフォームに統合することで、チャネルや地域を超えて買い物客を安全に識別してリンクすることが容易になり、エンドレスアイルやクリック&コレクトオプション(BOPIS)など、クロスチャネル購入をより適切に処理できます。
リアルストアの開設が同じ地域でのeコマースの売上にどのように影響するかを分析したり、モバイルコマース アプリ顧客ロイヤルティ プログラムが店舗での購入にどのように影響するかを確認したりするなど、結果を簡単に測定することもできます。

オンラインで購入し、店舗で返品するサービスを検討してください。

顧客がオンラインで商品を購入し、なんらかの理由のために店舗で返品しに行ったところ、スタッフからオンラインでの購入の記録も商品の保証に関する情報もないと言われました。顧客はフラストレーションを感じ、将来そのブランドで買い物をする気にならなくなります。これは解決するべき顧客体験です。

リアル店舗での商品の返品や、着なくなった商品の回収は、再販 リコマースとして、ブランドにとっての新しい収益に寄与することができます。

3. 商品・在庫

顧客は、店舗やオンラインチャネル全体で商品を一貫して把握できる必要があります。
店舗スタッフは、倉庫スタッフと同じくらい在庫状況に関する知識を持っている必要があります。
また、アプリが店内にサイズ12の〇〇模様のパンツがあると伝えた場合、スタッフは在庫管理ツールをワンクリックするだけで、〇〇模様の商品を愛する顧客にチャット・電話などでその情報を顧客に届けて、その場で販売を促進することさえできるはずです。

オンラインショッピングや店舗での受け取りから、店舗での購入や宅配(Ship form Shop ストアから発送)の選択まで、ユニファイドコマースは顧客に幅広い配送オプションを提供します。
店内のキオスクやタブレットを介して買い物客に在庫全体を提供し、在庫切れの問題に終止符を打ち、売上を増やすことができる無限のアイル(通路)オプションを検討してください。

4. インタラクション

顧客は、ブランドとのやり取りにおいて、スピード、利便性、一貫性、パーソナライゼーションを期待しています。ユニファイドコマースは、顧客とのやり取りを安全にキャプチャして一元化することで、複数のタッチポイントで買い物客を簡単に認識し、その行動を深く理解し、良いサービスを提供することができます。

たとえば、顧客は買い物のたびに支払いの詳細を再入力する必要がなく、好きなチャネルからワンクリックでチェックアウトできます。

デジタル取引を行うためのオプションは多様で、独自のe コマースオンライン ショップだけでなく、多数のAmazonのようなマーケットプレイスも含まれます。

ただし、各チャネルにコマースシステム製品を個別に追加して管理するのは時間とリソースの無駄です。

オムニチャネルリテール モジュールを使用できると、Web ショップとすべての関連マーケットプレイスの両方をプラットフォームに直接接続して、そこから一元的に制御することができます。Shopify Lexica など、さまざまなショップ システムを統合できるようになります。

オムニチャネル モジュールのメリットとポイント

  1. Shopifyなどの各種店舗システムとの接続
  2. すべての販売チャネルを 1 か所で集中管理
  3. Amazon、楽天 、Yahooなどのマーケットプレイス接続
  4. チャネルごとの品揃えと商品データの個別管理

オムニチャネルで販売チャネルを管理

商品情報のメンテナンスにかかる時間の節約

商品と商品詳細データは、 PIMで一度だけ一元的に作成されていりはずです。この情報は、Web ショップと接続されているすべての販売チャネルに表示されるため、チャネルごとにどの商品とどのデータを表示するかを個別に決定できます。そして、新しいマーケットプレイスにいつでも簡単に接続できることも大切です。

在庫と注文管理へのリンク

在庫はマーケットプレイスとプラットフォーム間で継続的に同期されるため、常に最新の状態に保たれます。販売チャネルからの注文は自動的にインポートされ、コンポーザブルな注文管理システム:OMSに渡されます。これは、販売チャネルからのすべての在庫と注文の概要を常に把握できることを意味します。

ETLを使用したデータ変換

PIM では、メディアに依存しない方法でデータを作成します。
これらはその後、自動 ETL パイプラインを介して変換され、すべての市場および接続されたすべてのシステムで使用できるようにできます。一度設定したデータはチャンネルごとに使用することができることは大切なことです。

注文追跡

マーケットプレイスからの注文は、独自のオンライン ショップからの注文と同じ方法でプラットフォーム上で処理されます。注文ステータス(注文確認発送確認)とトランザクションの商品追跡コードは、配送状態追跡のためと、コンバージョンと維持につながる6つの購入後ポストパーチェスメールとして顧客に直接かつ自動的に送信されます。

新しいタッチポイントを統合するために

オンライン マーケットプレイスの数は、近年 2 倍以上に増加しています。
オンライン小売業者が利用できる潜在的な販売チャネルはさまざまあり、それを通じてリーチを拡大し、顧客の存在感を強化できます。これらの機会を活用し、 D2C チャレンジャー ブランド小売・製造会社に最も利益をもたらすチャネルを選択してください。

