DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する グルーミング ブランド

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する  グルーミング ブランド 

DTC ブランドにとって顧客との関係はどの程度重要か

DTC ブランドにとって、顧客との関係は最も重要です。DTC ブランドは、顧客満足度、エンゲージメント、パーソナライズされたエクスペリエンスを優先することで、ブランド ロイヤルティ、支持、リピート購入、長期的な顧客価値を促進できます。強力な顧客関係を構築することは、ビジネスの成長を促進するだけでなく、継続的な改善と革新のための貴重な洞察も提供します。

消費者直販 (D2C) パーソナルケア ブランドは、消費者に特定のニーズや好みに合わせた高品質の製品を提供することで、美容およびセルフケア業界を変革してきました。これらのブランドは、カスタマイズ、品質、持続可能性を優先しています。パーソナルケア カテゴリのトップ ブランドには、Native、Prose、Function of Beauty、Curie などが含まれます。さらに、D2C 企業の中には、環境に配慮した消費者にアピールするために、製品に持続可能な包装や倫理的に調達された原材料を使用するなど、環境に優しい取り組みを強調しているところもあります。

D2C パーソナルケア ブランドは、従来の小売価格の値上げを排除し、プレミアムでパーソナライズされた製品を消費者に直接提供するため、重要です。彼らは、今日のセルフケア愛好家の価値観と進化する好みに合わせて、製品の品質、カスタマイズ、持続可能性を優先しています。D2C ブランドは、独自のアプローチとユーザー中心のエクスペリエンスにより、パーソナルケアの世界を再構築し、美容と身だしなみのための効果的で環境に配慮したソリューションを求める個人に合わせて、よりアクセスしやすいものにしています。

家庭用品や美容製品に関する定期購入:サブスクリプションの継続率が最も高くなります。

家庭用品カテゴリーでは、消費者の 51% が 12 か月後も定期購入を続けています。美容カテゴリーでは、その数は 36% に下がります。

2022 年、家庭用品カテゴリーの月間経常収益 (MRR) は前年比 14% 増加しました。これは、全カテゴリーにわたる定期購読 MRR の平均増加量の 2 倍でした。

しかし、パンデミック後の現在、多くの消費者は裁量的支出を削減しています。彼らの中には「サブスクリプション疲れ」を感じており、サブスクリプションを縮小している人もいます。

あるレポートによると、B2C サブスクリプションの解約率は平均 6%で、パンデミック前の 2 倍に近いとのことです。

補充サブスクリプションは「疲労」と戦う 1 つの方法であり、顧客に予定された自動出荷購入を守るよう促します。

補充サブスクリプションでは利便性が鍵であり、ほとんどの顧客は必需品を玄関先まで直接届けてもらうために支払いを継続することに前向きであることがわかりました。

 

1.Bevel

Bevel

Bevel の洗練されたグルーミング製品は、男性がふさわしい深剃りをできるように設計されています (ただし、埋没毛の危険を冒すことはありません)。彼らが販売するものはすべて、何年も低品質の製品を我慢しなければならなかった、粗くて縮れた髪を持つ男性のニーズを満たすものです。しかし今では、Bevel を使用することで、同じ男性でも刺激を感じることなく、最も滑らかで見栄えの良い髭剃りを実現できるようになりました。

FacebookInstagramTwitterで Bevel を見つけてください。

男性グルーミングマーケットの特徴

近年、男性グルーミングマーケットは世界的に急成長しており、その市場規模は2023年には約2兆円に達すると予想されています。この成長は、以下の要因によるものです。

男性の美容意識の向上:
従来の男らしさとは異なる、美意識の高い男性が増えています。
ミレニアル世代の購買力の増加:
美容に関心の高いミレニアル世代が購買層の中心になっています。
D2Cブランドの台頭:
Harry'sやDollar Shave ClubなどのD2Cブランドが、従来のブランドに比べて革新的な製品やサービスを提供しています。
ソーシャルメディアの影響:
ソーシャルメディアを通じて、美容に関する情報が拡散されています。