プラットフォームのオムニチャネル モジュールを使用することで、任意の数のマーケットプレイスに接続し、販売チャネルを継続的に拡大できることも大切です。ただし、顧客のショッピング エクスペリエンスは中央管理によって標準化されます。これは、新しいタッチポイントとユニファイドコマース環境の恩恵を受けることを意味しています。

売上の増加 - 資源の節約

さまざまなマーケットプレイスを利用すると売上を増やすことができますが、同時に非常に時間がかかることもあります。労力を最小限に抑えて効率的に作業することが重要です。

プラットフォームと統合されたオムニチャネル モジュールの助けを借りて、商品データを PIM で一度管理するだけで、API・ETL 経由ですべてのチャネルに自動的に表示することできます。すべての商品データのメンテナンスと注文管理は、プラットフォームを通じて一元的に処理されます。あなたとあなたの従業員の貴重な時間とリソースが節約され、社内の重要なプロセスに投資できるようになります。

PIM - 商品データとは

商(製)品情報管理 (PIM) は、商品データの中央収集、処理、出力ポイントであり、販売チャネルの中心ともなります。

API ファーストの原則に従って開発されたシステムは迅速かつ簡単に統合できるため、すべてのチャネルにわたる効率的なユニファイド コマースの基盤として機能します。

完全に動的なデータモデル

柔軟なデータ モデルのおかげで、商品タイプ、属性、属性セット、およびバリアントを完全にカスタマイズできることが大切です。情報コンテンツはまとめて管理でき、最も複雑なコンテンツ構造もマッピングできます。

すべてのマーケットプレイスの集中管理

Webショップ、POS、マーケットプレイスなど、すべての販売チャネルは、プラットフォームを介して一元的かつ個別に制御できます。商品情報の完全性チェックをマーケットプレイスごとに実施できます。

データの管理、準備、出力

データは、さまざまなデータ形式で手動または自動でインポートおよびエクスポートできることです。中立的な商品データを準備し、すべての市場の PIM に個別かつ自動的に表示できます。

常にアジャイル - 常に成長への準備を整える

要件にさらに柔軟に対応

各コマース企業には、商品データ管理に対する独自の要件があります。
PIM モジュールを使用すると、すべてのチャネルにわたる商品を効率的に管理できます。商品データを維持するだけでなく、ニーズに応じて個別にデータ管理を設計できると便利です。
たとえば、特定の属性を持つ独自の商品タイプを作成し、商品を複数の言語で管理し、どのデータをどのチャネルに出力するかを決定します。PIM を使用すると、常に柔軟性を維持できます。

サードパーティマーケットプレイス

顧客がそれを望んでいる場合、どのような商品を販売していても、顧客は、在庫と品質の面で信頼できることを知っているようにします。
オフラインとオンラインの体験はどのようにつながっているのでしょうか。
小売事業者はe コマースで過去に複数の在庫場所や倉庫に悩まされてきましたが、適切なツールを使えば、指数関数的な成長を含め、何でも可能であることがわかってきています。

サードパーティマーケットプレイス 強み:

  • 多くのベンダー (アグリゲーター) からの膨大な商品・製品の品揃え
  • システムとテクノロジーが自動化されたレバレッジを提供
  • データと分析
  • トラフィック

    サードパーティマーケットプレイス 機会:

    • 自動化されたフルフィルメントを備えたサードパーティのマーケットプレイスオファリング
    • アフィリエイト市場の提供

      コンバージョンゴールによるマーケティング活動の洞察

      コンバージョンゴールは、コマースサイトが目標とするゴールをどれだけ達成したかを測定するものです。

      1. 目標とは、Webサイト上でユーザーに取ってもらいたい行動のことです。
      2. ユーザーがこれらの目標の1つを完了するたびに、コンバージョンと見なされます。
      3. 各ゴールに金銭的価値を与えることで、そのコンバージョンがビジネスにとってどれほどの価値があるかを判断することができます。

      最低購入金額を設定したトランザクションなど、最も価値の高いコンバージョンに焦点を当てることができます。最も価値の高いコンバージョンに最適化することで、広告費用対効果(ROAS)を向上させることができます。

      また、購入までの各ステージにコンバージョンゴールを設定することで、コンバージョンの減少を把握することができます。

      コンバージョンゴール設定のベストプラクティス

      コンバージョンゴールを作成、編集、共有する方法について説明します。

      1. 目標には直感的な名前を付けましょう。
        コンバージョンレポートをより簡単に理解することができます。
      2. 目標値を設定する。
        このステップは任意ですが、コンバージョンの収益化と評価に役立つので、設定することをお勧めします。
        目標を変更したとき、または再利用したときは、その記録を残してください。目標は過去のデータには適用されないため、目標を変更すると、変更した時点からコンバージョンデータが変更されます。
      3. Google Analyticsでコンバージョン率を最適化する。
        顧客のコンバージョン状況を理解した上で、コンバージョンを高めるための戦略を検討しましょう。

      コンバージョン率の最適化は、ウェブサイト訪問者のうちコンバージョンする人の割合を増やすのに役立ちます。

      Googleアナリティクスが役立ちます。この強力なツールを使ってコンバージョンデータを最大限に活用し、ビジネスの成長のために最適化を続ける方法を学びましょう。

      マーケットプレイスで販売するためのビジネス戦略

      一般に信じられていることとは反対に、マーケットプレイスでの販売はオール オア ナッシングのである必要はありません。

      確かに、ビジネスをマーケットプレイスに深く埋め込む方法はあります。時間をかけてさまざまなオプションをテストしたい場合は、同様に行うための効果的な方法もあります.