Bevelのマーケティング

Bevelは、黒人の男性向けに特化したグルーミングブランドです。同社のマーケティングの特徴は以下の通りです。

ターゲット顧客に特化したアプローチ:
黒人の男性の肌や毛髪の特徴に合わせた製品開発やマーケティング活動を行っています。
インフルエンサーマーケティング:
黒人のインフルエンサーと積極的にコラボレーションしています。
ソーシャルメディアの活用:
ソーシャルメディアを通じて、ブランドメッセージや製品情報を発信しています。
コミュニティの形成:
黒人の男性のためのコミュニティを形成し、顧客とのエンゲージメントを高めています。

Bevelの成功要因

Bevelは、以下の要因によって成功を収めています。

ターゲット顧客のニーズを深く理解している:
黒人の男性の肌や毛髪に関する専門知識を活かし、ニーズに合致した製品開発を行っています。
独自のブランドストーリー:
黒人の男性の自信と誇りを高めるようなブランドストーリーを構築しています。
革新的な製品:
高品質で効果的な製品を開発しています。
効果的なマーケティング:
ターゲット顧客に効果的にリーチできるマーケティング活動を行っています。

まとめ

Bevelは、ターゲット顧客に特化したアプローチ、インフルエンサーマーケティング、ソーシャルメディアの活用、コミュニティの形成など、独自のマーケティング戦略によって成功を収めている男性グルーミングブランドです。

2.Dollar Shave Club

Dollar Shave Club 

Dollar Shave Club は、DTC消費者直販のサブスクリプションベースのパーソナルケアアイテムの先駆者です。このブランドのビジネス モデルでは、定期的に出荷されるため、顧客が新しい刃を忘れずに購入する必要がなく、多額の費用と店舗への出張の節約に役立ちます。簡単、効率的、そして手頃な価格のすべてが 1 つにまとめられています。

Dollar Shave Club をFacebookInstagramTwitterで見つけてください。

 Dollar Shave Clubの最近の話題

1. ユニリーバによる買収完了

2016年にユニリーバが10億ドルでDollar Shave Clubを買収しました。買収後、Dollar Shave Clubはユニリーバの傘下で独立したブランドとして運営されています。

ユニリーバがダラー・シェイブ・クラブの売却を発表

 2023 10月26日

2. サブスクリプションサービスの好調

Dollar Shave Clubのサブスクリプションサービスは好調で、2023年には会員数が350万人を超えました。

3. 新製品の発売

Dollar Shave Clubは、シェービングクリーム、ボディソープ、シャンプーなどの新製品を発売しています。

4. 女性向けブランドの立ち上げ

2018年に、女性向けブランド「Billie」を立ち上げました。

5. 環境への取り組み

Dollar Shave Clubは、プラスチック使用量削減やリサイクル可能なパッケージの採用など、環境への取り組みを進めています。

その他

* Dollar Shave Clubは、アメリカで最も人気のあるD2Cブランドの一つです。
* Dollar Shave Clubは、ユーモアのある広告で知られています。
* Dollar Shave Clubは、ソーシャルメディアで積極的に活動しています。

今後の展望

Dollar Shave Clubは、今後もサブスクリプションサービスを中心に、事業を拡大していくと予想されます。また、新製品の発売や女性向けブランドの成長にも注目です。

3.Harry’s

Harry’s

 

ハリーズは、あなたが最高の顔を前に向けられるようお手伝いしたいと考えています。すべてのグルーミング製品には、高品質の構造、手頃な価格の刃、そしてスムーズな状態を簡単に維持できる毎月のシェービング プランが付属しています。ハリーズは最近、シェービング必需品に加えて、デオドラント、ヘアケア、ボディケア用品 (石鹸やローションなど) を含む製品提供を拡大しました。

ハリーズをFacebookInstagramTwitterで見つけてください。

Harry’sとDollar Shave Clubのマーケティングの違い

ターゲット顧客
* Harry’s: ミレニアル世代を中心とした、高品質でスタイリッシュな髭剃りを求める男性
* Dollar Shave Club: 価格重視の男性

価格
* Harry’s: Dollar Shave Clubよりも高価格
* Dollar Shave Club: 低価格

製品
* Harry’s: 高品質な刃とスタイリッシュなデザイン
* Dollar Shave Club: シンプルなデザイン

マーケティング戦略
* Harry’s:
* 高級感のあるイメージを訴求
* インフルエンサーマーケティングを活用
* ソーシャルメディアで積極的に活動

* Dollar Shave Club:
* ユーモアのある広告で話題作り
* 無料トライアルキャンペーンで顧客獲得
* サブスクリプションサービスで顧客囲い込み

広告
* Harry’s: 洗練されたイメージの広告
* Dollar Shave Club: ユーモアのある広告

ブランドイメージ
* Harry’s: 高級感のあるブランドイメージ
* Dollar Shave Club: カジュアルなブランドイメージ

販売チャネル
* Harry’s: 自社サイト、小売店
* Dollar Shave Club: 自社サイト

顧客ロイヤルティ
* Harry’s: 高い顧客ロイヤルティ
* Dollar Shave Club: 顧客ロイヤルティは比較的低い

まとめ

Harry’sとDollar Shave Clubは、ターゲット顧客、価格、製品、マーケティング戦略、広告、ブランドイメージ、販売チャネル、顧客ロイヤルティなどにおいて違いがあります。

4.Quip

Quip 

Quip の電動歯ブラシには、歯に必要な機能がすべて備わっています (ただし、ワイヤーやかさばる充電ポートはありません)。その通りです。同社の革新的なブラシには、時限音波振動、3 か月のバッテリー寿命、トラベル カバー (ミラー マウントとしても機能します)、および米国歯科医師会の承認シールが装備されています。歯の健康の新しい世界へようこそ!

FacebookInstagramTwitterで Quip を見つけてください。

Quipの競合の優位性

Quipは、電動歯ブラシ、歯磨き粉、デンタルフロスなどのオーラルケア製品を販売するD2Cブランドです。同社の競合には、以下のような企業があります。

Oral-B:
ブラウンを傘下に持つドイツの企業で、電動歯ブラシ市場で高いシェアを誇っています。
Philips:
オランダの電機メーカーで、音波振動式電動歯ブラシの開発に力を入れています。
Sonicare:
フィリップス傘下のブランドで、音波振動式電動歯ブラシ市場で高いシェアを誇っています。
Waterpik:
ウォーターフロスの世界的なリーディングカンパニーです。

これらの競合企業は、Quipに対して以下のような優位性を持っています。

1. ブランド力:
Oral-B、Philips、Sonicareは、いずれも世界的に有名なブランドであり、高いブランド認知度を持っています。
2. 製品ラインナップ:
Oral-B、Philips、Sonicareは、Quipよりも幅広い製品ラインナップを持っています。
3. 技術力:
Oral-B、Philips、Sonicareは、Quipよりも多くの特許技術を持っています。
4. 販売チャネル:
Oral-B、Philips、Sonicareは、Quipよりも多くの販売チャネルを持っています。

Quipの強み
Quipは、競合企業に対して以下のような強みを持っています。

D2Cモデル:
Quipは、D2Cモデルを採用することで、中間コストを削減し、高品質な製品を低価格で提供することができます。
シンプルでスタイリッシュなデザイン:
Quipの製品は、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。
サブスクリプションサービス:
Quipは、サブスクリプションサービスを提供することで、顧客の継続的な利用を促進しています。
顧客体験:
Quipは、顧客体験を重視したサービスを提供しています。

まとめ
Quipは、競合企業に対していくつかの優位性を持っていますが、ブランド力、製品ラインナップ、技術力、販売チャネルなどの面でまだ劣っている部分があります。今後は、これらの弱点を克服し、競合企業との競争を勝ち抜いていく必要があります。

その他

* Quipは、2015年に設立された比較的新しい企業です。
* Quipは、アメリカで最も人気のあるD2Cオーラルケアブランドの一つです。
* Quipは、2020年にUnileverに買収されました。