      マーケットプレイスで新しいビジネスを始める。

      企業が買い物客の前に商品を迅速かつ簡単に届ける方法を探している場合、e コマース マーケットプレイスでの販売は開始するのに最適な場所でもあります。

      確立されたブランドや小売業者に比べて、選択肢はわずかに限られているかもしれませんが、考慮すべき選択肢はたくさんあります。

      Amazonや楽天など、すぐに販売者アカウントを設定できるものもあります。このプラットフォームで肯定的な商品レビューと評価を構築し始めたら、追加のマーケットプレイスでも販売をすることができます。

      既存のオンライン ストアをマーケットプレイスに拡張します。

      盛況なオンライン ストアを持っている場合でも、商品を選択してマーケットプレイスにアップロードすることは、リーチを拡大するための優れた方法となります。

      消費者は、同じ商品を購入するための複数のオプションを期待するようになったからです。 これは特に Amazon で顕著で、Amazon の買い物客が、別のサイトで購入する前に必ず Amazon で価格を確認することなどはよく知られています。

      そして、消費者は小売業者のサイトで商品検索を開始し、別のオンライン マーケットプレイスでカスタマー ジャーニーを開始しています。リアル店舗ならROPO 効果となります。

      オンライン ストアをこれらのプラットフォームに拡大することで、買い物客が、いつ、どこで、どのように購入するのに必要な情報やオファーを見つけられるようにすることができます。

      ウェブサイトとマーチャントセンターの要件をすべて満たした後は、ユニファイドコマースプラットフォームを使用して、これらのウェブサイトでのベストプラクティスでウェブサイトと商品リストページ、商品詳細ページをさらに良いものにしていきます。

      • ナビゲーション
        買い物客が簡単にサイトを探索し、購入できるように、コマースサイトナビゲーションメニューを整理しましょう。
      • 会社概要ページ
        ショップや商品について知ってもらうために、ビジネスに関する情報を提供しましょう。
      • ソーシャルメディア
        ソーシャル メディアへのリンクを掲載することで、お客様にブランドを知っていただくことができます。
      • アクションへの呼びかけ(CTA)
        シンプルで直感的に操作できるボタンにしましょう。また、購入のきっかけをわかりやすく表示しましょう。
      • 画像とビデオ
        プロフェッショナルで高品質な商品ビジュアル画像や動画ファイルを使用し、圧縮して最適化することで、ページの読み込みを速くします。
      • アクセシビリティ
        読みやすさを考慮したフォントサイズと色、画像のaltタグを使用します。
      • 社会的証明
        信頼性を高めるために、星評価、レビュー、ユーザーの声を掲載します。

        所有可能なブランドコミュニティまたは顧客ロイヤルティ プログラムを作成します。

      すべての販売チャネルで、1 日および 2 日での発送、配送オプション (自社またはサードパーティ) を最適化します。

      殿堂入り記事
      発送代行完全ガイド

      発送代行完全ガイド

      発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

      株式会社富士ロジテックホールディングス

      物流企業

      株式会社富士ロジテックホールディングス

      通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
      全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

      あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

      カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
      カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
      セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
      続きを読んでみる
      リワードプログラムを開始するための5ステップ
      リワードプログラムを開始するための5ステップ
      あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
      続きを読んでみる
      ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
      ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
      eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
      続きを読んでみる
      儲かるギフトカードプログラム
      儲かるギフトカードプログラム
      顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
      続きを読んでみる
      ストアクレジットとポイントの有効性比較
      ストアクレジットとポイントの有効性比較
      顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
      続きを読んでみる
      モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
      モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
      世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
      続きを読んでみる
      DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
      DXOの最適化 CROとは ユニファイドコマースに進化するために
      デジタルアセットのパフォーマンスを分析するときにコンバージョン指標のみに焦点を当てている場合は、おそらくお金を無駄にしていることになります。また、ユーザーや最適化の取り組みにも悪影響を及ぼします。 何の落ち度もないのですが、業界はコン...
      続きを読んでみる
      Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
      Instagram ショッピング: 顧客を引き付ける店舗のセットアップpoint
      インスタグラムショッピングは、あなたのソーシャルメディア戦略にどのように位置づけられていますか。消費者が新しいブランドを閲覧したり、商品を探したりするためにInstagramに依存していることは周知の事実です。最近のデータによると、I...
      続きを読んでみる

      タグ一覧

      カテゴリー